tenkaralife さん プロフィール

  •  
tenkaralifeさん: テンカラライフ
ハンドル名tenkaralife さん
ブログタイトルテンカラライフ
ブログURLhttp://www.mountain-creek.com/
サイト紹介文全くのシロウトからテンカラでの渓流釣りを始めた筆者が初心者が一尾釣れるまでの道筋を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 13日(平均11.8回/週) - 参加 2017/03/14 16:37

tenkaralife さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あなたのテンカラが釣れない11の理由まとめと解決の手立て
  • さて、そろそろテンカラの釣れない理由をまとめてみようじゃないか。Sponcered Link 道具を揃え、キャスティングを覚え、目的地の渓流についてもしっかりと事前調査を重ねた上で初釣行。そして釣果ゼロで華々しく散る。わかります、わかります。まさに自分もそんな感じでしたから。でもね、それがある意味テンカラの洗礼です。一匹釣れることでグワァッとテンカラの世界が広がって行く。とはいえ、一匹も釣れないというの [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2017年3月裾花川の支流にて
  • テンカラ釣行記。解禁翌日の裾花川へ。他のエリアより少し遅く、3月の第2日曜日の3月12日に解禁を迎えた裾花川。初日はルアー、フライはNGとのことなのでテンカラもおそらくアウト。というわけで、その解禁の翌日にテンカラ釣行に行ってまいりました。実質解禁ですね。狙いを定めたのは去年通いつめた支流。盛期とは違って車でのアプローチが難しく、スノーシューでの雪深い道の歩きで入渓点まで30分ほど。この条件な [続きを読む]
  • H29年度裾花川の年券を買いました/遊漁券についてと裾花川の魅力
  • ねんがんの 裾花川年券をてにいれたぞ!ということで、本日3/12解禁の裾花川の年券をゲット!さて、なんのこっちゃというテンカラ渓流釣り初心者のみなさまのために。イワナ、ヤマメ、ニジマスなどのいる河川ではだいたい管理漁協があり、漁協の許可をもらって釣りをするという形式になっていて、その許可証が遊漁券とか入漁券とか呼ばれているもの。だいたいそのエリアのコンビニや釣具屋さんなどで売られてい [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2017年3月長野大町の渓流にて
  • テンカラトリップ釣行記。長野県大町の渓流にて。下記の記事のとおり、2月の大町の釣行では解禁直後ながら苦労しつつもなんとかイワナを釣り上げた。ってところで調子に乗りつつ、3月に入り、気持ち気温も上がってきたところで白馬の姫川では解禁直後の釣果のウワサを耳にしたり、大町もそのエリアに入る北安中部漁協でもちらほらと成果があるようで。こりゃ先日に続き大町に釣りに行くしかないでしょ、ということで北安 [続きを読む]
  • テンカラ書評:『源流テンカラ/高桑信一』感想
  • テンカラ書評。高桑信一さんの『源流テンカラ』について。源流テンカラposted with ヨメレバ高桑 信一 山と渓谷社 2016-02-19AmazonKindle楽天ブックス「源流」と銘を打っているとおり、深山幽谷での野営テンカラ釣行記が中心ですが、これ実はテンカラ初心者に最適な一冊なんじゃないかなーと。というのも。釣行記を通して「テンカラカルチャー」というかテンカラの世界観というか、自然の中に入り込み、シンプルに渓流やイワ [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2017年2月長野大町の渓流にて
  • 釣行記。長野県大町市の渓流にて。窓の外の雪景色を眺めながらチマチマと毛鉤を巻きつつ、2月になると早いところでは解禁、シーズンインとなるわけで、雪の具合を気にしながら釣りに行こうかスノーボードに行こうか迷うというのが長野在住のテンカラスノーボーダーの基本スタイルではないでしょうか。まあ、テンカラスノーボーダーという存在自体が希少種であるということはさておいてのお話ではありますが、、ということで今シ [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2016年8月富山県東部の渓流にて
  • 釣行記。富山県東部の渓流にて。お盆休みに妻の実家にある富山に行ってきました。ええ、富山大好きです。食べ物美味しい。山近い。川近い。ということで、せっかくなので1日時間をもらって、富山県東部を流れる渓流へ。お盆まで何度か長野のホームの渓流には入っていたのですが、盛夏期ということもあって釣果としては振るわない日が続いてました。いつも行っている源流域では渇水にてポイントが消滅。本流に近い流域でも水温が [続きを読む]
  • テンカラの仕掛け:竿と糸と鉤、初心者向け概要
  • さて、ここでは具体的なテンカラの仕掛けについてご紹介していきます。上記の記事にて、テンカラの仕掛け(=釣るのに必要な道具)は竿と糸と針、もうちょいそれっぽく言うとロッドとラインと毛鉤だということがわかったところで、具体的に自分が使っている仕掛けをざっくりと紹介していきます。仕掛けの概要図としては冒頭の画像のような感じ。以下でロッド、ライン、毛鉤についてざっと説明していきますね。ポイントというか、 [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2016年7月犀川水系支流にて
  • 釣行記。犀川水系支流にて。自宅から30分ほどのんびりと車を走らせたところに入渓点があり、渓流沿いには登山道も。実績もじゅうぶん(ツ抜け=釣果10匹オーバー初体験がこの渓でした)、渓相も申し分なしということで勝手にホームクリークとしている渓です。この日は午後から予定があり、それでもガッツリ釣りたいので午前4時に入渓点に到着。日の出を待ち渓に入りました。まず数投目でヒット。いつもの入渓点から少 [続きを読む]
  • 渓流テンカラの3種の対象魚と放流について
  • イントロダクションその3。渓流テンカラの対象魚について。イントロダクションその1にて、渓流というもののイメージをつかみ、イントロダクションその2にて、テンカラ釣りというものをなんとな〜く捉えて次の発想はこんな感じかと。「オッケー!いい感じの自然の中のきれいな川でロッド(竿)とライン(糸)と毛鉤で魚を釣るのが渓流テンカラ(冒頭のイメージ画像そのまんま)ってわけね、行く行く、すぐ行く!釣る釣る、すぐ [続きを読む]
  • 渓流釣りの4タイプのうちのテンカラというジャンル、その長所などなど
  • イントロダクションその2。イントロダクションその1で『渓流』というもののイメージが湧いたところで、いよいよ『テンカラってなんぞや?』というところに入っていきましょう。さてさて。「渓流の良い感じの自然の中で釣りを楽しみたい!」そんなふうに思った時に、「どう釣るか」という点では以下の4つの釣り方が考えられます。・エサ釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシング・テンカラまずは一つ一つを簡単に紹介して [続きを読む]
  • テンカラ釣行記:2016年6月犀川水系支流にて
  • 釣行記。犀川水系の支流に行ってきました。仕事と私用の合間をぬって半日ほどの釣行。梅雨の雨が続く合間のタイミング、難しいコンディションが予想されましたが機会は逃せない、ということでゴー。幹線道路からものの数分で渓相は山岳渓流。雨続きで増水傾向ですが濁りはなく、クリアな急流の中を釣り上りました。初めて入った渓ですが、増水のせい?それともいつもこうなのか?水流の勢いが強く、川通しで釣り上がるのもなかな [続きを読む]
  • 初心者でも心地良く釣れる渓流の4つの判断ポイント
  • さてさて。テンカラとは何ぞや、の前にまずは「渓流」って何よ、の話から。テンカラに限らず、渓流釣りをゼロからはじめよう、という人。いろんな動機で渓流釣りに興味を持ったことと思います。・山歩きから渓流に興味を持ちはじめた(自分もこのクチです)・釣りはしたいけど海は遠い・川で釣った魚を自分で食べたい・フライフィッシングをやってみたいなどなど。大きく分けて、川釣りは「本流」「渓流」「源流」にわかれます。 [続きを読む]
  • はじめましてにあたりまして。
  • はじめましてにあたり、ちょっとだけ自身の話を。長野県に在住している、30代の男性です。写真を生業にしつつ、編集とかライティングとかもたしなみ程度に。出身は埼玉県、長野の山にほれこんで3年ほど前に長野県に移住。キャンプ、トレッキング、バックカントリースノーボード、トレイルランと山野に遊んでいるうちに渓流でのイワナのテンカラ釣りに出会い、どっぷりとはまりこみました。以前から興味はあったものの、なかなか [続きを読む]
  • 過去の記事 …