りーりん さん プロフィール

  •  
りーりんさん: 小児科ナースママ発 子育てサロン♪
ハンドル名りーりん さん
ブログタイトル小児科ナースママ発 子育てサロン♪
ブログURLhttp://murasaki01.com
サイト紹介文子育て中に不安になる子供の病気の情報や、ナース兼シングルで子育てをした経験を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 38日(平均11.6回/週) - 参加 2017/03/17 21:12

りーりん さんのブログ記事

  • 子どもが泣き止まないときにイライラしていませんか
  • どうして泣いているんだろう「赤ちゃんが泣き止まないんです」と受診する人がいます。少なくないです。たびたびいるんです。それほどみんな育児に一生懸命なんだと思います。病院について、私たちが話を聞きに行く頃には、当の赤ちゃんはスヤスヤ眠っていることが大半です。「来る途中に眠っちゃって」とのことで、一応診察して何事もなく帰られます。なんで泣いていたんだろうという保護者がいますが、泣き止んでいるのですから、 [続きを読む]
  • 【予防接種を考える】任意接種の必要性と同時接種は危険か否か
  • 子どもの予防接種はパパママが子どもの頃と比べると、かなり増えています。のんびりしていると、タイミングがずれてしまいますので、生後2か月から計画的に行うことが必要です。数が多いため最近は同時接種も普通となりました。ここで驚く保護者がいますね。また、定期接種だけでも大変ですが、任意となると、料金も自費になるため、どうしようかと迷う保護者も多いようです。 予防接種とはそもそも予防接種とは何なのか、と [続きを読む]
  • 風邪をひいたらお風呂はどうする?正しいお風呂の入り方
  • 風邪をひいたらお風呂はやめたほうがいいですか外来にいると、よくされる質問のひとつです。基本的に「風邪=入浴禁止」と思っている人が多いようです。まず、咳や鼻水程度なら問題ないです。このくらいで聞いてくる人は少数ですが。お風呂場は湿度が高いので、ウイルスの活動が抑えられる効果もあり、また、湿度の高い方が鼻の通りがよくなったり、のどの痛みが和らぐことがあります。長湯しなければいいですよと答えています。発 [続きを読む]
  • 学校検尿で再検査通知、考えられる主な原因
  • 新学期が始まって間もなくすると、学校で行われる諸々の健診での再検査用紙を持参しての受診が増えます。そのひとつに学校検尿がありますね。再検査の用紙を持ってきたら病気?と不安にかられる保護者もいると思うのでなぜ検尿をしているのか、再検査と言われたら何を意味するのかを紹介したいと思います。 学校検尿の目的腎臓の病気がないかを調べます。腎炎やネフローゼなど子どもの腎疾患は意外とあります。腎臓病は自覚症 [続きを読む]
  • 参観日の出席率は?教師の意見と参観して印象に残った授業
  • 娘が新学期に年間行事予定表をもらってきたら、参観日には黄色のマーカーを引いていました。毎月のように引かれている黄色を見て、こんなに参観日ってあるのね、と驚いたものです。私は、参観日の出席率は高い方です。小学校は9割位は出席でした。高学年になると「来なくてもいいよ」とは娘にも言われましたが「来てほしくない」とは言われなかったので、仕事をしている親に気を使っているのでは、行かないと本当は寂しい思いをす [続きを読む]
  • 吃音を題材にした物語「きよしこ」
  • 重松清さんは「流星ワゴン」や「その日の前に」など多くの作品が映画化やドラマ化されている作家さんです。「きよしこ」重松清著娘が幼児期に吃音だった話を書きましたが著者の重松清さんは、ご自身が吃音で悩まれたそうです。私の娘は幼児期に消失しましたが、重松清さんは大人まで残ってしまったのだとか。冒頭で、この物語を書くきっかけになったエピソードについて書かれています。重松清さん宛てに、テレビで話しているのを見 [続きを読む]
  • 娘の発熱、入院初日の夜・母子3人病棟にて
  • これから入院するというときに、タクシーの窓の外の景色が、暗い夜というだけで不安が増長される気持ちのなか突然の入院を言いわたされ不安でいっぱいになりながら入院先の病院に着くと、まっすぐ病棟に行くのではなく、また外来で同じことの繰り返しでした。夜の8時。開いている外来にはけっこう人がいます。小児科に行き、再びレントゲンを撮り診察を受けます。ただ、穏やかな先生で、話をしやすかったので、ようやく聞きました [続きを読む]
  • 娘の発熱、入院初日の夜。不安で心細かったクリニックでの出来事
  • 子どもは兎にも角にも熱を出します。高熱が下がらずに、ぐったりしている様子を見るのはつらいものです。滅多なことでは驚かない私も、我が子の発熱で不安になったことが何度かあります。そのひとつが、次女の2度目の入院のときです。夜間で、しかもあまり説明を受けずに突然の入院を言い渡されたことで不安が増したときの経験です。次女が4歳でした。元気はいまいちでしたが、高熱だし、と思い、食べやすいものをあげたり、水分を [続きを読む]
  • 子どもの急な発熱・解熱剤はどう使う?
  • 子どもの発熱時に、どのタイミングで解熱剤を使うかは子どもの急な発熱・家庭での対処法でお伝えしたとおり、タイミングとしては熱が上がりきってからが望ましいです。解熱剤の使用方法に記載されていたり医師から38.5℃以上になったら使用してくださいなどと言われることがあると思いますが、38.5℃になったら使いましょう、ということではありません。「熱がある!」と慌てて使っても、熱の上がる途中のときは効果はあまり期待で [続きを読む]
  • 子どもの急な発熱・家庭での対処法
  • 小さいお子さんがいると、突然の発熱はつきもの。そして小さいからこそ心配になりますよね。保護者の方は、自分が子どものころは掛け物をかけて温めてたくさん汗を出して、というイメージだったようで外来にも、診察するために服を脱がそうとしたら下着2枚の上にTシャツ更にトレーナー、カーディガン「いったい何枚着てるの?」というくらい重ね着させて暑がっている子どもを見かけます。また夜間の発熱だとどうしていいか分から [続きを読む]
  • 仕事と両立するための時短・どうする?学校からのプリント整理
  • 新学期が始まって、子どもは毎日毎日プリントを持って帰ってきます。年間行事予定表(重要)学校だより(月の予定が載っていたりする)、学年だより、学級だより、その他、保健だより、参観懇談のお知らせや毎日のように行われる小テストまで、あげるとキリがありません。仕事をしている時間を差し引いた残りの時間で、掃除洗濯買い物とご飯支度に子どものお迎え、そしてお風呂に入って寝るまで。やることてんこ盛り。なのに学校へ [続きを読む]
  • 熱性けいれん予防薬はどう使えばいい?使用方法と注意点
  • 2度目の熱性けいれんや複合型熱性けいれんなど、医師にけいれんの予防薬を使用するように指導されることがあります。ですが、なかなか使用方法を理解するのが難しいようで、発熱が持続しているからと何度も使用してしまったり、逆に使うタイミングが遅れて再びけいれんを起こしてしまう事例が多く見られます。予防薬を使うタイミング熱性けいれんは、熱の上がり始めに起こりやすいと言われています。なので、発熱初日が肝心 [続きを読む]
  • 中学校の入学式は動画から写真へ
  • 初めての入学式である小学校とは違い、中学校の入学式はそれほど大きな緊張もなく参加しました。服装もパンツスーツになり(普段ほとんどスカートを着ないのでパンツのほうが断然楽)春コートに雪解け用のショートブーツというちぐはぐさもお構いなしでおしゃれよりも実質を選びました。実際、学校に着いたら靴はスリッパへと履き替えるわけですから、と開き直り一方、娘は制服に身を包み、少し大人びて見え、「ああ、成長したな」 [続きを読む]
  • 入学式の思い出は席選びで決まる
  • 入学式とはいえ、まだ雪の残る北海道の4月初旬。普段なら、春コートだけど足元はショートブーツ、だったりしてちぐはぐなこともあったりするのですが、さすがにキチンとしたほうがいいかな、とスーツだし、というわけで、スーツ用の春コートにパンプスを履いて出掛けた、親として初めての入学式。学校に着くまでに雪解け水がストッキングに跳ね、若干足も濡れ、失敗だったかなと周りを見ると、冬靴と春靴が半々くらい。たぶん第1子 [続きを読む]
  • 中学校の入学式は
  • 初めての入学式である小学校とは違い、中学校の入学式はそれほど大きな緊張もなく参加しました。服装もパンツスーツになり(普段ほとんどスカートを着ないのでパンツのほうが断然楽)春コートに雪解け用のショートブーツというちぐはぐさもお構いなしでおしゃれよりも実質を選びました。実際、学校に着いたら靴はスリッパへと履き替えるわけですから、と開き直り一方、娘は制服に身を包み、少し大人びて見え、「ああ、成長したな」 [続きを読む]
  • 入学式の思い出は席選びで決まる
  • 入学式とはいえ、まだ雪の残る北海道の4月初旬。普段なら、春コートだけど足元はショートブーツ、だったりしてちぐはぐなこともあったりするのですが、さすがにキチンとしたほうがいいかな、とスーツだし、というわけで、スーツ用の春コートにパンプスを履いて出掛けた、親として初めての入学式。学校に着くまでに雪解け水がストッキングに跳ね、若干足も濡れ、失敗だったかなと周りを見ると、冬靴と春靴が半々くらい。たぶん第1子 [続きを読む]
  • 抗生剤は何のため?正しい抗生剤の使い方
  • 診察室で「抗生剤は出ますか」「抗生剤をお願いします」「前回、抗生剤が出てなかった」という保護者のなんと多いことかと思います。先生も説明することもありますが、保護者の強い希望で時には説明を諦めて処方したり忙しくてはいはいと処方してしまったりするのが現状です。本当はそれではいけないんでしょうが、説明しても理解が得られず、時には自分の欲しい薬が処方されないと「あの先生はあまりよくない」と苦情を言われたり [続きを読む]
  • ネットオークションにはまる主婦「サニー・デイ」
  • 今なにかにハマっていることありますか?私はネット動画サイト「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービスやNetflix などで海外ドラマを見まくる日々ですがそんな中、奥田英朗さんの「家」シリーズを3冊まとめて読みました。普段ほめられる機会のない主婦が「非常に良い」と評価されたことに嬉しくなって、ネットオークションの世界へ。で、楽しくて、自信ができて、どんどん綺麗になっちゃたりして。でも、はまりすぎて家族のものを内緒 [続きを読む]
  • 「卵の緒」から子育てを考える
  • 今日はパパママにお勧めの本です。子育てのことを考える本に出合うこともたくさんあります。そんな1冊。子育て世代に是非読んでほしい1冊ですね。本が苦手な人にも読みやすいと思います。「卵の緒」瀬尾まいこ著瀬尾まいこさんの本の中の登場人物は、みんないい人なんです。だから、読後感がいいのかもしれません。優しい気持ちになれるんですね。やっぱり、教え子が読むかも?とか考えているのかしら?なんてことは置いといて。。 [続きを読む]
  • 溶連菌感染症はなぜ繰り返すのか
  • 溶連菌感染症については以前説明しましたが繰り返し罹る子がいて、保護者を悩ませることがありますね。簡易検査が出来るようになってから増えたように思います。原因はいくつか考えられます溶連菌感染症をおこす細菌の多さA群β溶血性連鎖球菌という細菌感染なのですが、なんと数十種類以上もあると言われています。そのため1度かかってもまた違うタイプの溶連菌感染症に罹ってしまうのです。感染しても全ての人が発症するわけでは [続きを読む]
  • 溶連菌感染症はなぜ繰り返すのか
  • 溶連菌感染症については以前説明しましたが繰り返し罹る子がいて、親御さんを悩ませることがありますね。簡易検査が出来るようになってから増えたように思います。原因はいくつか考えられます溶連菌感染症をおこす細菌の多さA群β溶血性連鎖球菌という細菌感染なのですが、なんと数十種類以上もあると言われています。そのため1度かかってもまた違うタイプの溶連菌感染症に罹ってしまうのです。感染しても全ての人が発症するわけで [続きを読む]
  • 小児科受診の目安は?上手な小児科へのかかりかた
  • 急な発熱に驚いて時間外に受診したり、日中でも救急車で来院されることがあります。「救急隊からの受け入れ要請です」と受付から診察室へ電話がまわってくると、少なからず緊張します。が、内容を聞いて、発熱だけとか、1度吐いただけとか「あらら、呼んじゃったのね」と思うこともあり、状況によっては救急車できたにも関わらず普通通り待合室で待ってもらうこともあります。急な症状に驚いてしまうこともあるとは思いますが、闇 [続きを読む]
  • 小児科受診の目安は?上手なかかりかた
  • 急な発熱に驚いて時間外に受診したり、日中でも救急車で来院されることがあります。「救急隊からの受け入れ要請です」と受付から診察室へ電話がまわってくると、少なからず緊張します。でも内容を聞いて、発熱だけとか、1度吐いたとか「あらら」と思うこともあり、状況によっては、救急車で来たにも関わらず普通通り待合室で待ってもらうこともあります。急な症状に驚いてしまうこともあると思いますが、闇雲に受診するのではなく [続きを読む]