ワインエキスパートの悠 さん プロフィール

  •  
ワインエキスパートの悠さん: 一觴一詠 酒を詠む
ハンドル名ワインエキスパートの悠 さん
ブログタイトル一觴一詠 酒を詠む
ブログURLhttp://issyo-itiei.blog.jp/
サイト紹介文ワインエキスパートの悠がワインや日本酒などをテイスティングコメントとイメージ画像を添えて綴ります。
自由文ワインエキスパートの悠です。HNの通りワインエキスパートと調理師の資格を取得しており、30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。宜しくお願いいたします。2017年3月9日開始。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 103日(平均4.6回/週) - 参加 2017/03/12 02:04

ワインエキスパートの悠 さんのブログ記事

  • 長期熟成酒 1998年 720ml 人気酒造
  • 長期熟成酒 1998年 720ml 人気酒造【2017年6月19日】■テイスティングコメント外観はウィスキーを彷彿とさせる濃いブラウン。スワリングをすると、シェリーのようなランシオ香が鼻腔を抜ける。その酸化的ニュアンスとは別に、ヒノキ、スギのような木の香りと、トリュフのようなニュアンスが混ざり非常に複雑な香りを放つ。カラメル、べっ甲飴のような甘い香りと、ぬかの香りが、その複雑な様相を整えている。口に含むと、アタッ [続きを読む]
  • 黒人気 純米吟醸 720ml
  • 黒人気 純米吟醸 720ml【2017年4月1日】■テイスティングコメント淡麗辛口。清水のようにするすると飲める。シンプルながら一本筋(ミネラル感)が通っている。出しゃばることがなく、料理と合わせても、酒だけで飲んでも良い。控えめに香る吟醸香、雑味の無い酒質、自然体の味わい。見て(飲んで)いて安心する、地蔵菩薩のような酒です。■概要産地:福島/人気酒造酒米:掛米・チヨニシキ/麹米・五百万石精米歩合:60%日本酒度 [続きを読む]
  • 熟成ふなぐち菊水一番しぼり 缶 200ml
  • 熟成ふなぐち菊水一番しぼり 缶 200ml【2017年3月31日】■テイスティングコメント外観はしっかりと黄色づいている。芳醇なバナナ、黄桃、キウイのような香りを放つ。口に含むと、滑らかだが、豊かな酸とコクが主張してくる。フレッシュなジュースのように、華やかで、とろみがあると錯覚するほどの旨味を感じる。フィニッシュは凛としたミネラル感が切れ味を上げている。濃厚旨口だが、通常のふなぐちと比べると熟成されている分 [続きを読む]
  • 厳選辛口 吉乃川 缶 180ml
  • 厳選辛口 吉乃川 缶 180ml【2017年4月21日】■テイスティングコメント外観は無色透明。穏やかな吟醸香は控えめに香る。口に含むと、引っかかることなく旨味が広がる。じんわりとミネラルを感じ、余韻はすっと消えていく。端麗辛口。夏の青々とした田んぼのような印象です。■概要産地:新潟/吉乃川株式会社酒米:新潟県産国産米精米歩合:65%アルコール:15度日本酒度:+7酸度:1.2出しゃばることなく、日常飲みに最適です。料 [続きを読む]
  • 花春 濃醇純米酒 720ml
  • 花春 濃醇純米酒 720ml【2017年3月22日】■テイスティングコメントバナナのような甘い香りと吟醸香が混ざり合い、控えめに香る。口に含むと、濃厚な米の旨味が広がるが、だらだらと間延びせず、鉱物を彷彿とさせるミネラル感が心地よい切れ味を演出する。名前の通り濃厚で肉厚な骨格で、飲んだ後の余韻は長い。常温だと素っ気ないが、ぬる燗にすると酒が開く。まろやかなコクと甘味のハーモニーが心身を癒す。どっしりと重心が低 [続きを読む]
  • 燦然 藍ラベル 純米 「雄町」 生原酒 720ml
  • 燦然 藍ラベル 純米 「雄町」 生原酒 720ml(2017年4月)【2017年4月27日】■テイスティングコメント外観は淡いイエロー。マスクメロンや、バナナ等のフルーツ香、バターのような乳製品の香りと米の香りも混ざる。口に含むと、濃厚でフレッシュなメロンジュースのようにジューシーな飲み口。溢れそうなばかりの甘味(旨味)を感じながら、アクセント程度の要素である苦味がフィニッシュを引き締める。このミネラル感は果実の種 [続きを読む]
  • ラランド・ド・ポムロール 1974年 ドメーヌ・ド・ヴィオー
  • LALANDE DE POMEROL 1974 Domaine de Viaudラランド・ド・ポムロール 1974年 ドメーヌ・ド・ヴィオー【2014年9月20日】■テイスティングコメント【外観】褐色がかった茜色。熟成されているのがよく分かる。【香り】干しイチジク、油絵の絵の具のような第三アロマに、濡れた露草の香りが重なる。綺麗で繊細な造りだが、香り高い。【味わい】口に含むとみずみずしい酸味。2007年のブルゴーニュのようなイメージ。開けてから1時間ほ [続きを読む]
  • ブルゴーニュ・アリゴテ 2007年 ドメーヌ・ルロワ
  • Bourgogne Aligote 2007 Domaine Leroyブルゴーニュ・アリゴテ 2007年 ドメーヌ・ルロワ【2014年9月8日】■テイスティングコメント【外観】艶のあるゴールドイエロー。【香り】凝縮した硫黄の香りに栗の皮のニュアンス。そこにグレープフルーツやバニラの香りが混在する。【味わい】一瞬、飲むのを躊躇するほどのカオス(硫黄臭)を感じる。口に含むと、凄まじく凝縮した酸味(パワー)だが、レモンをそのまま絞ったような純朴感があ [続きを読む]
  • マンブール グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス
  • Mambourg Grand Cru 2000 Marcel Deissマンブール グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス【2014年9月4日】■テイスティングコメント【外観】褐色がかった黄金色。【香り】海苔の佃煮を彷彿とさせるヨード的ニュアンス。焙じ茶(ドライハーブ)のようは香ばしい香りと、べっ甲飴のように甘い香りもある。【味わい】口に含むと、華やかなアロマとは裏腹に結構ドライ。干し草のようなドライハーブのニュアンスもある。栗のような香 [続きを読む]
  • シェネンブルグ グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス
  • Schoenenbourg Grand Cru 2000 Marcel Deissシェネンブルグ グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス【2014年9月4日】■テイスティングコメント【外観】ハチミツを思わせる黄金色。【香り】気品を感じさせるぺトロール(重油香)。微かに香りにピリッとくるニュアンス(ジンジャー)は、硫黄分に由来する。【味わい】口に含むと、みずみずしく広がりのある酸味。斜面下部で収穫された葡萄が多いイメージ。【イメージ】その香り高さ [続きを読む]
  • 菊秀 純米酒 720ml
  • 菊秀 純米酒 720ml(2017年4月)【2017年4月27日】■テイスティングコメント控えめに、熟したバナナやメロンのような果実香が香る。口に含むと、苦味を伴う豊かなコクから、透明感のあるミネラリーな酸へと繋がる。押し寄せる米の旨味が、丸味を帯びた酒の骨格に見事に納まっている。まろやかさと重心の低さが同居する濃厚な辛口で、鼻を抜ける香りにヒノキのようなニュアンスもある。※冷よりは、常温かぬる燗が良さそうです。繊 [続きを読む]
  • シュペートブルグンダー B 2002年 ゲオルグ・ブロイヤー
  • Spatburgunder B 2002 Weingut Georg Breuerシュペートブルグンダー B 2002年 ゲオルグ・ブロイヤー【2014年8月27日】■テイスティングコメント【外観】明るく深みのあるルビー色。【香り】第一アロマは、ほぼ感じず、第三アロマが表だって出ている。香るのは干しいちじく、プルーン、ドライフルーツの香り。なめし皮(皮のソファーっぽい)の要素もあり、樽由来のバニラ香が綺麗に重なる。【味わい】口に含むと、雑木林の腐葉土 [続きを読む]
  • ソヴァージュ・リースリング 2012年 ゲオルグ・ブロイヤー
  • Sauvage Riesling 2012 Weingut Georg Breuerソヴァージュ・リースリング 2012年 ゲオルグ・ブロイヤー【2014年8月24日】■テイスティングコメント【外観】グリーンがかったイエロー。【香り】爽やかなぺトロールと柑橘系のアロマが溶け合っている。【味わい】口に含むと、アタックは収斂性のある酸味、中間に鋭いミネラル感。フィニッシュはフレッシュで溌剌とした印象を受ける。【イメージ】2003年のソヴァージュは、トルコを [続きを読む]
  • ソヴァージュ・リースリング 2003年 ゲオルグ・ブロイヤー
  • Sauvage Riesling 2003 Weingut Georg Breuerソヴァージュ・リースリング 2003年 ゲオルグ・ブロイヤー【2014年8月24日】■テイスティングコメント【外観】輝きのあるゴールドイエロー。【香り】熟した柑橘系のアロマ、柚子のような印象。【味わい】口に含むと、伸びやかな酸味とミネラル感が広がる。キリッとした辛口で、どこかエスニックな世界観のようだ。【イメージ】ラインガウのリースリングはテロワールの影響か、"大地" [続きを読む]