ひよこ薬剤師 さん プロフィール

  •  
ひよこ薬剤師さん: 薬の危険な副作用 〜ひよこ薬剤師からの忠告〜
ハンドル名ひよこ薬剤師 さん
ブログタイトル薬の危険な副作用 〜ひよこ薬剤師からの忠告〜
ブログURLhttp://www.hiyokoyakuzaishi.com
サイト紹介文薬局ではあまり聞かない、薬の副作用をまとめています。就職、転職、医療情報も記載していきます!
自由文普段は薬局で薬剤師をしているひよこ薬剤師です!
ロキソニン、アレグラなど有名な薬から、生活習慣病の薬、あまり聞くことがない薬などの副作用を多くの方に理解していただきたいです!
薬の適正使用を促し、セルフメディケーションを推進し、医療費の削減にも貢献できたらと思います。
今後は、医療情報や就職、転職の経験談など様々な情報を発信していきます!
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 112日(平均7.3回/週) - 参加 2017/03/17 22:32

ひよこ薬剤師 さんのブログ記事

  • メイアクト(セフジトレン)の危険な副作用一覧【抗生物質】
  • 抗生物質としてよく使われている優秀な薬の1つが「メイアクト(セフジトレン)」抗生物質として、大人から子どもまで非常に多くの方が使うお薬です。 お子さんは注意 副作用まとめ 危険な副作用 【副作用と頻度】お子さんは注意大人の方はそこまで心配はありませんが、お子さんが飲む時は少しだけ注意してほしいことがあります。この薬の成分の化学構造に「ピボキシル基」というものがあります。(これは知らなくて良 [続きを読む]
  • サインバルタ(デュロキセチン)の危険な副作用まとめ
  • うつ病によく使われている優秀な薬の1つが「サインバルタ(デュロキセチン)」うつ病によく使われる薬です。他にも、糖尿病による神経障害に伴う痛み、線維筋痛症に伴う痛み、慢性腰痛症に伴う痛みにも使う機会が増えています。2016年12月には変形性関節症に伴う痛みに対しても保険がきくようになったので、さらに多くの方に対して使用されています。うつ病の薬でありながら、痛みに対しても効果がある優秀なお薬です。し [続きを読む]
  • レンドルミン(ブロチゾラム)の副作用まとめ【睡眠薬】
  • 不眠症によく使われている優秀な薬の1つが「レンドルミン(ブロチゾラム)」睡眠薬、特に睡眠導入剤(寝付きをよくする)薬として汎用されています。この薬には、普通錠とOD錠(口の中に入れると水なしでもすぐに溶ける錠剤)があります。睡眠に不満がある方の中では、夜中にトイレで起きてしまう方がかなり多くいます。睡眠薬は寝る直前に飲むものであるので、その時に水をたくさん飲んでしまうと、夜中のトイレの回数が増えてし [続きを読む]
  • 【薬剤師】転職のポイントまとめ・転職会社の選び方
  • こんにちは。ひよこ薬剤師です。今回は薬剤師に向けた転職情報を記載します。まず初めに、薬剤師の転職は他の会社員と比べて圧倒的に楽です!それが資格の力とも言えると思います。ただ、簡単だからと言って、必ず成功するとは限りません。むしろ薬剤師という狭い世界の中では、なかなかうまくいかないことが多いかもしれません。だからこそ、転職のポイントを知ることがとても大切になってくるのです!では早速、転職を成功させる [続きを読む]
  • リカルボン(ミノドロン酸)の危険な副作用【骨粗しょう症】
  • 骨粗しょう症によく使われている優秀な薬の1つが「リカルボン(ミノドロン酸)」実はこれ、以前もご紹介したボノテオというお薬と同じ成分なのです! 同じ成分で2種類薬があるなんて変ですよね笑 そこらへんは製薬会社の利益のために色々とあるのでしょう笑 リカルボンと骨粗しょう症 リカルボンの注意点 骨粗しょう症で骨折しやすい場所 危険な副作用 【副作用と頻度】リカルボンと [続きを読む]
  • セイブル(ミグリトール)の危険な副作用【糖尿病】
  • 糖尿病の方によく使われている優秀な薬の1つが「セイブル(ミグリトール)」この薬は食直前に飲む薬です。 詳しい内容は後述します。 ついにこの薬もジェネリックが発売されます。お楽しみに! セイブルと糖尿病 糖尿病の検査は? セイブルの特徴 低血糖時の注意 危険な副作用 【副作用と頻度】セイブルと糖尿病糖尿病の検査は?糖尿病の怖さや症状、なりやすい人について [続きを読む]
  • ボノテオ(ミノドロン酸)の危険な副作用【骨粗しょう症】
  • 骨粗しょう症によく使われている優秀な薬の1つが「ボノテオ(ミノドロン酸)」骨粗しょう症は骨がもろく、スカスカになってしまう病気です。 この薬は飲み方が特殊なお薬なので、注意しましょう。 記事中にもその注意点を書いていきます。 ボノテオと骨粗しょう症 骨粗しょう症になると ボノテオの種類 ボノテオの特殊な飲み方 危険な副作用 【副作用と頻度】ボノテオと骨 [続きを読む]
  • テネリア(テネリグリプチン)の危険な副作用【糖尿病】
  • 糖尿病によく使われている優秀な薬の1つが「テネリア(テネリグリプチン)」糖尿病のお薬も最近はかなり増えてきましたよね。 昔では考えられないくらい選択肢があります。 糖尿病の方には嬉しいことです。 糖尿病が完治する薬があれば一番良いのですが。 テネリアと糖尿病 糖尿病になりやすい人 テネリアの特徴 危険な副作用 【副作用と頻度】テネリアと糖尿病糖尿病になりやすい人 [続きを読む]
  • ビオフェルミン配合散(ラクトミン製剤)の危険な副作用
  • 整腸剤として使われている優秀な薬の1つが「ビオフェルミン配合散(ラクトミン製剤)」便秘や下痢、胃腸炎などの方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 整腸剤はみんなの味方 【副作用と頻度】整腸剤はみんなの味方腸の中は菌のバランスが大事なんですよ。近頃では、便秘がひどい人に対して、快便な人の便を入れて腸内細菌のバランスを良くする便移植というものもでてきています!便移植と聞くと、かなり抵抗感が [続きを読む]
  • ブロプレス(カンデサルタン)の危険な副作用【高血圧】
  • 高血圧の方によく使われている優秀な薬の1つが「ブロプレス(カンデサルタン)」塩分大好きな日本人。高血圧の方もたくさんいますね! 私も高血圧には気を付けないと・・・笑 このお薬はものすごく多くの方に使われている薬です。 今回は血圧の数値の見方についても書いていきますね。 ブロプレス(カンデサルタン)と高血圧 血圧の範囲 血圧は低すぎてもダメ ブロプレスの種類 [続きを読む]
  • スーグラ(イプラグリフロジン)の危険な副作用【糖尿病】
  • 糖尿病の方によく使われている優秀な薬の1つが「スーグラ(イプラグリフロジン)」このお薬は比較的新しい薬で、体の中から糖分を出す薬です。 新しい薬ではありますが、注意点もいくつかあるので説明していきますね。 スーグラと糖尿病 糖尿病の症状は? スーグラの注意点 危険な副作用 【副作用と頻度】スーグラと糖尿病糖尿病の症状は?以前の記事『アマリール』では糖尿病の怖さ [続きを読む]
  • リリカ(プレガバリン)の危険な副作用【痛み止め】
  • 神経の痛みによく使われている優秀な薬の1つが「リリカ(プレガバリン)」神経の痛みってなかなかイメージしにくいですよね笑 ただ、神経痛は意外と治まらないもので苦痛です。 この薬はとある副作用が多く出るので、注意が必要になります。 リリカについて リリカの効能効果 副作用が多い 危険な副作用 【副作用と頻度】リリカについてリリカの効能効果この薬は以下の症状に使いま [続きを読む]
  • ムコスタ(レバミピド)の危険な副作用【胃薬】
  • 胃薬としてよく使われている優秀な薬の1つが「ムコスタ(レバミピド)」ムコスタは胃の粘膜を保護する胃薬です。 よく、ロキソニンなどの痛み止めと一緒に処方されますね。 もちろん胃痛でも出されるお薬です。 胃薬とは 飲み忘れが多い薬 危険な副作用 【副作用と頻度】胃薬とはでは、胃の粘膜を保護するとはどのようなことでしょうか? 私たちの胃の中には胃酸という食べ物を消化する液体があ [続きを読む]
  • フェブリク(フェブキソスタット)の危険な副作用【痛風】
  • 尿酸値が高い方によく使われている優秀な薬の1つが「フェブリク(フェブキソスタット)」みなさん痛風ってご存知ですか? 発作時には風が当たるだけでもものすごく痛いと言われるものです。 これは血液中の尿酸が増えることで、発症します。 尿酸値は7.0を超えると、尿酸値が高いと判断されます。 尿酸値が高いのは プリン体が多い食べ物 尿酸値を下げる薬の作用 危険な副作用 【副作 [続きを読む]