akasatakun さん プロフィール

  •  
akasatakunさん: akasatakun
ハンドル名akasatakun さん
ブログタイトルakasatakun
ブログURLhttp://akasatakun.hatenadiary.jp/
サイト紹介文職場の人間関係を改善する方法や利益の出る処方箋も紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 69日(平均8.6回/週) - 参加 2017/03/17 09:22

akasatakun さんのブログ記事

  • 相続税の申告で困ったら・・・
  • 相続税の申告で困ったら、顧問税理士に相談するのが一番ですが、顧問税理士がいない場合、どの税理士事務所がいいのか悩む方もいるかもしれません。参考になるかどうかわかりませんが、現在の相続税の申告件数のベスト3の事務所は1位 税理士法人 山田&パートナーズ2位 税理士法人 レガシィ3位 税理士法人 チェスターらしいです。このランキングの正しさはともかく、いずれも同業者では、有名な事務所なので、迷ったらこの [続きを読む]
  • 社長の本音に税理士はどこまで迫れるか
  • 職業柄、税理士は、経営計画、経理代行、節税、利益、相続、事業承継といった数字の周辺部分を見る習慣があります。ところが、忘年会などである社長の話を聞いていると、最大の関心事は、社員の安全だそうです。節税対策をどんなに練ったところで、こうした本音は引き出すことはできません。税金のこと以外に、もっとお客様のことを考えないと肝心なことを見落とすと思います。ameblo.jp [続きを読む]
  • 日本の税理士はガラパゴス化してしまうのか?
  • 税理士業界の最近の流行りは、何かに特化することです。業種に特化医療、飲食業、風俗業など特定の業種は当たり前。今後さらに医療でも歯科専門の税理士だとか、飲食業でもラーメン店専門の税理士だとか、風俗業でもデリヘル専門の税理士だとか、誕生してもおかしくないです。業務に特化創業融資、相続、組織再編、MAS監査、経理代行など、普通の税務にいっそう付加価値をかけたものに特化し、専門のHPをもつこ [続きを読む]
  • 会計事務所とFinTech
  • 会計事務所とFinTechというと、クラウド会計をさすようです。ただ、クラウド会計といっても、現金取引が多いと、データの自動読込ができないため、あまり意味がありません。預金の取引の数がある一定の量を超えてはじめて導入の価値があると言えるでしょう。経理に手間がかかる…くらいでないと、クラウドのメリットは享受できないのかもしれません。ameblo.jp [続きを読む]
  • 会計事務所のHP
  • 1995年〜2007年の12年間で、GoogleやFacebook、Twitter、等による影響からか情報量は637倍に増えたそうです。会計事務所でもHPが乱立しています。そのなかで、本当にいい事務所を見分けるのは、難しい時代になりました。そのため、ネットがどんなに普及しても紹介により、仕事を増やすという従来の手法は変わらないと思います。やはり、自分の信頼できる人からの紹介は、ネットよ安心できますからね。ameblo.jp [続きを読む]
  • 川口市の税理士のMAS監査
  • 「税理士」というと、税務の専門家として、節税、税金対策、税務調査、といったことを期待されるかたがいます。「税理士事務所」や「会計事務所」というと、決算や青色申告以外にも、事業承継や相続の相談、給与計算や振込代行をはじめとする経理代行、会社設立や補助金、助成金、最近ですと、マネーフォワードやフリーといったクラウド会計のご相談…といったところでしょうか。Googleで検索すると、こういったキーワードを入力す [続きを読む]
  • 経理代行とクラウド会計により経理が楽になります。
  • 経理のアウトソーシングに対する需要が高まっています。・記帳代行 ・領収書、請求書整理 ・支払予定表の作成・給与計算 ・振込代行など、経理から解放されて本業に専念したいというニーズが中小企業にはあります。また、記帳の手間を開放するため、クラウド会計の提案も行っています。いかに本業に専念できる環境をととのえるかは、これからも会計事務所の課題です。ameblo.jp [続きを読む]
  • V9時代の巨人のように数字も全員野球
  • 簿記だけが数字ではないです。訪問回数、外注先へのトラックの発注回数それはみんな数字です。しかもそれらを管理するのは、社長ではなく、現場の社員です。V9時代も、王や長嶋だけではなく、柴田、高田、末次 といった脇役光って全員野球ができていたように会社の数字も全員野球で管理すべきです。MAS監査は個人目標をたて、経営計画をつくり、会計事務所とともに全員野球で経営すす仕組みをつくります。amebl [続きを読む]
  • 川口市の税理士の独り言「伸びている会社の社長は勉強熱心」
  • お客様からよく「今、伸びている会社はどんな会社ですか?」と聞かれます。一言で言うと、勉強熱心な社長の会社です。例えば、情報収集をし、積極的な設備投資をすれば、ものづくり補助金の採択もうけられ、生産性も上がります。GoogleやYahoo、Facebookなどからも、情報が手に入りやすくなりました。ささやかながら、このブログでも情報のこうした経営に役立つ情報を発してゆきますので、リクエスト等があれば、お [続きを読む]
  • 税理士による経営コンサルティング
  • 税理士に期待するのは、節税や税金対策、税務調査、青色申告、法人税や消費税、所得税の税務相談といったところかと思います。私のように経営計画ソフトを使い、MAS監査を行い、経営体質の改善をサポートする人はまだまだ少数派のようです。そのため、「珍しい税理士さんですね。」と言われます。ameblo.jp [続きを読む]
  • 埼玉県の川口市の税理士の独り言。
  • 名刺交換会から京浜東北線を使って家に帰ると、秋葉原から西川口まで午後8時からは、人がいっこうに減る機会がありません。それでも、赤羽から川口まで川を電車で渡ると、なんだかほっとします。川を一つ隔てるだけですが、東京と埼玉には、大きな開きがあるようで、その川を渡ると、肩の荷が降りるような気がするのです。東京は働くところ、埼玉は住むところ、そういう考えもありかなと最近、よく思います。ameblo. [続きを読む]
  • 大家さんは消費税還付になぜこだわるのか?
  • 大家さんのかたで、アパートや太陽光発電設備を購入し、消費税還付をしたがるかたがあとを絶ちません。なかには、アパートの家賃収入が消費税の非課税であることから金の売買により課税売上割合を高め、消費税還付の額を増やそうとすかたもいます。消費税還付を会計事務所に行ってもらう場合、成功報酬として還付額の何割かを請求されるようです。正直、消費税の還付は、課税事業者をどのタイミングで選択し、課税 [続きを読む]
  • 川口市
  • 現在、川口市に住んでいます。2年前まで新潟県の十日町市に住んでいました。川口市に住むようになってよかったのは、雪が降らない点です。嫌なところは、何かと東京と比較されるところです。都内の異業種交流会に出ると、「遠い埼玉からよく来ましたね。」と埼玉県民を田舎者呼ばわりする方がやたらと多くて困ったものです。雪国の人間から見たら、埼玉も東京も雪の降らない点、まったく変わらないという点を [続きを読む]
  • 国税庁のHP
  • 国税庁のHPは、毎朝チェックします。ホームの新着情報は、日ごとに新たな情報が追加されるので、参考になります。また、実務でも頻繁に国税庁のHPの情報を使用します。ネット上では、いろんなかたが税務に関する意見を書いていますが、もっとも信頼できるのは国税庁のHPだからです。ameblo.jp [続きを読む]
  • 経営分析の時期
  • 経営分析の時期として決算はいい機会です。いったん、事業年度を締めて、役員報酬の見直しや、設備投資の有無など、数字を分析しながら、信頼できる相談相手と話しあうといいでしょう。ameblo.jp [続きを読む]
  • 月次決算をチェックするしくみがほしい
  • 毎月試算表を出すけど、経営計画とのずれまでチェックしていないという方もいます。経営計画が難しいと感じるからかもしれません。そうしたかたは、ネット上の「経営計画つくるくん」あたりからはじめてみるといいかもしれません。経営計画ははじめはざっくりと、あとからしっかりつくればいいのです。ameblo.jp [続きを読む]
  • Facebookと異業種交流会
  • Facebookをはじめるきっかけは、倫理法人会の友人に誘われてのことでした。それまでSNSとはなんの縁もなかったのですが、これをきっかけに、ブログもはじめることになりました。異業種交流会で名刺交換したかたとその場Facebookでつながることはよくあります。そうしているうちに、名刺交換したかたから、イベントの案内が来て、イベント参加者とFacebookでつながり、そのかたがブログの読者となり、という具合に、つ [続きを読む]
  • 決算
  • ゴールデンウイークも終わりました。また、決算です。決算時にいろいろ話を聞いていると、会社の成長意欲がわかります。あるかたは、今年何としても利益を出し、来年さらに売上を上げたいといい、あるかたは、利益は0でいい。その代わり税金も少ないほうがいい。といいます。成長意欲があるかたは、下記のリンクより、中期経営計画のご相談を受け付けています。ameblo.jp [続きを読む]