あんどーなつ さん プロフィール

  •  
あんどーなつさん: 昨日よりほんの少し
ハンドル名あんどーなつ さん
ブログタイトル昨日よりほんの少し
ブログURLhttp://bochibochiikoka.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文今日が昨日より少しだけ良い日でありますように
自由文結婚を機に京都から東京へ。
今年末娘の成人をもって
子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 13日(平均8.6回/週) - 参加 2017/03/14 12:06

あんどーなつ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 娘の靴
  • 末娘と国分寺まで。お昼を済ませたあと、いざ靴探し幅広・甲高足の娘は、靴を買うのが毎回一苦労年頃ゆえ、洒落たデザインのものを履きたい気持ちは分かるのですが、それよりもなによりも、足に合う靴を探すのが先決(; ・`д・´)今日も、何足も試着を繰り返して、結局落ち着いたのが<あしながおじさん>の靴。今回で5足目ですが、今のところ、ここの靴が娘の足には一番合うみたいです。ちょっと、地味におさまり過ぎた感はあ [続きを読む]
  • 好きなんです私
  • 三上博史さんが( *´艸`)wowow4月号のパンフレットの表紙を見て、思わず若い頃は、いわゆる<トレンディドラマ>で活躍されていましたよね。最近は舞台が中心のようですが、BS日本テレビ「小さな村の物語イタリア」のナレーターもされています。同じ50代とは思えませんずっと独身のせいか、私生活ではまあいろんな噂もあるみたいですが(^-^;そんなことはどうでもええねん!(^^)!この人を見ていると「ああ本当に役者さんなん [続きを読む]
  • お彼岸なのに
  • お天気が回復して、今日は洗濯がいっぱいできそう午後からは、脚の施術で下北沢ですが、雨の翌日は花粉がいつも以上に飛ぶので、用心しなくちゃ週末、三連休の方が多かったのですね。私はといえば、お彼岸だというのにお参りも行かず、相変わらず親不孝な娘です。かれこれ三年行ってない、、、両親の墓は、京都の法然院というお寺にあります。新幹線に乗れば、自宅から5時間ほどの距離。日帰りにはきついし、泊りがけのことを考え [続きを読む]
  • 人は呼吸したとおりの人になる
  • 日曜日だけど、娘らが出かけたあとは、いつものように私ひとりの時間です。上の娘の休みは、月曜・火曜の平日。今日を乗り切れば、また二日間の休みです。がんばれ股関節のケアをお願いしている先生から、本をお借りしています。ちょっと専門的な内容なのですが、目から鱗の話がたくさん。【忘れていても勝手に行われ、通常の意識からは独立しているにもかかわらず、呼吸は、こころにつながる唯一の重要な生理機能である。ほかの生 [続きを読む]
  • 50代の雑誌
  • 上の娘が『リンネル』を買ってきました。ちょっと懐かしい( *´艸`)表紙を飾るショートカットの柴咲コウさん、素敵です♪何年か前まで私も読んでいましたが、登場するモデルさんや記事の内容が50歳を過ぎるとさすがにそぐわなくなり(あたりまえですよね(;^ω^))「もはやこれまで」と観念(+o+)『大人のおしゃれ手帖』が創刊されたのを機に、こちらに切り替えました。そうは言っても、<40代、50代のライフスタイルマガ [続きを読む]
  • それは突然でした
  • 「あれ?右脚で階段が上がれない、、、え?なんで?」いつものように、パートの仕事から帰ってきて、自宅に向かう階段に右脚をかけた時、今まで感じたことのない違和感に焦ったのを今でも覚えています。それは本当に突然で、不思議な感覚でした。いつの間にか、椅子から立ち上がっても、すぐに最初の一歩が前に出せなかったり、自分の意志と脚の動きがうまくかみあわなくなっていました。「なんかおかしい」そう気づいた時にはもう [続きを読む]
  • ちょっとハマってます(*^^*)
  • 読売・日本テレビ系ドラマ 木曜日 夜11時59分〜『増山超能力師事務所』ご覧になっている方いらっしゃるでしょうか?人と違う能力を持ってしまったために、それぞれに生きづらさを抱えている超能力師たちが、依頼人の悩みを解決するために奔走するお話。全体的にコミカルな内容ですが、丁寧な脚本と演出で、ひとの悲しさやあたたかさがじんわりと描かれている良質のドラマです。とくに、所長役の田中直樹さん(ココリコ)が、なか [続きを読む]
  • 震災の日に
  • お天気が良いので、二度目の洗濯物を干し終えたところです。こんな日は、そこらへんのものを全部洗いたい(*^^*)東北の震災から6年が経ちましたが、家族のもとに帰れない人たちがまだ二千人以上いるという事実に、言葉がありません。1995年の神戸震災の時は、震源地だった淡路島に大学の同級生がおり、無事を確認したくて何度も電話するも、まったくつながらず、、、新聞に掲載される<亡くなった方>の名簿を見ては、「どうぞこの [続きを読む]
  • 住んでいた街
  • 午前中、国立(くにたち)まで行ってきました。ここは、一年前まで住んでいた街。同時に、結婚生活を始めた街であり、三人の娘の子育てをした街です。子供たちの小・中学校時代は、PTA活動にどっぷり浸かり、母親同士の付き合いに内心辟易しながらも、子供中心の毎日。高校受験に大学受験、、、本当にいろいろなことがありました。たまに駅に降りると今でも心が疼き、ちょっと泣きそうになります。ちゃんとサヨナラをせず、逃げ [続きを読む]
  • 新しい芽が
  • 買い物の帰りに何気なく買ったグリーン。ちょっと元気がなくなっていたせいか、お安くなっていました。「すぐ枯れちゃうかも」期待しないで世話をはじめたら少しずつ元気になり、3年目の春も、またちっちゃな可愛い芽が出てきてくれました何気ないこんなことが、ちょっと嬉しい(´艸`*) [続きを読む]
  • ちょっとしんどい日は
  • 明け方からの頭痛でどんよりした朝でしたが、午後になってようやく回復。あることで「心もどんより」してしまい、ちょっとしんどい日です。こんな日は、渡辺和子さん(先日亡くなられてしまいましたが)の本。『つらい日々も、笑える日につながっている』『苦しいから、もう少し生きてみよう』『いかなる悩みにも、試練に絶える力と逃げ道を、神様は備えていてくださる』私にとっての逃げ道とは、、、なんだろう。心の風の通し方。 [続きを読む]
  • 和紙のお雛様
  • 京都・和紙工芸品のお店『風の館(やかた)』で買ったお雛様どこにでもちょこんと置けて、場所もとらない優れもの(*^-^*)片付けも簡単です。年頃の娘がいるので、早めに片付けないと(;^ω^) [続きを読む]
  • もう3月
  • ついこの間、年越しそばを食べながら「紅白」を見ていたような。一年前の今頃。とても辛い事がありました。生活は大きく変わり、眠れない日が増えました。「生きていればいろんなことがあるよね」心からそう思えるまでに、どれだけの時間が必要になるのか、今の自分にはまだ見当がつきません。でも、とにもかくにも今日まで生きてこられたこと。泣きながらでも、生きてこられたこと。洗濯ものをちゃんと干せたこと。毎日ご飯を食べ [続きを読む]
  • 終の棲家はどこで
  • 来月のお家賃の振り込みを無事終えて、ホッとしながら紅茶を飲んでいます。結婚以来ずっと賃貸生活。一度だけ住宅の購入を検討した時期がありましたが、結局購入には至らず。以来、家族の状況や変化に合わせて引っ越しを繰り返し、現在の住まいは6軒目。敷金・礼金・仲介手数料など、引っ越しはそれなりに費用もかかります。、、、という話をすると、たいていこんな風に言われます。「そんなに家賃払い続けても、結局自分の財産に [続きを読む]
  • 歯ブラシ立て
  • KEYUKAの歯ブラシスタンド。陶器製の落ち着いたデザインに惹かれて買ったものの、立てた歯ブラシが安定せず、意外に使いにくいことが判明。そこで、使わずに置いてあったガラスコップに変えてみたら、、、普通に入れただけなのに、なんだか可愛くなりました?リラックマ効果(*^_^*) [続きを読む]
  • もわっと暖かい
  • 買い物から帰ったらちょっと汗ばんでしまいました。1年で一番寒いと言われる2月だけど、こんな春めいた日があるのも2月らしさ。これで花粉が無ければ快適なんだけど(・_・;)おいしそうなぶりのアラを見つけたので、今夜はぶり大根。コトコト煮ながら、洋服の整理をしています。もともと洋服の数は少ないけれど、年齢を重ねた今だからこそ本当に着たい服・好きな服を選んでいきたいと思っています。クローゼットにはスッキリ [続きを読む]
  • 過去の記事 …