いずみ さん プロフィール

  •  
いずみさん: アダルトチルドレン・HSPでも生きやすくなる
ハンドル名いずみ さん
ブログタイトルアダルトチルドレン・HSPでも生きやすくなる
ブログURLhttp://ginkensou.blog63.fc2.com/
サイト紹介文アダルトチルドレン・HSPの女性が生きる力を取り戻し、幸せに生きるために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 148日(平均0.9回/週) - 参加 2017/03/17 16:20

いずみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アダルトチルドレンの変化は癒しと共に
  • アダルトチルドレンって、小さな頃から否定されて育っている人が多いのですね。「馬鹿だね」「どうしてみんなと同じにできないの」「○○ちゃんを見てごらん(あんなにできるのに)」という言葉を受けていたり、冷たい対応、放任、という態度を受けていたり。そんな中でね、自己肯定感や自分を愛する気持ちを育てるのってものすごく難しいことです。誰かと比べるんじゃなくて、「私」を見てほしい。振り向いてほしい。そういう気持 [続きを読む]
  • その頑張り、罪悪感が動機ではありませんか?
  • 2年前の晩秋の出来事。長文です。私自身がアダルトチルドレンであることは、度々記事にしてきていますが・・・・その前に、私のアダルトチルドレンの型は自己診断ですが、おそらく以下のmixで。ロストワン  http://ac.3rdcom.com/cate/ac130140100100.htmlリトルナース  http://ac.3rdcom.com/cate/ac130150100100.htmlプラケーター  http://ac.3rdcom.com/cate/ac130160100100.html今はもうほとんどこの傾向はないけれどず [続きを読む]
  • 過去をベースにすることをやめてみると
  • 私自身、アダルトチルドレンであることは何度も書いていますが・・・・それが長らく、生きにくさにつながっていたことは事実です。「どうして普通に生きられないんだろうー」って思っていたし、「どうしたらいいんだろうー」「こんな私になにができるだろうー」って常に考えていました。でもね。自分自身への無力感や無価値感に打ちのめされながらも、「アダルトチルドレンだから幸せになれない」とは多分思っていなくて。むしろ、 [続きを読む]
  • 自分を責めてしまうときは
  • アダルトチルドレンの心の中には、「自分を責めてしまう」というからくりがあります。これは、オートメーション。だから、気づかないうちに自分を責めてしまうのです。責める必要がないことでも。まずは、自分がオートメーションに「自分を責めてしまう心のからくりを持っていること」を知ってほしいな、と思います。そうするとね、いつのまにか、ごく自然に自分を責めてしまっていることに、気がつけるから。気がつけたなら、その [続きを読む]
  • アダルトチルドレンの自己価値が低いワケ
  • アダルトチルドレンって、周囲が「信頼できない」なかで育っていることが多くて。なぜなら周囲の大人はいつもケンカしていたり、暴力(言葉・肉体含め)をふるってきたり、態度が一貫していなかったり、無関心だったりしているから。それに加えてHSPの資質を持っていたりしたら、周囲の感情や雰囲気まで必要以上に受けてしまうので、普通にしているようでも心や脳の負担はかなりなものになってしまいます。子供の頃に周囲の大人 [続きを読む]
  • 愛情不足って、具体的に言うとこんなこと
  • 誰でも親子関係で傷ついたこともあれば、怒ったり泣いたりしたことがあると思うのです。まして機能不全家族の多いと言われている日本では、どこで「アダルトチルドレン」という線引きをするのか・・・・と思いますよね。同じ体験をしてもすごく傷つく人もいれば、割と大丈夫な人もいますし。自分の中だけでも、大丈夫な時とそうじゃない時ってありますよね。愛情というものも、目に見えないものですし。ちなみに、アダルトチルドレ [続きを読む]
  • 自分の心に素直になるのに遅すぎるということはない
  • 幼少期に辛い思い、悲しい思い、さみしい思い、怖い思い、苦しい思いを経験してきている、アダルトチルドレン。こういった感情を強く感じやすいHSP。多くはそういったネガティブな気持ちを押し込めてしまっていたり、「大丈夫なように振る舞う」クセがついていたり、あるいはショックが大きくて忘れてしまった出来事があったり・・・・・・。(ちなみに、私はこれら全てに当てはまっていましたσ(^_^;))なので「自分の心に素直 [続きを読む]
  • 何十年も前の言葉が偽りの自分をつくっているとしたら
  • 母親の言葉、というのは時に何十年も子供の心に残り続けるもので…。もちろん母親だけでなく、父親、祖父母、先生など、子供にとって大きな影響を持っている大人の言葉全体にあり得ることなのですが…。その言葉が、大人になった自分のセルフイメージや、着るものやふるまい、家族との関係に大きな影響を与えていることはめずらしくないのです。これは私の実体験なのですが…。小さな頃から母親に何度も言われていた言葉がありまし [続きを読む]
  • 繊細で強い感受性の取り扱い方
  • 繊細で強い感受性って、そのままだと刺激が強すぎて生きにくいことが多いのではないかしら・・・と思うのです。同じ状況でも、人の何倍も、何十倍にも、五感を通して、あるいは五感以上のものを通して色々な「情報」「刺激」に一度に触れてしまっているから。だから心や頭がすぐに(よくも悪くも)いっぱいになってしまうこと。そして人によっては、あるいは成長段階の途中では、その情報の処理方法が分からず混乱するから。情報っ [続きを読む]
  • もし無条件で愛されていたら
  • 「子供が無条件に愛され、個性の全てを受け入れられて、持っている個性をどんどん伸ばせる場所を作ること」そんな場所を作れたら・・・・・・・・と思うのです。幼稚園・保育園・小学校。もちろん、家庭。私自身、二人の子供を授かったので、子供を産んでから16年間、自分の子供にはこの方針で関わるようにしてきました。もちろん、親になったとはいえ私も未熟な一人の人間なので、その方針を貫くには多くの葛藤や、自分自身の至 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンでも心豊かに子育てできる
  • 家族の形も夫婦の形も人それぞれですが・・・・・・・・我が家の場合はまず「夫婦関係」が第一。そこが楽しくて温かなものだからこそ、子供たちへも楽しさや温かさが流れていく・・・・・というのが私と夫の共通認識で。私自身がアダルトチルドレンだったからこそ、どうやったら「子供に愛や、楽しさや、生きるって楽しいよ」ってことを身を持って伝えられるか、ものすごく真剣に考え、16年間取り組み続けていることでもあります [続きを読む]
  • 自分の人生を自分が満足するよう設定してみる
  • 「キレイになることを制限していたものとは・・・・・?」の、昨日の記事の続きです。実は「キレイになることを制限してしまう。罪悪感や無価値観を持ってしまう」ということから分かることも多くて・・・・・・・・「キレイになること」、その嬉しくて、楽しくて、幸せなことを制限してしまう、悪いことだと思ってしまう、自分はそれを体験する価値がないと感じてしまうということ・・・・・・・それはもしかしたら「キレイになる [続きを読む]
  • アダルトチルドレンがキレイになるのを制限してしまうわけ
  • 先日書いたこちらの記事 (→ 「生きにくさを自分のせいにする必要は、ない」  http://ginkensou.blog63.fc2.com/blog-entry-281.html )で少し触れましたが、アダルトチルドレンの女性の中には『キレイになること』を制限していたり、罪悪感や無価値観を持っている方が少なくありません。私自身も、そのような時期がありました。でも、どうしてキレイになることを制限してしまうのでしょうか?どうしてキレイになることに罪 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンの体験はあなたの本質ではないとしたら?
  • アダルトチルドレンって、生きにくかったり人と関わることが不器用だったり、傷つきやすかったり・・・・・いろんな「ネガティブ」に思える側面が大きくて、なんだか生きにくいなあ・・・・・と感じている人、多いのではないかな、と思うのです。何度も書いていますが、私もそうでした。でも・・・・・・アダルトチルドレンで生きにくさを抱えている方でこれを聞いたらラクになるな、と思う方だけ聞いてもらえたらと思うのですが・ [続きを読む]
  • 自分の持っている力を自分のために使えたら
  • アダルトチルドレンの特徴の一つに、「自分の持っている力を自分のために使う」ことができにくかったり、そこに罪悪感を持ってしまったりするケースが多いと感じます。心に抱えた罪悪感や自分への無価値観から、「自分」ではなく「他者」のために力を注いでしまう・・・・・・・・その結果、自分を大切にすることが分からなくなったり、他人に振り回されたり、また依存を生むケースもあることでしょう。もちろん、「生きにくさ」に [続きを読む]
  • 生きにくさを自分のせいにする必要は、ない
  • もし今、あなたが「生きにくい」と感じているとしたら。そしてその生きにくさを自分のせいにしてしまっているとしたら。その生きにくさは、あなたのせいではないかもしれません。私自身、子供の頃から生きにくさを抱えて育ち、それでも大人になり結婚し、子供を生みましたが・・・・・その後に生きにくさが極限まで達して辛い子育て期間を過ごしました。その間、子育てを辛く思う自分をずっとずっと責め続けていました・・・・。誰 [続きを読む]
  • 過去の記事 …