しろくま さん プロフィール

  •  
しろくまさん: 国試で学ぶ 医学生の知らない研修医の常識
ハンドル名しろくま さん
ブログタイトル国試で学ぶ 医学生の知らない研修医の常識
ブログURLhttp://shokikenshu-kokushi.blogspot.jp/
サイト紹介文採血法、輸液、抗菌薬、症候学など初期研修ですぐに役立つ常識を国家試験から学んでみませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 27日(平均1.8回/週) - 参加 2017/03/15 23:51

しろくま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 国試で学ぶ カルテの書き方、プレゼンのお作法
  • 107A44国試の臨床問題からカルテやプレゼンのお作法を学びましょう研修までに覚えたい常識カルテをSOAPで記載できる病歴のAMPLEを聴取できるReview of systemが聴ける痛みのOPQRSTを聴取できるpertinent negativeの意味がわかるプレゼンのお作法を知っている国家試験臨床問題の文章はカルテやプレゼンのお作法通りに書かれています。せっかく、何百題も解くのであれば、カルテの書き方やプレゼンの仕方を意識しながら勉強してみて [続きを読む]
  • 【動画あり】灼熱!末梢静脈路確保塾
  • 107H17末梢静脈路確保の問題です。研修までに覚えたい常識末梢静脈路確保の手順末梢静脈路確保のコツ末梢静脈路確保の練習法末梢静脈路確保は治療のはじまり末梢静脈路(ルート)が確保できれば、輸液も抗菌薬も点滴することもできます。つまり、末梢静脈路確保は治療のはじまりと言えるのではないでしょうか。日常診療で多用する手技ですので、学生の時から機会を捉えて挑戦しておきましょう。同期の協力のおかげで末梢静脈路確保 [続きを読む]
  • 【動画あり】熱血!静脈採血塾
  • 110H10静脈採血の手順に関する問題研修までに覚えたい常識静脈採血の手順静脈採血のコツ静脈採血の練習法静脈採血は基本中の基本手技静脈採血手技は基本中の基本手技ですから国試でも出題されますね。採血手技がうまくいかないと、鑑別診断が進まなかったり、患者さんの状態評価ができなかったりと、診療がその段階で止まってしまいます。学生時代からどんどん挑戦しておくと、研修医になって慌てませんよ。同期の協力のおかげで採 [続きを読む]
  • ひとこと!抗菌薬スペクトラム
  • 抗菌薬ことはじめ(コチラ)の補足として、各抗菌薬について、そのスペクトラムを簡単に記します。研修医になりましたら、感染症プラチナマニュアル等で詳しく勉強してください。天然ペニシリン:ペニシリンG連鎖球菌、腸球菌髄膜炎菌の第一選択横隔膜より上の嫌気性菌梅毒アミノペニシリン:アンピシリン、アモキシシリン※アンピシリン経口薬は消化管吸収が悪いので、経口薬はアモキシシリンで天然ペニシリンのスペクトラムに加 [続きを読む]
  • 抗菌薬ことはじめ
  • 107D11臓器ごとに起因菌が決まるから抗菌薬を選べる研修までに覚えたい常識その菌がグラム?性?菌と言える抗菌薬は一般名から系統名が想起できる(※研修医は商品名から一般名が想起できる)その臓器に感染を起こす菌が言えるその臓器に使用する抗菌薬が言える臓器⇒起因菌⇒抗菌薬何でもない問題ですが、抗菌薬使用の基本をついた問題です。抗菌薬を選択する際は、必ず起因菌の想定が必要になります。そして起因菌はある程度、感 [続きを読む]
  • 輸液はNa濃度から考えよう
  • 110B5正答率50%の問題です。研修までに覚えたい常識輸液はNa濃度から考える1日に最低限必要な成分Na 1g=17mEq 輸液の前に体液生理そもそも輸液とは、極端な話「水に併せてNaを細胞外液に入れる」ことだと思います。輸液を理解するためにはまず体液生理から考えていきましょう。細胞外液と細胞内液人間の体の60%は水で構成されており、その1/3は細胞外液、その2/3は細胞内液です。細胞外液と細胞内液は細胞膜によって仕切られ [続きを読む]
  • 意識障害はまず低血糖を否定
  • 102C22 研修までに覚えたい常識 意識障害はまず低血糖を否定する 意識障害の鑑別:AIUEOTIPS意識障害はまず低血糖を否定102C22は「意識障害」へのアプローチを問題としていますね。意識障害を来す病態は様々ありますが、最初にすることと言えば、「低血糖の否定」です。なぜなら、もし低血糖による意識障害ならば50%ブドウ糖2アンプルを静脈注射すれば速やかに解決してしまうからです。50%ブドウ糖1A=10g/20ml緊急度が高 [続きを読む]
  • 過去の記事 …