向井 さん プロフィール

  •  
向井さん: デジ馬
ハンドル名向井 さん
ブログタイトルデジ馬
ブログURLhttp://www.dejiuma.com/
サイト紹介文デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 69日(平均5.9回/週) - 参加 2017/03/18 18:31

向井 さんのブログ記事

  • 競馬の今と昔
  • 皆さんは、競馬というとどんなイメージを持つでしょうか?今でこそ、有名な俳優さんや女優さんがテレビのCMに出ているのをよく見ているかと思います。私が競馬を始めたのは1990年頃で今から約30年ほど前で、JR南武線沿線に住んでいたのでいつも同じ沿線に駅がある、東京都府中市の東京競馬場(府中競馬場とも言います)でした。始めてやった時は、いきなり3万円ほど儲けて「こんなにラッキーなことがあるのか!」とすっかりビギナ [続きを読む]
  • 「複勝転がし」という買い方について
  • 競馬をお楽しみの皆さま、調子はいかがでしょうか?今回は、「複勝転がし」と呼ばれる買い方について解説していきます。複勝というのはご存知のように、3着以内に入線する競走馬を1頭予想するという単勝に並ぶシンプルな買い方です。そして、競馬を愛する皆さまであれば、本命の複勝ではほとんどオッズが付かないということも知っておられるかと思います。ですが、オッズというものの性質を考えれば、それだけ高い確率で的中する買 [続きを読む]
  • 馬券で勝ったお金でコツコツと貯めたコレクション
  • 競馬で馬券購入をするようになってから既に20年以上たったのですが、今でこそほぼ100%自宅からインターネットで馬券を購入しているPAT競馬を楽しんでいます。以前は月に数度は競馬場に足を運んでいましたが、仕事や家族のことも考えての行動なので午前中だけというのが基本でしたが、そんな中でもたまに1日中いることもありました。競馬場に行くと1Rから3Rくらいまでのレースを勝負して、残りの勝負レースは購入して家に帰るという [続きを読む]
  • 競馬初心者の女性と競馬場へ行った体験談
  • 競馬場へは一人で行くことが圧倒的に多いのですが、たまに誰かと一緒に競馬場へ行くことがあります。そんな数少ない体験の中でも、特に印象に残っているのは競馬初心者の女性と競馬場へ行ったことです。彼女は同じ職場に勤めていて競馬のことはまったく知らない人でした。あるとき競馬の話を私が男性の同僚としていたら、その話に興味をもち一緒に行くことになったのです。話の流れから彼も一緒に行くことになり、三人で競馬場へ行 [続きを読む]
  • 競馬で気をつけること
  • 競馬を初めてやる場合、気をつけなければいけないことがあります。競馬は、当たり前ですが、ギャンブルの一つとなります。このため、ルールをしっかりとしっておかないと、後から損をしてしまい、後悔してしまうことになりかねません。このため、競馬の馬券の買い方など、まずはマスターしておくことが必要であると言えるでしょう。競馬を始める場合には、まずは焦らずにゆっくりと覚えてから始めることが必要です。競馬に詳しい人 [続きを読む]
  • 競馬初心者の馬券の購入の仕方について
  • 競馬は馬が競馬場でレースをするスポーツですが、馬券を購入してお金を賭けることも出来るので多くの人が楽しみます。すでに馬券を購入したことがある人は問題ありませんが、初心者の人は馬券の購入の仕方がよく分からないでしょう。そこで、競馬初心者の馬券の購入の仕方について、見ていくことにしましょう。●最初は馬連を購入する馬券にもいろいろな種類がありますが、競馬初心者の人はリスクを抑えた購入の仕方をしていく必要 [続きを読む]
  • 競馬はまだよく分からないけど
  • 競馬はどんどん新しい馬が出てきているなと感じます。見ているだけでもワクワクします。ずっと強い馬がいてももちろん良いのですが、強い馬が出てきてくれないとレースがつまらなくなってしまいます。競馬ファンがどう思っているかは分かりませんが、私はそう思っています。ファンというわけではありませんし、レースを欠かさず見ているわけではありません。タイミングがよければ見る、ニュースでやっていたら見るというくらいです [続きを読む]
  • 競馬に対する他人の考え方を知ることの大切さ
  • 競馬に対して幅広い考え方を持つためには、他人の意見を聞くことも大切です。競馬には、いろいろなとらえ方があります。ですので、競馬に対する他人の意見や考え方や体験談を聞くことで、競馬の新たな一面を知ることができます。例えば、私が知っている競馬好きの女性は、中山競馬場で行われた皐月賞で指定席を取るために朝早くから並んだという話を聞きました。GⅠの人気は非常に高いので、のんびりしていたら指定席はあっという [続きを読む]
  • 実際に競馬の馬券を買う前にどんな馬券の種類があるのかを覚えましょう
  • 競馬に興味を持たれたのなら、勿論予想をして「馬券」を購入して、的中!「儲かったぜ〜!」を早く味わいたいと思うことでしょう。競馬のベテランならスッと入ってくる競馬界の言葉でも、競馬初心者の場合、「馬券の種類」から覚える必要もあるかもしれません。「1着になりそうな馬を当てれば良いのでしょ?」、たしかにそれも「単勝」という馬券の1つではありますが、それ以外にも当たる可能性が高くなるかわりに、的中した際の [続きを読む]
  • 京都競馬場で行われたマイラーズカップ
  • 京都競馬場で行われたマイラーズカップは2番人気だったイスラボニータがGⅠ馬の貫録を見せて勝利しました。1番人気だったエアスピネルは外から差してきたが及ばず2着に敗れました。レースは11頭とフルゲートに満たない状況で行われたのですが、そのことも影響してかあまりペースが上がらずどちらかといえばスロー気味な展開の競馬となりました。そんな中1番人気のエアスピネルは前目の5番手辺り、2番人気のイスラボニータはその直 [続きを読む]
  • フローラSでの競馬を見て感じたこと
  • 今年の牝馬は、例年よりもレベルが高いと桜花賞が始まる前の競馬界では囁かれていたのですが、いざ桜花賞が行われてみると意外な結果となりました。圧倒的な1番人気だったソウルスターリングは、初めての馬場の悪化を体験したことで走りのバランスを崩して3着に敗退、もう一頭の人気馬だったアドマイヤミヤビなどは、敗因もよく分からずに12着に敗れました。人気馬の中ではリスグラシューだけが、チューリップ賞の敗退で大きく株を [続きを読む]
  • 競馬の本命を決めるときの考え方について
  • 競馬で1着から3着まですべて6番人気以下で決まるような大波乱レースは、ありそうでそんなにないです。これは条件戦、重賞レースに限ったことではなく、だいたいのレースで1着から3着までなら5番人気以内の馬が1頭くらいは好走しています。あくまで私の印象ですので絶対的なデータではありませんが、大波乱のレースというのはそうあるものではありません。ですので、この大まかな競馬の傾向をもとに、競馬でレースを予想するときは5 [続きを読む]
  • 馬券予想に欠かせない馬ごとの「脚質」を知るということ
  • 競馬を知っていく過程で、馬ごとに得意であり能力を発揮しやすい「脚質」という言葉を見聞きするようになっていきます。読んで字の如く「脚の質」です。競走馬は、大きく4つの脚質に分けられ紹介されます。・逃げ馬・先行馬・差し馬・追い込み馬但し、その馬が必ず取る戦法という訳ではなく、過去のレースを振り返ってどの位置でレースを進めると能力を発揮しやすいかを表すものとの位置付けでもあります。直線が長い・短いなど競 [続きを読む]
  • 競馬新聞やスポーツ新聞の競馬欄を楽しもう
  • 競馬を楽しむ事の醍醐味の一つに競馬予想というものがありますが、一般的な競馬ファンの場合にはスポーツ新聞や競馬新聞などを使った予想をすると思います。最近ではインターネットの普及という事もあり、有料か無料は別として個人や企業が掲載している予想をもとに馬券を購入している人もいると思います。また、競馬の馬券を自宅で購入してテレビやラジオなどで楽しむ方もいれば、やはり臨場感を味わうためにも開催をしている競馬 [続きを読む]
  • 競馬の最大の魅力はクラシックレース
  • あくまで個人的な意見であるので、他の人はどうかわかりませんが競馬をかなり長い期間楽しんできて思うのは、競馬を見ていれば見ているほど、どんどんとクラシックレースが好きになってきているということです。クラシックレースとは3歳馬の皐月賞、日本ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス、秋華賞の6レースのことを指します。牡馬は桜花賞、オークス、秋華賞には出場することはできませんが、牝馬はすべてのレースに出場すること [続きを読む]
  • 馬の性格のことも考慮して競馬予想をしよう
  • 馬の性格は、レースの結果を左右する重要なファクターです。馬はそれぞれで個別に性格が違いますので、そこも見極めてレースの予想をしていくとさらに奥深い予想になります。競馬のレースは、0.1秒の差で決着することがたくさんあります。ほんの0.1秒差でも、1着と2着では大違いです。そして、わずかな差になっても勝てる馬とは性格的にみて勝負根性がある馬です。勝負根性があると、並んでから簡単には抜かせません。体力が残って [続きを読む]
  • 皐月賞の競馬の結果を見て感じたこと
  • 4月16日の中山競馬場では、牡馬クラシックの第一弾にあたる皐月賞が行われました。今回の皐月賞はこれといった有力馬がいない上に、牝馬が1番人気になるというある意味では異様な雰囲気のレースでした。そもそもここまで事前の予想で混戦になった原因として、ディープインパクト産駒の有力馬があまりいなかっったということがあります。有力な繁殖牝馬でディープインパクトを付けることができる場合にはほとんどディープインパクト [続きを読む]
  • 競馬場で競馬のレースを観戦する時のマナー
  • 土日になると各競馬場で競馬のレースが開催されるので観戦しに行く人もたくさんいるでしょう。特にG1レースが開催される時は競馬場に観戦に来る人もたくさんいるのですごく混雑します。競馬場が混雑している時にマナーを守れない人がいるとみんなに迷惑がかかってしまいます。場合によっては観戦客同士でトラブルに発展してしまう事もあるのでマナーをしっかり守るという事が大切になってきます。そこで競馬場で競馬のレースを観戦 [続きを読む]
  • 競馬好きの究極の夢である馬主を叶えてくれる「一口馬主」制度
  • 実際に競馬の世界へ入り込むと、時折馬券で「当たった」「儲かった」と言う喜びを感じながらどんどん、競走馬の血統やこれまでのレース内容からの適正距離など徐々に詳しくなっていくものです。毎週末になると競馬新聞を購入し、土日のレースの予想をするのが楽しみになっていくことでしょう。新馬戦や条件戦などで知らない名前の馬ばかりのレースでも、競馬新聞の馬柱から得られる情報から「自己流」でも予想していくことが出来る [続きを読む]
  • 皐月賞の競馬の予想について
  • 今週行われる皐月賞の競馬の予想は、混戦のために例年にないほどの難易度になりそうです。その原因としては、とにかく抜けているほどの強い馬がいないために、どの馬にも少なからずチャンスがあるということがあります。去年の皐月賞も同じように混戦でした。ただ今年とは違い何頭かの抜けた馬がいたための混戦だったので、その中からどの馬を切るのかが競馬予想の鍵となるといった感じでした。それ以外の馬は馬券圏内にくる可能性 [続きを読む]
  • 競馬雑誌が選んだ2016神騎乗ランキングについて
  • 先日某大手の競馬雑誌の誌上において、2016神騎乗ランキングが発表されました。読者からの投票によるランキングならば、騎乗よりもやはり人気のある騎手に投票が集まることも起こります。ですがこのランキングは読者だけではなく、調教師や騎手やTMなど競馬関係者の投票も含まれるということで、単なる人気投票ではない本当の意味でのランキングになるということで楽しみにしていました。結果は1位がジャパンカップでのキタサンブ [続きを読む]
  • 競馬の取り組み方によって違う競馬予想の姿
  • 競馬予想の方法には様々なスタイルがあり、結果的に勝てる競馬予想方法が正解という考え方をするのであれば必ずしも正解は1つという事にはなりません。確かに一部の予想方法の中には負ける度に掛け金を増やしていくような追い上げ式と呼ばれる馬券購入法で的中時に必ずプラスになるという方法もあります。このような方法を否定する方も多くいますが、この予想方法に値するだけの財力とメンタルがあるのであれば机上の空論ではなく [続きを読む]
  • 出走頭数を踏まえて競馬の予想を試みる考え方
  • 競馬のレースは、出走頭数が何頭になるのかで予想も変わってきます。出走頭数が一桁のいわゆる少頭数になるのか、それともフルゲートのような多頭数になるのかでは、レースの様相が全然違います。少頭数の場合、レースで走っているときの馬のストレスはそれほど大きくなりません。少頭数でも多頭数でも馬群を作って走るのは変わりませんが、馬と馬の間隔には余裕があります。欧米など海外のレースではたとえ少頭数でもあまり縦長の [続きを読む]