もともと さん プロフィール

  •  
もともとさん: もとの部屋
ハンドル名もともと さん
ブログタイトルもとの部屋
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/motomoto4/
サイト紹介文散歩の途中 目にした花や木 ちまたの風景や勝手に思いつくまま 横浜生まれの横浜育ちのひとり言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 158日(平均0.9回/週) - 参加 2017/03/18 16:43

もともと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 神奈川県令 沖 守固と駐日 英国公使 ハリー・パークス(1)
  • 開港資料館中庭の獅子頭共用栓のレプリカ獅子頭共用栓神奈川県令沖 守固(おき もりかた)英国公使ハリー・パークス過日 神奈川新聞に 日本初の「近代水道」との記事が出た「蛇口をひねればすぐに水が出る、特にこの季節はありがたい存在だ。日本初の近代水道は1887年(明治20年)に横浜で給水を開始、今年は130年の節目------------」近代水道とは 1ポンプで有圧とする 2鋳鉄管で送水する 3水を砂ろ過する   以上三つが [続きを読む]
  • 海底から引き揚げた不審船
  • 工作船資料館海上保安資料館  横浜館海底90mから引き揚げた不審船の船首全 長〜29.68m全 幅〜4.66mトン数〜44t出 力〜1100馬力  ×4=4400馬力速力〜33ノット   (61km)                          船尾船首部分日本の巡視船の銃撃による弾痕大きな穴は射出口船尾の観音扉を開いたところ 船倉には何もなく空洞で小型船を収容していた船倉に格納していた小型船スエーデン製船外機3機を [続きを読む]
  • 歴史的建造物
  • 一号館と二号館の「赤レンガ倉庫」一号館 東側一号館 西側対岸の大桟橋(昔の鉄桟橋)に接岸しているPEACE BOAT一人1,290,000円の地球一周の船旅に出るようです横浜港大桟橋パンフレットから鉄桟橋横浜の歴史的建造物である「赤レンガ倉庫」子供時代は入りたくても入れない ただ遠くから眺める場所であった「赤レンガ倉庫」のある新港埠頭に歩いて渡るには「万国橋」ただ一つの道ですが橋のたもとにはMP(militaly police・憲 [続きを読む]
  • 「ゆずの大馬鹿18年」
  • 「桃栗3年 柿8年 ゆずの大馬鹿18年」たとえにこんな言葉があるそうです 今日まで知りませんでした 伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上ライブから今や大歌手となった「ゆず」では当然ありません メンバーの北川さんと岩澤さんの二人は小学校と市立岡村中学校では同級生だったようですがこの二人にもまったく関係ありません「物事を成し遂げることは そう簡単にはいかないよ」との人生訓のようなたとえとして言われているようです  [続きを読む]
  • カワトンボとDNA鑑定
  • 画像の中心にカワトンボ(画像は してください)平地の河川に多いカワトンボ青い陸橋の中原街道「旭大橋」画面右側矢指川の源流の水の流れがあるところ右方向 中原方面ここのアジサイはまだ色付きが悪い瀬谷区と旭区にかけて西側から「瀬谷市民の森」「追分市民の森」「矢指市民の森」と三つの市民の森が並んでいます 瀬谷市民の森の北側は程ヶ谷カントリー倶楽部の広大なグリーンが広がり追分市民の森と矢指市民の森の間 [続きを読む]
  • びくびく・ビスタ
  • 今まで使用のビスタ今度購入のwindows10毎日 毎回パソコンを開くと「2017年4月11日 windows vistaのサポートは終了しました引き続き使うことはできますがセキュリテイのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなりますこれからもコンピューターを保護するにはwindows10を入手する必要があります」 と警告が出てなんとなく 気持ち悪く びくびくvista を使っていましたがとうとう5月下旬10年ぶりに新規更改です1 画面が横 [続きを読む]
  • バラの花
  • 玄関に飾ったバラ(画像は してください)春のこの季節テレビや新聞など 話題に多いのが各地の植物園などでバラの花が最盛期-------と言われています 最近 親戚から赤いバラの花を頂きました この方は自宅で毎年バラを育てている方で毎年のように頂くので玄関に飾りました バラの発祥地はヒマラヤの麓や渓谷あたりではないかと言われています野生のバラは三千年前の化石が発掘されたとのことです 最近は「父の日」に [続きを読む]
  • 「年齢200歳・身長60cm」全国都市緑化よこはまフェアー(2)
  • マッカーサーがフッリピンから厚木飛んで来てその日(1945.8.30)に315号室に入ったホテル  ニューグランド推定200歳のガーデンベアガーデンベアの後方 国の重要文化財の氷川丸11.622tフラワーアフロは自毛横浜港を中心にランチクルーズとテイークルーズを行うロイヤルウイング号が接岸している大桟橋全国都市緑化フェアーよこはまの山下公園会場の「ガーデンベア」年齢  推定 200歳身長  60cm 但し 大きさは自 [続きを読む]
  • 笹巻きとドラゴンボート
  • この笹巻きは5個ずつひとまとめにして縛ってあります25cmの笹の葉とイグサのひもご近所の懇意にさせて頂いている 山形出身の方から「笹巻き」をたくさんいただきました 五月五日は「端午の節句」今「こどもの日」男の子の節句で「笹巻き」や「ちまき」・「柏餅」を子供が健康で成長出来るようを願って食べます 関東地方では「柏餅」を食べることが多いようですが 日本各地それぞれ地方により風習の違いがあり「笹巻き」や「ち [続きを読む]
  • 深山幽谷の景観
  • ここから「相沢川ウオーク」に入ります45号線 中原街道の南台交番前から100mで「相沢川ウオーク」の掲示看板が見えてきますが この掲示板に沿って45号線と分かれ相沢川に沿って進むと下瀬谷二丁目の海野橋付近までの1kmが「深山幽谷」と思われるような景観に出会えます人には1km歩いて4人しか出会えませんでした前方を歩むご婦人とは唯一言葉を交わして「良く(桜が)咲きましたね」と言い合い分かれました相沢川に降りて見 [続きを読む]
  • 花見の文化が開く海軍道路
  • 桜並木の右側に進むと16号線です桜並木の手前が一昨年までの米軍による接収地一直線に続く桜並木丸太に番線で囲まれた右側が一昨年まで米軍の(厚木航空隊)接収地ピークには車列が続きます ここ 相鉄線瀬谷駅から北に延びる海軍道路 横浜市内で一番とか二番とか言われている直線道路で2,850m〜約3kmある海軍道路の東に隣接する米海軍上瀬谷通信施設は2015年6月に日本に返還された この接収されていた面積が2,422,396 [続きを読む]
  • 犬走り上のジープ???
  • 全て西側(左)向きタイヤが10cmのり面(斜面)からはみ出し前方後方とも壁で出入り不可能平地にも5〜6台のジープ人や犬など入ってこないので2匹の猫がのんびり日向ぼっこ しかし人影に気づき上を見上げます3〜4年前から散歩途中のコースで気になる光景が???法面(のりめん)上の「犬走り」上に朽ちたジープ  東西南北 どちらからも 入れない 出られない 右ハンドル 左ハンドルいろいろなジープがあるので輸入車・国 [続きを読む]
  • アガパンサス
  •    平成29年3月 「和泉川魅力通信」 創刊号 和泉川の春〜初夏の右上側が応募写真      上が応募したアガパンサス     下の二枚は同日(28.6.27)撮ったもの昨年「瀬谷の花と緑のコンテスト」に応募した3枚の写真は賞に入らなかったのですが 今年3月瀬谷区から連絡を頂き「和泉川魅力通信」との広 [続きを読む]
  • 13年目の車検とワンガリ・マータイさん
  • 車検から帰ったメータは34,182km約50年にわたり各種の乗用車に乗りついで来ましたが 今回初めて今乗っている車が初年度登録平成16年3月ですから今年3月で13年目に入り自動車税と車両重量是がアップしました 旧 車検証初年度登録平成16年3月重量税24,600円新 車検証重量税34,200円しかし13年経過した車ですが走行距離が34,100kmで年間 平均2,700kmと少ないことと買換えの余裕がないことから今回車検をとることに [続きを読む]
  • 瀬谷の河津桜
  • 2月6日五分咲き程度一カ月後の3月7日昨日の状況2月6日青空に映えてます一カ月後の3月7日すでに葉桜です境川サイクリングコースを上流に遡って養護学校まで行くと河津桜が咲いています一月前の2月6日に眺めた五分咲き程度の河津桜です 昨日思いだし一カ月後の河津桜の状況は---いかに---と見に出かけたところ  すでに葉桜となって居ました 何年か前に河津の河津桜を見に出かけた時「原木」を見かけたことがありました [続きを読む]
  • 鯉とこさぎ
  • 鯉の群れコサギの居る所から50m下流かなりの数が泳いでいますコサギの頭に冠羽が見えます水中に目をこらしています境川サイクリングコースを遡って東名高速道路が見える中島橋付近は「鯉」と「こさぎ」に出会うことが多い所です雑食性の鯉は水草・貝・魚・魚卵・昆虫・蛙・ミミズなどなんでも食べてそして ここには外敵がいないのかかなり大きく育っています 見たところ50〜60センチはあると思われます 平均寿命20年 まれには [続きを読む]
  • あおき
  • 「あおき」の赤い実大きさは2cmほど今日手おってきた「あおき」梅の木南東からちょっと遠景原産地 日本の「あおき」は直射日光が当たらない場所でも赤い実を付ける2m程度の低木でここ追分市民の森では斜面の雑木の中に今赤い実をつけているので見つけるには容易ですまた ... [続きを読む]
  • 瀬谷区の「二ツ橋」地名由来
  • 「二ツ橋」地名由来の碑地名由来の碑の裏には右八王子往来左神奈川往来の碑瀬谷区「二ツ橋」の地名 由来は慶長18年(1613年今から404年前)この地で休憩した徳川家康ガ詠んだ和歌から来ているとのことです「しみじみと清き流れの清水川かけわたしたる二ツ橋かな」中... [続きを読む]
  • 過去の記事 …