自己満足的電脳空間 さん プロフィール

  •  
自己満足的電脳空間さん: 自己満足的電脳空間
ハンドル名自己満足的電脳空間 さん
ブログタイトル自己満足的電脳空間
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/isesakicity
サイト紹介文完全自己満足主義。果てるまで自分の趣味をダラダラと書いてみるのだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 45日(平均9.8回/週) - 参加 2017/03/15 14:04

自己満足的電脳空間 さんのブログ記事

  • トロント・メープルリーフス Tシャツ
  • カナダにいる時はほとんどバンクーバーで過ごしていたので、トロント・メープルリーフスは倒すべき敵だった。GMプレイスにトロント・メープルリーフスが訪れた時のブーイングはすごかった。ワタクシも同じようにブーイング浴びせてたようなでも、ジャージはバンクーバーの何倍もカッコいい(苦笑)同じカナダ同士だから…と言って、こっそりメイプリーフスのジャージやTシャツを購入してしまったが、しかし、こそこそ購入したのが [続きを読む]
  • カリフォルニア・エンゼルス ホーム風
  • カリフォルニア・エンゼルス ホーム風歴代エンゼルスユニフォームで最も好きな1993〜1996年モデル風を自作。左袖のCAロゴは本来、白地にシルバーのアウトライン、赤字のCAだったが、間違えてネイビー地のサークルに白のアウトライン・赤字のCAロゴを貼り付けてしまった(苦笑)僅か4年間の使用期間だったが、クラシックで格調高い傑作だったと思う。1997年にウォルト・ディズニー社が球団を買収してアニメ調なユニフォームになっ [続きを読む]
  • カリフォルニア・エンゼルス ホーム用キャップ
  • カリフォルニア・エンゼルス ホーム用キャップ(1993〜1996年)「A」に銀の天使の輪が配されているのがチャームポイント1995年にカリフォルニア・エンゼルスのオルタネイト風Tシャツは購入したものの、当時は貧乏学生。キャップはまたの機会に…なんて思っていたら、1997年にウォルト・ディズニー社が球団を買収、球団名も「アナハイム・エンゼルス」に変わり、キャップもユニフォームも変更…気づけば、あの美しかったカリフォル [続きを読む]
  • カリフォルニア・エンゼルス オルタネイト
  • カリフォルニア・エンゼルス オルタネイト(1995〜1996)現在、アメ横の二木ゴルフ・中古センターアメ横店は20年ほど前、MLBグッズ等を取り扱ってる二木のショップだった。(その後、カナダから帰国したらなくなってたが…)こちらも今はなくなってしまったが渋谷のワールドスポーツプラザと共に学生時代はMLBグッズを求め、よく徘徊してたもんだ(笑) その二木のショップにて1995年、購入したTシャツ。さすがに22年も経っている [続きを読む]
  • ユニフォームの表記文字
  • KBO所属のNCダイノスは2011年創立、2012年シーズンは2軍リーグのフューチャーズリーグに参加、2013年シーズンから1軍リーグに参加している。球団の歴史は浅いが、オルタネイトを含む企画ユニフォームの数はSK、ロッテに次いで多いらしい。が、基本的にはDINOSのロゴはそのままで色調を変えてるだけのパターンが多いので斬新さはなかったが、一つだけメチャ気に入ったユニフォームがあった!昌原市民の日ユニフォーム本拠地(KBO風 [続きを読む]
  • バーミンガム・バロンズ オリジナルTシャツ
  • 今から22年前、バーミンガム・バロンズのキャップは購入したもののMiLB球団ということもあって、お手軽価格のジャージやTシャツは見つからなかった。個人的なこだわりでキャップと上着は合わせたい主義なので、キャップと合わせるために昨年、21年間の時を経て(大げさだなぁ)バーミンガム・バロンズのTシャツを自作することにした。バーミンガム・バロンズオリジナルTシャツキャップが1981〜2007年モデルなので…その当時のユニ [続きを読む]
  • バーミンガム・バロンズ キャップ
  • 日本にいると余り情報がないMLB傘下のMiLB(マイナーリーグベースボール)。しかし、そのMiLBの中で抜群の知名度を誇るのが「バーミンガム・バロンズ」(今はバーミングハム・バロンズの日本語表記も散見される。CWS傘下2A、サザンリーグ所属)。NBAのスーパースターであるマイケル・ジョーダンが1994〜1995年に在籍してた当時はマスコミ露出度は一部MLB球団より多かったんじゃないかと思われるぐらいだった。当時、日本ではほとん [続きを読む]
  • 赤い青カケス
  • 開幕からなかなか勝てないカナダ唯一のMLB球団:トロント・ブルージェイズ…昨年のポストシーズン善戦を目の当たりにして、今年こそは!と期待していただけに悲しい限りだ…(4月18日現在:2勝10敗 ア・リーグ東地区ぶっちぎりの最下位…)さて、そのブルージェイズだがブルージェイ(青カケス)のチーム名から容易に連想できるようにチームカラーは当然「青」(2004〜2011年はチームカラーを黒にして暗黒時代なんて揶揄された時期 [続きを読む]
  • ロッテ・オリオンズ オリジナルTシャツ
  • NPBに興味を持ち始めた小学生の頃、違和感のあるユニフォームが2つあった。横浜大洋ホエールズとロッテ・オリオンズ。共通点としてホーム用ユニフォームにニックネームが表記されていない球団であった。横浜大洋ホエールズはホーム用ユニフォームに「YOKOHAMA」と地域名表記。当時はものすごく違和感があったが、MLBでも(2017年では)TEX、MIAが、インシャル表記ではNYY、DET、WSHがホーム用ユニフォームに地域名を採用しているの [続きを読む]
  • ロッテ・オリオンズ キャップ
  • 今から30年以上前…父親に初めてベースボールキャップを買ってもらった。私は「近鉄バファローズ」、弟は「ロッテ・オリオンズ」当時6歳だった自分には野球のことはさっぱりわからなかったが、幼心にも赤・青・白と派手なトリコロールカラーの近鉄キャップより青地に赤のアウトライン、白のロゴが映えていたロッテのキャップの方がカッコいいなぁ〜と羨望の眼差しで弟の頭上を眺めていた(笑)羨ましくて弟に黙って借りて、喧嘩も [続きを読む]
  • いらないもの
  • ほとんどの人が「あっ、そう。それで?」と聞き流すだけの私の野球ユニフォームに対する偏った嗜好と思考編第2弾(笑)いつからか、ここは毒吐いて、ガス抜きする場になってきたような気がする(苦笑)以前、ユニフォームには広告貼るな!ダサい昇華プリントやめろ!と毒を吐き出すことで、一人自己満足に浸っていたが、まだある(笑)ただ、今回は完全否定じゃなくて提案レベルですがね。【野球のユニフォームでいらないなぁ〜と [続きを読む]
  • 巨人「YG」ロゴ考察
  • 日本でもっとも知名度の高い球団と言えば読売ジャイアンツ(巨人)であることは異論を挟まない。しかし、その巨人でもあまり知られていないことがあると思う。巨人ファンである息子のキャップ。息子の成長に伴いサイズの異なる2つのジャイアンツキャップが我が家にある。①アディダス製レプリカキャップ②アンダーアーマー製レプリカキャップサイズやメーカーの違いによる素材の差はあるにしてもぱっと見た感じではあまり相違はな [続きを読む]
  • ストッキングの自己主張
  • ここ最近、MLBでは、伝統的なブリーチズ(裾を膝まで上げるパンツ)を着用して、ストッキング、ソックスを見せて履くクラシックスタイルのユニホームの着こなしが、じわじわと広がっていることを昨年9月18日付のニューヨークタイムズ紙が特集した。MIAのイチロー選手が、ずっと貫いてきた着こなしのスタイルだ。同紙は、「ストッキングを外に出す選手が増えてきており、ストッキングの上から着用する、スターラップスを取り入れて [続きを読む]
  • オリックスのキャップスポンサー
  • 基本的に野球にユニフォームにスポンサーロゴがベタベタ張り付いているのはみっともない!と言うのがワタクシの私見。ないに越したことはないが、まぁ、時代の流れだし、現実問題、活動資金の確保のためには、ある程度は仕方ないかなぁ?と考える様にしてるが…今年のオリックスのキャップ…いくらなんでも、広告ロゴがデカすぎるだろう!!!オリックスは3月24日、株式会社ACNと2017年度シーズンのキャップスポンサー契約を締結し [続きを読む]
  • 南海ホークス キャップ
  • 南海ホークス キャップ2008年、福岡ソフトバンクによって1959〜1968年モデルの南海ホークスホーム用ユニフォームが復刻された際にレプリカジャージと共に購入。ニューエラ製。59FIFTY、9FORTY共に右脇にニューエラフラッグロゴが入ってしまってるので、安価な9FORTYを購入。写真では見えないけど天ボタンが白なので南海ホークス最後のモデル、1984〜1988年モデルだと思われる。(※1)ニューエラのNPB復刻キャップで初めて購入し [続きを読む]
  • 南海ホークス オリジナルTシャツ
  • 南海ホークス Tシャツ一目惚れ(笑)時は遡ること2008年…福岡ソフトバンクによって1959〜1968年モデルの南海ホークスホーム用ユニフォームが復刻された。迷わず、レプリカをネットで注文!しかし、届いたレプリカジャージは全て昇華プリント…説明をしっかり読まなかった自分も悪いが…キャップも一緒に買ったのに合わせるジャージがペラペラ昇華プリントジャージだなんて…それはあまりにも残酷な現実だった大げさwww時は流れ、 [続きを読む]
  • SKワイバーンズ キャップ
  • SKワイバーンズ キャップ2006〜2014年までのモデル。球団が創立された2000年から2005年までは横浜大洋に似た青地に白の「W」ロゴのキャップ。2006年からSKグループCI変更により、従来の青から赤/オレンジ/黒の3色を中心のユニフォームに変更された際にキャップも黒に変更。2006年のみ採用されたユニフォーム(アーム部分に赤い線がない)#16 金圓衡(キム・ウォニョン/김원형)BOSによく似たデザイン(但しキャップはSKが黒、B [続きを読む]
  • SKワイバーンズ 旧ビジター
  • SKワイバーンズ ビジター(2007〜2014 )ユニフォームサプライヤーはミズノ→ウィルソンと変更になったが、これはミズノ時代のレプリカ。なんとなく、広島東洋カープっぽいからいいかなぁ〜と思い文鶴野球場で購入。今思うとホーム用の白のほうがカッコよかったかなぁ〜?とも後悔中だが、まぁ、この赤ビジターもそれなりに気に入っている。2015年からSKワイバーンズはSTL風のユニフォームに変更右胸にあるユニフォームサプライヤ [続きを読む]
  • ユニフォーム図鑑
  • 久しぶりに週刊ベースボールを買った。昔は毎週週ベ、毎月MLB関連雑誌を購入してたが、今はネットでじゃんじゃん情報仕入れられるんで、野球関連の雑誌も買わなくなったなぁ〜でも、今回は…年代別ユニフォーム図鑑なんてのがあるから即購入これに触発されて『日本プロ野球ユニフォーム大図鑑』3冊セットもネットで購入しちゃった(2005年に発刊された『プロ野球ユニフォーム物語』は持ってるんだけど、さすがに10年以上経過してし [続きを読む]
  • バンクーバー・カナックス 風Tシャツ
  • バンクーバー・カナックス 自作Tシャツバンクーバーに在住していたころのカナックスジャージーは現地で購入したが、帰国してからチームカラーがブルー・グリーンに変更なり(2007/08)、新しいチームカラーのグッズは手元になかったので、自作してみた。本当は青地に白抜き文字で作りたかったが、作業が面倒なので簡単に作れる白地Tシャツにした。袖のロゴはオリジナルで追加。左袖はカナダ国旗のメープルリーフをグリーンに変更し [続きを読む]
  • ユーティリティー・ガイ
  • 先日、捕手登録ながら、壮行試合で投手として登板した中国代表・孟偉強(モン・ウェイチャン)選手に言及したが、昨年、MLBでも捕手登録ながら投手として登板した選手がいる。彼の名はクリスチャン・ベタンコート(SD)2016年5月31日のシアトル・マリナーズ戦と6月13日のマイアミ・マーリンズ戦で登板。トータル1回2/3を1安打3四球無失点。いずれも大量リードを許した試合で、ここまではメジャーではよくあること。だが、この時の投 [続きを読む]
  • 背ネーム
  • 古い話だが、2014年から東北楽天のユニフォームサプライヤーがマジェスティックに変わった。その際、背ネームのフォントや間隔がちょっとおかしい?と話題になった。2014年に加入したブライアン・ファルケンボーグの後ろ姿。ブライアン・ファルケンボーグ投手の背ネーム…福岡ソフトバンク時代から字数の関係で他の選手より背ネームが横に広がっていたが、東北楽天だと肩のラインが邪魔して、その長い背ネームを無理矢理詰め込んで [続きを読む]
  • 打撃のいい投手の浪漫
  • 先日4月1日、開幕第2戦の巨人対中日戦、中日ラウル・バルデス投手が今シーズンチーム第1号となるホームランを放つ。ラウル・バルデス投手自分が野球をやってた時は、大して打てるわけでもなく、ピッチャーなんてとてもじゃないようなしょぼい選手だったから…ピッチャーができて打撃もいいなんて、ホント羨望の眼差しですわぁ〜他にもいますよねぇ〜打撃のいい投手。金田正一投手(元国鉄、巨人)、堀内恒夫投手(元巨人)、川上憲 [続きを読む]