kyaryneginegi さん プロフィール

  •  
kyaryneginegiさん: やさしい介護学
ハンドル名kyaryneginegi さん
ブログタイトルやさしい介護学
ブログURLhttp://www.kyaryneginegi.xyz/
サイト紹介文介護の仕事を始めて13年目になります。今まで経験してきたことを、思いのまま綴りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 190日(平均3.2回/週) - 参加 2017/03/17 21:20

kyaryneginegi さんのブログ記事

  • 日本人の不名誉な3大世界一
  • 日本医療界の不都合な真実? 医療・介護業界で働き始めて、早いもので、もうすぐ13年になりますが、13年近くも働いていると、働き始めた頃は不思議に思っていたことや疑問に思っていたことが、いつの間にか、日々の慌ただしい業務に流されて、常識化してしまう事が結構多くあったりします。 そんな中、僕たちが日常使っているものや目にするものが、実は世界的に見て異常な数字だったりすることがあるようです。しかもそれらが [続きを読む]
  • 尿について考えてみました!
  • 尿の回数について? 介護施設において、1日の業務の大半を、3大介護(食事介助・入浴介助・排泄介助)におわれ、一日が終わるという方が多いと思います。その中でもとりわけ排泄介助に最も多くの時間を使うという方も多くいらっしゃると思います。  おトイレは一般的に、少なくとも、朝・昼・夜・寝る前に行きますよね!寒い冬なんかは更に増えますし、夏場でもエアコンのガンガン利いた部屋にいると、おトイレの回数が増え [続きを読む]
  • 耳が遠かった祖父の思い出
  • 耳が遠かった祖父 昔話を1つ(笑)!もう亡くなったおじいちゃんの話ですが、九州の田舎に帰るといつも笑顔で迎えてくれました。おじいちゃんの口癖は、「人生は一生勉強やぞ!勉強に終わりはないから!勉強頑張りなさい!」でした(笑)!その言葉は今でも僕の胸に刻まれています! そんなおじいちゃんの困った特徴が、【耳が遠い】!おじいちゃんと会話しようものなら、かなりの大声で話しかけないと伝わりません(笑)!し [続きを読む]
  • 円背について
  • 背中の丸い高齢者 子供の頃から、背中の丸い高齢者を見て不思議に思っていました。●何故、丸くなるんだろう?●痛くないのかな?●いつ頃から丸くなったんだろう? 現在勤めている施設にも、【円背(えんぱい)】の高齢者はたくさんおられるので、聞いてみました(笑)!Q1:何故、丸くなったんですか?A:知らん!気づいたら丸くなっていた!Q2:痛くありませんか?A:いや、そんなに痛いことはない!でも、寝てい [続きを読む]
  • 発達障害のスタッフから教えてもらった大切な事
  • 障害者雇用促進法 いきなりお堅い話になりますが(>_障害者の雇用対策として、【障害のある人が障害のない人と同様、その能力と適正に応じた雇用の場に就き、地域で自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し、障害のある人の雇用対策を総合的に推進しています】とあります。その具体的な厚生労働省の施策とは、【障害者の就労意欲は近年急速に高まっており、障害者が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送る [続きを読む]
  • 退職者が多い施設と少ない施設、その違いとは???
  • 離職率が驚くほど高かった【老健】 介護職の離職率は、他業種と比較するとかなり高いというイメージがあったのですが、いざ調べてみると、以外にもそれほど差がないようです。他業種も介護職もだいたい15%前後ということですが・・・、いまいちピンときませんね(笑)! というのは、以前勤めていた老健の離職率は、びっくりするほど高かったんです!冗談抜きで、50%は超えていたと思います?? とにかく顔と名前を覚え [続きを読む]
  • 介護付き有料老人ホームへ転職して気づいたこと
  • いざ配属先へ! 午前中は本社で、オリエンテーションと健康診断を受け、午後からはいよいよ新しい職場となる配属先へ向かいました。慣れないスーツを着て、フロントの女性に「今日からこちらで働くことになりました〇〇と申しますが、どこに行けばいいでしょうか?」と、少しマヌケな質問をすると、そちらのソフャーで少しお待ちください」と言われたので、利用者さんが使用しているであろう豪華なソファーに座って待 [続きを読む]
  • 介護付き有料老人ホームへ転職した初日の出来事
  • 初出社の出来事 地元ではそこそこ有名な?【介護付き有料老人ホーム】に転職が決まり、いよいよ初出社日となりました。初日は本社でオリエンテーションがあると前もって連絡をいただいていたため、慣れないスーツを着用し、自宅から電車で約1時間半かけて少し緊張しながら向かいました。 本社へは一度、1次面接で行ったことがあり、綺麗なビルディングの2階部分のワンフロアーを全て貸切ってるようでした。「それにしても広 [続きを読む]
  • 利用者さんが入院と手術を断られた時の話
  • 入院と手術の限界とは??? 老人保健施設に働き始めて6年が経った頃、ある80代後半の男性利用者さんより、「目が見えにくい」という訴えがあり、精密検査の受けたところ【老人性の白内障】という診断が下されました。 老人性白内障とは、目の水晶体が白く濁り、視力低下を招く病気です。原因は不明で、時期がずれても両目に発症するようです。治療方法は、薬では治らないため手術をする必要があります。というか、手術以外 [続きを読む]
  • 番外編 〜祖父母の話〜
  • 数回しか会ったことのない、おじいちゃんとおばあちゃん 今回は、僕の祖父母について少しお話ししたいと思います。 僕の祖父母は4人とも九州の田舎に生まれ育ち、生涯を終えました。ということは、僕の両親もその土地に生まれ、育ち、幼なじみで結婚したようです。その後、2人で都会?に出てきて、現在もありがたいことに、2人とも健康に暮らしております。 現在祖父母は4人とも亡くなりましたが、一番早く亡くなったのが [続きを読む]
  • 入浴中に溺れているおじいさんを救出した話
  • 大の銭湯嫌いだった過去! 僕は大が付くほどの銭湯が好きです(笑)!暇があれば、近くの銭湯はもちろんですが、少し遠いところになると、愛車のリトルカブ(原付バイク)で、ひとっ走りします(笑)! 温泉も大好きですが、銭湯の方が色んな種類のお風呂があり、長時間飽きることなく楽しめるので、銭湯に行く方が多いですね! そんな銭湯バカの僕ですが、昔から銭湯が好きだったかというと、そうではありません!実は嫌い [続きを読む]
  • 初めて利用者さんを見送った時の話
  • 夜勤2回目の時の出来事 老人保健施設で働き始めて、夜勤2回目で経験した時のお話しです。16:30の申し送りを受けた時のこと、リーダー看護師より、「〇〇さんが急変し、モニターを付けているので、注意してください。ご家族には連絡しました。今こちらに向かっています」とのこと。 申し送り後、〇〇さんの部屋へ訪室すると、ベッドサイドに小さなモニターが設置され、身体にペタペタとセンサーらしきものが貼られ、口には酸 [続きを読む]
  • 入浴を拒む利用者さんに困った話
  • 仮病を使う入居者 極度のお風呂嫌いな女性の利用者がいました。入浴日にお風呂へ案内しようとすると、毎回必ず【仮病】を使います(笑)!「さっきから頭がくらくらして・・・」「朝から気分が悪くて・・・」等、さっきまでとても元気だったのに、入浴前に気分不良の訴えがある方でした。 無理強いをすると、さらに拒否が強くなりますので、かなり気を使って誘導を試みるのですが、お連れしようとすると、奇声をあげて騒ぎ出し [続きを読む]
  • 腰痛に絶対ならないと思っていたのに、なってしまった話
  • とうとう腰を痛めてしまった! 全く根拠はありませんが、自分は絶対に腰を痛めない、腰痛持ちにはならない自信がありました(笑)!学生の頃、サッカーと陸上競技をやっていたこともあり、ある程度がっしりとはいかないまでも、そこそこ筋力はありましたし、多少ボディーメカニクスの知識はありましたので、腰痛とは無縁?であると思っていました。 ボディーメカニクスとは、介助にかかる力を小さくするとでも言いましょうか? [続きを読む]
  • 動きったきり老人?に苦戦した話
  • 寝たきり老人よりも大変な、動きったきり老人 利用者さんには色々なタイプの方がおられます。軽度の認知症や障害を持たれた方はケアスタッフの介助をほとんど必要としない、自立型の方がおおいですね。介護度でいうと、要支援〜要介護1・2くらいの方。こういう方は、コミュニケーションも特に問題なく取ることができます。 逆に重度の障害や認知症状を患っている方は、スタッフの介助または介入の必要性が多くなってきます。寝 [続きを読む]
  • 重い気持ちで書く【認知症】のこと!
  • 介護職を始めたら、避けては通れない道 今回は、認知症の事について書こうと思うのですが、認知症の事を考えると何故か心が重くなります(笑)!今まで色々と悩まされてきましたからね〜(笑)!介護の現場では認知症の方と関わらざるをえませんから! 認知症と一言でいっても、脳萎縮やら脳血管障害やら鬱からきたりやら、ま〜いろいろあって、その利用者の既往歴、性格、生活歴なども相まって、その方独自の認知症が存在するので [続きを読む]
  • 疥癬、感染、大混乱!
  • 疥癬(かいせん)が集団感染に発展した話 老人保健施設で働き始めて3年を過ぎた頃のお話しです。いつものように利用者さんの清拭を行っている時、4人部屋に入院しているある利用者さんの身体に、発疹ができていることに気づきました。 体に発疹ができることは日常的によくあることだったので、いつものようにオイラックスという痒みに効く軟膏を塗っていたのですが、どうも痒みが治まる様子はなく、日に日に発疹部分の面積が広 [続きを読む]
  • ADL とQOLの違い
  • たまに混乱する【ADL】と【QOL】! 利用者のケアプランを作成するときに、必ず出てくるアルファベットが【ADL】と【QOL】ではないでしょうか?よく使っている割には本当に理解していないというか、混同している時があったりするので、この機会に自分に対して勉強し直そうと思います(笑)!よろしければお付き合い下さい! まずは【ADL】:日常生活動作ですよね!健康な人が、何気なくしていることです。具体的に言うと、[人が [続きを読む]
  • ADL とQOLの違い
  • たまに混乱する【ADL】と【QOL】! 利用者のケアプランを作成するときに、必ず出てくるアルファベットが【ADL】と【QOL】ではないでしょうか?よく使っている割には本当に理解していないというか、混同している時があったりするので、この機会に自分に対して勉強し直そうと思います(笑)!よろしければお付き合い下さい! まずは【ADL】:日常生活動作ですよね!健康な人が、何気なくしていることです。具体的に言うと、[人が [続きを読む]
  • 感染症いろいろ!
  • 感染部屋の存在 老人保健施設に勤めて間もない頃、先輩介護士から、【感染部屋と言われている病室があり、一般病棟と少し変わったルールがあるから、きちんと守るように!】という指示を受けました。そのルールとは・・・?①使用済みのリネン類(シーツ・包布・病衣)は、【感染症】と書かれたビニール袋に入れ、一般のものとは別にしておく。②入浴の順番は、最後、または最後の方にする。③おむつ交換は、必ずプラステ [続きを読む]
  • 感染症いろいろ!
  • 感染部屋の存在 老人保健施設に勤めて間もない頃、先輩介護士から、【感染部屋と言われている病室があり、一般病棟と少し変わったルールがあるから、きちんと守るように!】という指示を受けました。そのルールとは・・・?①使用済みのリネン類(シーツ・包布・病衣)は、【感染症】と書かれたビニール袋に入れ、一般のものとは別にしておく。②入浴の順番は、最後、または最後の方にする。③おむつ交換は、必ずプラステ [続きを読む]
  • 恐怖の健康診断
  • 心から嫌いな健康診断 僕は心から健康診断が嫌いです!今まで正社員として働いてきた他業種では、何とか健康診断を受けずにやり過ごしてきました。しか〜し、医療機関に勤めることになってからというもの、強制的に受けなければなりませんでした。 施設の決まりか?はたまた法的なものか定かではありませんが、とにかく1年に2回も受けなければなりません。そしてこの恐怖政治?は、現在も続いています(笑)!何故、嫌いか [続きを読む]
  • 恐怖の健康診断
  • 心から嫌いな健康診断 僕は心から健康診断が嫌いです!今まで正社員として働いてきた他業種では、何とか健康診断を受けずにやり過ごしてきました。しか〜し、医療機関に勤めることになってからというもの、強制的に受けなければなりませんでした。 施設の決まりか?はたまた法的なものか定かではありませんが、とにかく1年に2回も受けなければなりません。そしてこの恐怖政治?は、現在も続いています(笑)!何故、嫌いか [続きを読む]