りーりん さん プロフィール

  •  
りーりんさん: 小児科ナースママ発 子育てサロン♪
ハンドル名りーりん さん
ブログタイトル小児科ナースママ発 子育てサロン♪
ブログURLhttp://murasaki01.com
サイト紹介文子育て中に不安になる子供の病気の情報や、ナース兼シングルで子育てをした経験を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 73日(平均9.5回/週) - 参加 2017/03/17 21:12

りーりん さんのブログ記事

  • 難しい【思春期に重なる反抗期の対応】我が家の出来事から
  • 思春期とは11歳頃から17歳頃までの心身ともに子どもから大人への移行の時期です。子どもの体から大人の体への成熟を迎え、ホルモンバランスに変化があったり、精神的にも不安定になりやすい時期。同時に第2反抗期の時期と重なります。第2反抗期は自我の確立期で、親から離れ自立をしたいという欲求が出てきて、内面では葛藤している時期です。私もですが、頭では理解していても親だって葛藤していました。対応に苦慮している人も多 [続きを読む]
  • 運動会の季節・お弁当事情
  • 昨日、突然スコールのようにパラパラと降った雨の足跡はなく、曇り空ではありますが、湿った空気の残る乾きかけの道路をてくてくと歩いてきました。休日は出来るだけ歩きます。ウォーキングとして近くの散歩道をただ歩いたり、仕事帰りは車でいく買い物までの距離を歩いたり、朝ゴミ捨てに出たあと意味もなく歩いたり、します。<運動会の季節>我が家は、すぐそばに小学校があるので平日に休みだと、家に居ても運動会の練習の様子 [続きを読む]
  • 【電化製品】18年選手と1年選手
  • 電化製品に当たりハズレがあると、よく聞く話ですが、我が家の電化製品は優秀揃いです。洗濯機、炊飯ジャー、掃除機、テレビ、オーブンレンジ、等みなさま、10年選手です。オーブンレンジと洗濯機に至っては15年。けっこう驚かれます。18年選手そしてよく頑張ってくれたのは冷蔵庫でした。18年でした。数年前にさすがに買い換えましたが長く使えば使うほど、愛着が沸きます。夏に「冷えが弱いかな」と思って、私が広告の冷蔵庫を見 [続きを読む]
  • 「勉強しなさい」を封印する
  • 子どもに勉強してもらいたいと、あれやこれややっている同僚が、なかなかいうことを聞いてくれないと話していました。でも、勉強しなさいと言って、親はお菓子を食べながらテレビを見ていたら、子どももやる気をなくしますよね。言い分は「だって私だって仕事してるもん」「子どもの頃に勉強してきたもん」その通り!よくわかります。 学校以外で勉強することって言い分はその通りなのです。私もそう思います。けれども子ども [続きを読む]
  • 「小児科医、海を渡る 僕が世界の最貧国で見たこと」
  • 黒岩先生はアフリカのマラウイ共和国で2年勤務、その後WHOやユニセフと協力してラオスでのポリオ根絶事業に参画。結果「西太平洋地域での2000年ポリオ根絶宣言」という成果を生みました。でもその宣言の裏側にあったもの。「小児科医、海を渡る 僕が世界の最貧国で見たこと」黒岩 宙司/著【新品】【本】小児科医、海を渡る 僕が世界の最貧国で見たこと 黒岩宙司/著現場で見た貧困、それは国際社会の偽善がつくりだしていると [続きを読む]
  • 【水いぼ】症状と感染経路・治療の選択肢
  • 水いぼは夏にプールや水遊びをする子どもの間で広がりやすい皮膚の感染症です。水いぼになるとプールに入れないと思っている人もいますがそうではありません。また、プールの水が媒介になっているわけでもありません。水いぼはどういうもので、どのように広がっていくのかを紹介したいと思います。水いぼとは伝染性軟属腫といわれ、ボックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが皮膚で増えたものです。{スポンサーリンク}水いぼの [続きを読む]
  • 「おれのおばさん」子どもを本当に思う大人とは
  • 裕福な家に育ち、かつ超エリート進学校に通う中学2年生の男子。が、父の逮捕という災難により、生活が一変します。その逮捕理由も、家族にとってはあまりに悲しすぎる内容。その後、児童擁護施設を営む母の姉「おばさん」に引き取られます。「おれのおばさん」佐川光晴 著おれのおばさん [ 佐川光晴 ]もし、近くに親が逮捕された子どもがいたら、どんな風に接しますか?もし、我が子と同じクラスに施設に暮らす子どもがいたら、何 [続きを読む]
  • 薬を飲まない子どもの【薬の上手な飲ませ方】
  • 「なかなか飲んでくれません」「飲んだと思ったら吐き出すんです」薬についての保護者のお話です。お子さんに薬を飲ませるときに、激しい抵抗にあうことがありますよね。幸い、我が娘たちは上手に飲む子だったので苦労知らずでしたが、病棟にいたときには、あれやこれやと格闘したものです。まあ、格闘したことが、子育てに活かされたのかもしれませんが。味だけでなく、錠剤が飲めない、ざらざらした粉薬が苦手、など子どもよって [続きを読む]
  • 【川崎病】早期発見が重要!その症状と治療・入院について
  • 川崎病とは4歳以下の乳幼児に多く発症する、血管に炎症を起こす病気で、原因はまだ解明されていません。特徴となる症状を早期発見し、早期治療につなげることが重要となります。年間1万人以上が発症しており、入院治療が必要となる病気です。川崎病の症状▼発病初期高熱:39℃前後かそれ以上の熱が出ます咽頭の発赤:のどの奥が赤くなります頚部リンパ節腫脹:首のリンパ節を触るとコリコリと触れますこのように風邪とよく似た症状 [続きを読む]
  • 「みをつくし料理帖」原作もいいですよ
  • なんと、みをつくし料理帖が連ドラになるんですね。しかも今日からではないですか。大好きな小説です。高田郁 著 「みをつくし料理帖」は全10巻あります。時代小説にはなかなかとっつきにくくて読んだことがなかったのですが、2009年に第1巻「八朔の雪みをつくし料理帖」が発刊され、第2巻第3巻と続くうちに読書友達からの紹介で手に取りました。とても読みやすくて、物語も面白く、どんどんとひき込まれていきました。江戸時代に [続きを読む]
  • 「母の日のプレゼント」我が家の場合
  • 次の日曜日は母の日ですが、子育て中の世代は、もらうこともあり、渡すこともあり母であり、子であり、ですよね。何か用意されているのでしょうか。 先日、新聞に出ていましたが、母の日にプレゼントしてもらいたいことの1位から4位までは「物」ではありませんでした。一緒に外食が1位、その後、手紙や感謝の言葉、一緒に旅行などと続き5位にようやくカーネーション以外の花、となっていました。カーネーション以外って(笑)近 [続きを読む]
  • あなたの眼は老化していませんか
  • 昨今、スマホ老眼なる言葉が使われるようになりましたが、これをスマホやパソコンで見ている皆さんは大丈夫ですか?私は近視と乱視がひどいのですが、近視は毛様体という筋肉が凝り固まってしまっているので老化と同じことだと言われたことがあります。悲しい老化と言われると、え?とうろたえてしまいますが、年とともに乱視もひどくなる一方で、私の目は老化の一途を急速に進んでいます。30代半ばで飛蚊症を発症し、眼の中で飛ぶ [続きを読む]
  • 【お勧め絵本】0歳・1歳〜心と言葉を豊かに育てる〜
  • 絵本は0歳から絵本の読み聞かせは、心と言葉を豊かに育てます。赤ちゃんの頃から始めるといいですね。言葉はまだ分からなくても、眼から耳から、楽しいことをキャッチしています。赤ちゃんへの読み聞かせは、スキンシップをとりながら読んであげられる絵本がお勧めです。読み聞かせながら大人も一緒に楽しむのが1番。どれがいいのかな、と悩んだ時に参考にしてくださいね。 ママだいすき[まどみちお]ママだいすき [ まどみ [続きを読む]
  • 【手足口病】症状や登園の目安について
  • 手足口病とはアデノウイルスで起こるプール熱や同じエンテロウイルスで起こるヘルパンギーナと並ぶ夏に流行する夏風邪の1種です。名前の通り、手足口に発疹が起こる感染症で、90%が5歳以下の乳幼児が占めます。よく登園は可能か、お風呂は入れるのか、など聞かれることがありますので、外来で質問の多い項目も含めて説明していきますね。手足口病の症状潜伏期間(感染して発症までの期間)は3〜5日程度です。主に、口、手のひら、 [続きを読む]
  • 【G.W.明け】子どもが登校できない・体調不良の症状と対処法
  • G.W.が終わりますね。楽しまれたでしょうか?家で楽しい時間を過ごすと、仕事に行きたくなるのは大人も一緒。5月病という言葉があるように、子どもも、不定愁訴(体調が悪いという自覚症状を訴え検査をしても原因となる病気が見つからない状態)を訴え受診するケースが5月の連休明けから増えてきます。そのまま不登校へとつながるケースもありますので、原因や対処法についてお伝えしたいと思います。{スポンサーリンク}体調不良 [続きを読む]
  • 贅沢な体と言われたけれど
  • 「すいません、今何時ですか」小学3、4年生の女の子に声をかけられた。スマートフォンを取り出して「5時54分ですよ」と伝える。「ありがとうございます」と深々と礼をして駆け出して行った。帰宅途中のほんのひとコマ。・・・私は腕時計をしません。今はスマートフォンがあるので不便を感じませんが、以前は鞄の持ち手に付けていました。とは言っても、私はリュック愛用者であるので、時計を見るには、かなり後ろを振り返るか、1度 [続きを読む]
  • 【お勧め絵本】言葉の覚え始めから幼児期に
  • 幼児期は言葉を覚え始め、行動も活発になります。自我も芽生え始めるころですね。この時期の子どもには一緒に遊んだり考えたりできる絵本がいいですよね。いくつか紹介しますね。▼言葉を覚え始めたらおててがでたよ[林明子]おててがでたよ (福音館あかちゃんの絵本) [ 林明子 ]感想(166件)言葉がわかり始めてきたら、一緒に「おてて」「おかお」と声に出して、お子さんの手や顔などに触れたりしながら楽しめます。一緒にお着替 [続きを読む]
  • 「さがしもの」で心の色を増やす
  • 自由時間は読書をして心に栄養を注ぎます。まさに、その想いを代弁してくれるような1冊です。図書館で借りて1度読んだあと久々に「手元に置いておきたいな」と感じ購入。この本は、私のベスト図書とも言える1冊です。「さがしもの」角田光代著さがしもの 新潮文庫 / 角田光代 カクタミツヨ 【文庫】本に関わるお話しがおさめられた短編集です。物語自体は、たわいもなく過ぎていく日常なのですが、その日常の中で、もしくはちょっ [続きを読む]