nebusoku さん プロフィール

  •  
nebusokuさん: 名誉毀損訴訟に怯える日々
ハンドル名nebusoku さん
ブログタイトル名誉毀損訴訟に怯える日々
ブログURLhttp://kiokunokakera3.hateblo.jp/
サイト紹介文電話、郵便物に敏感になりまして。 怯えなくてもいいように日々勉強中です。
自由文ある日突然届いた開示請求に係る照会書。 訴訟に怯えながら日々過ごしております。 同じような境遇の方に、少しでも共感してもらえればと思いブログを始めることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 1日(平均42.0回/週) - 参加 2017/03/14 15:55

nebusoku さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 気持ちの変化2(仮)
  • ②プロバイダ責任制限法正式名称:特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律。名前が長くてよくわかりません。目的はサイト運営や経由プロバイダ(合わせて以下プロバイダ)の責任制限と被害者の保護。要するに、プロバイダは被害者と加害者(発信者)の板挟みの状態になっており、発信者の発信した情報をすべては管理出来ないので、ある程度は免責にしてあげましょうというのが一つ(説明が [続きを読む]
  • 気持ちの変化
  • IP開示されてから10日が経過した。弁護士に相談後は、訴訟の事を考える時間はだんだん少なくなってきたが、いまだに吐き気もあり、食欲もまだ戻っていなかった。睡眠は多少とれるようになってきたが、ときどき早朝に目が覚めることもあり、体重も2キロほど減っていた。それでもある程度は精神的にゆとりが出てきたので、自分の書き込んだ内容を改めて読み返してみた。  ■書き込んだ内容・生真面目な人間ほど損な仕事をまわ [続きを読む]
  • いざ、法律事務所へ
  • IPアドレスが開示された後は、本当に落ち込んだ。何でこんなことを書いてしまったのだろうと毎日思っていた。私なりの正義があり書き込んだわけだが、いざ開示されると後悔の連続で・・・。インターネットで調べていると、IPアドレスが開示されたならば、高確率で個人情報も開示されると書いてあったので、無駄なあがきは止めて、自らA社に名乗り出て、謝罪した方がいいのではないかと思うようになった。もし仮に、個人情報開示を [続きを読む]
  • 書き込んだ内容と経緯
  • 事実確認をしたあとは、IP開示後に自分がどうなるのかインターネットでずっと調べていた気がする。弁護士ドットコムにもたどり着いて、弁護士の回答を見るためにすぐさま有料会員登録した。  ■これまでにわかったざっくりとした最悪の流れIP開示訴訟(サイト運営)?個人情報開示訴訟(プロバイダ)?損賠賠償訴訟(民事)?名誉毀損訴訟(刑事)?逮捕?失業みたいな感じだった。でもこれは、最悪中の最悪のケースで、逮捕と [続きを読む]
  • 名誉が毀損されたとされる書き込みの事実確認
  • そのサイトからのメールによると、去年の夏頃に私が書き込みをしているのが問題になっているようだった。私は普段は2ちゃんねるなどの掲示板もほとんど見ないし、書き込みもしない人間だったので、はっきり言って本当に書き込んだのか定かではなかった。本音としては、何かの間違いであってほしいと思った。開示されたタイムスタンプをもとに、私がその日その時間にインターネットに接続しているか調べたところ、問題となっている [続きを読む]
  • 突然届いた開示請求に係る意見照会
  • ある日のこと。仕事帰りにふとスマホを見てみると、フリーメールにあるサイトから一通のメールが届いていた。いつもなら読まずにスルーするか削除するのだが、何となく開いてみると驚くべきことが書かれていた。『弊社も抗弁致しましたが、先日裁判所から仮処分が下り、あなたの情報を開示することになりました。力及ばず申し訳ありません。開示した情報はあなたのIPアドレスとタイムスタンプ』正直、新手の詐欺かと思った。自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …