神社めぐり大き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合 さん プロフィール

  •  
神社めぐり大き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合さん: 現役看護師で心筋梗塞経験者が語る食事療法
ハンドル名神社めぐり大き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合 さん
ブログタイトル現役看護師で心筋梗塞経験者が語る食事療法
ブログURLhttp://xn--ymsx5ozzhg8tmjcryf8w1d.jp/
サイト紹介文自らの心筋梗塞を契機に真島消化器クリニックの食事療法を開始!動脈硬化改善、心筋梗塞・脳梗塞予防のため
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 135日(平均2.5回/週) - 参加 2017/03/12 17:51

神社めぐり大き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合 さんのブログ記事

  • 現役看護師の心筋梗塞体験記(再発予防ためのRAP食に出会うまで)
  • 53歳で急性心筋梗塞になった現役看護師の体験記録について私(当時53歳)は、2015年(平成27年)8月31日月曜日に急性心筋梗塞と診断され、生まれて初めて入院することになりました。急性心筋梗塞患者の14%は病院に搬送される前に心停止するというデータや急性心筋梗塞による急性期死亡率(発症から30日以内の院内死亡率)は6〜7%からすれば、こうして体験記を書いていられることはありがたいとしかいえません。私は100人のうち14人は [続きを読む]
  • 心筋梗塞の再発予防は動脈硬化の状態を目で見ることから
  • 真島消化器クリニックの真島先生の血管エコー検査を受けることで、動脈硬化の状態を目で見ることができます。平均寿命は男女を問わず・・T-max=10.2〜10.5とお考え下さい。脳梗塞・心筋梗塞の前兆“前ぶれ”、その自覚症状と他覚症状(他覚的所見):危険度ランキングよりT-maxとは、総合動脈硬化指数(総合プラーク指数)のことをいいます。真島消化器クリニックの真島先生は、T-maxの数値が高いほど、血管内が脂(プラーク)で汚れ [続きを読む]
  • 心筋梗塞の再発予防は動脈硬化改善の食事について知ることから
  • 心筋梗塞の再発予防のための食事について「脳梗塞後・ステント治療後・バイパス治療後・・いずれの場合も、担当医から食事内容の指導を受けている患者さんは極めて少ないという事実・・・、このことが脳梗塞の再発・ステントの再狭窄など・・医師の管理下でさえ動脈硬化が進行するという不思議・・を解決するヒントかもしれません・・。」簡単に改善する動脈硬化より病院を退院する時の退院後の食事内容の指導については、その病院 [続きを読む]
  • 動脈硬化を改善し心筋梗塞の再発を予防する食事とは
  • 「肉類、乳製品、揚げ物類、アルコールや乳製品を制限しない炭水化物制限食(糖質制限食)は危険!」という論拠に納得いただけたでしょうか。ただし「お菓子や甘い物は制限すべきで、“ごはん”などの炭水化物の糖質は制限すべきではありません」「敵は肥満やA1cではなくて動脈硬化(血管プラーク)なのですから」洋風食(炭水化物制限食に類似)の食事は脳梗塞・心筋梗塞になりやすい。より動脈硬化を改善し心筋梗塞(脳梗塞)の再 [続きを読む]
  • 真島消化器クリニック受診と私の現在のRAP食(私の現在のRAP食編)
  • 動脈硬化は改善しましたが、真島消化器クリニック推奨の動脈のプラークを退縮させる目的の医学的な食事療法(動脈プラーク退縮のための食事療法)「RAP食」は今も継続しています。「RAP食についてはこちら」真島消化器消化器クリニックで推奨され私が食べている食品米と米こうじのみを原料とした甘酒トーラクの豆乳ヨーグルトに大さじ一杯(15ml)の甘酒を入れて、朝と晩に食べています。また、甘酒は1回15ml、1日30mlが最大量としてい [続きを読む]
  • 真島消化器クリニック受診と私の現在のRAP食(真島消化器クリニック受診編)
  • 私の真島消化器クリニックの受診について こちらでお知らせしたように、この3月に九州・久留米にある真島消化器クリニックを受診しました。動脈硬化の元となるプラークの程度を真島先生の血管エコーにて検査を受けました。真島先生の血管エコーについてはこちらの説明がわかりやすいです。昨年の11月の真島先生の血管エコー検査の結果はおおむね良いといった感じでした。しかし、油禁止とスイーツ禁止と酒禁止のRAP食を実践してい [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞の症状とその体験記その2
  • 急性心筋梗塞の症状とその体験記その1はこちら2015年8月31日体験したことがない胸痛は心筋梗塞の症状を疑え!夕食後から感じていた胸の一部を刺すような痛みは、時間の経過とともにやわらいでいきました。急性心筋梗塞になりかけている時の症状であろう胸の痛みが、痛み止めの飲み薬で和らいでいたということになります。急性心筋梗塞の症状である放散痛については「心筋梗塞の症状とその体験記その1」をご覧ください。急性心筋梗 [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞の症状とその体験記その1
  • 「2015年8月30日 左右の鎖骨の下あたりに刺すような痛みからそれは始まった」この日は父の実家のお墓参りを取りやめ、昼食に妻と母と一緒に中華そばを食べにいきました。夕食は何を食べたかは忘れましたが、その痛みは突然やってきました。左右の鎖骨の下あたりに刺すような痛みでした、なんだろう?この痛みはといった感じでした。様子をみていましたが、痛みが軽くなる様子はなく、次にその痛みがそのまま両あごの下にコピーした [続きを読む]
  • 心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化の意外な前兆
  • 前兆その1 肩こり同じ姿勢を続けることで、血液の循環が悪くなることによって起こるのが一般的ですが、動脈硬化の前兆も同じように血流が悪くなっていますので、この肩コリも動脈硬化の前兆として現れることがあります。動脈硬化の前兆とは?意外な症状からわかるあなたのリスクより一般的に肩こりの原因は、動脈硬化よりも運動不足やストレス、眼精疲労などと言われています。私は、20年以上肩こりに悩まされてきました。慢性的な [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞の予防法は血管年齢30歳の88歳の女性の食事にあった。
  • 1)野菜中心(自家製)の食生活で、料理法は茹でる、煮るなどしている。週に一度位は油炒めで食べる。2)から揚げなどの揚げ物は好きだが、衣を外して食べる。3)肉は鶏肉を使用し、一度茹でて脂身を落とした肉を食べる。皮は捨てている。4)魚は大好き(農漁村)で、特に刺身が大好き。5)甘い物は何でも大好きだが、1回にたくさん食べない。少しずつ。6)パン食にしたことがない。7)天ぷらや油炒めは週に1度は食べる事があり、 [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その5
  • 急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その1急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その2急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その3急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その4急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その5急性心筋梗塞の予防となる食事療法とは昔ながらの食事をするこ1)野菜中心(自家製)の食生活で、料理法は茹でる、煮るなどしている。週に一度位は油炒めで食べる。2)から揚げ [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その4
  • 急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その1急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その2急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その3急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その4急性心筋梗塞を予防する方法とはひとことで言うと、血管の中にコブ(プラーク)を作らないことです。心筋梗塞は、心臓に栄養を送る冠動脈という血管に詰まってしまった状態のことをいいます。メカニズムとしては、血管の中のコブ( [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞の症状とその体験記その3
  • 急性心筋梗塞の症状とその体験記その1急性心筋梗塞の症状とその体験記その2急性心筋梗塞の症状とその体験記その3急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その4急性心筋梗塞になる前兆の症状と原因・予防法その5急性心筋梗塞の治療とは私は公立の病院へ自らの運転で受診しました。家族へは「大きな病院へ今日中にかかった方が良いと言われたから、行ってくる。晩御飯は帰ってから食べるよ」と電話をしました。その病院の救急外 [続きを読む]