鉄道模型鉄 さん プロフィール

  •  
鉄道模型鉄さん: 鉄道模型鉄Blog
ハンドル名鉄道模型鉄 さん
ブログタイトル鉄道模型鉄Blog
ブログURLhttp://9gauge.seesaa.net/
サイト紹介文鉄道模型好きな中年おやじのブログです。レイアウト作りに挑戦します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 193日(平均2.9回/週) - 参加 2017/03/13 01:14

鉄道模型鉄 さんのブログ記事

  • ヨドバシ.comの配送がトラブってる?
  • 車両のメンテナンスに必要なパーツやら、クリアトップコートやらが不足してきたので、毎度お世話になっているヨドバシ.comへ注文しようとしたのですが。。今日21日(木)の注文で、最短でのお届け日が来週の26日(火)となっていました。え!?っと思い、一瞬時間の感覚が麻痺しそうになりました。たまたま在庫の無い商品だったのかと思ったのですがそうでも無いみたいです。あくまでも、最短最速での配達日が5日後の26日。しかも [続きを読む]
  • トミックスがE1系MAXを新発売
  • トミックスの製品化速報を見ていたら、E1系MAX(旧塗装)が。。我が家のトミックス製E1系MAXです。かれこれ20年位前に基本セット(4両)と増結セット(4両)を購入し、今でも我が家のレイアウトでは現役で走り続けています。すでに古い製品である事と今まで手入れというモノをほとんどしていないことを考えれば、必要充分な動きを見せてくれているのですが、一つだけ問題点があります。それがコチラ。テールランプを点灯させている [続きを読む]
  • 津川洋行のトンネルポータルを塗装する
  • トンネルポータルの位置もあらかた決まったので、レイアウトへの設置前に塗装しておくことにしました。ちなみに、当初はジオコレシリーズのモノを多く使う予定でしたが、結果的に津川洋行製のモノが多くなりました。サイズが大きすぎるのが難点なのですが、それさえクリアできてしまえばやはり質感はすごく良いです。まずはレンガ模様のトンネルポータルの塗装から。この製品は全体がレンガになっているわけではなく、アーチ部分は [続きを読む]
  • トンネルポータルをサイズ調整する
  • 昨日トンネルポータルをレイアウトに仮置きしてみて、明らかに何カ所かサイズ的な無理が生じていたので適宜切断しました。津川洋行の複線用トンネルポータルの横幅を詰めるためにカットしました。レイアウトに置いてみます。以前は隣の単線区間に干渉してしまっていたのですがそれはクリア。後は後ろの単線用トンネルポータルとの兼ね合いですが、ギリギリセーフといった感じでしょうか。最終的に単専用トンネルポータルはもうちょ [続きを読む]
  • レイアウトにトンネルポータルを仮置きしてみる
  • レイアウトにトンネルポータルを仮置きしてみました。車両を走らせることだけを考えてレイアウトプランを作ってしまった結果、トンネルやその周りの地形を作る以前にトンネルポータルの接地だけでも苦労しそうなので、一度全体像を確認するためです。やっぱり明らかに無理が出てますねぇ。。まず今からでも対処可能なモノと不可能なモノがあり、地形の微調整やトンネルポータルの切断などで対処出来そうなモノは良しとします。どう [続きを読む]
  • 最近TOMIXの100系フレッシュグリーンがヤフオクに出品されると思ったら…
  • TOMIXの100系山陽新幹線フレッシュグリーンです。以前所有していたことがあったのですが、金欠の時に売ってしまいちょっと後悔していました。ヤフオクにお買い得品が出品されたら狙ってみようと思ってアラート登録しているのですが、今年後半あたりからなんか出品される数が増えたなぁと思っていました。金額は新品を数割引で購入する時と同じ位の設定。なんで最近になって出品が増えたのかなと思ったら、なるほど、再生産されてる [続きを読む]
  • 作業中は常に保護メガネ(ゴーグル)をしましょう
  • DIY用の保護メガネ(ゴーグル)です。DIYでも模型製作でも、目を守るというのはホントに大事です。特にワタクシは過敏とも言えるほど目を保護することには神経を使っているのですが、それには幼い頃のある出来事が関係しています。トミックスの昔の制御機器です(我が家では現役です)。今のコネクタと違い、この当時の危機はむき出しの銅線を接続する仕様になっています。このタイプのモノでも比較的後期のモノは銅線の末端がキレ [続きを読む]
  • KATOカプラーが連結しにくいので交換してみたけど…
  • カトーのC57ばんえつ物語号です。たしか初めて買ったカトー製のSLと客車です。カトーカプラーは連結面も良くできていて大変良いのですが、ひとつ困ったことがあります。それは、連結がしにくいということです。正確に言うと、全車両ではないのですが連結しにくいモノがいくつか混ざってるんですね。ほとんどの車両は何のストレスもなく、ただ接触させるだけで気持ちよく連結できるのですが、中にはどうにも繋がってくれないモノ [続きを読む]
  • NOCH(ノッホ)のICEトンネルポータルを買って後悔…
  • NOCH(ノッホ)のICEトンネルポータルを購入しました。が…何でしょうか、この安物感というか、手作り感というか。コレを人に見せたら間違いなく自分で手作りしたんだと思われるでしょうし、買ったんだと言っても「100円ショップ?」と言われる事でしょう。それくらいスゴイ商品です。真っ直ぐにカット出来ていないし、茶色い塗装が移っちゃってるし。。なんでこんなモノを買ってしまったかというと、元々ファーラー製のICEトン [続きを読む]
  • 津川洋行とジオコレのトンネルポータルを比較
  • 先日買った津川洋行のトンネルポータルが予想外に大きかった事と、レンガの表現でイマイチ良く分からない箇所があったので、少々無駄な買い物ではあるのですがトミーテックのジオコレを購入してみました。石積みタイプとレンガタイプを一つずつ購入。この製品は以前はかなりの安値で売られていたようなのですが、現在では品薄になってきている影響でちょっと高めの価格になっています。(といっても定価を上回るようなぼったくりプ [続きを読む]
  • クランプフォーリッジを着色してみる
  • 先日買ったクランプフォーリッジ暗緑色(ダークグリーン)を明るい緑に着色してみました。使ったのはアサヒペンのクリエイティブカラースプレー。色はフレッシュグリーンを選びました。正直、春の緑にしても明るすぎる色かなとは思うのですが、今回シーナリー作成をするにあたり全体的にかなりのデフォルメはしていこうと思っています。特に我が家のレイアウト部屋は薄暗いので、忠実な色の再現よりもデフォルメが必要と思うのです [続きを読む]
  • 津川洋行のトンネルポータルを買ってみたけど…
  • 津川洋行のトンネルポータルを購入しました。単線用と複線用、レンガタイプと石積みタイプ、それぞれをまとめて買ってみたのですが、ちょっと気になる事が。。それがコチラ、レンガタイプの単線用です。何が気になるかというと、このアーチ部分のつるつるな箇所。コレって一体何を表現しているのでしょうか?石でもレンガでも無い事は確かなのですが、モルタル?漆喰?どう捉えるのが正解なのかが全くわからないんです。同じレンガ [続きを読む]
  • クランプフォーリッジその他をテキトーに購入してみた
  • レイアウトの緑化に必要なフォーリッジ類を色々と買ってみました。緑化作業の主役となるのはコチラ、ウッドランド製のクランプフォーリッジ。どちらかと言えばクランプフォーリッジよりもフォーリッジクラスターの方が定番らしいのですが、なんとなくコチラの方がスポンジの粒が細かそうに見えたので選びました。1袋あたりの容量が2.8リットルと大容量!らしいのですが、それがどのくらいの量なのか良く分からず、また我が家の [続きを読む]
  • トミックスも四季島を発売
  • カトーがJR東の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の製品化を発表し、予約段階からかなりの注文が入っているようですが、やはりトミックスも製品化してきましたね。来年春の発売予定ということなので詳しい情報はまだこれからでしょうが、少ない情報の中で気になる点が2つほどありました。まず一つ目は、通電カプラーを採用するとのこと。トミックスの通電カプラーは、まあ連結しにくいというデメリットもあるものの、個人的には [続きを読む]
  • ウッドランド・シーニックスの「Water Volume Estimator」を使ってみた
  • 今年の夏は、毎日毎日、雨ですね現在のレイアウトの状態です。我が家のレイアウト部屋は雨の日には洗濯物を干すための場所へと変わるため、レイアウトは邪魔にならないよう立て掛けておかねばなりません。つまりここ数日間はずっとこの状態です。まあそのための立て掛け式レイアウトなわけですが、これではレイアウト作りを進展させることが出来ないので、実際の作業以外に出来る準備や実験などをいろいろやっていこうと思っていま [続きを読む]
  • 「HOゲージ」という呼び名の今後について
  • 昨日は「HOゲージ」なんていうモノはこの世に存在しない、という話をしました。では、今後このおかしな呼び名はどうなっていくかという事を今日は考えてみます。結論から先に言うと、今後ますます「HOゲージ」という言葉は鉄道模型界に定着していくと思います。理由はいろいろあります。まず、KATOとTOMIXという日本の2大鉄道模型メーカーの扱いについて。両メーカーともに1/80スケール、16.5mmゲージのいわゆる「HOゲージ」と呼 [続きを読む]
  • 「HOゲージ」はこの世に存在しない
  • 鉄道模型といえば日本では圧倒的に「Nゲージ」が人気ですが、世界的に見ればNゲージは少数派で「HO」の方が圧倒的シェアを持っています(最近は外国の事情も変わりつつあるようですが)。HOというのは、縮尺1/87で線路幅16.5mmの鉄道模型を言います。さて、この世界的に人気の「HO」、日本でも愛好家の方は結構いるようですが、鉄道模型の世界に「HO」は存在しても「HOゲージ」は存在しないというお話です。鉄道模型ファンの方 [続きを読む]
  • トミックスの「TNOS新制御システム」に興味があったけど…
  • トミックスがTNOS新制御システムという新しい制御システムを発表し、各地でデモンストレーションを行っているようです。TNOS新制御システムの特徴:・同じ本線上に複数の列車が走る・車両への加工は一切不要・自動で閉塞運転ができる(引用元:TOMIX TNOS新制御システム)この新制御システムの最大の売りは、DCCのような車両への改造は一切不要という点でしょうか。それでいてDCCのように同じ線路上に複数の列車を、衝突の心配なし [続きを読む]
  • TOMIXのきかんしゃトーマスとKATOのD51を重連運転してみる
  • 我が家のレイアウトは外周が電化複線、内周が非電化単線という設定にしているので、内周の方ではトミックスのきかんしゃトーマスとカトーのD51を交互に走らせたりしていました。(ちなみに「ひでんかたんせん」を変換したら「妃殿下単線」とでましたw)でも、どちらもカプラーは標準規格のアーノルドカプラーなので連結できるんだよなぁと思い、試しに重連運転をしてみました。どちらもスピード差はそれほど無いですし、きかんし [続きを読む]
  • KATOが新製品群「ウォーターシステム」を発表
  • 今日、何気なくKATOのホームページを見ていたら、ウッドランド・シーニックス社の「ウォーターシステム」を今年夏から発売予定との情報がありました。https://www.diorama-zairyo.com/woodland-katoワタクシとしては湖を作るために「リアリスティックウォーター」を先日発注したばかりだったので、”しまった!早まったか?!”と一瞬後悔したのですが。。でもよくよく確認すると、やはり素人にはリアリスティックウォーターの方が [続きを読む]
  • 会津バラストSサイズを購入
  • 前回、会津バラストのMサイズを購入したのですが、トミックスの茶色道床レールへの撒きが上手くいかなかったので、今度はSサイズを購入してみました。今回もヨドバシ.comを利用。送料無料で即日配達してくれるのはホントありがたいです。会津バラストのSサイズとMサイズの比較です。Mサイズの方は小さいながらも”石”という感じが強かったですが、Sサイズの方は石と言うよりも”砂”に近い印象ですね。これなら茶色道床レールに直 [続きを読む]
  • 会津バラストを購入
  • 会津バラストというものを購入してみました。JR東日本で実際に使われるバラスト石(安山岩)を鉄道模型用に小さくした商品だそうで、バラストの大きさ別にS・M・Lの3種類があります。今回購入したのはMサイズ。何かとお世話になっているヨドバシカメラのネット通販で買いました。やはり本物の石を使っているだけあって質感は最高ですね。ただMサイズだとNゲージのバラストとしては縮尺的に大きすぎると思います。もしスケール感を [続きを読む]
  • KATO C57-180号機 謎の通電不良に悩まされる
  • KATOのC57-180号機の脱線問題も、暫定的ではありながらも一応は解決し、残す問題はアーノルドカプラーの不調だけ…のはずだったのですが。客車を連結して試走してみると、何の問題もなく走ってます。。もともとどーゆー問題があったかというと、客車を連結して走行すると動力車の後輪が脱線してしまったり、先頭客車が脱線してしまったりしていたんですね。C57のアーノルドカプラーを手で左右に動かしてみると、引っかかりがあって [続きを読む]
  • KATO C57-180号機の脱線症状を改善する(その2)
  • 昨日に引き続き、「KATO C57-180号機」の脱線問題の対処法を考えていきます。昨日の改良で半径280mm以上のカーブでは問題なく走行できるようになったのですが、我が家レイアウトの最小半径243mmでは先台車の先輪が相変わらず脱線してしまいます。前回施した処置のおさらいですが、このカトーのC57は先台車のレールへの接地力が異様に弱いので、それを改善するために先台車にカプラースプリングを取り付けました。(鉄なブログさん [続きを読む]