名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さん プロフィール

  •  
名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありませんさん: ゆきのおと Yuki's Note ♪
ハンドル名名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さん
ブログタイトルゆきのおと Yuki's Note ♪
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuki_bins35
サイト紹介文名越左源太翁(なごや さげんた)の玄孫が綴る日々のあれこれや家族の歴史☆記事・写真の転載禁止
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 6日(平均14.0回/週) - 参加 2017/03/18 01:31

名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 南方熊楠さん(←録画済み)
  • 30分見逃したけど面白かった♪→英雄たちの選択「“知の巨人”南方熊楠の闘い 熊野の森を守れ!」今から100年前、明治政府の神社合祀政策に反対し、鎮守の森を守ろうとした博物学者がいた。…(略)自然保護運動の草分けの苦悩をたどる。 https://t.co/9kPiAnkZZu― Kuro-Mama (@yukie_nagoya) 2017年3月23日 [続きを読む]
  • にほんブログ村に登録しました
  • 17日深夜(18日)、「にほんブログ村」に登録しました。ジャンルを何にしようかとしばらく考えて、「歴史ブログ」の「近代明治・大正・戦前」にしてみました。歴史に詳しい訳でも、ましてや専門家でもありませんが、ほかのジャンルよりもいいかな、って感じで。よろしければ、バナーをポチッと、お願い致します。これで何がどうなるのかさっぱり分かりませんが(笑)下のバナーをポチッとヨロシク♪ [続きを読む]
  • 家族写真を掲げる
  • 去年7月1日、曾祖父母・祖父母の家族写真をようやく額に入れて掲げる事ができました。古くからの御宅ではよく見かけるのに、なぜかウチではこの景色がありませんでした。ある時ハタと気付いてから気になってたのでチョットばかりのやり遂げた感あり。座ってるのが曾祖父。曾祖母は顔がはっきりしなかったのですが、いささんの子孫の方が送って下さった、当時の小さな写真を引き伸ばして入れました。顎のスッとした美人さん♪だと思 [続きを読む]
  • 島津 登について
  • これまでに頂いた資料や謄本の写しなどを見てみると、左源太時敏の妻、タネさんは「島津 登(諱:久包)」です。この方について、よく知らなかったのですが、今月3日まで鹿児島県立図書館で展示されていた「鹿児島城下絵図」の中に名前を見つけました。そして会場に設置されていた『新たな発見に出会う 鹿児島城下絵図散歩』(編集/塩満郁夫・友野春久 高城書房 2004年初版)で確認したところ、場所は「鹿児島東郵便局」(小松 [続きを読む]
  • ちょこっと補足・訂正など
  • 振り返ってみると、このブログを始めて、今月で9年になります。始めた頃はよくわからなかったことも、少しずつ理解でき、更に新たな情報等も入って来たりしているので、補足や訂正が必要な箇所がチラホラ目に付いていました。最近はツイッターなどで遊んでいたので、先延ばしにしていましたが、ようやくやるべき作業に取りかかることにしました。まずは、2008年4月23日の「そもそもの始まりは」から。そして、同年4月25 [続きを読む]
  • 「の」の字
  • 前回、2月11日について「建国記念日」と表記しましたが、よくよく調べてみると、「建国記念の日」でした。日頃からカレンダーや手帳の表記で目にして何となく気にはなっていたものの、ちゃんと調べたこともありませんでしたが、今回初めて「広辞苑」や「ウィキペディア」など読んで理解したところです。内容については、ご自身でお調べいただけるとよろしいかと思いますが、まずはここで、ひとまず訂正致します。毎年のニュース [続きを読む]
  • かごしま暦
  • ここ数年は毎年、照國神社で頂いているかごしま暦。鹿児島の昔ながらの行事なども載っていて、ためになります。2月になったので改めて見てみると、7日は「北方領土の日」とありました。わたくし元来、まめに日記など書かない上に、恥ずかしながら新聞も毎日しっかり読む習慣が無いものですから、こういう日があるとは知りませんでした。もちろん、北方領土に関しては人並みかそれ以上に関心を持っているつもりですが。満州で生ま [続きを読む]
  • 左源太の書
  • 前々から気になっていた左源太による書を見に、先日県立図書館へ行ってきました。貴重資料になっているため、事前申請が必要で少々身が引き締まる思いがしましたが、無事に父と共に直に目にすることができました。「名越左源太 書」で検索したところ、図書館の資料として紹介されています。名は「棲鸞(せいらん)」。いつ頃書かれたものかはわかりませんが、墨も褪せることなく状態も良く170年前後も経っているという感じはしませ [続きを読む]
  • 鹿児島県立図書館で絵地図を観る
  • 来月24日まで展示されている城下の絵地図(複製)を観に、父とふたりで県立図書館へ行って来ました。以前、「篤姫館」で展示されていたものとおそらく同じだと思いますが、安政年間(1859年頃)に作られた絵地図だそうです。文字がはっきりしませんが「名越左源太」と読めると思います。大龍寺のはす向かいで「嶋津周防殿」の向かいです。写真には入りませんでしたが、大龍寺の隣は島津安芸殿の屋敷です。そう、篤姫のご実家、今和泉島 [続きを読む]
  • 天文館界隈散策
  • 父と「湾生回家」(午前のみ上映)を観に行く予定にしていたのだけど、午前中あまりに寒かったので繰延に。90歳の父の体調も考えなきゃいけませんからね。元気は元気なんですけどね。ただ、日差しがありとてもいい天気なのが惜しくて他の用事に当てようと、昼過ぎになってからふたりで出かけることにしました。銀行に寄ったあと、市役所の谷山支所で開催中の写真などの展示物を観て、一路天文館へ。※写真は戦前の、そして空襲を受 [続きを読む]
  • 七草粥
  • 春の七草。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ(ラ)、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。スズナは蕪でスズシロは大根、あとはどれがどれだか、いまいちよくわからない。。ハコベは葉が幅広で卵形って書いてあったから見当がついた。セリはたぶんあれで、、。春の七草、便利なサイトがありました。ゴギョウは別名「母子草(ハハコグサ)」、っていわれてもピンとこない。ナズナは「ぺんぺん草」って、イメージと違う気がする・・・。ホトケ [続きを読む]
  • ドキュメンタリー映画『湾生回家』
  • ドキュメンタリー映画『湾生回家』鹿児島でも上映されるといいのに。公式サイトでは、映画に出演されてる方々についても紹介されています。「フォーカス台湾」のサイトを見てみたら、原作者についてのニュースも目にしました。「文化省、書籍版「湾生回家」への賞取り消し検討 作者の身分詐称で/台湾」経歴詐称などの問題が取りざたされているようですが、映画やその中で語られていることとは別問題です。観てみたいな。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …