MAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士 さん プロフィール

  •  
MAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士さん: MAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士
ハンドル名MAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士 さん
ブログタイトルMAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士
ブログURLhttp://maskansa.seesaa.net/
サイト紹介文粗利益って何?などの素朴な疑問からはじまり、簡単にわかりやすくビジネスのヒントを解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 148日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/17 09:22

MAS監査により1年で利益が出る体質にする税理士 さんのブログ記事

  • 知識ゼロからの創業計画書
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。今回は、起業したばかり、または起業しようとするかた向けのブログです。冒頭は起業の厳しい現実にふれますが、後半ではそれに対処する方法にふれます。「厳しい現実」脱サラして起業したばかりのかたとお会いすることがよくあります。あるかたは、起業の魅力の一つは、サラリーマンは時間に拘束されてたけど、時間を自由に使えることと言っていました。ところが、実際に [続きを読む]
  • 会社を変える実践的ビジネスコーチング
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。税理士ですが今回は、ビジネスコーチングについて触れてみます。「税理士の仕事」税理士の一般的なイメージですが、・税務相談にのって、相手の質問に答える。・顧問税理士として、節税の提案をする。・所得税や法人税等の確定申告をして、税額を決定する。といった、「答え」をお客様に与えるのが仕事です。今週もある会社に相続対策として、退職金を支給し、非課税枠を [続きを読む]
  • 3分解説。おもてなし規格認証2017とは
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。OMOTENASHIというと、滝川クリステルさんのことしか思い浮かばないと同僚と話していたら、同じ意見でした。このOMOTENASHIをイメージ戦略として、経済産業省は、売り出したいのか、「おもてなし規格認証」が創設されました。昨日の事務所内のミーティングの場で、ものづくり補助金1000万円の採択に成功したメンバーが紹介してくれました。お客様からご相談をうけたとき、 [続きを読む]
  • 経営戦略とは「30歳からの経営戦略」
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。今日は、豊富な事例をもとに、経営のプロでなくても、使える経営戦略について述べてみます。経営戦略に関わるようになったのは、30歳をすぎてからでした。税理士は、経営のプロではありませんので、とくに起業したばかりのかたには、今回の記事は参考になるかと思います。「実は、大学時代は、経営学とは無縁でした。」中央大学の文学部の哲学科というところにいました。 [続きを読む]
  • すごい経営会議
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。今回は、職場の人間関係を改善するための経営会議のありかたについて、述べようと思います。「いろんな悩み」税理士事務所は、どこまでお客様の悩みに共感できるかと思い、悩みについていろいろ調べてみました。世の中には、実にいろんな悩みがあるようです。夫婦の悩み、貧乳の悩み、子育ての悩み、借金の悩み、恋の悩み、毛深さの悩み、歯の悩み、離婚の悩み介護の悩み [続きを読む]
  • 女性起業家のためのはじめての経営戦略
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。経営戦略というと、なんだか男臭い響きがあるのは気のせいでしょうか。ビジネスマンの間でも「孫子」はよく読まれるそうです。ああいう昔の戦いから戦略といえば、男のやることといったイメージがあるような気もしますが、最近では、女性の経営者も増えています。先月、お会いしたある女性経営者も「起業して1年経ったのに全然、成果につながらない。しかし、そこで諦め [続きを読む]
  • ざっくり源泉所得税の算出の仕方
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。給与から源泉徴収される所得税ですが、預かる側としては、預かっているという感覚はないと思います。というか、そもそも論として、どうやって源泉所得税の金額を出したらいいのかわからず、社労士さんに給与計算だけを頼むかたもいます。ある社労士さんに見積もりを出してもらいましたが、給与計算の場合、社員が3名くらいだと月額1万円だそうです。給与計算を外部にアウ [続きを読む]
  • Word1枚だけ 中期経営計画作り方
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。連日、中期経営計画の作り方についてブログで書いています。今回は、Word1枚だけでできる中期経営計画の作り方についてふれようと思います。ただ、その前に、1分ほど、中期経営計画にこだわる理由を述べさせていただきます。現在の職業は、税理士ですが、ここまで中期経営計画にこだわるには、理由があります。税理士事務所に勤め始めて10年になります。群馬県の高崎市で [続きを読む]
  • たった3分でわかる社長3年目の消費税対策
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。独立起業する際は、会社設立費用や会社設立資本金が気になるところだと思いますが、会社登記したあと、日々の資金繰りとは別に気になるのは、やはり、税金対策のことではないかと思います。そのなかでも、消費税への関心は、みなさん高いようです。消費税は新たに設立された法人の場合、2年目まで原則として納める必要はありません。しかし、設立当初から資本金が1000万 [続きを読む]
  • 意外と格安。コスパ2倍の記帳代行。
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。税理士事務所の顧問料って高いと感じたことはありますか?たしかに、会社の場合、年に1回、税務署や金融機関に提出する書類は、決算書、法人税・消費税の申告書、概況書、内訳書、など、ワンセットで50枚くらいなものです。その50枚の書類作成のために、会社ごとに異なるとはいえ、年間50万円〜400万円も支払うのは、高いと思われてもしかたないのかもしれません。しかし [続きを読む]
  • 社員の翻訳となる中期経営計画作り方
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。中期経営計画作り方というと、社長や実務担当者が立てるもので、社員とは、ほとんど無関係と思われるかたもいるかもしれません。以前、Yahoo知恵袋で中期経営計画について調べていたところ、経営計画の発表会というものは、小中学校の時の学校朝礼のようなもので、校長にあたる社長が訓示を垂れるだけの場といったとらえかたもされているようです。しかし、そうではない [続きを読む]
  • 特急で法人税の申告書を依頼できる時期とは
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。会計事務所の繁忙期と言えば、3月を想像されるかもしれません。個人事業主の所得税の確定申告書の提出時期だからです。そのときに限って、源泉徴収票や領収書レシート請求書などをたくさんもってくるかたは、会社を作ってもその傾向があるようです。なかには、奥さんが弥生会計で入力していたけど、病気により、一人で経理もやらないといけなくなったというかたもいます [続きを読む]
  • たった1日で作るはじめての中期経営計画
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。経営計画というと、大御所の経営者のかたから、「A41枚の紙にまとめなさい」ですとか、「利益から決めなさい」ですとか、命令的な感じもするかもしれません。実際、経営計画を作っている会社でも、計画をもとに「いついつまでにこれこれをしなさい」という感じです。しかし、経営計画は、大御所の経営者だけが作っているわけではありません。20代、30代の経営者も、作っ [続きを読む]
  • 中期経営計画は会社のダイエット
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。経営者のなかには、売上が下がって、資金繰りに苦しんでいるかたもいます。経営コンサルタントのなかには、売上を上げる方法を教えて回る人もいますが、その人が書いた本を読んでいる人から売上が伸びたという声を聞いたことはありません。今、関与先で売上が伸びている会社というのは、得意先から信頼を得た会社です。ある製造業の会社です。信頼を得るために、その会社 [続きを読む]
  • 期限1日前でも8万の節税するワンポイント
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。個人事業主のかたや起業したばかりのかたで、申告期限ぎりぎりまで、領収書の整理に追われた経験のあるかたもいると思います。Googleでいろんな税理士さんのHPを見ていても、「駆け込み決算に対応します」といった文言をよく見ます。正直、申告期限1日前だと節税なんて厳しいと思われるかもしれませんが、あきらめないでください。申告期限1日前でも、経費で落とせる書類 [続きを読む]
  • 小さな会社のワンマン体制を変える3ステップ
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。みなさんの周りにワンマンな社長はいませんか?社員が10名規模の会社であっても社長はワンマンになりがちです。その原因は、社員がイエスマンになりがちなところにあります。社長が強すぎるあまり、いつの間にか誰も意見を言わなくなります。そんなワンマンな社長への対処法ですが、社長に何か勝てるものをひとつつくってみるですとか、社長の弱みをにぎるといったものも [続きを読む]
  • マックならぬ税理士事務所の裏メニューとは
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。        最近、マックに行くと、裏メニューというのがあります。これって税理士事務所でも、あるのかなと思い、今回は、税理士事務所における裏メニューと思われるものをあげてみます。この投稿での裏メニューの定義は、                 ①Googleで税理士事務所のHPを閲覧しても、あまりサービス内容に登場しないもの             [続きを読む]
  • 3分でわかる会社設立後に納める税金と節税
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。起業した方から、どの税金をいつ、いくら払うのかというご相談を受けることがあります。そこで、会社設立後に納める税金の概要と、節税のしかたをご紹介したいと思います。会社設立後に納める税金・消費税会社設立後しばらくの間、もっともはらうことになる税金かと思います。会社設立後、多くの会社は、2年間は免税ですが、3年目になると、計算方式が2つに分かれます。 [続きを読む]
  • 異業種の方必見、税理士のマーケティング
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。税理士事務所というと、サービス内容は似通ったものというイメージがあるかもしれません。記帳代行や決算書、申告書の作成はもとより、会社設立、相続、事業承継、経営計画、といったところまで、ひと昔前までは、ほぼ横並びのサービス内容でした。ところが、最近では、風俗業に特化した税理士法人も出てくるなど、個性的な税理士事務所が台頭してきました。風俗業の場合 [続きを読む]
  • 2分でわかる税理士事務所選び
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。税理士士事務所のサービスは形が見えずらいとよく聞きます。決算時に申告書の控えを商品として渡しても、税金の計算はほとんど機械がやるんだからという理由で価値を感じてもらえない場合もあります。満足のいくサービスを得るには、そもそも論として自分にあった税理士事務所を選ぶことが必要です。では、どのようにして税理士事務所を選べばいいのでしょうか?意外かも [続きを読む]
  • 中小企業のブランディング
  • いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。ブランドというと、ルイ・ヴィトン、コーチ、グッチなどを思い浮かべるかもしれません。ブランディングといっても大企業のやることであって、中小企業には関係がないものととらえられる向きもあるかもしれません。しかし、ブランドという言葉には、他のカテゴリーの財やサービスと自分のそれとを区別するという意味もあります。ブランディングとは、自社らしさと言える部 [続きを読む]