ちわきの俳句の部屋 さん プロフィール

  •  
ちわきの俳句の部屋さん: ちわきの俳句の部屋
ハンドル名ちわきの俳句の部屋 さん
ブログタイトルちわきの俳句の部屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kanekuti3515
サイト紹介文 メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。 人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 65日(平均5.9回/週) - 参加 2017/03/18 09:14

ちわきの俳句の部屋 さんのブログ記事

  • 二人静
  •  先日より時間があれば、庭の手入れです。草刈機で刈った草の始末や刈れないところの草取り、剪定した枝などの始末etc….することは山のようにあるのです。今まで放っておいたツケなのですが、…。 周りのお宅に迷惑が掛からない限りは、草が生えても一向に気にしない似たもの夫婦…なんです。 ところが、やり始めると、今度は歯止めが利かない、要するに?ズボラ?、でも根は?マジメ?と言うことでしょうか。 それで、一旦草 [続きを読む]
  • 「鯉幟」の句会
  •  今日は午前中、市の芸術祭俳句部門の運営委員会の会議でした。午後からは句会ですが、なぜか久し振りのような…そんな気がしました。 どうしてそんな感じがするのかしら? もしかしたら、このブログに句会のことを書くのが久し振りだったからかも。 今日の兼題は「鯉幟」でした。 最近はこちらでもめったに鯉幟を見かけなくなりました。これはもちろん少子化の影響もあるでしょうが、鯉幟を立てるだけのスペースがないという [続きを読む]
  • ドクダミとオオキンケイギク
  •  一昨日から今日まで、第3週目で結構時間的には余裕があり、ある意味のんびりと過ごしました。 でもブログは書き始めては途中で止め…また同じ事を…、なぜって?というと、どうしても気が進まなかったんです。 その理由は分っているのですが、どうにも出来なくて、読んで下さっている方にはゴメンナサイ。 これが体のことならどうにでも折り合いをつけて、先に進むことも出来るのですが、心というものは自分の意のままになり [続きを読む]
  • 世界を旅する植物館
  •  3日ぶりのブログです。 本当は何かあったときに書くつもりでしたが、結構みなさんに読んでいただいて、?楽しみにしています?などと言われると、ついつい本気になって…(笑)   13日の土曜日は、文化講座の初日でしたので、ちょっと緊張しました。 14日(日)は、朝から俳人協会の吟行会で、山口市の「維新百年記念公園」へ出掛けました。 夕方家に戻ってからは、?母の日?ということで、家族で外食へ。 久し振りに寿 [続きを読む]
  • 蕺菜(ドクダミ)
  •  今日はまた雨でしたね。 我家の庭は…これでますます草が勢いづいて手が付けられなくなります。 毎年のことなので…もう諦めていますが、気が付いた時にはちょこちょこと 草を抜いてきたのに、ああ〜もうダメです。 これがはびこり出すと…そう!ドクダミです。 最初ここに引っ越して来た時は、一生懸命抜いていました。挙げ句の果てに 腱鞘炎になって、そりゃもう痛いのなんのと。それも両手の親指でしたから。 整形外科 [続きを読む]
  • 俳画の先生と俳句の先生
  •  今日は洗濯日和になりましたね。うれしい〜!  5月からフォーユー文化講座がそれぞれ始まっていますが、私の「俳句入門」は第2土曜日なのでもうすぐです。 実はここの文化講座には、10年以上前から私も生徒として通っていたんですよ。「健康体操」と「俳画」に。だから昨日は健康体操、今日は俳画と、午後から出掛けました。ところが、今年から俳画で面白いことになっているんですよ。 他の俳句教室ですが、私が指導して [続きを読む]
  • 柿若葉
  •             昨日の句会の話、ちょっと書き足らなかったことを…            このブログを読んで下さっている方は、きっと俳句に関心があるか、            もしくは俳句をなさっている方が多いですよね。            だとすれば、俳句というものはとにかく省略を効かせることが大切だと、            いちいち言われなくても分りますね。ムダを省くこと!      [続きを読む]
  • 若葉の句会
  •           連休の間はとてもよい天気で、暑いくらいでしたが、今日は朝から雨で少し肌寒いほど。            5月の第1火曜日を今日の第2と合同ですることにしていましたので、朝から大忙しです。            開始も30分早めてあるのですが、それでも時間は足りません。            なんせ日頃の倍の人数ですから…でも欠席者が2名と、計17名。            今日 [続きを読む]
  • 藤の花と蕨(わらび)
  •              昨日は娘が蕨(わらび)採りに行きたいというので、旦那と3人で出かけました。             以前から是非行ってみたいと思っていた所があります。そこを目指して、             その途中でありそうなところを探そう、と言うと、娘と旦那が「どこか知ってんの?」と。             もちろん知りませんよ。行ったことないんですから。まあ、何とかなるでしょう。  [続きを読む]
  • 俳句と書のコラボ
  •             今日は大型連休の最終日。きっとお出かけの人や故郷に帰った人も…            イヤ、今の私たちには子どもたちが孫を連れて帰ってくるというのが定番ですかね。            昔は私も必ず子供たちと親元に帰っていましたもの…当然子供らもそれを見倣うでしょうね。            でも私の場合は、今では親も子供も家の近くに引っ越して来たので、泊まるということがな [続きを読む]
  • 立夏
  •             今日は「子供の日」ですが、もうみ〜んな大きくなって、孫もいないし…            だから私にとっては、今日が「立夏」ということの方が大切なんですよ。            この季語の傍題には、「夏立つ」「夏来る」「夏に入る」「今朝の夏」があります。            要するに、今日から暦の上では夏になるということなのですが、最近の地球温暖化による         [続きを読む]
  • みどりの日
  •             今日は「みどりの日」です。            俳句では、この「みどりの日」というのは季語になっていて、以下のような説明があります。             国民の祝日の一つ。平成元年(1989)昭和天皇の崩御にともない、それまでの「天皇誕生日」の             4月29日を改称し、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心を育む」日として          [続きを読む]
  • 猫の子から親猫へ
  •             5月3日、今日は憲法記念日です。            あれこれと溜まったものを整理して、何ということなく過ぎてしまいました。            アッ、捲り忘れていたカレンダーを全部5月に変えましたが、            その中に俳人協会のカレンダーもありました。その4月の句は私の好きな次の句でした。              猫の子のどう呼ばれても答へけり     [続きを読む]
  • 連休ボケ?
  •            何ということでしょう。連休ボケでもないのですが…           今日の句会は、ゴールデンウィークの最中なので、変更希望者が多く、           来週の火曜日に他の教室と合同ですることになっていたんです。すっかり忘れていました。           準備をし始めて気がつくなんて…でもよかったですよ。これが一週間早くだったら…           その慌てぶりが想像で [続きを読む]
  • 御衣黄桜
  •             とうとう5月に突入…今月もいろいろ予定はぎっしり…カレンダーが赤く埋まっています。            黄金週間も今の私にはあまり関係ない…だっていつも黄金週間ならぬ黄金年間ですもの。            そういえば、昔フルタイムで仕事をして、母、妻と3役をこなしていた時、次のような句を詠んでいました。              良妻も賢母も遠き葱きざむ         [続きを読む]
  • 茶摘み女
  •              今日は快晴。雲一つなく今までにないお天気です。             すると外でおらぶ(叫ぶの方言?)声がします。「笊持って来〜い!お茶を摘むぞ〜」と。             我家にはお茶の木が2本あり、それを毎年摘んでは、少しですが、自家製の手揉み茶を作ります。             勿論私じゃなく旦那が…だから私は?早乙女?ならぬ?茶摘み女?になるんですよ。    [続きを読む]
  • 水難の句会
  •             4月25日(火) 恩田俳句教室の巻            今年度は新しく2名が参加され、1名休会の、11名でスタート。            私の俳句教室はそもそも初心者を対象にしたものなので、?入門?という言葉が付いています。            だから、入会される方は殆どが始めてなのですが、ある程度テレビや本などで予備知識を持って            来られますので、呑み [続きを読む]
  • 句会あれこれ
  •             このところの忙しさでつい?本業?を疎かにしていました。            先日、「このブログ?俳句の部屋?やろ?俳句が一つもないやんかー」と言われてしまいました。            マコトその通りですよね。俳句のこと書くために始めたのに…            それでは溜まったものを少し思い出しながら纏めてみましょう。            4月21日(金) 今年度始 [続きを読む]
  • 無花果の俳句
  •             このところ追いまくられてブログがおいつかない。            書くことは山ほどあるのに…            今日はちょっと書き残しておきたいことがあるので…            昨年9月の句会でのこと、自宅で出来た無花果ですどうぞと、それはそれは見事なものを皆で戴きました。            ?おいしかたぁ〜?それで、すぐに来月の兼題は「無花果」に決まりま [続きを読む]
  • ?びっくりポン?の結婚式
  •             昨日から末弟の長男(甥)の結婚式で、大分の方へ出掛けていました。            兄妹が多いので、結婚式には何度も出席していますが、久し振りの結婚式でした。            大分市の田ノ浦?エシェル ドゥ アンジェ?で、4時30分から挙式、5時30分からの披露宴。            この場所は、私が子供の頃は海水浴場で、時々遊びに来ていたところ、今は綺麗に公園 [続きを読む]
  • 七重八重…のつづきでぇ〜す
  •             昨日のつづきでぇ〜す。            太田道灌がにわか雨に遭って、農家の娘から山吹の一枝を差し出された話…            その舞台となった場所として、豊島区神田川の面影橋の近くに石碑があるそうな。            またその近くには「山吹の里」もあると。            ところで、太田道灌(出家する前は資長)は、扇谷上杉家の家宰・太田資清の子で、   [続きを読む]
  • 七重八重花は咲けども…
  •             昨日山吹の写真を撮っていて、ふと思いました。                七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき            『後拾遺和歌集』に収められている兼明親王(かねあきらしんのう)の歌です。この歌にちなむ            太田道灌(どうかん)の伝説は有名ですので、ご存じとは思いますが、念のため書いておきますね。            太田 [続きを読む]
  • 弱り目に祟り目
  •             「ねぇ〜何か『三隣亡』に似た言葉知らない?悪いことが続く時に使うやつ…」            「三隣亡でいいんじゃないか?」            「でもねぇ〜、辞書で調べたら『この日建築すれば火災を起し、近隣3軒をも亡ぼすという忌日』だって。            人に害を及ぼすんじゃなくて、立て続けに害を及ぼされるの、なんか違う言い方があるんじゃ?」          [続きを読む]
  • 宮島の火渡り式
  •           一昨日の広島造幣局の?花のまわりみち?で、投句箱のことを書きましたが、          その時、昨年の入選句の短冊が会場に掲げられ、その入選句集の冊子も置いてありましたので、          戴いてきました。参考までにご披露しますね。            特選三句         木村里風子選             一席  桜狩り地震(ない)かけめぐる星に住み     [続きを読む]
  • 花のまわりみち
  •           以前ブログにも書いたと思うのですが、「馬醉木句会」の総会を兼ねたバスツアーに昨日行って来ました。          今回は、既に行ったことのある人や体調の悪い人などが欠席で、総勢10人の参加でした。でもバスは3台で。          有名な大阪造幣局の「桜の通り抜け」にちなみ、広島造幣局の「花のまわりみち」。          私はてっきり「通り抜け」と思っていたら、広島は通 [続きを読む]