あんどーなつ さん プロフィール

  •  
あんどーなつさん: 昨日よりほんの少し
ハンドル名あんどーなつ さん
ブログタイトル昨日よりほんの少し
ブログURLhttp://bochibochiikoka.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文大阪生まれの京都育ち。こてこての関西人・あんどーなつが、29年目に入った東京での暮らしを綴ります。
自由文結婚を機に京都から東京へ。
2017年1月、末娘の成人式をもって、子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
7月より念願の(?)ひとり暮らしを始め、家族のため子供のための毎日から、少しづつでも自分のために生きなければ、と思う日々です。
※右脚・変形性股関節症温存中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 195日(平均4.6回/週) - 参加 2017/03/14 12:06

あんどーなつ さんのブログ記事

  • 竹内まりやが聞きたくて
  • 9月(September)だから、というわけではないのですが、竹内まりやが聞きたくなってデビュー30周年記念のコンプリート・ベストアルバム。一番新しいアルバム<TRAD>にしようかと迷ったけれど、デビューからの曲数の多さで、今回はこちらに。・ドリーム・オブ・ユー・象牙海岸・Morning Glory・五線紙・リンダ・もう一度・マジービートで歌わせて・プラスティック・ラブ・駅・元気をだして・人生の扉  etc...全42曲。涙がじんわ [続きを読む]
  • 誰かひとりくらい言えないの?
  • 大礒町の給食食べ残し問題をとりあげるメディアを見るたび嫌〜〜〜な気持ちになる。何が嫌かって、給食を残す子供ではなく、それに対する大人のコメントだ。「子供たちが気の毒。かわいそう」「食育は大切ですからね」「なんとかしてあげたいですね」「親御さんも心配でしょうね」「なぜ、業者を変えないんでしょうか?」「子供たちが安心して給食を食べられる日は来るのでしょうか」異物混入はあってはならないとは思うけど、問題 [続きを読む]
  • 涙でにじんだ下北は
  • 股関節の施術。いつも「どうですか?」というカウンセリングから始まります。昨日は、脚のことよりも、家族のことで相談したいことがあったのですが先生の前でまた泣いてしまいそうで、こらえました。でも、「患脚が、以前よりも強い深圧に耐えられるようになってきている。筋肉が柔らかくなると、体重がかけやすくなるので、筋力もついてくる」と先生から言われ、帰りはちょっとだけ気持ちがほぐれました(´-`*)平日昼間の [続きを読む]
  • KEYUKA のハンドル付きストッカー
  • 収納場所のほとんど無い小さなミニキッチンなので、ラップやゴミ袋、今使わない食器などを、スッキリ収納したくて購入。大き目のハンドルがついているので、釣り戸棚などの高いところの収納に便利です。シンク上のミニ戸棚に、ストッカー3個がピッタリ納まりました中身が少々ごちゃついていても、見えないのがgood(^^)v 今日は午後から、脚の施術で下北沢まで。痛〜〜い痛〜〜い深圧に耐えてきます [続きを読む]
  • 彼女がもし身内だったら
  • 豊田真由子議員の会見を見た。ひとが生きていく中で、辛いことは数限りなくある。そのうちのひとつが、<社会的に晒し者になる>ことではないかと思う。多少の憔悴感はあったが、会見中の言葉は論理的で、彼女が頭の良い人であることは間違いない。東京大学に入るには、地頭の良さと地味な日ごろの努力が必要だ。「完璧主義だ」という自身の言葉どおり、議員生活にも完璧さを求めたのだろう。同じ政治家の不祥事でも、不倫問題の山 [続きを読む]
  • 強風のあと
  • ガタガタと窓ガラスの音で目を覚ましたら、まだ夜中の3時過ぎ。ちょっと怖いくらいの風でした。九州では、いくつか被害も出ているようです。台風がこれから向かう東北・北海道あたりは、警戒が必要とか。今日は、台風後のフェーン現象で気温も上がるそう昨日と13度も違うと、ほんま体がついていきません [続きを読む]
  • 映画《マイ・ベスト・フレンド》
  • 子供の頃からの無二の親友であったミリーとジェス。ある日、ミリーが乳がんの宣告を受けてしまう。抗がん剤で「どうせ全部抜けるから」と髪の毛を剃り、ウイッグを作る場面。見事な丸刈りになったミリーを見て、母親が言う。『ずるいわ。とてもきれい』化学療法で一時的に回復したものの、やがて両方の乳房を切除。やがて眼の裏にも転移し、ほとんど見えなくなってしまう。ユーモアとウイットに富んだ会話で、暗くなりがちな場面を [続きを読む]
  • 強い親にはなれません
  • 子供が辛そうな時、苦しそうな時。子供が自分で活路を見いだすまで、黙って耐えて見守るのが本当の意味で強い親の姿なんだろう。木の上に立って見るから、<親>と書くんだもの。親になって、27年が過ぎました。24歳と(縁切り中)と、もうすぐ21歳になる娘もいます。出産。マタニティーブルー。夜中の授乳。公園デビューの不安。入園・入学。ママ友とのお付き合い。PTA。保護者会。弁当作り。塾通い。高校受験。大学受験。初めて [続きを読む]
  • 腹が立っています
  • 腹が立っています。北ではなく、舐められっぱなしのこの国に。テレビのテロップに、<高温注意報>や<台風情報>と同じような感じで<ミサイル発射>と出てるのを見ると、もはや日常化するのでは、、、とそのことのほうが、私は怖いです。 [続きを読む]
  • 流行って
  • 今年の秋冬ファッションは、グレンチェック柄がトレンド(らしい)です。春夏の<盛り袖>と<抜き襟>には、正直ちょっとウンザリしていましたが。(盛り袖はともかく、4,50代のコロンとした体形の女性が、抜き襟のブラウスを着ているのは、あまり綺麗とは思えなくて)そういえば、20代の前半?くらいだったかな(すごい前)アーガイルチェック(ダイヤ柄)が流行したのを覚えています。そうそう、何年か前には、バーバリーチェ [続きを読む]
  • 料理をしなくなりました
  • 猛暑の引っ越しから2ヶ月が過ぎた。正直、『ひとり暮らしを楽しむ』『ひとり暮らしを謳歌する』という境地にはまだまだたどりつけていない。この2ヶ月、私は全く料理をしていない。炊飯器が無いので(買えばいいんだけど)ご飯すら炊いていない。まな板はあるけれど、包丁を買っていないので(買えばいいんだけど)野菜も切っていない。サラダ等は、RF1のデリカでひとり分を買い、スライスしなくてよいようにトマトはプチトマト [続きを読む]
  • 吉祥寺秋祭り
  • 今年で45回目を迎える<吉祥寺秋祭り>氏神さまである武蔵野八幡宮の宮神輿と、各町内会のお神輿が集うお祭りです。買い物の途中、あちこちで待機するお神輿をパチリ秋晴れで良かった(*^^*)   ※東急百貨店前            ※ユニクロ前※パルコ前 [続きを読む]
  • 忘れられない女優さんの演技
  • 久しぶりの青空。今日明日は街の秋祭り。土日ということもあって、いつも以上の人出が予想されそう。気を付けて歩かなければ、、、 さて、<大人のおしゃれ手帖 10月号>の付録はちょっと大きめな濃紺のトートバック。背中にも大きなポケットがあって、収納力もなかなかです。表紙は木村多江さん。おっとりした印象の女優さんですが、木村多江さんというと、以前見たドラマ(『白い巨塔』)で忘れられないシーンがあります。製薬会 [続きを読む]
  • 大人になって信頼を失うこと
  • 政務活動費の不正受給や、不倫問題やらで議員の不祥事が続く。北からの脅威で、この国が今日明日にもどうなるか分からない危機的状況にありながら、この人達は何を考えてるんだろう。保身のために嘘と言い訳を重ねても、大人になってから失った信頼は、そう簡単には取り戻せない。まして、この人たちにはそれぞれ子供がいる。自分の親のしたことを、どんな形であれ、いつかは知る時が来る。議員としての責務を果たすことは勿論だけ [続きを読む]
  • 駅員さんの苦労を思う
  • 下北沢の施術へは、いつも、吉祥寺駅から井の頭線を使って行くのですが、昨日は駅に着くと、電車が少し遅れている様子。どうやら「線路内にひとが立ち入った」のが原因とかで、通常より7分ほどの遅れが出ているということでした。駅に停車するたびに、電車が遅れたことの理由とお詫びを、なんどもアナウンスする駅員さん。7分遅れただけなのに、、、つくづく「ああ大変だなあ」と。これが、朝のラッシュの時間で、乗降客がもっと多 [続きを読む]
  • 脚に優しいコンフォートミュール
  • 脚の施術で、これから下北沢です。でも、なんだか怪しい空。雨よふらないで〜〜 傘持ちたくないから〜〜股関節症の方は靴選びに苦労されると思いますが、私もそのひとり。夏はサンダルが主流ですが、患脚の右側がほとんど上がらないのでバックベルトをひっかけるタイプのサンダルが履けません(涙)なので、必然的に甲を深く包むミュールタイプになってしまいます。最近<AKAISHI>というメーカーさんで、こんなミュールを買いま [続きを読む]
  • 育っています♪
  • あれから、アイビーの苗をもうひとつ買いました。(記事はこちらに)一号、二号ともに少しづづ育ち、小さな新しい芽がちょこちょこと出てきます。日光に当てすぎないよう、水をやり過ぎないように気を付けていれば勝手に育ってくれるから、私のようなめんどくさがり屋にはちょうどいいかも(^^ゞ [続きを読む]
  • 白いティッシュBOX
  • 折れ線通りに組み立てて、市販のティッシュ箱を中に入れるだけ。生活感の出やすいティッシュ箱ですが、これだと部屋にも馴染むかな後ろに立ててあるのは、本体が折れないように一緒に包装されていたもの。ティッシュBOXと同じ厚紙で、ちょうどLPレコード(懐かしや)サイズ。そのまま立てかけてもいいし、壁に飾ったりもできます。購入したのは、<北欧 暮らしの道具店>全体的に単価は少しお高めですが、私の好きなサイトです(*^^ [続きを読む]
  • <卒婚> 現在進行中
  • NHK・Eテレで昨夜見た番組。人生のレシピ。テーマは『どう見直す?夫婦の関係』人生の後半戦を迎えた夫婦について、夫婦間の距離や時間をあらためて考えていくというもの。中でも、≪卒婚≫という言葉にインパクトがあった。≪卒婚とは、離婚をしないで、結婚という形を維持したまま、自由にそれぞれの人生を生きること≫だそう。最初に紹介されていたご夫婦は、現在熊本と大阪で別居中。奥さんのほうから別居を希望したらしい。告 [続きを読む]
  • 秋祭りが近づいて
  • この街に越してきて、二度目の秋。結婚と同時に住み始めた街を飛びだしてから(記事はこちらに)一年半が経とうとしています。人も多いしお店も多い。ちょっと歩けば何でも揃う。都心までの交通も便利。南側には広大な井之頭公園。都会でもなく田舎でもない、ほどほどの中途半端さが、この街の魅力かもしれません永遠の賃貸生活ゆえ(とは言っても、最後は病院のベッドの上になるんでしょうけど)いつまでここに暮らすことになるの [続きを読む]
  • 今日の続きがあたりまえの明日であるように
  • 昨日の朝のニュースがまだ自分の中で尾を引いて怖いというよりも、怒りの気持ちのほうが強い。テレビのリポーターが、北海道の住人にインタビューしていた。『避難しなかった理由はなんですか?』どこに逃げろっちゅうねん!!現実に恐怖を経験した人に対して、こんな愚かな質問しかできないことを情けない思いで見ていた。避難の仕方や方法を、繰り返し説明する前に、本当に大事なことはなんなんだろう。「平和平和」と叫ぶだけで [続きを読む]
  • 早朝のニュース
  • 6時過ぎにいつものようにテレビをつけて、ビックリ。なんか赤くて異様な画面。え?ミサイル???Jアラート?とうとう?どの局も同じ画面。番組が全部とんじゃってる。「頑丈な建物や地下に避難してください」って、とっさにできるわけないやん!被害が出ていないからどうこうの問題じゃあないでしょ。実際に被害が出てしまったら、、、どう対処するの?いつまでこんなことが続くの?<厳重な抗議><断固たる抗議>だけじゃ、ひと [続きを読む]
  • ひとあし先に秋の空
  • 今朝7時前の空。少し鱗状?になって、秋っぽくなってきました。今年は夏が二度あるとか無いとか。でも、長期予報では『暑い夏』としか言ってなかったし『雨の多いどんよりした夏でしょう』なんて、どこも言ってなかったし入居してからインターホンの調子が悪かったので、昨日取り替えてもらいました。今度のはモニター付きです。いくらおばちゃんでも、一応は女性のひとり暮らし。こちらのほうが安心ですよね(*^^*) [続きを読む]
  • トイレにこんな雑貨を♪
  • お部屋のトイレ、広くて余裕があるのは良いのですが入るとな〜〜んか落ち着かない感じが、、、♪NATURAL KITCHEN♪ で見つけた一個100円の小さな箱。入口のコーナーにこんなふうに置いてみました。10?四方の箱なので、いくつでも好きなように置くことができます。たったこれだけのことで、殺風景な空間が少し落ち着きました。基本、自分しか使わない場所ですが、ほんのちょっとのことで癒されますよね(*^^*)箱の上がまだちょっと [続きを読む]