ルナ さん プロフィール

  •  
ルナさん: 教室ブログ 〜KeyNote〜
ハンドル名ルナ さん
ブログタイトル教室ブログ 〜KeyNote〜
ブログURLhttps://e.jimdo.com/app/scf1b89989cbab694/pce8f31fcfbd5118a
サイト紹介文埼玉県川越市のピアノ教室「ハミングバード」です。心の栄養「音楽」と「ピアノレッスン」を書いています。
自由文目に見えない音を聴くと想像力が広がります。ピアノを弾くと思考力が深まります。音楽を奏でると共感することができます。毎日、少しずつ感じたり思ったりした文章を、読んでいただけたら嬉しく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 130日(平均4.0回/週) - 参加 2017/03/12 17:56

ルナ さんのブログ記事

  • 発表会に出たい!
  • カワイ音楽教室の発表会に参加しました今年、お教室では 「ステージに出ましょう!」 という目標でチャレンジしています。 コンペ、ステップ、グレード、伴奏 などなど その中で「発表会」を希望したNちゃん。 希望を叶えるために カワイ音楽教室の発表会を選択しました。 実は、彼女がピアノ教室に 入会したのは小4の時。 発表会直後で、タイミングが悪く 参加チャ [続きを読む]
  • ひきあいセミナー『ワン・ピアノ・デュエット』
  • 弾いてみて分かること 今日は、山本美芽先生主催の「ひきあいセミナー」シリーズ 「ワン・ピアノ・デュエット」という連弾の教本を使った セミナーへ行ってきました。 連弾は楽しいです。 必ず、いっしょに弾こうとか 仕上げに伴奏をつけたり、 遊んだりする時間を作ります。 ちゃんと「意図するもの」を仕込みつつ、 「楽しく」演奏するのを心掛けています。 普段のレ [続きを読む]
  • やっぱり楽しくやりたい
  • 先週、今週はお手紙を配りました もうすぐ楽しい夏休みです。 ピアノのレッスンも 時間の確認や日にちの確認のために お手紙をお渡ししています。 簡単に教室の取り組みの紹介と 各生徒さんあてに ひとりずつメッセージを書きながら 1学期を振り返りました。 頑張ったごほうびのシールを [続きを読む]
  • 合唱伴奏の取り組み
  • みんなのために、自分のために 今日レッスンにきた中学生のRちゃん。 2学期の校内合唱祭の 学年課題曲の伴奏を持ってきました。 私が言うまでもなく 楽譜をきちんと製本し 黄色い画用紙で表紙を付け とてもきれいな仕上がりです。 心意気を嬉しく思いました。 伴奏者は、 クラスでピアノを弾ける子が 必然的になる場合が多く 当事者は、心積もりをしてい [続きを読む]
  • 伴奏を聞くこと
  • 合わせるのではなく聞くこと 「うたをうたおうよ!」 一年生になったばかりで、 今春からレッスンを始めた生徒さんに 「うたあそび」という教本を使っています。 知ってる曲がたくさん載っていて 「うた」を歌うほかに リズムや、手遊び、音読み、音当てなど ソルフェージュの一環として 使用しています。 歌が好き!という気持ちならば 一緒に楽しく、振りをつけたり 踊った [続きを読む]
  • 女の子の本能
  • 「ひよっこ」75話相変わらず、録画しておいて リアルタイムでは、なかなか観れない 「ひよっこ」ですが 先週、おもしろいセリフがありました。 「すずふり亭」の鈴子さん。 日本は、ビートルズフィーバーで 浮かれ騒ぎ。 「あたしは、ビートルズなんて知らないけどね、 いつの時代もね [続きを読む]
  • 読譜のアプローチ
  • 前の続き 前の記事→弾きたい気持ち 楽譜を、音符を見て弾く練習。 いきなり弾きたいのはやまやまですが まず、「見てね」と言います。 分解して、準備をするのです。 指差しを私がしたりしますが たまに、本人が指差しながら 音符を読みます。 とまらないで読めるのが目標です。 「リズム読み」 「リズム打ちしながら、音読み」 「拍子打ちしな [続きを読む]
  • 弾きたい気持ち
  • 譜読みするより、早く弾きたい! まだピアノを始めたばかりのHちゃん。 譜読みは、ド、レ、ミ、ファ、ソの 五音だけですが (それでも、かなり引っ張って 吸収するペースに合わせています) 「弾きたい」気持ちを大切にしてます。 いつも弾きたい気持ちが いっぱいなのです。 そんな気持ちに追い付 [続きを読む]
  • 考えるレッスン
  • うまくなるコツ 先日、プライベートレッスンがありました。 いつものように チェルニー100番、 バッハインヴェンション、 これらはレッスンの定番で やり直しピアノです。 レッスンを受け始めて 子どもの頃 何を考えて弾いていたのか 先生からどんなアドバイスを 頂いたのか? 思い出せないので、 辛うじて楽譜の走り書きに 目をやります。 でも、書き込みは少なく 次々と、淡々 [続きを読む]
  • 週休3日制に期待したい
  • ピアノ教室に通う家庭の場合 企業の人材確保のためとか 従業員の働きやすい環境のためとか 仕事の在り方が変わろうと している。 導入し実現するには 大変かもしれないが ぜひ広まって欲しいと思う。 子育て世代で共稼ぎは とにかく忙しい。 毎日毎日ヘトヘトだ。 子どもが習い事へ行くにも 時間、送り迎えの制約があり それでも、ピアノ教室を探し求める。 [続きを読む]
  • 演奏前のお辞儀は?
  • 普通でいい? 先日、ステップで たくさんの演奏を聞きました。 ピアノを弾く前に お辞儀をします。 アドバイザーの先生方をはじめ 会場で聞いて下さる ご家族の方やお友だち。 (どうぞ、聞いてください)と 心を込めて、お辞儀をします。 動作が流れないように 雑にならないように 発表会の前などに お辞儀を含め、所作のチェックをしますが ステップで、 [続きを読む]
  • 中学生のピアノ優先順位
  • どの位置づけ? 中学生というのは、 毎日やることがたくさんあって忙しい。 1日の大半を学校で過ごし 部活があれば、朝練、午後練。 帰宅して、 塾があれば塾に行き 学校の宿題、予習復習。 習い事の時間は 自然と削られていく。 趣味の範疇のピアノは 当然優先順位が低い。 ?勉強または学校行事 ?部活動 ?友だち関係 ?趣味、遊び ?家族 [続きを読む]
  • 全仏オープンテニスとピアノ
  • プロテニスプレーヤーとピアノが通じる部分 今、ローランギャロス フレンチオープンが開催されている。 スポーツ観戦は大好きで 特に、テニスは グランドスラムの開催に合わせて WOWOWに加入する。 この10年は、日本人の錦織圭選手の 活躍がめざましいので NHKでも放映される機会が多い。 嬉しい限りだ。 プロテニスというのは、 メンタル、フィジカル、テクニカル [続きを読む]
  • 泣いて笑って、ピティナステップ
  • ステップデビュー 先日、生徒さんが春のステップに 参加してきました。 Rちゃんは初めて、 Sちゃんは2回目です。 初めてのステップ参加のRちゃん。 会場で顔を見たら コチコチで、固くなっています。 適度な緊張感というのは 集中する時に必要なことです。 音を聴く、良い音を出すために からだと感覚を コントロールしなければなりません。 しかし、まるで動物が [続きを読む]
  • 良い習慣
  • いつ練習しますか? 中学生になったばかりのRちゃん。 中間テストも終わり、 中学校生活にも慣れてきました。 部活もやっていて、朝練もあるそうです。 もうすぐコンクールで 練習も追い込みです。 元々、きちんと練習をしてきますし 宿題も忘れません。 レッスンの中でのポイントを理解し 課題を持ち帰り 次回に活かすという好循環です。 「忙しいのに、偉いね! [続きを読む]
  • 音符と音符のあいだ
  • 仲間になれないピアノ昨日は、室内楽のトリオレッスンでした。 モーツァルト作曲 ディヴェルティメント 第二楽章 4月に続き2回目です。 前回の課題を心に刻みました。 「一緒に動く」 どんな曲でも、 たとえチェルニー100番でも アドバイスをいただくことは 同じことを指していると 毎回、思います。 じゃあ、何度言われたらわかるんだ⁈ 私が鈍いという [続きを読む]
  • おんぶに、抱っこの2歳児レッスン
  • 親子でレッスン午前中は、かわいいIちゃんママと 2歳児のIちゃんの親子レッスンでした。 ワーキングマザーなので メインは、ワーク、チェルニー、好きな曲を 無理のない量とペースで コツコツ続けること、 少ない時間でも成果があること、 目標を明確にして できることを示します。 練習時間をかければ レベルアップできるし、 難曲や大曲に挑戦もできることは ママも承知し [続きを読む]
  • 自分のためのピアノレッスン
  • 「ブラームスは音楽的偏差値が高いのよ…」昨日は、月に一度のレッスンでした。 室内楽がご縁で やり直しピアノを お願いしています。 やり直しというのはおこがましく 本気で、チェルニー100番と インベンションを見ていただいてます。 毎回、発見があり 私にとっては貴重な時間です。 先月、「そろそろ曲を持ってきて」 モーツァルトのトリオばかりで しばらく曲を弾いて [続きを読む]
  • くノ一ばあちゃん
  • 忍者みたいなばあちゃん冬の間の はちやさんとの同居は 慣れるまで時間がかかった。 しかし、毎年のことなので 生徒さんは当然のごとく レッスンに集中し、 夕方、はちやさんが在宅していれば 私語を慎しんだ。 時折り、障子の向こうから 流れてくるテレビの音や しゅんしゅんと沸く やかんの音にも 新参者の同居人の私は だんだん気にならなくなった。 声こそ [続きを読む]
  • 「ひよっこ」のスミコ
  • 腰の曲がったばあちゃん 今日のNHKの朝ドラは、 「椰子の実」歌ってましたね。 生徒さんの受験曲で しばらくの間、歌の指導をしてました。 歌詞が難しいんだけど ドラマの中では、心情がリンクして 歌詞に寄り添うことができます。 そして、主人公みね子の同僚 「澄子」のエピソードが ちょうど、ばあちゃんの話しでした。 [続きを読む]
  • 「はちやさん」の音楽教室
  • 「蜜蜂と遠雷」で思い出したこと 里山のピアノ教室へ 通うようになって オーナーさんのおばあちゃんと 仲良くなった。 レッスンが終わると 離れの戸締まりと電気を確認して 母屋の方へご挨拶に伺う。 すると、おばあちゃんが 「まあ、お茶でも一杯どうですか?」 とすすめてくれ、 そしてお茶菓子を探しに 肌電球の薄暗い板の間へ向かった。 おばあち [続きを読む]
  • 「蜜蜂と遠雷」と「はちやさん」
  • やっと、読めた。 連休中、買っておいた「蜜蜂と遠雷」を読む時間が作れた。 細かい字に苦労するので 好きだった読書も、めっきり減ったが これはとても面白く、ぐいぐい引き込まれた。 20代のころ、音楽教室で講師をしていた。 教室のひとつに とても遠くて、車で通った場所がある。 のどかな里山で、目の前が田んぼ。 広い庭に裏山がある 農家の離れが教室だった。 [続きを読む]
  • サイレントキーボード
  • 足立小百合先生のご厚意により「サイレントキーボード」というものを お分けしていただきました。 プラ製ピアノの鍵盤です。 音は、もちろん出ません。 今まで、半音や、音階の仕組み、音程 移調のこと、ワークの問題を考える時 紙鍵盤を使っていました。 小学校高学年以上のワークに便利! 導入には、黒鍵と白鍵を見たり 手の形を確かめたり。 鍵盤のでこぼこがリアルなんです。 さ [続きを読む]