enjoyrm さん プロフィール

  •  
enjoyrmさん: 韓国音楽嗜好整理簿
ハンドル名enjoyrm さん
ブログタイトル韓国音楽嗜好整理簿
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/xxenjoyrmxx
サイト紹介文好きな曲やアーティストを、動画(MV)・ラジオで確認していきます。時代・ジャンルは気分次第で・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 42日(平均10.8回/週) - 参加 2017/03/18 03:44

enjoyrm さんのブログ記事

  • 정수라-환희ほか
  • 今日は、昨日の민해경と同様、80年代から活躍している정수라を取り上げます。(キャリアはほぼ同じで、選曲は、昨日以上に悩みました・・・。)1曲目は、6曲目と並ぶ彼女の代表曲。今でもよく歌われます。2曲目は、1曲目と同じ6集のオープニングを飾る名曲で、個人的にも大好きな曲です。(1曲目は、オムニバス盤でCD化されてますが、こちらはCD化されていません。)3曲目は、故정성조が手掛けたOST「이장호의 외인구단」 [続きを読む]
  • 민해경-보고 싶은 얼글ほか
  • 今日は、80年代初頭から今も現役で活躍する민해경を取り上げます。キャリアの長い方ということで、ヒット曲も相当あり、選曲に非常に迷いました・・・。 (心残りは、個人的に好きな「나의 사랑」の動画がなかったこと・・。)1曲目は、彼女にとって最大のヒット曲。해바라기の이주호による作品です。2曲目も1曲目と同じ10集から。こちらは、彼女の中期の曲を担った강인원の作品 [続きを読む]
  • 라이너스의 담요(Linus' Blanket)-Kangarooほか
  • 最近、復古的なイメージで楽曲を取り上げてたので、少しだけ時代を戻します。2001年から活動している라이너스의 담요(Linus' Blanklet)を取り上げます。彼ら、活動期間はまばらな印象ですが、現在は연진のソロとして活動しているようです。(改めて、彼女の英語の発音は素晴らしいと感じました!)彼女たちの曲、ゆったりとしたものもいいのですが、今日は耳に馴染みやすいアップテンポなものを選んでいます。1曲目は、OST「호 [続きを読む]
  • 박학기-향기로운 추억ほか
  • 今日は박학기を取り上げたいと思います。彼も昨日の한동준同様、80年代から活躍するアーティストで、30年近いキャリアを持っています。7枚のオリジナルアルバム、7曲目を含むEP盤のほか、デジタル作品や4Cus(「続・企画盤・・」(3月28日)に追加しました。)、トリビュート盤、OSTへの参加など、コンスタントに活動しています。彼の作品を手っ取り早く聴くのであれば、2002年発表のベスト+オリジナル盤である「Reminis [続きを読む]
  • 한동준-너를 사랑해ほか
  • 昨日頭をリフレッシュできたので(笑)、今日はやんわりと한동준を取り上げたいと思います。彼は1991年にソロデビュー後、4枚の作品と권혁진と組んだ엉클などを発表しています。1曲目、5曲目は、彼の代表曲で、5曲目のMVどおり結婚式等で歌われるスタンダードナンバーになっています。2曲目は、김광진による作品で、1集のタイトル曲です。これも名曲です。3曲目は、彼がソロになる前に在籍していた「노래그림」時代の曲の再 [続きを読む]
  • 산울림-아니 벌써ほか
  • 今日は、後生に多大な影響を与えたロックバンド、산울림を取り上げてみようと思います。今回は、極めてよく聴かれるロックな代表曲に限定しました。今更ですが、김창완、김창훈、김창익の3兄弟で構成され、1977年のデビュー以降83年まではコンスタントに作品を発表します。9集以降は音盤発表が断続的なものになりますが、正規盤としては、97年の13集まで出ています。(↓の13集のジャケットは、私は持ってませんが、当初発売 [続きを読む]
  • Vodka Rain-A Farewell Songほか
  • 今日は、Vodka Rainを聴いてみようと思います。彼ら、2007年の1集発表後、2011年の活動停止までに、3枚の正規盤と2枚のEP盤を発表しています。ボーカルの안승준は、その後ソロ活動をしています。(昨年EPを発表しました。)1曲目は、1集からのシリアスなロックナンバー。MV化された曲よりもこちらのほうが好きです。2曲目は彼らの代表曲で、今でもよくかかります。(달콤한 거짓말のOSTには入ってないようですが、使われてた [続きを読む]
  • 동물원-다시 널 부르지 않도록
  • 昨日と同様、80年代から活躍するグループで동물원を取り上げます。(先週女性シンガーソングライターの박기영を取り上げて以降、こちらの박기영も取り上げたくて仕方なくなってました・・・。)1曲目は、8集の序盤を飾る明るいナンバーで、배영길による作品です。2曲目は同じく8集から、박기영の本領発揮ともいえる切ないバラード。今聴いても染み入ります・・・。なお8集は、彼らの作品の中で、私が最も好きな作品です。3曲 [続きを読む]
  • 여행스케치-별이 진다네ほか
  • 今日は여행스케치を取り上げます。조병석と남준봉の二人を中心に、メンバーを替えながら、80年代終盤から長く活動を続けています。彼らの全盛期と言えるのは、90年代半ばの女性メンバーが多く在籍したころだと思います。1曲目は、彼らの代表曲で、今でもいろんな歌手に歌われています。3曲目は、성윤용と윤사라のデュエットが素晴らしい1曲です!今はやりの도깨비バージョンで・・。4曲目は1曲目と並ぶ彼らの代表曲。5曲目は [続きを読む]
  • Uptown-다시 만나줘ほか
  • 今日は、90年代後半を中心に活躍したHip Hop・R&Bグループ、Uptownを取り上げます。彼ら、デビュー当時は、本格的なHip Hopグループが登場したということで話題になりました。当初は気付かなかったのですが、リーダー정연준がまさかこの曲を歌ってる彼だとは思いませんでした。(ちなみに、リンク先のOSTは윤상が手掛けた作品です。)さて、MVに出てくる女性ラッパーが、当時10代で、今も活躍するT(윤미래)です。(まだあどけな [続きを読む]
  • Sweater-별똥별ほか
  • 今日は、モダンロックバンドSweaterを取り上げます。お聴きいただくとわかりますが、彼らの音楽は、ボーカルも演奏も、おしゃれで洗練されたものになっています。私は、1曲目、3曲目、5曲目がお気に入りですが、今聴いても色褪せないですね。なお、1曲目、2曲目は、2002年発売の1集にも収録されていますが、初発は1999年発売のデモEPになります。2008年の3集発表後、ボーカルの이아립は、フォークシンガーとしてソロ活動を [続きを読む]
  • The The-It's Youほか
  • 今日は、The Theを取り上げます。このバンド(当初はデュオでしたが)、1997年の結成から現在に至るまで、ボーカルを変えながら存在しており、事実上김영준のソロプロジェクトといえます。1曲目、2曲目は初期の代表曲であり、これらのヒット曲を経て、박혜경はソロデビューします。3−5曲目は、当初はきちんと聴いてませんでしたが、한희정が부른새벽として再デビューして注目されるようになったため、改めて聴き直した次第で [続きを読む]
  • オルタナティブロックなど・・・・。
  • 今日は、90年代後半ごろ人気のあったオルタナティブロックの曲を取り上げたいと思います。IMF危機下でレコード会社が相次いで消滅するという状況もあり、彼らはほとんどがCD1作のみの短期間で活動を終えています。しかしながら、今聴いても新鮮で、曲に勢いがあります。1曲目の스푸키바나나は、これらの曲の中でも景気づけになる曲です!当時、私は彼らを、Deli Spiceに次ぐ存在と認識していました。2曲目は、厳密には他の曲の [続きを読む]
  • 이상의 날개-상실의 시대 ほか
  • 今日は、インディーバンド이상의 날개を取り上げます。(最近ようやく、이미키のヒット曲と別物でイメージできつつあります(笑)。)彼らの楽曲は、強弱のアクセントがついた演奏と、彼らの後方に映し出される映像イメージが特徴になっています。聴き終えたあと、ほどよい疲労感を伴います^^;洋楽カテゴリーでいえば、「プログレ」そのものなのでしょうが、ここまでドラムが強調されているのはあまり聴いいたことがないです。 [続きを読む]
  • 프롬-너와 나의ほか
  • 今日は、女性シンガーソングライター프롬を取り上げます。彼女ももうデビュー5年になるんですね・・・。1曲目は、彼女のセカンドシングルですが、素晴らしい名曲です!2曲目は、テンポの良い曲で、さりげなく恋心を歌っています。3曲目は、鍵盤の響きが混声コーラスにほどよく調和した、心地よい曲です。5曲目は、昨年発売されたEPの先行シングルですが、個人的にお気に入りの1曲です。 [続きを読む]
  • 스웨덴세탁소-Foggyほか
  • 今日は、女性フォークデュオ스웨덴세탁소を取り上げます。すでに取り上げている달에 닿아や옥상달빛などと同様、彼女たちも、和みを感じつつも、ちょっと切ない曲を提供してくれています。1曲目は、昨年発売された2集のタイトル曲。彼女たち、あまりMVを提供していないので貴重な映像ですが、小さいのが残念。2曲目は、2014年に発売されたEPからの先行シングルになります。3曲目、4曲目は、男性シンガーとのコラボで、心なし [続きを読む]
  • 이승열-날아ほか
  • 今日は이승열を取り上げます。(週末をはさんで、Fluxusつながりみたいになってますが・・。)1曲目は、今もラジオでよくかかるOST「미생」挿入曲。タイトルどおり、壮大な空をイメージできる曲です。2曲目は、私が最も彼らしいと思う骨太な曲。渋いです!3曲目は、スローなメロディーが、U & Me Blueの雰囲気を醸し出しています。(U & Me Blueの曲も取り上げたかったのですが、間に合いませんでした・・・いずれまた。このと [続きを読む]
  • 박기영(その2)-미안했어요ほか
  • 昨日に引き続き、박기영を取り上げます。彼女、2010年に自分の案件を担当した弁護士と結婚したのですが、4曲目で、改めて花嫁姿に扮しています。(この曲、정지찬が彼女の結婚に合わせて送った曲で、お母さんへの感謝の思いを綴った歌詞になっています。曲もMVも素晴らしいです!当然ですが、高校卒業時の彼女もかわいいですね。)今思うと、1曲目、2曲目のころは、配信音源のみで、活動に何らかの制約があったのかもしれません [続きを読む]
  • 박기영(その1)-마지막 사랑ほか
  • 今日は박기영を取り上げます。彼女ももうデビューして今年で20年になるのですね。(お嬢さんもいらっしゃいます。)彼女、ソングライティングの才能も、歌唱力も素晴らしいものを持っています。(レコード会社を転々としているイメージもあったのですが、それだけキャリアを積んできたということですね。そのキャリアゆえ、願わくはオールタイムベストが出てほしいのですが・・・。)1曲目は、都度都度歌われる彼女の代表曲。( [続きを読む]
  • 日本語曲のカバー集
  • 今日はお題通りで、軽くピックアップしてみました。1曲目はOST「미안하다 사랑한다」収録曲で、박효신自身のカバー集にも収録されています。2曲目は、Positionのカバー集からで、他にも日本のカバー曲を収録しています。(少し音量上げてください。)あとの3曲は、オリジナル作品に収録しています。個人的な感覚として、1曲目、4曲目は時折耳にしますし、国内でそれなりに浸透しているのではと思います。3曲目はSMの力もあり [続きを読む]
  • 이장혁-누수ほか
  • 今日は大好きなシンガーソングライターの一人、이장혁を取り上げます。彼、作品を出すサイクルがすごく長いのですが、その都度、秀作を提供してくれます。今日あげた曲の中でも、1集からの1曲目、2曲目は、初めて聴いたときの衝撃もあり、特に印象に残る曲になっています。また最後の7曲目に、彼がソロになる前に結成していた아무밴드の曲をあげています。私は、彼がソロになってからこのバンドを知ったのですが、その時点でこ [続きを読む]
  • W (Where The Story Ends)-R.P.G. Shineほか
  • 今日は、W (Where The Story Ends)の一連の作品を聴いてみようと思います。Wは、배영준がKona解散後に結成したグループです。2001年に1集を発表後、現在までコンスタントに曲を提供し続けています。1曲目は、ボーカルにWhaleを招きW & Whale名義でヒットした彼らの代表作。(2013年にW&JASとなるまでは、この名義で活動していました。)2曲目は、アップテンポな私のお気に入りの曲です。3曲目は、윤상へのオマージュということ [続きを読む]
  • 015B-21세기 모노리스ほか
  • Page、Toyと取り上げてきましたが、客員歌手と言えば、やはり015B(공일오비)を外せないでしょう。1990年から、絶大な人気を誇りましたが、1996年の6集で一度解散。その後目立った活動はなかったと思いますが、2006年に再始動し、7集以降は、デジタル音源中心に作品を発表しています。1曲目は、1996年の解散前に、3億ウォンともいわれる、当時国内最高額の製作費で作られたMVです。(この曲、윤종신のクレジットはなかったので [続きを読む]
  • Toy-오늘 서울은 하루종일 맑음ほか
  • 昨日に引き続き、Toyを取り上げます。6集、7集になるにつれて、「こんな人呼ぶんだ!」感が強くなるのですが、7集のほうで新人をたくさん取り込んでいるところにより大きなインパクトがありました。1曲目は、今でもToyの曲の中で最も好きな曲になっています。(これ↓、貴重な動画のようですね。曲にマッチしていて、素晴らしいです!)3曲目は、김민규(Deli Spice)の哀愁漂うボーカルが気に入ってましたが、こんなイメージ通 [続きを読む]
  • Toy-그럴때마다ほか
  • 今日明日の2日間で、Toyを取り上げてみることにします。Toyはご承知のとおり、유희열ソロプロジェクトです。韓国にも実績のあるプロデューサーはたくさんいますが、彼ほど、多彩な人材を自らの作品で取り上げ、スターに押し上げたアーティストはいないと思います。今日は、初期のころを懐かしみつつ(1集を割愛するのも悩みましたが、曲が多すぎるので)、5集までの曲を取り上げます。1曲目は、最近でもメンバーを替えて歌われ [続きを読む]