poncho さん プロフィール

  •  
ponchoさん: 言葉の原石たち
ハンドル名poncho さん
ブログタイトル言葉の原石たち
ブログURLhttp://ameblo.jp/kirakotoba/
サイト紹介文日々感じた言葉や名言、詩、キラッとした言葉を書いて行きます。 気軽に訪問してくださいねー。
自由文脚本書いて、時に役者をやってます。
文章を書くのが好きです。
感性や芸術、答えのないものが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 41日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/13 15:43

poncho さんのブログ記事

  • 見届ける
  • そこにある先をみようと思ったこっち側じゃわからないあっち側をみようと私は何を期待してたんだろうこの目で見届けないと見えてこないと 何も言えないと想像を裏切ってほしい想像を越えてほしいそう思いたかったそうだったら救いがあるから 優しくなれるから思ったとおり思った通りじゃない方がいいのに [続きを読む]
  • ざわざわ
  • ざわざわします気が張ったせいかざわざわ心が四方八方おしゃべりしてますリーダーがいません不協和音を止めるコンダクターさざなみを止める太陽山へ逃げて忘れてしまおう空を見上げて 見ないようにしようざわざわが止まるまでざわざわ 無くなればささいなこと通りすぎた記憶さあ目をつぶろう呼吸だけ考えよう今年は桜さん、満開まで粘ったせいか、花ごと落ちている木が [続きを読む]
  • 純白
  • 純白でありたい純白は青くさい純白は無垢嫌で嫌で色をぬりたくる生きてゆけず色をぬりたくる知ったような大人になる今、また純白に戻りたい青くさいは未完成無垢は純粋そんな大人がいていいよねちょっとだけ久しぶりの更新真っ白に咲き乱れるユキヤナギです [続きを読む]
  • かたくな
  • 春に身を預けようか?雪どけを待つように春の光に包まれようか?今出てきた新芽のようにかたくなな私よ さようならほら、もう春はそこまで私の冬もこれまで桜のつぼみがふくらみ、ピンク色に色づきましたまだ花は咲いてないけど、春が私の肩をとんとんと叩いた気分です他の方のブログを見ても、つぼみや花の写真が沢山あって華やいだ気持ちになります。皆様、ありがとです [続きを読む]
  • 転がり落ちる
  • 坂道ゴロゴロころがってどこいくの?いたいよめがまわるよ世界が反対にみえて聞こえる音は轟音ころがって角がとれてさわり心地は良くなるけどツルツルして中身は取り出せない中に何があったか分からない感覚だけの言葉です。ご想像にお任せしますさかさくらげ そのまんまの名前やん [続きを読む]
  • いるということ by小栗旬
  • いるということが出来る人がすごい。僕はビビって余計なことをプラスしちゃう不安になって付け足すと見やすくなるけど、本当の大切な部分を見失うんじゃないか。その辺が難しいby小栗旬演じる事にたいして語った言葉。激しく同意。でも難しい。付け足せば足すほど、人間から遠ざかる。人間らしくなくなる。台詞ぽくなってしまう。これは演者も脚本家も一緒かもしれない。それを考えるとバイプレーヤーズのおじ様達はすごいなぁ。 [続きを読む]
  • Forever Young by竹原ピストル
  • Forever Young by竹原ピストル何をどうしても眠れない夜は何が何でも眠っちゃいけない夜さ雨宿りするくらいなら晴れている街に駆けて行くさForever Youngあの頃の君にあってForever Young今の君にないものなんてないさくたびれた言葉で新しい約束を交わし萎れた声で新しい歌をうたおう満ち満ちた若葉はいつだって色褪せた枯葉の上にひらくのさForever Youngあの頃の君にあ [続きを読む]
  • カルテットの台詞③
  • 人って 価値観が合うか 器がおっきいかどっちかないとキツイでしょ by幹夫が友達に発した言葉どっちでもいい事と良くない事があって、話して歩み寄れる事と、話しても無理だろうと思うことがあって、無理なのは流そうとするけどひっかかて大切な人ほどひっかかって昔大好きだった人はどうしてたっけ?って思って好きがそれを隠して、違いをキツイと思わなかった [続きを読む]
  • カルテットの台詞②
  • 人を好きになることって 絶対 裏切らないから知ってるよ 真紀さんがみんなのこと好きなことくらい絶対それは 嘘なはずないよだってこぼれてたもん人を好きになるって勝手にこぼれるものでしょ?こぼれたものが 嘘なわけないよ過去とか… そういうものなくても音楽やれたし道で演奏したら楽しかったでしょ?真紀さんは 奏者でしょ?音楽は戻らないよ 一緒心が動いたら 前に進む好きになった時 人って過去から前に進む人 [続きを読む]
  • 逃げる
  • 逃げたい逃げたらいいよ逃げれない逃げれないよ。現実は逃げた方が幸せなんだがな [続きを読む]
  • なんだか
  • ふにゃふにゃです。春のせいでしょうか?ぼやぼやです。そのくせそわそわしてます。いぃーってなります。これも春のせい?満開のしだれ梅 [続きを読む]
  • たった二種類の金魚鉢 by竹原ピストル
  • 「たった二種類の金魚鉢」 by竹原 ピストルつないでいたくはないのにふりほどくことができないね干からびた鱗のよう並ぶ影と影わたしにとっての良い知らせはあなたにとっての悪い知らせたった二種類の金魚鉢お魚はいいね水の中では涙を気づかれずにすむだろうお魚はかなしいね水の中では涙に気づいてもらえないだろうだからそこですか [続きを読む]
  • 防災
  • 今日で6年目。ブログを読むと実際震災に遭われた方はかえって書くことが難しいだろうなと感じました。忘れてはならない、風化させてはならないと思うのは人それぞれ。忘れたい。震災の映像を観れない方も沢山いらっしゃっると思います。今日の過ごし方はそれぞれでいいと書かれていた方がいて、その通りだなとおもいました。私は防災を。経験から何点か役立った事を書きます。(被害状況)津波なし。家は壁にヒビが入る程度。家の [続きを読む]
  • 察する
  • 察するまたは空気を読む良い事もあるんだけど結局は確かめないと分からないよ大切な事ほど伝えておくれ分かってるよね…この行動で?ってわかるかぁ!?エスパーじゃないんだから相手の事を想像するだけじゃ関係は生まれない。歩み寄ることが出来ない。伝えよう。大切な人には [続きを読む]
  • カルテット 〜台詞の行間〜
  • こんばんは。録画しているドラマ、カルテットをみました坂元裕二さんの脚本です。19歳でフジテレビのヤングシナリオ大賞受賞し、23歳で東京ラブストーリーを執筆した脚本家さん。最高の離婚もそうですが、会話や台詞が独特で胸に刺さる。私が好きな脚本家さんです出演者の高橋一生さんのインタビューより「口語のように聞こえるけれど、口語では実はない、特殊な言葉使い。余白の部分をとても大事にしている」台詞の行間や表情に [続きを読む]
  • ブログの壁紙?って言うのかな?鳥とお花にしてみました。模様が変わると印象がかわりますねー春ぽいや。。へへっ。 [続きを読む]
  • 劇場 by寺山修司
  • 劇場たいくつの仮面をはずすとよろこびの仮面がありますよろこびの仮面をはずすといつわりの仮面がありますいつわりの仮面をはずすとくたびれた仮面がありますくたびれた仮面をはずすととまどいの仮面がありますはずしてもはずしてもはずれない仮面はいつもなみだを流しているby寺山修司自分を見失ったら…仮面をはずす事から始める。役に立たなくたって、人に甘えたっていい呼吸を整え、自分を見つめる。何もしたくないならそれ [続きを読む]
  • でかっ!晩白柚
  • 巨大すぎるフルーツスイカ並みだよ。あんた。晩白柚ばんぺいゆ?ローマ字ないと読めない…初めての出会いでした比較の為、いちごを横に写しました。苺もおっきめなんだけどくまもんの地、熊本はどえらいもん作ってるなぁ [続きを読む]
  • 灯りをつけましょ〜
  • 今日はひなまつりですが…心にほっと灯りを灯すような 出来事が昨日の投稿で昔の仲間から、元気になってよかったね、いつもブログ読んでるよ。とLINEを頂きました。アメーバ会員さんではないので、スタンプでいいねが来ました。他の知り合いからもおなじく感想を頂く事もあって。こうやって直接メッセージを頂けるのは本当に嬉しい倒れる前は、仕事も芝居も肩に山積み成し遂げた事に喜びは感じたけど、すぐに消えていき…次々と [続きを読む]
  • ブログを始めたきっかけ
  • ブログを始めて1ヶ月ちょっと経ちました。今日はブログを始めたきっかけを書きます私はある日から体調を崩しました。徒歩10分の最寄駅に行くのも辛いめまいと吐き気で胸が締め付けられるように痛い元気な時は舞台脚本書いてたのに、文章も話言葉も、長文を組みたてられない様になりました冬になり…友人に脚本を書くのが好きだったら、どんな形でもいい、皆に読んでもらいな、公開しんしゃい!と言われました。(デフォルメされて [続きを読む]