あんどーなつ さん プロフィール

  •  
あんどーなつさん: 昨日よりほんの少し
ハンドル名あんどーなつ さん
ブログタイトル昨日よりほんの少し
ブログURLhttp://bochibochiikoka.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文大阪生まれの京都育ち。こてこての関西人・あんどーなつが、29年目に入った東京での暮らしを綴ります。
自由文結婚を機に京都から東京へ。
今年末娘の成人をもって、子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
右脚・変形性股関節症温存中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 135日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/14 12:06

あんどーなつ さんのブログ記事

  • 夫婦の人生にもいつか
  • 以前、こんな記事を書いた(記事はこちらに)あれから2ヶ月経ち、その間いくつかの紆余曲折はあったものの、7月10日、私はひとり暮らしをスタートさせた。無職の私が部屋を借り、毎日その日のご飯が食べられるのは、主人が生活費を送ってくれるから、という事実に間違いは無く、よそ様から見れば、家族と寝起きを別にしているという程度で、「あんどーなつさん、甘いわよ」なんて言われるのかもしれない。世の中には、子供に恵まれ [続きを読む]
  • 文字に表せない苦しみを超えて
  • 今朝は4時前に目が覚めてしまい、そのまま眠れそうになかったので昨日買った渡辺和子さんの本を読んでいました。渡辺さんの本は、これまでにもいくつか読みましたが(記事はこちらに)これは、昨年亡くなられた渡辺さんの遺作だそう。『学歴や職歴よりもたいせつなのは苦歴。 これまで乗り越えてきた数々の苦しみ。 気がつけば、それらは経験という宝になっている』履歴書を書く時には、必ずといってよいほど学歴と職歴が要求さ [続きを読む]
  • 青空いっぱいに
  • 家族5人の洗濯に追われていた、ほんの数年前。夏場は特にタオルの数も増え、干す場所を工夫しながら毎日格闘していたっけ。でも、家事の中で洗濯が一番好きだから、苦にはならなかった(*´ω`)ひとりでとる食事よりも、数の少ない自分の洗濯物を干す時のほうが、ひとりになったことを実感してしまう。青空いっぱいに、パアアアンと洗濯物を干してみたい。お天気の良いこんな夏の朝は特に。 [続きを読む]
  • プラスティックな日々
  • 引っ越しをして10日目。少しずつですが、部屋も整ってきました。写真は、KEYUKAのミルクパンとケトル&時計。壁にかけるのをやめて、置き時計にしてみました。でも相変わらず、ひとり用の食事を作るのが面倒で<割りばしとペットボトルと、プラスティックな日々>を送っています(;´▽`A`` [続きを読む]
  • 真夏のイライラ
  • 先週転居届をした際、マイナンバーの通知カードを持参するのを忘れてしまったため、暑くて面倒だったけど、昨日再度出直してきた。そこは、市政センターと言って、市役所の出先機関。職員は5,6人いるところに、来客数は私を入れて2人。住所変更のみなので、すぐに終わると思いきや、「住所変更届」に記入してから「お待ちください」と番号札を渡されて、待つこと10分。「〇〇番さ〜ん」と呼ばれて、いざ終了かと思いカウンターに [続きを読む]
  • 何をその人の不幸と思うか
  • 「老後を夫婦で過ごしたかった」と願いながら現実には別々に暮らしている、私のようなものもいれば、「本当は離婚したい」と願いながらも、毎日家で仕事をするようになったご主人の、三度の食事の用意に辟易しつつ、一緒に暮らしている知人もいる。何をその人の不幸に思うか。同じ夫婦のカタチ、人生のカタチが無い以上答えはどこにも無いのだと思う。要は、自分がそれを選んだかどうか。そこさえハッキリしていれば、そこの軸さえ [続きを読む]
  • 祇園祭が近づくと
  • 生まれたのは大阪だが、幼稚園〜小学校〜中学校〜高校〜大学〜就職まで、私は京都で過ごした。今日7月17日は、祇園祭りのメインである<山鉾巡行>の日。3年前から、前祭と後祭の2回に分けて行われるようになった。宵々山、宵山とお祭り気分が徐々に盛り上がり、鉾の巡行の日は、朝早くから集まった観光客で通りはいっぱい。いつもの見慣れた街の風景が一変した。職場が四条河原町に近かったこともあり、うかうかしていると、歩道 [続きを読む]
  • 自分の子供に「してあげる」?
  • 本屋に平積みしてあった本のタイトルに、思わず足を止めてしまった。〜今の科学で「絶対にいい!」と断言できる『最高の子育てベスト55』〜アメリカで出版された育児本の翻訳版らしい。帯タイトルには、「子供のために親がしてあげるべきこと全部!」とあり「語彙力を伸ばしてあげるには?」「自制心をつけてあげるには?」「安心感を満たしてあげる方法」等々。内容については乳幼児向けで、すでに当事者でない私にはとやかく言 [続きを読む]
  • ひとりの食事は
  • ひとり暮らし5日目。冷蔵庫の中がまだガラガラです。イオン飲料と麦茶。あと、コンビニで買った甘いもの部屋の細かな片付けがまだ終わっていないこともあり、食事は二の次、三の次。簡単なお弁当で済ませているので、プラスティックゴミだけが溜まっていきます(;´▽`A``毎日家族のために買い物に行き、食事を用意してきたけれど、これからはもう、自分が食べる分だけでいい。ひとりの食事はとても気楽な反面、誰かに何かを [続きを読む]
  • 親離れよりも難しいのは
  • 末の娘は今20歳。昨日アルバイトの帰りに、家の鍵を忘れたことに気づき、真っ青になったらしい。姉は帰宅時間が遅く、いつも夜9時半頃。ちょっと待っていれば帰ってくるというわけにはいかず泣きそうになりながら、大家さんに鍵を借りに行ったそうな。私が家を出て3日目。家事を姉と分担し、末の娘は夕飯の買い物を担当するようになった。姉が帰ってくるまでに、夕飯を済ませ、洗濯物を取り込んでおかなきゃ。ピンポンを押したら [続きを読む]
  • また暑くなりそう
  • 朝窓を開けたら、うわっと熱気が入ってきました。昼間の気温が思いやられます(・.・;)今日は、無印良品とKEYUKAに行って、足りないものをいろいろ買ってこようと思います。洗濯用のハンガーやネット、ケトルやミルクパンも必要。(まだ一度もお湯を沸かしていない)部屋に置く時計も、携帯だけでは不便なので探してきます [続きを読む]
  • 今日からは
  • 今朝は5時半に目が覚めました。引っ越して最初の夜、不安と心配できっと眠れないだろうと思っていましたが、夜中に目が覚めることもなく、朝までぐっすり眠れたみたいです。新しい朝。今までとは違う朝。今日からは、この窓から見える空と一緒に [続きを読む]
  • 私は大丈夫だから
  • 猛暑の中、引っ越しが無事に終わりました。朝からずっと上の娘が手伝ってくれました。母親の身勝手と我儘を、黙って受け入れてくれてありがとう。心が壊れそうに辛かった時、「一緒に暮らそう」って言ってくれてありがとう。私はもう大丈夫だからね(*´ω`*) [続きを読む]
  • 明日引っ越します
  • 家から持って出るものは、テレビ、パソコン、机、椅子、木製ラック。娘たちのアルバム。衣装ケース。日用品を入れた段ボールが少し。冷蔵庫や洗濯機は、新居に越してからの配送です。食器は、父の残してくれたコーヒーカップソーサーと、結婚の時、引き出物にしたワイングラス。それだけ。必要なものは必要な時に、少しずつ買い足していくつもりです。人生初めての一人暮らし。離婚したわけでも死別したわけでもないのに、56歳で一 [続きを読む]
  • 「あ、お返ししますよ♪」
  • 変形性股関節症の私の右脚は、疲労してくると、脚の付け根から大腿部までがつっぱるように痛み、こわばって動かなくなってしまう。今日も今日とて暑さの中、少し欲張って歩いたためにどこかで休憩をとらないと、家までたどりつけない状態になってしまった。ドトールで昼食を兼ねて、脚を休めた後、「さて」と左手で杖を持ち、右の肩とひじに買い物袋をさげて、食べ終えたトレイを返却しようと、ヨロヨロと進みだした時、先にトレイ [続きを読む]
  • 今日はこんなコーデで♪
  • inaイナのシンプルなブラウス(胸元と背中に細かいタック)とyarraヤラの小花柄のスカート。ブローチは、いつものように娘の手作り(記事はこちらに)です^^;これから、お部屋の鍵を受け取りに行ってきます。食器やタオルなどの日用品、帰りにKEYUKAで見てこようかな [続きを読む]
  • 私に残された時間は
  • 洗濯物を干しながら見上げた空の美しさに感動。50代の後半を過ぎた私に残された時間は、もうそんなにたくさんは残されていないのだから、沈みそうな心は無理にでも引き上げて、進まなければと思う。新しい人生を生きるために始めた、この一年と三ヶ月を無駄にしないために。 [続きを読む]
  • 変わることを恐れずにいれば
  • このまま勝ち続けるのか?と思われた、将棋の藤井四段の連勝記録がストップし、゛ひふみん゛こと加藤九段が現役を引退し、都議会選挙が終わって、自民党が惨敗し、、、人の世に、ずっと同じ、ずっと変わらないということなど無いのだと思い知らされる日々。昨年春、結婚以来暮らしていた街を飛び出して、娘二人との生活を始め、そこから今また、ひとりの暮らしへ変わろうとしている、自分もそうであるように。ずっと同じでいること [続きを読む]
  • 青空までもう一息
  • そろそろスッキリした空が見たいけど、雲の隙間から見える青色が、なかなか顔を見せてくれません。洗濯物がパリッと乾かない、、、この部屋の窓から見る空も、あと一週間(´ー`) [続きを読む]
  • 娘たちのアルバムは一緒に
  • 電気・ガス・水道の使用開始届。郵便物の転送届。運送屋さんの手配。NHKへの連絡。市役所への住所変更。引っ越しのたびにやってくる、様々な手続きや手配。家を持たない暮らしを選んでから、何度となくやってきたことだけど、これまでと違うのは、自分ひとりが住まうための手続きだということ。家族が一緒の時間は、本当に終わってしまったんだなあ。安堵感と共にやってくる、この寂しさはなんだろう。私だけが使う食器。私だけが [続きを読む]
  • 老前整理を兼ねながら
  • 引っ越し準備のため、昨日は近くの家電量販店で、冷蔵庫と洗濯機、電子レンジを購入してきました。冷蔵庫は、キッチンの横にあまり余裕がないので、幅の狭いコンパクトタイプ。洗濯機も、できるだけ幅と奥行きのとらないスリムなものを選びました。あとは、マジックハンドと、靴下を自分で履くためのソックスエイド(楽天で購入) 必要の無い人から見たら、「なんやこれ?」って感じですが私にとっては、大事なもの。写真のように [続きを読む]
  • 歯と脳のちょっと怖い関係
  • 今日は、3ヶ月ごとの歯の定期健診。前に住んでいたところ(記事はこちらに)でお世話になっていた、歯医者さんに通っています。今のところでも、歯医者さんはいっぱいあるから、新規開拓すればいいんだけど、他の診療科と違って、歯医者さんて、なんかこう、、、技術的なことが関係してくるからかな?新しいところに初めて行くのがなんだか不安で(^_^;)ちょっと面倒ではあるけれど、やっぱり慣れたところが安心。最近知ったことで [続きを読む]
  • 幼い子供を残して逝くこと
  • テレビの臨時ニュースを見て、言葉を失いました。小林麻央さん。これから何度も訪れるであろう、子供たちが成長する姿。見届けたかったろうな。そばにいてやりたかっただろうな。家族でも身内でもなく、一度も会ったことのない人だけれど一人の母親としての無念さを思うとたまらず、泣けてきました。残された子供さんたちが、優しく立派に育ちますように。そう祈らずにはいられません。追記  海老蔵さんの会見を見て、また泣いて [続きを読む]
  • 「ひとりで生きるには覚悟がいるんです」
  • 部屋が決まってホッとしたものの、これからひとりで暮らすにあたって、自分が一番気をつけていかなければならないのが、変形性股関節症の脚。右脚の爪を切ること。靴下を履くこと。落としたものを拾うこと。これまでは、娘に「お願い」と頼めたけれど、これからは、自分でなんとかすることを考えねば。買おうかどうか迷っていたマジックハンドと、ソックスエイド(靴下を自分で履くための補助具)がいよいよ必要になりそう。今日は [続きを読む]