としやん さん プロフィール

  •  
としやんさん: 変革FX:FXで人生を変える!…いや変えたい
ハンドル名としやん さん
ブログタイトル変革FX:FXで人生を変える!…いや変えたい
ブログURLhttps://henkaku-fx.amebaownd.com/
サイト紹介文FXで生活を豊かにする。億を稼ぐ。人生を変える。利益を稼ぐ方法を模索するFXブログ。
自由文トレードの本質を理解し、とにかく安定して利益を出すことを目指すFXブログ。
自分の頭で試行錯誤しつつ、手法やインジケータに振り回されず、相場の本質を理解する。
今まさに動いているチャートを使って、エントリーに有利な場面や考え方を、リアルトレードの具体例から考える。
FXは、確率論で勝率の高いトレードをすることで、必ず副業にできるはず。
夢を手に入れ、人生を変えるために。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 12日(平均38.5回/週) - 参加 2017/03/16 09:52

としやん さんのブログ記事

  • 日刊チャート(2017年3月27日)
  • 週明けの本日は、下降トレンドとなりました。先週末から大きく窓を開けて始まりました。まずは窓を埋めようと上昇を始めましたが、すぐに力尽きて下降に入りました。先週末のネックラインをあっさり切ってしまい、そのあとの戻りのところがエントリポイントになったようです。そのあとは、大きく動くことはなく、110.400をレジスタンスに、110.200付近をサポートとして小さなレンジ相場となりました。ただ [続きを読む]
  • 来週のトレード戦略
  • まずドル円の日足チャートです。日足では、大きな上昇波の半値くらいまで来ています。11月から12月中頃にかけての上昇派に比べて、フィボナッチを重ねていますが、ちょうど半値付近まで来ていますので、ここから買いが入る可能性があります。上昇波の押し目を狙っているトレーダにとっては、半値がちょうどエントリしやすいポイントなので、ここから買いエントリが入るかもしれません。 [続きを読む]
  • レンジ相場は端から攻める
  • 相場の70%はレンジ相場で、30%がトレンドと言われます。色んな本を読むと、特に東京市場はレンジになりやすく、トレンドが出るのはヨーロッパ時間やニューヨーク時間に入ってからのようです。確かに相場を見ていると、日銀発表のような特別なイベントがない限り、東京時間で一方的にチャートが動くことは少ないように見えます。このレンジ相場とうまく付き合っていければ、安定的に利益を出すことができる [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月24日)
  • 本日もあまり大きな動きはなかったですが、比較的落ち着いた相場のようでした。9時ごろから急に上昇し始め、週末なので、利確が走っているのかと様子を見ていました。が、111.400付近で勢いがなくなり、逆にさがり始めました。おそらく、111.500が近いので、この辺が高値圏となって、もみ合いだしたと思われます。2回目に高値を試しに行って、反発されたところで、エントリ。小さなWトップのような形とな [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月23日)
  • 本日のドル円5分足チャートです。日足では下降トレンドが継続しています。前日にWボトムをつけており、ここから上昇するかもと思い、様子を見ていたところ、いったん押し目を付けました。111.200のラインです。ネックを切るときは、いったんネックラインまで戻ってきて、再度伸びることが多いので、この111.200でサポートされたことを確認し、反発すればエントリーできると思います。直近の利確ポイントは [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月22日)
  • 上図は本日のチャートです。昨日は、かなりドルが下落していきました。日足のサポートライン近くまで来ていました。ただ、111.500付近が、日足レベルのレンジのサポートラインなので、ここまでくると反発すると予想していました。上図の赤丸の部分です。111.700まで上昇しましたが、その後は小さなレンジ状態となりました。動きが出てきたのは16:00頃ですね。一旦ネックラインを切った後、戻りが入って、 [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月21日)
  • 本日のドル円のチャートです。昨日に引き続き、上下60pipsくらいのレンジ相場となりました。朝は、前日に引き続き、売りが強いように見え、いったん112.300以下まで下落しました。その後、元の値まで戻ってきて、そこから上昇トレンドとなりました。なぜここで反転したのかはよくわかりませんが、下落した後、戻りが入って再度下がっていくかと思いましたが、そのまま反転していきました。結果的に、小さ [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月20日)
  • 本日は失敗エントリーでした。朝から小動きすぎて、なかなかエントリーできなかったので、エントリーポイントを見逃してしまいました。112.500でサポートされており、一回反発した後、再度押し目が入りました。押し目が入って、やはり112.500を抜けるかと思いましたが抜けず、しっかりサポートされて反発してきました。ここでエントリーしたかったですね。。全体的に下降トレンドかと思っていて、上昇する [続きを読む]
  • 来週のトレード戦略
  • 2017年3月20日週のトレード戦略です。日足、4時間足ともに、上限は115.500、下限は111.500の大きなレンジの中にいます。現在は、112.500近辺のサポートラインのあたりで落ち着いています。まずはこの下値を試しに行って、112.500を切るか反発するか、が注目ポイントかと思います。112.500を切っていった場合は、戻りが入ることを確認して、エントリーできるかも。111.500を目指して下降していく可能性が [続きを読む]
  • 来週のトレード戦略
  • 2017年3月20日週のトレード戦略です。日足、4時間足ともに、上限は115.500、下限は111.500の大きなレンジの中にいます。現在は、112.500近辺のサポートラインのあたりで落ち着いています。まずはこの下値を試しに行って、112.500を切るか反発するか、が注目ポイントかと思います。112.500を切っていった場合は、戻りが入ることを確認して、エントリーできるかも。111.500を目指して下降していく可能性が [続きを読む]
  • 上がらなければ下がる
  • いきなり結論から入りますが、相場の本質とは売り買いの攻防です。相場はどこか別のルールで決められて価格が上下するのではなく、相場に参加しているトレーダーたちの思惑が結集して動きます。なので、上がると思うトレーダーが増えれば価格は上昇するし、下がると思うトレーダーが増えれば価格は下落します。ただ、売りたいと思うトレーダーがいても、そこで買うトレーダーがいないと高い価格で売らざる [続きを読む]
  • 上がらなければ下がる
  • いきなり結論から入りますが、相場の本質とは売り買いの攻防です。相場はどこか別のルールで決められて価格が上下するのではなく、相場に参加しているトレーダーたちの思惑が結集して動きます。なので、上がると思うトレーダーが増えれば価格は上昇するし、下がると思うトレーダーが増えれば価格は下落します。ただ、売りたいと思うトレーダーがいても、そこで買うトレーダーがいないと高い価格で売らざる [続きを読む]
  • 週刊チャート(2017年3月13〜17日)
  • 今週のチャートからエントリーポイントを分析したいと思います。今週は、雇用統計発表後のレンジ相場となりました。前半は、114.500〜115.200くらいのレンジ幅で、FOMCの発表後は113.000〜113.500のレンジ幅です。あまり値幅が大きくないので、できるだけレンジの上限で売り、下限で買う、ということをこまめにやっていきましょう。まず①の時点で、前日の高値のところで何回も反応しています。結局、何回 [続きを読む]
  • 週刊チャート(2017年3月13〜17日)
  • 今週のチャートからエントリーポイントを分析したいと思います。今週は、雇用統計発表後のレンジ相場となりました。前半は、114.500〜115.200くらいのレンジ幅で、FOMCの発表後は113.000〜113.500のレンジ幅です。あまり値幅が大きくないので、できるだけレンジの上限で売り、下限で買う、ということをこまめにやっていきましょう。まず①の時点で、前日の高値のところで何回も反応しています。結局、何回 [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月17日)
  • 今日は、前日に引き続き、レンジ相場となりました。が、後半で少し動きが出てきましたね。おおよそ、113.200と113.500のレンジの中で上下しています。朝から小動き状態でしたが、何回か上値を試しに行っています。ですが結局113.500は超えられず、やはりこれ以上は上がらない、と判断されたタイミングで下落していっています。この何回か試した後の、あきらめたっぽい時点にエントリポイントがあります。 [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月17日)
  • 今日は、前日に引き続き、レンジ相場となりました。が、後半で少し動きが出てきましたね。おおよそ、113.200と113.500のレンジの中で上下しています。朝から小動き状態でしたが、何回か上値を試しに行っています。ですが結局113.500は超えられず、やはりこれ以上は上がらない、と判断されたタイミングで下落していっています。この何回か試した後の、あきらめたっぽい時点にエントリポイントがあります。 [続きを読む]
  • 指標発表は、賭けるか止めるか
  • 昨日FOMCの政策金利の発表がありました。利上げはすでにほぼ確実だったので相場では織り込み済みとなり、年何回になるか、が争点となっていました。結果的に追加利上げの情報はなかったので、ドルは下がる結果となりました。この結果を見ると、あ〜あ、そんな予感もしたので、売りでポジション入れておけばよかったなーと思ったりします。自分も最初のころは、指標発表は結局ギャンブルトレードにしかなら [続きを読む]
  • 指標発表は、賭けるか止めるか
  • 昨日FOMCの政策金利の発表がありました。利上げはすでにほぼ確実だったので相場では織り込み済みとなり、年何回になるか、が争点となっていました。結果的に追加利上げの情報はなかったので、ドルは下がる結果となりました。この結果を見ると、あ〜あ、そんな予感もしたので、売りでポジション入れておけばよかったなーと思ったりします。自分も最初のころは、指標発表は結局ギャンブルトレードにしかなら [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月16日)
  • 今日はFOMC発表の後の日で小動きの日となりました。上下のレンジ幅が30pipsくらいで、かなりボラティリティが小さいのでエントリーしづらい日です。ただ、上下のレジスタンスライン、サポートラインが比較的明確だったので、そこにうまく合わせることができたら、10〜20pipsずつくらいは取れたかもしれません。図でいうと、113.500のレジスタンスラインで何度か止まっているので、ここで値が止まったこと [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月16日)
  • 今日はFOMC発表の後の日で小動きの日となりました。上下のレンジ幅が30pipsくらいで、かなりボラティリティが小さいのでエントリーしづらい日です。ただ、上下のレジスタンスライン、サポートラインが比較的明確だったので、そこにうまく合わせることができたら、10〜20pipsずつくらいは取れたかもしれません。図でいうと、113.500のレジスタンスラインで何度か止まっているので、ここで値が止まったこと [続きを読む]
  • 波の半値に注意
  • トレンドが発生すると、買いと売りのどちらか一方に価格が動きます。結果として、チャート上に価格が動いた軌跡としての波が残ります。ただ、トレンドはずっと続くわけではなく、上位足等での強いサポートライン、レジスタンスラインがあるとそこで反転します。反転すると、買いと売りは逆転し、今度は反対方向に波が動き始めます。波が反転した時は、その半値でもみ合うことが多いです。おおよそ半値まで [続きを読む]
  • 波の半値に注意
  • トレンドが発生すると、買いと売りのどちらか一方に価格が動きます。結果として、チャート上に価格が動いた軌跡としての波が残ります。ただ、トレンドはずっと続くわけではなく、上位足等での強いサポートライン、レジスタンスラインがあるとそこで反転します。反転すると、買いと売りは逆転し、今度は反対方向に波が動き始めます。波が反転した時は、その半値でもみ合うことが多いです。おおよそ半値まで [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月15日)
  • 本日はやはりFOMC待ちで動きがありません。ただ利上げは確実で、あとは年何回実施するかというポイントになっていますね。チャート的には底堅くて、売りは強くなく、どちらかというと上昇の流れが強いようです。その流れで押し目を拾えればいいのですが、上昇も限定的のようなので、大きい伸びは期待できません。まあ細々と少しずつ取っていくか、FOMCまで様子見て待つか、という状況でしょうか。かなり緩 [続きを読む]
  • 日刊チャート(2017年3月15日)
  • 本日はやはりFOMC待ちで動きがありません。ただ利上げは確実で、あとは年何回実施するかというポイントになっていますね。チャート的には底堅くて、売りは強くなく、どちらかというと上昇の流れが強いようです。その流れで押し目を拾えればいいのですが、上昇も限定的のようなので、大きい伸びは期待できません。まあ細々と少しずつ取っていくか、FOMCまで様子見て待つか、という状況でしょうか。かなり緩 [続きを読む]
  • エントリーが怖い
  • エントリーが怖いのを克服するにはどうすればいいのか?初心者のうちは、誰でも悩むと思います。上昇するような気がしてエントリーしたいが、下落する不安がやっぱり拭えず、エントリーしようかどうしようかと迷っているうちにタイミングを逃してしまう。その後のチャートの様子を見ていたら、やっぱり思った通り上昇していった。やっぱりあの時にエントリーすればよかった!!というようなパターンです。 [続きを読む]