はいきゃぱ! さん プロフィール

  •  
はいきゃぱ!さん: Hi-capaとVSR
ハンドル名はいきゃぱ! さん
ブログタイトルHi-capaとVSR
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hicapavsr/
サイト紹介文ハイキャパとVSRに偏ったお座敷シューター&ガンスミスもどきの備忘録です。主にカスタム記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 106日(平均5.8回/週) - 参加 2017/03/13 21:20

はいきゃぱ! さんのブログ記事

  • ハイキャパの現状 2017-06
  • 2017年6月現在のハイキャパカスタムの現状をまとめてみます。写真主体で外装メインです。個別のカスタムはそれぞれの記事を参照してください。とりあえず全景目を引くのはやはりS.A.Sフロントキットでしょうか。ちょっとした工夫で某社アキュコンプと同じ効果を持たせています。ホールドオープンスライド肉抜きからロッキングラグが見えるのが個人的に好きです。スライド肉抜きは3面に大胆に入れています。前方は肉厚があるので結 [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム STIマグウェル 刻印 スミ入れ
  • 先日取り付けたSTIタクティカルタイプマグウェル。もちろんレプリカなのですがご丁寧に刻印まで入っていたので本家STI社同様にホワイトでスミ入れしてみました。ホワイトの油性マーカーを塗り込んではみ出した部分はベンジンで拭き取ります。タクティカルタイプという事でランヤードリンクがあるのでTの字が途中で切れちゃってますが、これはこれでタクティコーな雰囲気で良いのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • ハイキャパ STI タクティカルマグウェル購入
  • 結局買ってしまいました。UFCのSTI タクティカルタイプのマグウェルです。もちろん中華製。ずっと欲しかったんですよね〜。ピン穴にちょこっとバリがあったりしましたがぱっと見の外観はエッジが綺麗に切削され綺麗です。手を切りそうなくらいシャープです。なんとSTIの刻印まで入っています。ここまでしなくても良かったのですが(笑)タクティカルという事で後部にランヤードリンクがあります。ハイキャパ系のマグウェルとしては [続きを読む]
  • サイレンサー
  • お座敷シューターの癖にサイレンサーを持っています(笑)いや、お座敷だからこそ必要なんです!ガスブロは特にうるさいですからね。ガスブロにサイレンサー効くの?って思うでしょうが気密を最大限まで上げた私の低燃費ハイキャパでは明らかに効果ありですよ。意外とマズルから音は出ています。作動音はどうしても消せませんがそれは実銃も同じですし別問題。最近マルイから初のサイレンサー付属ガスブロとしてHK45タクティカルが [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム マグウェル加工
  • 先日付けたマグウェルですが、四角い形状ゆえホルスタードロウ時に手のひらに引っかかって痛い部分がありましたのでなんとかしたいと思います。この赤丸の部分です。既に若干丸めてあり塗装が剥げていますね。右手のひらが触れるのでそっち側だけ特に剥げています。という訳でちょっと削ります。ちょっと丸めてみました。一応バランス取るために左も。アルミブラックで染めます。染まりました!ちょっとブルー掛かっていますがまあ [続きを読む]
  • ハイキャパ 5.1Rのハンマースプリング
  • 最近発見したのですが14歳以上推奨のハイキャパ5.1Rのハンマースプリングが非常に良い出来です。とてもしなやかで柔らかいのです。以前たまたま5.1Rのジャンク部品一式を買ったのですが比べてみるまで全く気が付きませんでした。特に画像もないのですが5.1のスプリングに比べるとレートは60%くらいです。長さも若干短くなってます。私はRCCの70%を更に切ったものを使っていますが、試しに同じ長さに切ってみたところRCCの70%より [続きを読む]
  • ハイキャパ ケムシもどきレビュー
  • 先日作った某社ケムシもどきですが実射してみたので感想を。結論から言って効果アリです!燃費自体は8マグ+18発と前回と変化無しでしたが安定性が段違いでした。マガジンが冷えてくるとダブルタップの2発目が弱くなったりフルストロークしなかったりすることがありますが気化効率が上がることによりダブルタップが非常に快適です。もっと連射しても初速やブローバックの勢いがあまり落ちません。明らかに気化の追いつきが速いです。 [続きを読む]
  • ハイキャパマガジン ケムシもどき作製
  • 某社が出しているケムシというパーツ。マガジンに仕込むとガスの気化効率を上げられるというスポンジ状のパーツです。私は知らなかったのですがどうやら昔からガスガンのマガジンにスポンジを仕込んだり撹拌球を入れたりといったカスタムはあったようですね。その某社のパーツを買おうと思っていましたが百均でたまたま似たようなスポンジを発見したので自作してみました。こちらが買ってきたスポンジ。かなり目が粗いスポンジです [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム 軽量ウィンテージスクリュー作製
  • ハイキャパ5.1のリアサイトですがガタが出たりスライドにヒビが入ったりでトラブルが尽きませんよね。私はゴールドマッチや5.1Rの樹脂製を使っていますがそれでも不安は付きまといます。先日サイトベースをアセトンで溶着させましたがまだ不安な部分はあるので対策を施します。ウィンテージ(左右調整)スクリューです。重量を測ると1.0gから1.5gを指します。樹脂製サイトとはいえここは亜鉛のままでした。コレを樹脂製に置き換え [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム グリップスクリュー交換
  • ハイキャパのグリップスクリューを変えました。ハイキャパのグリップスクリューってかなり頭が出っ張ってますよね?トリガーフィンガーを上に外した時なんかに当たって痛いです。あと左手親指にも当たります。私だけ?純正スクリューです。かなりの出っ張りですよね。出っ張っているというより彫り込みが浅いんですよね。まあハイキャパシティフレームの構造上仕方ないんですが…余談ですが以前何処かでグリップスクリューが亜鉛製と [続きを読む]
  • ハイキャパ AIP ステンレストリガーリング
  • AIPのステンレストリガーリング(トリガーバー)を購入しました。大した効果は無いだろうとは思っていますが安価だったので香港から購入しました。ぱっと見た感じは綺麗ですね。打ち抜きのバリなどはマルイ製より少なく全体をくまなく撫でても滑らかにできています。トリガー取り付け部精度は問題なく大体のトリガーはちゃんと付くでしょう。マルイ純正よりは僅かにルーズな感じがしますので激安の中華トリガーとの相性は良いかも [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム リアサイトベース再接着
  • ABS専用接着剤でくっつけたはずのリアサイトですがいきなり取れてしまいました。再度接着したのですが思うところあって一旦剥ぎ取りました。ABS用接着剤というのはこれです。基本的にはABS同士を強力に接着してくれます。しかし粘度が高くそのくせ乾燥が速いのでリアサイトのように横からスライドさせてはめ込むものには向きません。オープンな面同士を貼り合わせるなら使い勝手は良いのですが…。サイトをはめ込む時にムニュっと [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム バレルウェイト追加
  • ハイキャパはマガジンが非常に重たいです。S.A.Sフロントを付けているとはいえまだフロントが軽い感じがします。スライド内はかなり軽量化しているので重量バランスが下に寄っている感じもします。そこでバレルにウェイトを付けることにしました。こんな感じに鉛シートを巻いていきます。アウター内側の一段広くなっている部分に収まるように巻き数を調整します。鉛シートはこんなやつ。スピーカーのエンクロージャーに使ったもの [続きを読む]
  • ハイキャパ 燃費試験
  • 画像もない記事です!出来上がったスライドで燃費試験をしました。マガジンは4.3タイプのメッキマガジン。ガスは二種類テストしました。気温は室内で25度くらいです。・134a 8マガジンと18発 242発・152a 8マガジンと16発 240発手で握って軽く温めつつ1秒間に2発ずつくらいのペースで撃ちました。意外にも152が健闘していますね。撃ち味はさすがに134aの方が圧力が高めでキレがよく動作も終始安定していました。データで見ると [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム 新スライド完成
  • 塗装してサイト類を組み込みました。塗装は前回同様インディのブラックパーカーです。フロントが穴だらけです。縦方向の強度は考慮してありますので大丈夫だと思います。ボーマーサイトベースは斜めカットを入れたのでサイトのピンを少し短く加工して組み付けました。これは個人的に気に入っています(^^)ブリーチ、リコイルプラグを組むと53.5g樹脂ブリーチを組んだ時に比べ僅か1g増です。ブリーチの分スライドで軽くしてあります [続きを読む]
  • ハイキャパ シリンダー交換 組み込み時の小細工
  • この前割れたシリンダー(ローディングノズル)を新しく購入したので組み込みます。記事にするような内容ではないと思いますがいくつか工夫をしているので紹介します。特に変哲もない純正品です。まずピストン入り口を少し面取りします。私は内径ピッタリのダイナピストンを組んでいるので引き込みに引っかかりがないようにという意図です。見にくいですがこんな感じに少しテーパーを切ります。次にこのガイドになる耳部分です。バ [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム 新規スライド作製 2 肉抜き軽量化
  • マスキングテープで肉抜きのあたりをつけています。今回はデザインよりも軽量化優先でやってみます。タクティカルよりもレースガン寄りの加工です。果たしてかっこいいかどうかはできてから(笑)ドリルで穴を開けます。手作業で穴を繋げて行きます。ヤスリで整えて行きます。ミニ四駆を思い出しますねぇフライスが欲しいです。割りと大胆に行きました。強度は大丈夫だと思いますよ。ボーマーサイトも斜めカットに。何処かで見た写 [続きを読む]
  • ハイキャパ 新規スライド作製 1 ノッチ欠け対策と刻印埋め
  • 軽量化のデータも集まったのでいい加減スライドを新しくしたいと思います。純正スライドです。ボーマーサイトベース(樹脂製)はABS専用接着剤で溶着してあります。これまでのプラリペアで固めるよりも強度があり見た目もスマートです。刻印はOPS-まで埋めます。前回同様サイドにスリットを入れる予定ですがここまでで十分です。プラリペア作業ついでに定番のノッチ欠け対策。金属プレートを埋め込みます。新しく作るのは面倒だっ [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム ゴーストリングサイト作製 その2
  • ゴーストリングサイトを完成させました。未塗装でもよかったのですが接着跡などがちょっと目立つので、真っ平ら研磨してインディーのブラックパーカーで塗装した後ツヤ消しクリアを吹いています。下地はヤスリ跡を残して削りだした感を出しておきました(笑)サイトピクチャーはこんな感じ。フロントサイトにピントを合わせています。実際の目にはフロントサイトがもうちょい大きく見えます。ゴーストリングと言いますがこの程度の [続きを読む]
  • ハイキャパ ローディングノズル割れる
  • シリンダーリターンを速くしたいと120%のローディングノズルリターンスプリングを試しに組んでみたのですがシリンダーが割れました。まあ嫌な予感はしてたんです…120%と言いながらどう考えても200%くらいの硬さでしたから(笑)海外製なのでマルイ基準じゃないのかも。それでうまいこと縮まらずに脱線したようです。で、そのままスライドが閉鎖しちゃったのでスプリングを噛んで割れたみたいです。やっぱり純正のスプリングで [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム ゴーストリングサイト作成
  • 前から興味のあったゴーストリングサイトを作成したいと思います。ゴーストリングサイトとはスピードシューティング等使われる精密さよりもピックアップのしやすさを最優先したアイアンサイトの一種です。ピープサイトを極端に大きくしたものと言えばわかりやすいでしょうか。シューティングマッチ等ではアイアンサイト部門で禁止されている事が多くオープンクラス扱いになります。それくらい使いやすいってことなのでしょうか。生 [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム ステンレスグリップセフティ
  • 以前から狙っていたNEW AGEのステンレス製グリップセフティを入手しました。台湾製です。Anvilほど高級パーツではないのでさすがにステンレス削り出しではないですが、丁寧なポリッシュ仕上げになっており出来は上々です。形状は5.1準拠です。デュアルステンレスの物も好きですがこのインデックス付きの物がバドグリし難く好きです。長いビーバーテイルもカスタムガンぽくて好みです。5.1のような背中のパーティングラインはありま [続きを読む]
  • ハイキャパ マガジンメンテ
  • 1番愛用しているハイキャパ4.3ステンレスタイプのマガジンをメンテします。私は主に152aガスを使っているのですが今のところ特に問題は起きていません。まずはバラします。ハイキャパのマガジンは底部がビス固定されているので分解も楽ですし気密も取りやすい構造です。シール用の大きなパッキンは洗浄後ラバープロテクタントを掛けてゴムの性能を戻してあげます。久々にバルブも外してメンテします。バルブレンチはKSCのものを使 [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム チャンバーのガタ取り
  • 私のハイキャパはフロントでインナーバレルを固定しているので劇的な効果はないのですが、定番のカスタムであるチャンバーのガタ殺しの方法を紹介します。ちなみに私のようにフロントでインナーバレルを固定していることが前提のやり方です。私はイモネジを使っています。まずは定番のこの位置です。左右のガタを取ります。当然ここだけ締めると左に傾くのでチャンバー左側面にアルミテープを貼って左に寄りすぎないようにしていま [続きを読む]
  • ハイキャパ ブリーチ軽量化 まだやってるの
  • 仕事が休みだったのでちょいと気合を入れてガーダーのアルミブリーチを更に軽量化しました。なんと10gを割り9.5g!この秤は0.5g単位までしか測れないのですが挙動を見ると限りなく9gに近い9.5gです。フェザーウェイトピストンとの差は約3gとなりました。もうこれでいいじゃん(笑)皆さん頑張ればここまでいけますよ!ピストン基部を更に大胆に抜きました。こちらの出っ張りは思い切って切り飛ばしました。何も問題は無いようです。 [続きを読む]