難あり物件コンサルタント 田中裕治 さん プロフィール

  •  
難あり物件コンサルタント 田中裕治さん: 困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺
ハンドル名難あり物件コンサルタント 田中裕治 さん
ブログタイトル困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺
ブログURLhttp://relight.muragon.com/
サイト紹介文他社で断れてしまった困った不動産・ワケアリ物件の対処法の実例をご紹介しています
自由文再建築不可物件や別荘地の土地、リゾートマンション、崖地、分家住宅、借地、底地、ボロボロのアパート、事故物件、境界について係争中の物件、持分のみなど他社で売却を断られてしまった売れない負動産を資産に変えるべく、日々活動。その実体験の中での成功体験や思ったことをブログに掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 44日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/13 21:13

難あり物件コンサルタント 田中裕治 さんのブログ記事

  • 農地転用の際に注意したいこと
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、農地転用の際の注意したいことについて。 現在、ご相談いただいてる案件、地方の市街化調整区域の 農地を購入したい、と。 目的は、その農地とセットで売却にだされている投資用 不動産を購入するため。 ただ、市街化調整区域の農地は正直、手強いです。 権利の設定や移転をするためには農業委員会の許可が必要。 もちろん、売買する際にも許可は当 [続きを読む]
  • 庭先売買などの敷地の2重使用のトラブル増加中
  •  みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今回は、敷地の2重使用について。  ヤフーニュースをみていたところ、杉並区(?)でマンションの敷地として使用されていた駐車場部分が第三者の所有で、その所有者がその駐車場部分を売却してしまい、既存のマンションが違反建築になってしまうことによる紛争が取り上げられていました。  まずは、この敷地の2重使用とは…そもそも都市計画区域内におい [続きを読む]
  • 擁壁の危険度と所有者責任
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、擁壁について。 今日は、再建築不可の買取り査定のために横浜市鶴見区と中区へ。 中区の物件は、道路が狭く車が入らないくらいの大して難易度の高い物件ではありませんでした。 ただ、鶴見区の物件は…なかなか手強い。 まず現地について驚いたこと、それは水道管が破裂してしまったのか、道路より水がガンガン流れている。!(◎_◎;) そのため、 [続きを読む]
  • 申し送りをついつい忘れてしまい大きな痛手を負ってしまうもの
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、土地の瑕疵担保責任について。 瑕疵担保責任とは物件の欠陥のことで、通常引渡し後3ヶ月以内に 発見されたことについては、売主様の費用負担で対処することが多い。 ただ、この瑕疵担保責任については、売主様、買主様が誰かによっては 免責にすることもできます。 もちろん、その責任期間を延ばすこともできます。 そして、この瑕疵担保責任は、契 [続きを読む]
  • 建物が建てられない市街化調整区域で建築できるもの
  •  みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今回は、市街化調整区域で建築できるものについて。 市街化調整区域とは、市街化を抑制する地域で原則として建物の建築はできません。  最近では、「相続で市街化調整区域にある土地を取得したが、活用できないので売りたい」とか「不動産会社に聞いたら、市街化調整区域の土地は売れないと言われた」といったご相談が増えています。  では、本当に市街化 [続きを読む]
  • 相続放棄と負動産の行く末
  • みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は負動産の行く末について。 最近、よく「不動産をタダでもいいから手放したい」と耳にするようになりました。 誰も使うこともなく、毎年固定資産税や草刈り代がかかる負動産…。 相続時の悩みのタネです。 この売却するにもお金がかかりそうな負動産。 もし、相続が発生し、この負動産しか資産がないときは、きっと相続人全員が相続放棄をされることにな [続きを読む]
  • 近隣トラブルと難あり物件
  •  みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今回は、近隣トラブルについて。  現在、対応させていただいている案件、私道の取決めについて地主さん、実際は地主さんの担当をしている建設会社と協議をしています。  ただ、これがまたなかなかに手ごわい。  もう数ヶ月にもなりますが、少し解決が見えたと思えば、また話が戻ってしまう。  さすがに依頼者の方もしびれを切らしている。    この [続きを読む]
  • みんなが考える再建築不可物件の悩みどころ
  • みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、再建築不可物件の悩みどころについて。 本日、購入の契約をさせていただいた神奈川県高座郡寒川町の土地。 建築基準法に接道していないため、建物の新築ができません。 ただ、物件があるのは都市計画区域内の市街化区域。 しかも用途地域は、準工業地域。 現況は、更地…。 つまり、毎年の固定資産税がかなりの金額かかってしまう…、建物を建築でき [続きを読む]
  • 負動産の唯一の活用方法
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、負動産の唯一の活用方法について。 まず、負動産とは所有していても使っていない不動産でかつ、毎年ランニングコストがかかるもの。 そして、この負動産は意外にもそこら中にある。 今日伺ったお客様、都内と静岡県、神奈川県に複数の不動産を所有。 もともとは、静岡県の別荘地の土地をタダでもいいから手放したい、と。 本日面談させていただいた結 [続きを読む]
  • 意外と多い難あり物件
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、意外と多い難あり物件について。 当社には毎週多数の難あり物件の売却・査定依頼があります。 今日は、沖縄県那覇市、静岡県裾野市の再建築不可物件の売却相談が…。 もちろん、他社からは売れない物件と言われてしまったそう…。 他にも茨城県の市街化調整区域にある分家住宅の売却相談、しかも2件…。 今日だけでこれだけの難あり物件のご相談。 [続きを読む]
  • 空家に住みついたとっても迷惑なものの正体!?
  •  みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今回は、私が所有している空家に住みついたとっても迷惑なものについて。 先日、購入した横浜市鶴見区の戸建。  購入したとたん、お隣さんより連絡が。 「おたくの家に害獣が住みついている。うちに来てほしくないから、早く何とかしてほしい」と。  そこでインターネットで検索をし、害獣ハンターに現地確認の上、見積りを依頼。 ハンターの方曰く、「 [続きを読む]
  • 事故物件の共通点と田舎の物件にありがちなこと
  • みなさん、おはようございます。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、事故物件について。 この仕事をしているとたまに事故物件というものに遭遇します。 事故物件は、その物件において過去に事件や事故があった物件のことで、いわくつき物件とも言います。 そして、昨日は静岡県焼津市にある事故物件の現地調査でした。 実際、私自身も事故物件の下見にはちょっと抵抗があります。 過去に何度も事故物件の内見を [続きを読む]
  • ペットを飼育するときの必ず注意しておくべきこと
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、物件でペットを飼育するときの注意点について。 本日、現地調査した静岡県焼津市にある物件、玄関を開け建物内に入った瞬間にびっくり。!(◎_◎;) 凄い臭い…。 何の臭いかというとペットの臭い。 聞くところによると前の所有者の方が建物内で猫を30匹以上飼育されていたそう。 そのため、室内には猫がところどころで排泄物をしてしまったのか [続きを読む]
  • 焼津市に住むと最大230万円がもらえるその方法とは
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今日は、朝から焼津市の物件調査、しかも5物件。 朝から8時30分に焼津市役所にてお客様と打ち合わせを した後に調査スタート。 いろいろな窓口で物件調査。 焼津市での調査は初めてのため、勝手が悪い…。 特に大きな問題はありませんでしたが、1件だけ前面道路が 建築基準法の道路に認定されていない…。 そのため、道路相談を依頼し、道路判定をすべ [続きを読む]
  • 意外と簡単にできる越境物の是正、雨樋編
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今日は、越境物の是正について。 私が管理している静岡県伊豆の国市の土地。 以前は月極め駐車場として所有者の方が活用されていましたが、 将来の相続に備え売却することに。 まずは駐車場を閉鎖し、月極め駐車場の解約。 大部分がすんなり退去。 …が、2台ほど廃車になった放置車両が…。 そのため、その放置車両のナンバーを控え、陸運局にて調査。 所 [続きを読む]
  • 相続トラブルとがめつい弁護士
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今日は、相続トラブルについて。 もう何年も前にお会いしたお客様、相続が発生しており、各人の取り分の主張が折り合わず、弁護士に相談。 そして、ここからが問題の始まり。 まず、7年以上前から協議しているにもかかわらず、解決していない。 途中、相続税を納税するために一部の不動産を売却。 その際にその弁護士は、何もしていなかったにもかかわらず、 [続きを読む]
  • 何十年も放置した崖の上の空家を買い取ってほしい!
  •  みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今日は、新規ご相談事例をご紹介させていただきます。 「何十年も放置した崖の上の空家を買い取ってほしい!」 (神奈川県横浜市西区霞ヶ丘 土地) こういった状態の難あり物件を当社が購入しました。 そして…。 こういった状態にきれいに整地。 奥の方をみていただくとわかるようにお隣さんより 物件が5mくらい高くなっており、老朽化した擁壁があ [続きを読む]
  • 見落としがちな意外と多い越境物
  •  みなさん、こんにちは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今回は、越境物について。  建物の建築の時や土地の売買の時には、一般的に土地の測量を行います。  この測量は、土地家屋調査士や測量士という資格の方が行います。 そして、この測量の際に発覚するのが「越境物」です。  ただし、測量士の先生によっては越境を確認していないところもいるため、測量の時にはしっかり「越境物も確認してください」と依 [続きを読む]
  • 建替えできない物件の固定資産税納付書に記載された驚くべき金額
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今日は、固定資産税の納付書に記載された評価額について。 昨日届いた複数の物件の固定資産税の納付書。 封を開け、一つ、一つ内容を確認。 すると…びっくりすることが。 それは、横浜市にある建替えが出来ない物件の評価額が高いこと。 ズバリその金額は、950万円。 これでも昨年、役所の担当者と協議し、下げた金額。 通常、固定資産税の評価額は、実 [続きを読む]
  • 固定資産税の納付書で一番確認したいこと
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今回は、固定資産税の納付書に記載されている内容について。 不動産を所有している方にこの時期、市町村より固定資産税の納付書が送られてきます。 そのため、当社にもたくさんの納付書が…ちょっと憂鬱…。 その納付書で一番確認したい内容は、固定資産税の評価額と実際に売れる金額の差異。 もし、評価額が低くく、実際に売れる金額が高い場合は、現状維持で [続きを読む]
  • リフォームローンが組めないときの不動産会社の使い方
  •  みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今日は、リフォームローンについて。  不動産を購入する際、売主様が個人の中古マンションや中古戸建は、大部分が現況有姿と言ってリフォームされていない状態が多いです。  そのため、買主様はその不動産を購入されるにあたり、物件取得後、リフォーム工事をされます。  このリフォーム工事、費用が数十万円くらいであればいいのですが、そういったケー [続きを読む]
  • 水面下にある難あり物件の格安情報
  •  みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今日は、水面下の物件情報について。  最近では、不動産情報はほぼほぼインターネットに掲載されている…と思われているかもしれませんが、そんなことはありません。  私の方では難あり物件の加工による資産価値アップもしておりますが、買取・再販事業も行っています。  そのため、難あり物件で他社さんが手に負えない物件を「買ってくれないか」という [続きを読む]
  • 建替えが出来ないテラスハウス(長屋)、買いました
  •  みなさん、おはようございます。 難あり物件コンサルタントの田中です。  今日は、テラスハウスについて。  テラスハウスというのは2階建の連棟式戸建住宅のことを言い、戸建の一種類となります。  各住戸がテラスと専用の庭があることからテラスハウスと呼ばれるようになったそうです。  隣家とは共用の壁で連続しているため、長屋建(長屋)とも言われています。  この長屋は、古くからも採用されていました。   [続きを読む]
  • 空家バンクの問題点
  • みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。 今日は、空家バンクについて。 ヤフー記事を読んでいたところ、千葉県茂原市でも空家活用を促すために空家バンクが創設された、と記載されていました。 記事の内容では、茂原市の空家率は11%超となってしまっているそうです…。 空家バンクについては、個人的には賛成ですが、多数の自治体があくまであるだけであまり機能していないところが多い。 もちろん [続きを読む]