WAYA さん プロフィール

  •  
WAYAさん: WAYAのブラックなつぶやき
ハンドル名WAYA さん
ブログタイトルWAYAのブラックなつぶやき
ブログURLhttp://wayakikaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 45日(平均7.3回/週) - 参加 2017/03/12 05:29

WAYA さんのブログ記事

  • 「明るく軽い印象の上司」
  • 会社員だった頃のある日、休日出勤をしてサービス残業を行っていると私の席の前の電話が鳴った。出てみると外から前の部署の上司から私宛に電話を掛けていた。電話の内容は今日、学生の息子が無免許で軽い事故を起こし、相手が厄介な人だったらしく示談にするのにお金がいるという。貯金は、あるが今すぐに下ろせない状態なのでお金を貸して欲しいという。私が「幾らですか?」と聞くと「50万」と答えた。その上司は、今の直属の [続きを読む]
  • 「人から借りた物を平気で返さない人の精神」
  • 子供の頃は、ファミコンのカセットの貸し借りをよくしていた。テレビを見ていて“カリパクされた”というエピソードをよく聞くが私の友達には、そんな事をする人はいなかった。カセットの貸し借りは、自分のお小遣い以上にゲームを楽しむ事が出来た。ある日、社会人になって久しぶりに専門学校の友達に自宅の近くで偶然会った。友達は自宅の近くに引越して来たと話をした。その時に電話番号を教えたのか記憶がないが、家にその友達 [続きを読む]
  • 「人の視線が嬉しい人と、そうでない人」
  • 私は、無口だと思われる事が多い。それは、きっと大人数の集まりにおいてあまり喋らないからだろう。会議、飲み会などでその集まりのリーダー格の人が中心になって喋るのが普通だろうが、その話の腰を折って詳しく教えてくれと聞き返したり「本当ですか?」などの合いの手も入れない。ただ頷いているだけ。その人の話が終わるのを待って自分が思った事を聞き返そうと思っているのだ。それと大勢が私に注目する事も苦手だ。そんなス [続きを読む]
  • 「親に買って貰った恩に報いていたか?」
  • 小学生の時、無料の子供向け英語教材を親が貰って来た。家にセールスマンが来て、貰った確率が高いがその教材を何処から手に入れたか定かではない。無料という割には、内容が豪華で本とカセットテープや他にも数点あり、これを配ってその内の何人に一人が契約すれば元が取れるのか考えてしまうほどの内容量だった。英語を習いたいと思った事もなかったが、教材のテープが気に入った。そのテープは、“モクモク村のケンちゃん”とい [続きを読む]
  • 「自分と友達との繋がりなどこの程度」
  • 小学校3〜4年生のクラスの時、よく遊ぶ友達がいた。自分の家に遊びに来たかどうかは覚えていないが私は、よく彼の家に遊びに行っていた。彼は4年生の時引越しする事になり、これが最後になる彼の家での遊びを終えて別れを告げて別れた。引越すると言っても隣町で小学校も隣の小学校というぐらいの小規模の引越しだった。ほとんどの中学校でそうだろうが、近くの複数の小学校の生徒が集まり中学校を形成している。中学校1年生の [続きを読む]
  • 「平均的な体重に一歩近づいたにも関わらず」
  • 痩せている私は、筋肉を付けようと建築作業員のアルバイトをしていた時期がある。より筋肉を付けようとたまにプロテインを飲み、仕事をしていた。そのおかげか特に足が太くなり喜んでいた。そして仕事を辞めてのんびりしているのだが、ふとお腹がぽちゃぽちゃしている事に気付いた。普段から筋トレをしていたのだが、仕事で筋肉痛が酷いので筋トレをしなくなっていた。作業員を辞めてからも筋肉痛を取る為、筋トレをする事がなかっ [続きを読む]
  • 「当たり前なのだと疑問を持たない事は・・・」
  • 談合と言えば事前に入札金額を格会社が値段を多く話し合い入札して、官公庁からお金を多く搾取する犯罪だが、恥ずかしながら無知な私は、談合が犯罪とは知っていたが詳しい言葉の意味を知らなかった。それを知ったのは社会人になってからしばらく経ってからの事だった。私が昔いた会社は、小さいながら部があり部毎に違う内容の土木設計を行っていた。部と言っても部屋が分かれている訳ではなく、通路を作る様に机が部毎に分かれて [続きを読む]
  • 「引っ越しの理由」
  • 昔私の勤めていた会社は、私が在籍した間の約10年間の間に1回引越しをしている。社長の話では、今のビルの家賃が高くて安い家賃の場所に移るという。荷物を運ぶのは、引越し業者がするのだから力仕事などないのだが会社の書類だとかは、社員がダンボールに詰める事になり大変な作業だった。先輩の話によれば引越しは、私が入社する前にも1回行ったと聞いた。私は、引越しのテンポが速いなと思っていた。引っ越す理由が家賃が安 [続きを読む]
  • 「楽しいボーリングと・・・」
  • 以前、勤めていた建築設計会社は怪しい会社だった。何が怪しいかは明日詳しく書くとしてその性質は、入社して直ぐに勉強と称すサービス残業をさせられた事でわかった。その会社は、年に一回ボーリング大会があった。それは、私の先輩が幹事として仕切った時に先輩が考えたその企画が好評で定例かされたという。そのボーリングは数人にチーム分けし、以前の大会の成績から数字が振り分けられ、ボーリングが上手い人には小さな数を、 [続きを読む]
  • 「矛盾と葛藤」
  • 以前就職活動で自分のミスでなかなかうまく会社が決まらなかった事を書いたが、その頃の話で思い出した話があった。うちの学校では生徒の就職活動を支援する部門が色々な会社の新卒採用情報を仕入れ、学生の就職支援をしていた。きっとどの大学、専門学校も同じ様な仕組みだろうと思う。学校の一角に張り出される会社の採用情報を元に私は、就職活動をしていた。目標がある人は、自分で行きたい会社の採用情報を調べて行動する人も [続きを読む]
  • 「いじめの構図」
  • 中学一年から二年生になった時、クラス分けがあり、新しいクラスに初めて入った。行くのが早かったのか教室には10人も人はいなかった。一人の男子生徒がニコやかに遊んでいた。その男子が突然教室の一番前の席に座っている女生徒に、上靴をおもいっきり投げつけた。教室の後ろから投げたにも関わらず、距離の離れた教室の前の女子の肩に当たった。女子は「痛い」も「止めても」一言も発せず我慢している様だった。それを数回女子 [続きを読む]
  • 「テレビゲーム以前の遊び」
  • 学生時代はほとんど外で遊ばなかったがそれは、ファミコンを買うまででそれまでは、外で遊んでいたと思う。それまでに貯めたお小遣いでファミコンを手に入れたのは、小学校6年生の時だったと思う。それまでは、友達と外で遊ぶ時は“ロクムシ”とか“カケロク”というゴムボールを使った遊びをしていた。それぞれの遊び方を説明すると話が長くなるので書かないが、この遊びが全国的に遊ばれた遊びなのか知らないし、そうであれば遊 [続きを読む]
  • 「純愛かストーカーか?」
  • 高校生の時、親友がいた。お互いの好きな人を教え合う中だった。高校2年の時の修学旅行の前、友達がその人の写真を撮りたいと言っていた。それは、話し掛けて一緒にツーショットの写真を撮るという意味ではなく、勝手に写真を撮るという物だった。友達とは同じクラスだったが、友達が好きだった女の子は別のクラスで教室で言えば隣のクラスの子だった。修学旅行中私も「○○さんおるで」と協力し、彼が写真を撮る所を周りからバレ [続きを読む]
  • 「純粋に勉強出来ない理由?」
  • 私は、根拠が知りたい。昨日も占いのラッキーアイテムの決め方の根拠が気になると書いたが、理科というか地学というべきか気になる事が沢山ある。大陸の成り立ちの早送り映像で、何億年前には、一緒だった大陸が分離する様子を映像で見ると“なんでそんな事が分かるんだ”と根拠の方が気になって仕方がない。後にその根拠は、離れた大陸の地層が一致するだとかそういう理由だったと分かった。未だに分からないのは、大陸を分離させ [続きを読む]
  • 「もっともらしい答え」
  • 私が高校3年生の時、授業で幾つかの質問に答えると自分に向いた仕事が分かるという心理テストの様な問題をやった。それをやる意図は、将来の仕事について考えるヒントにする為だったと思う。私は、それで理数系の仕事に向くという結論に至った。私は、勉強では文系の方が好きで理数系は苦手だし、嫌いだった。他にも体育会系、音楽・芸術系、技術職系などがあったと思う。確かに体を使う仕事には向いていないし、芸術家的センスは [続きを読む]
  • 「修学旅行の一番の楽しみは、遊園地」
  • 昨日、社員旅行の話を少し書いたが、学生の時とは違い上司と行く旅行など地獄としか思えない。上の人間が仲が悪いもの同士なので会社の雰囲気も悪く、後輩の私達が楽しい訳がない。私は、車に酔うタイプなので移動自体しんどくて辛い。平日の仕事の日に行くわけではないので折角の休みが台無しになり、場合によっては次の日すぐに仕事だった日もあったと思う。尚且つお金を半強制的に徴収されて、それでその旅行の名前が“慰安旅行 [続きを読む]
  • 「お酒が強いと言われる私・・・」
  • 私は、アルコールに強い人間だと思われている。確かに平均より少し強いと自分でも思うが少しだ。では、何故人は私がお酒が強い強いと言うのかというと顔色が変わらず、お酒を飲んでもテンションが上がらないからだ。私は、お酒を飲んでも顔が赤くならず「飲んでる?」と言われビールを注がれる。しこたま飲んでいてもだ。限度を超えると逆に“顔が白くなっているのでは?”とトイレに行って鏡を見るたびに思っている。酔っても私は [続きを読む]
  • 「人の本棚を見てその人の趣味が何なのかと考えると・・・」
  • 私が読書をし始めたのは、ゲームの信長の野望や三国志で歴史に興味を持ったからだった。初めに歴史物を読み始めた影響からか、ノンフィクション以外の本をあまり読む気がしない。フィクションは“所詮作り物だ”という気持ちが頭の中で働き、あまり興味を持てない。例えば推理物がわかり易いが、推理物は誰が犯人だろうと考えながら読む物だが、本には実際の事件の事を追った本がある。三億円事件だとかグリコ・森永事件などだ。と [続きを読む]
  • 「自分の赤ちゃんの時の写真で癒される」
  • 昨日も私は、ブログ内で“子供の頃は可愛かった”とか自分が”70%のイケメン”と書いてきたと書いたが、自分で自分の事を褒めるのは簡単だ。自画自賛しているだけの可能性もある。そこで私が赤ちゃんの頃の写真を載せようと思います。今の写真は恥ずかしいので載せませんが、これで私が嘘を言っているのか、ナルシストだったのかをそれぞれが判断してみてください。私は、可愛いものを見て癒されるタイプだが、自分の赤ちゃんの [続きを読む]
  • 「本物のイケメン」
  • 私は、ブログ内で“子供の頃は可愛かった”とか自分が”70%のイケメン”と書いてきたが自分が本当のイケメンだとは思っていない。多少シュッとした顔だと思っているが本物のイケメンだとは、思っていない。会社員の頃に後輩に見るからにカッコイイ顔をした社員が入って来た。何かの機会の話でその人のエピソードを聞いた。その後輩が高校生の時の電車通学で違う学校の女子に手紙を貰ったり、告白されたと言う話だった。私は、女 [続きを読む]
  • 「桜を素直に楽しめない話」
  • 桜が咲き、お花見の話題がテレビで聞かれる様になった。満開になるとテレビでは「桜の見頃は何時何時まででしょう」とか桜が散るのを惜しむコメントを話し合うのがいつもの流れだ。私は、ある時期“桜、早く散れ”と思っていた時がある。約10年の飲食店アルバイト時代だ。ある日の仕事中、突然「今週の日曜日開けといてね」と言われよく聞くとお花見をするとの事だった。私は、そういう何時何時に行かなければならないという約束 [続きを読む]
  • 「運が良いのか悪いのか?」
  • 家電製品は、本体が壊れないのにコードが駄目になる事が多い。コンセントとコードの継ぎ目が網状の所の境目が断線する。今、電気ストーブのコードがその状態になっている。挿したコードをどちら側に倒すのかによって点いたり、点かなかったりする。またノートパソコンのコードは、中の線は問題ないのだが、同じ部分の上のゴムの被覆がいつのまにか導線が一部露出していた。そういう時は、感電しないようにビニールテープを巻けばよ [続きを読む]
  • 「おやつは、庭になる」
  • うちの実家は住宅街にあるが割りと庭が広く、何本かの木を植えていた。その木の内の3本は実がなる木で、夏の前に順番に実が出来るので良く食べていた。一つは高さ3mを超える木で、上に伸びる木というより横に幅広く伸びる木だった。その木に出来る実は、まん丸で直径3mmぐらいの赤い実で一回り大きいBB弾の様な実だった。味は、すっぱく、一般的には木苺というものだと思う。小さい割には中に種があり食べられる実は少なく [続きを読む]
  • 「私を見て泣いていた甥が・・・」
  • 昨日書いた様に甥の上の子は、小さい頃は怖がりな子で下の子は何にでも興味がある活発なイメージが私にはあった。基本家の中で遊ぶ方が好きだがたまに「外で遊ぶ?」と誘うとついて来た。上の子が小学生になった頃のある日、実家の庭で遊んでいると私の子供の頃は、畑だった場所にマンションが建ちそこから出てきたお姉さんに「あっ、○○ちゃん」と話し掛けられたり、そこのマンションに住む別の家族が出て来るとその家族の小さい [続きを読む]
  • 「実家でコソコソと隠れて過ごす」
  • 姉の家は実家の近くにあり、姉が用がある時は甥はよくじいちゃん、ばぁちゃんの家によく預けられている。甥が生まれて私が初めて実家に帰ると皆が甥を「抱っこしろ、抱っこしろ」と言うが私は“泣くだろうな〜”と思っていたが案外泣かなかった。私は、首が据わっていない赤ちゃんを抱っこするのが何かあったらと嫌だった。見るだけで良かった。甥が3歳ぐらいか、物事がわかるようになると私が実家に帰ると“知らないおじさんが、 [続きを読む]