Noriko さん プロフィール

  •  
Norikoさん: How to be Czech −モラヴィアの小さな街より−
ハンドル名Noriko さん
ブログタイトルHow to be Czech −モラヴィアの小さな街より−
ブログURLhttp://www.howtobeczech.com/
サイト紹介文30代後半にして草食系チェコ人の夫とチェコ・モラヴィア地方へ移住。チェコの人々、文化の違い、食べ物等
自由文日本で出会ったチェコ人と結婚。チェコの言葉と文化を学ぶためチェコへ移住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 104日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/16 02:50

Noriko さんのブログ記事

  • チェコ ブルノのシュピルベルク城
  • ブルノの丘の上にそびえるシュピルベルク城(Hrad Špilberk)へ行ってきました。シュピルベルク城は13世紀に王様の住む城として建てられましたが、その頑丈な居城はその後、刑務所として長い間使われたそうです。重犯罪者や国家反逆者を多く収容し、第二次世界大戦中はナチスドイツにも利用されたとのこと。現在は博物館やイベントスペースとして利用されています。お城の入り口へ辿り着くまで丘を軽く登ります。とても高いところ [続きを読む]
  • ボヘミアの瓶入りヨーグルト
  • ボヘミルク(BOHEMILK)という会社のヨーグルト「オポチェンスキーヨーグルト(Opočenský Jogurt)」。名前そのままで、ボヘミア地方のオポチュノ(Opočno)という小さな町の乳製品会社で作られたものです。ヨーグルトが瓶に入っているというのが可愛くて買いましたが、味も素朴でとても気に入りました。酸味が強めな気がします。スーパーマーケットでは日本より多くの種類のヨーグルトがあり、見たことの無いブランドを見かけ [続きを読む]
  • チェコのケーキ
  • ケーキ屋はチェコ語で「ツクラールナ(Cukrárna)」と呼ばれます。チェコ人はビール飲みだけど、甘いものも大好き。近所だけでも3つのケーキ屋があります。パッと見た目は日本のケーキ屋にも劣らない華やかさ。値段を見るとさらにテンションが上がります。なぜなら上の写真に写っているもので15〜45Kč(約67〜202円)という安さだから。しかし、食べてみると、なんだか味が大雑把。特にスポンジケーキが圧倒的に違います。固いと [続きを読む]
  • 夏至の日のモラヴィア
  • 夏至の日の夜8時半頃の風景。日没時刻は午後9:02。その後もしばらくはほんのりと明るく、10時頃にやっと完全に暗くなります。ヨーロッパの夏の日の長さ、とても好きです。仕事が終わる時間にまだ昼間のように明るいんですから。ペトルがいるので6〜7時頃に夕飯を食べるタイミングで一区切りできますが、家で一人で何か作業をしていたりすると、時間が経つのを忘れて気づいたら9時、ということも起こります。9時といっても見た目は [続きを読む]
  • チェコで扇風機を購入
  • チェコではエアコンを持つことが一般的ではありません。わたしたちのアパートにもエアコンは付いていませんし、付ける場所もありません。日本に比べると湿気がなく過ごしやすいとはいえ、暑い日は暑い。せめて扇風機が無いと夏を乗り越えられない!というわたしの強い希望で扇風機を買いました。扇風機もみんなが持っているモノというわけではないので、買うとなっても選択肢はあまりありません。日本の扇風機市場の大きさを思い知 [続きを読む]
  • チェコのガレージもカラフル
  • 先日、チェコの家はカラフルだと書きました。 How to be Czech 愛すべきチェコのカラフルな住宅http://www.howtobeczech.com/2017/06/13/愛すべきチェコのカラフルな住宅/チェコの住宅や団地はとてもカラフルです。キヨフへ越してきてまだ買い物も一人では不安だったころ、近所の住宅を見て歩くのが楽しみの一つでした。ついに近所は歩き尽くしたので、気に入っている場所の写真をいくつかを載せたいと思います。 隣りの家と同じ色 [続きを読む]
  • チェコのストッキング事情
  • チェコでストッキングを買いました。ほとんど履く機会なんてないんですけど。サイズを選ぶときに、対応サイズを見て困惑。わたし、どこにも属していない・・・。わたしは日本人の中でもかなり背が低い方ですが、日本人女性の平均は158cm/53kgなので、平均だったとしてもSサイズにさえ届きません。チェコ人女性の平均は約167cm/69kg。モデルのようにスタイルが良い人が多い一方、このグラフにあるとおり90kgくらいの人も珍しくありま [続きを読む]
  • 海外で簡単に作れる手打ちうどん
  • 蕎麦よりもうどんが好きです。出汁は関西風の甘め。あと、カレーの翌日の昼食はカレーうどん一択。チェコへ来てすぐの頃から自分で打つようになり、最近はコツがつかめてきました。作り方(2人分)・小麦粉 150g(適当に薄力粉と強力粉を混ぜる。どちらかだけでもOK)・水 100cc(足りなければあとで足す)・塩 小さじ1/2小麦粉に塩を溶かした水を入れて混ぜる。滑らかになってコシが出るまでひたすら捏ねる。15分以上休ませる。打 [続きを読む]
  • チェコでの婚姻とビザ申請の手続き(その1:準備と必要書類)
  • 日本に暮らしながらチェコ人との結婚・移住を考えはじめ、どのように準備・手続きを進めたのかを何回かに分けて書きます。自分が準備を始めようとしたときに、何から始めてよいのかさっぱり分からず途方に暮れた経験から、同じ悩みを持って検索でここへ辿りついた方の参考になれば。済んでしまえば当たり前だと分かることでも最初は国際結婚・ビザ申請のことを何も知りませんでした。「婚姻手続き」と「ビザ申請」が全く別物だとい [続きを読む]
  • チェコで配偶者としての長期滞在ビザ取得
  • ビザ申請後、取得するまでの間に与えられる仮ビザ(期限2ヶ月)が来週で切れるので更新をしにブルノの移民局へ行ってきました。ビザ申請の詳細と仮ビザをもらったときのポストはこちらです。 How to be Czech チェコに滞在するための仮ビザをもらいましたhttp://www.howtobeczech.com/2017/04/21/チェコに滞在するための仮ビザをもらいました/仮ビザを手に入れました!!ブルノの移民局へビザの申請に行ってきました。ビザ無しで滞 [続きを読む]
  • 海外で手に入る調味料でお好み焼きソースを作る
  • 日本では家でお好み焼きを作ることはありませんでした。だって鉄板のあるお店で食べた方が断然美味しいから。しかし、チェコへ来てからはそうも言っていられません。材料は揃いませんが、なんとか作っています。マヨネーズが美味しくないとか、青海苔は買えるけど高級品とか、山芋なんて売ってるはずない、などなど色々と問題はありますが、まぁ妥協の範囲内です。何よりも欠かせないのはお好み焼きソース。日本食材店で売ってはい [続きを読む]
  • 愛すべきチェコのカラフルな住宅
  • チェコの住宅や団地はとてもカラフルです。キヨフへ越してきてまだ買い物も一人では不安だったころ、近所の住宅を見て歩くのが楽しみの一つでした。ついに近所は歩き尽くしたので、気に入っている場所の写真をいくつかを載せたいと思います。 隣りの家と同じ色には決してしません。もしくは、してはいけない、という暗黙のルールがあるのでしょうか?二軒がくっついているカタチの家も多いです。くっついていますが、必ず違う色を [続きを読む]
  • チェコで迎える初めての誕生日
  • 義母と私の合同誕生日パーティーが開かれました。以前に別の人の誕生日パーティーに行った時、主役がずっと料理を振る舞ってみんなが食べ終わった頃にやっと席に着いて食事できる、みたいな状態で驚いたことがあり、チェコでは誕生日の本人がもてなさないといけないのか?!と思っていたのですが、それはシチュエーションによるとのこと。今回のパーティーは広くてみんなが集まりやすい義妹の家で行われたので、ただ来てくれればい [続きを読む]
  • チェコ ブルノで狂言を観、日本茶をいただく
  • ブルノのイケてるお茶ショップ「Čhajovna」主催のお茶のイベントがルジャーンキー公園という大きな公園であり行ってきました。イベントの名前は「Dny Čaje a Keramiky(お茶と陶器の日)」。気持ちの良い新緑の中、お庭で新茶をいただく。日本の伝統文化も紹介されており、書や盆栽を見、生け花に琴の演奏まで聴けて気分は日本。初めてチェコ語での狂言を観ました。うまくチェコ語がハマるものだなぁと驚きました。たしか京都の [続きを読む]
  • ダーリンは外国人
  • 外国人の彼氏・夫というと、日本人に比べて愛情表現が多くてスイートな関係、というイメージがあるかもしれませんが、うちは全くそんなことはありません。残念ながらダーリンとかベイビーとか呼ばれません。「アイラブユー」は、言われたことも言ったこともあるのだけど、お互い英語ネイティブではないせいかどうもしっくりきませんでした。ペトルとしてはチェコ語で言った方が心を込められるのかもしれないけど、言われた私の方は [続きを読む]
  • チェコで見つけたおもしろ日本語Tシャツ
  • 外国へ行くとヘンな日本語がプリントされたTシャツを見かけたりしますが、チェコではそれほど多くない気がします。一部の日本ファンを除いて、チェコ人にとって日本的なものをカッコイイと思うほど日本に対してのイメージが無いからだと思います。先日、珍しく日本語がプリントされたTシャツをいくつか見つけました。通り過ぎようとして二度見しました。今、OSAKAって視界に入った気がするって(笑)。地名Tに関しては日本人もNEW [続きを読む]
  • チェコでの配偶者ビザ取得のための面接
  • 配偶者として長期滞在するためのビザを申請すると偽装結婚では無いかの確認をするため面接があります(全員ではありません)。この日のこの時間に来てください、という案内をもらっていたので、予定通りブルノの移民局で面接を受けてきました。まず私の面接を約1時間、その後ペトルが約20分。私の方が長いのは、私はチェコ語ー日本語の通訳さんを介して話をするためです。通訳さんは誰でも良い訳ではなく、基本的には国の公認を受 [続きを読む]
  • チェコで平日・土日を表すマークは意外なものでした
  • 昨日、日曜礼拝に行っている人がたくさんいた、と書きましたが、日常で宗教を感じることはほぼありません。それもそのはず。2011年の国勢調査では自分はカトリック教徒だと答えた人はたった10.3%だそうです(他の宗派はほぼいない)。チェコを旅するとどこででも教会を見かけますが、実際通っている人は10%かそれより少ないのかもしれません。先日、意外なところで、多くの人がキリスト教徒だったであろう時代の名残を見つけまし [続きを読む]
  • 日曜礼拝に行く人々
  • 日曜の朝、近所のカフェで朝食を食べていました。ペトルが食べている白い塊はサンドウィッチです。このルックス、運ばれてきたときに「サンドウィッチ頼んだよな??」ってなりました。ベーコンと目玉焼きとパンの順番がオシャレ過ぎてサンドウィッチに見えませんが、味は絶品でした。このカフェの隣りには教会があります。午前十時の鐘がなると同時に中からゾロゾロと人が出てきました。ちょうど日曜礼拝が終わったようです。日曜 [続きを読む]
  • 初めてチェコを訪れた日
  • 3年前の今日、わたしはプラハにいました。ドイツを電車でぐるりと一周するひとり旅をしており、その合間にプラハに一泊だけ立ち寄りました。ニュルンベルク(ドイツ)→プラハ(チェコ)→デッサウ(ドイツ)乗り換えのないはずの駅でいきなり全員降ろされて、駅員に尋ねるも言葉が通じず、次に乗る電車を勘で見つけたのはチェコでの初洗礼でした。簡単な英語さえ通じないという状況が初めてだったし、英語に似ていて理解できる単 [続きを読む]
  • チェコでも人気の甘いミルク粥ことライスプディングに挑む
  • ?日本人にとって抵抗のある食べ物「ライスプディング」を初めて食べました。チェコ語では「Mléčná rýže」。直訳すると「ミルクライス」。米を牛乳と砂糖で煮たミルク粥です。世界各地に似たものはあるらしく、私が初めてその存在を知ったのはドイツ人の友人からで、シナモンをかけた温かいものを食事として食べると言っていました。食べ方も地域によって主食やおやつ、と様々のようです。チェコのスーパーに売られているのを [続きを読む]
  • 「モラヴィアの大草原」への行き方(バス編)
  • 「モラヴィアの大草原」といっても、地元の人に言わせると「草原?どこにでもあるけど??」というほどピンポイントでココと決まった場所はないので、多くの写真に写っているのはこの辺り、という目安になる場所へのアクセスです。公共の交通機関を使ってモラヴィアの大草原へ行くにはキヨフを拠点にします。私の住んでいる街です。キヨフまではプラハやブルノやウィーンから電車で来ることができます。チェコの田舎まで来ようと思 [続きを読む]
  • チェコ通貨における謎の単位
  • チェコの通過はコルナ(Kč)です。ユーロやドルにセントがあるような補助通過は流通していません。そう、していないはずなんですけど、値札にはこのような表記が存在しています。?「.90」って何???セントか何かの単位があるかのような顔をして並んでいます。チェコでは以前、ハレル(Haléř)という単位が使われていたそうです。100ハレル=1コルナ。それが今でも残っているそうです。「.90」っていう表記にしたいがために残 [続きを読む]
  • チェコ通過における謎の単位
  • チェコの通過はコルナ(Kč)です。ユーロやドルにセントがあるような補助通過は流通していません。そう、していないはずなんですけど、値札にはこのような表記が存在しています。?「.90」って何???セントか何かの単位があるかのような顔をして並んでいます。チェコでは以前、ハレル(Haléř)という単位が使われていたそうです。100ハレル=1コルナ。それが今でも残っているそうです。「.90」っていう表記にしたいがために残 [続きを読む]