向井 さん プロフィール

  •  
向井さん: 青汁サイト
ハンドル名向井 さん
ブログタイトル青汁サイト
ブログURLhttp://xn--fswr23g.site/
サイト紹介文青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 130日(平均4.3回/週) - 参加 2017/03/18 18:41

向井 さんのブログ記事

  • 野菜分が不足しがちなご家庭におすすめの青汁
  • 食生活を振り返ってみますと、野菜不足が実感される事があります。お子様が居るご家庭などは、それで大きな不安感を抱えている事もあるのです。当然ですが、野菜は健康には大きく関わってきます。生活習慣病などを防ぐ効果も期待されますから、野菜を摂取する事自体は大いに意味があるのです。その一環として、青汁が摂取される事もよくあります。ところがご家庭によっては、ちょっと野菜分が不足している事もあります。思えば子供 [続きを読む]
  • なぜ青汁は動悸や生活習慣病に関する効果が見込めるか
  • 青汁を摂取すると、様々な変化を感じるものです。このため心拍数などが気になる時には、それを飲んでみるのも一法なのです。一部の方々は、たまに心拍数などが気になっている事もあります。一定の年齢を超えますと、動悸がやや激しくなる事もあるのです。人によっては、それでかなり大きな不安感を抱えている事もあるのです。ところで青汁は、そういった症状に対してポジティブな効能を発揮してくれる事があります。もしも心拍数な [続きを読む]
  • 青汁を末永く飲用していきたい
  • 20代のころは意識して野菜を食べる習慣がほとんどなかったのですが、30代になってからは年齢が上がるごとに食事に対する意識は変化してきています。野菜を食べたからといって体質強化が約束されているわけではありませんし、免疫力の向上についても正直あやふやな部分はあります。ただ、それでも野菜は食べておいた方が良いのは事実でしょうし、健康に対して意識していかなければ体調を崩しやすくなってきています。そこで、青汁を [続きを読む]
  • たくさんある青汁は何がどう違う?その比較ポイントについて
  • 野菜不足を補いたい人や健康管理の一環として、青汁を検討している人は多いと思います。野菜をしっかり摂れば、生活習慣病の予防に役立つと言われていますから、気になる人は野菜の栄養がぎゅっと詰まった青汁で、早目の対策を打っておくことは有効な手段です。青汁には不足しがちなビタミン類やミネラルはじめ、食物繊維がしっかり含まれており、野菜よりも効率よく摂取することが可能です。そんな健康管理に効果が期待できる青汁 [続きを読む]
  • 青汁で野菜不足を補える?
  • 野菜をたくさん食べた方がいいとは思っても、外食ばかりになってしまったり、加工食品に頼ってしまうことがありませんか。野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれていて、体のバランスを保つために大切な食品です。野菜不足の解消のために役立ちそうなものが青汁です。しかし、本当に青汁で野菜不足を解消できるのでしょうか。1日の野菜摂取目標量は350g以上です。生野菜なら両手に山盛り1杯くらいの量です。こんなにた [続きを読む]
  • 青汁の美容への働き
  • 青汁は健康的な飲み物というイメージがありますが、美容面でも働きが期待できます。高価な化粧品を使用しても、普段の食事がおろそかになっていては、きれいな肌を手に入れることは難しいです。食事から栄養を摂って、体の中からきれいになりましょう。では、青汁に含まれるどのような成分がどのような働きをするのでしょうか。野菜にはビタミンCが含まれています。ビタミンCは美容によい成分というイメージがありますが、メラニン [続きを読む]
  • 効果が高まる!青汁を飲むに適したタイミング3選
  • 青汁は飲むだけで絶大な効力を発揮してくれます。ですが実は飲むタイミングによってはその効果をさらに高めることができるということはあまり知られていません。一日一杯飲むにしてもいつ飲むかによってその効力は大きく異なってくるのです。せっかく青汁を苦い思いして飲むわけですから、得られる効力は大きいに越したことありません。そこでここでは効力が大きく得られる3つのタイミングをお教えしましょう。1.食前薬なんかは食 [続きを読む]
  • 同じ青汁でも成分は違う!用途に合わせて選択しよう
  • 少し前に一大ブームを巻き起こした青汁は、今なお根強い人気を誇っています。ロングセラーとなっている最大の理由は、やはり一日一杯飲むだけで確実に不足している栄養を補うことができる、という点にあるでしょう。スーパーでよく見かける野菜ジュースと違い、青汁は基本的に味を整えるということがされていないため栄養価が非常に高く、不純物が全く入っておりません。しかし実は同じ青汁であってもメーカー、種類によって配合さ [続きを読む]
  • 青汁一つでここまで変わるなんて!
  • 青汁が健康飲料を代表する飲み物であることは誰も疑わないでしょう。数十年前、青汁というものが日本に知られるきっかけとなったあのキャッチコピーと共に青汁は日本中で爆発的ブームを起こしました。その勢いは黒酢やコラーゲンサプリなどといった他の健康商品が出てからも止むことはありません。私が青汁を飲み始めるようになったきっかけは親友からの勧めでした。当時私は仕事に負われており、まともに食事と睡眠をとる時間も無 [続きを読む]
  • ミドリムシの青汁で体の中からきれいに
  • 多くの青汁はケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉などの野菜を使用しています。これらの野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれています。ケールは野菜の王様とも呼ばれるほど栄養を豊富に含んでいます。これらの野菜も栄養が豊富なのですが、私が注目しているもっと栄養素が豊富な食材がミドリムシです。ミドリムシとは動物と植物の性質を持つ藻類の仲間です。ミドリムシには59種類もの栄養素が含まれています。人 [続きを読む]
  • 青汁が長年売れ続けている理由が分かりました!
  • 私が青汁を飲んだのは半年前のことです。それまでは青汁という表記を見かけても気になることはあっても実際に飲んでみようと思ったことはあまりありませんでした。しかしとある日、急になんだか店頭で売られている青汁に興味がわき、実際に飲んでみようと思ったのです。これだけ長いこと売れているなら、さぞや大きな効果があるのだろう。と思ったからです。青汁はおそらく私や皆さんが知る中で、最も長く売れ続けている商品の一つ [続きを読む]
  • 青汁で体がスッキリ
  • 健康維持には野菜をたくさん食べることが大切です。野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維などが含まれていて、体のバランスを整えてくれます。健康長寿村の人たちは、野菜をたくさん食べているそうです。しかし野菜をたくさん食べたいのですが、お腹がいっぱいになりすぎてしまいたくさん食べることは大変です。野菜だけでお腹が一杯になり他の食品を食べられなくなってしまいます。そこで、健康維持のために青汁を飲むことにしま [続きを読む]
  • 青汁を毎日飲んで1年たちました
  • 青汁を飲んでみようと思い立ったのはちょうど一年前の事でした。夫はそのときちょうど会社の健康診断でメタボ体型を指摘されお腹はまさにビール腹のようにボッコリと出ており、血液検査の結果も悪玉コレステロールが多い状態でした。そして私自身は慢性的な便秘に悩まされており肌荒れもひどくて外出するのも嫌になるような状態でした。このように夫婦二人して健康状態は決して良いとは言えなかったのです。よく考えてみれば私も仕 [続きを読む]
  • ずっと愛飲し続けているお気に入りの青汁について
  • 20代の頃の私はあまり野菜を摂るという意識が無く、食事は炭水化物や肉中心で甘い物やアルコールにも目が無い状態で暴飲暴食に近い食生活を送っていました。仕事はデスクワークなので座りっぱなしで居る時間が長く、元々運動が苦手という事もあってまともに身体を動かす習慣も皆無でした。そんな自分の欲望に忠実な生活をずっと送っていましたが、30代に突入してからも同じような暮らしをしていた所、今までは経験した事の無かった [続きを読む]
  • 健康管理に青汁がおすすめです!その理由とは・・
  • 年齢を重ねるごとに、様々な体調不良に悩まされることが多くなります。病気を患っていなくても、体調がすぐれないと気持ちも落ち込みがちです。例えば「最近なかなか寝付けない」「風邪をひきやすくなった」「更年期障害が気になる」「鼻炎になってしまった」「冷え性が気になる」と言った症状でお悩みではないでしょうか。年齢を重ねると免疫力が低下したり、新陳代謝がダウンするなどの傾向が強くなり、先ほどのような様々な体調 [続きを読む]
  • 青汁のおいしい摂取方法
  • 青汁は野菜不足の解消や栄養補給に役立つ飲み物です。しかし、野菜不足や栄養補給は毎日必要なことなので、青汁は毎日飲み続ける必要があります。青汁は苦くて青臭く飲みにくいイメージがありませんか。まずいものは毎日飲み続けることが難しいですよね。では、どうすれなおいしく青汁を飲むことができるのでしょうか。まずは青汁の選び方にポイントがあります。苦い青汁はケールを主原料にしています。ケールはカルシウム、マグネ [続きを読む]
  • 青汁の健康効果について
  • 最近は手軽にできる健康法として青汁を飲む人の数が増加しているようです。一昔前なら青汁は苦味があったり青臭い独特のクセのある味があったりで決して万人向けのサプリメントではありませんでした。しかし青汁の健康への効果がわかってくるにつれて青汁の需要も高まり、さらに書く青汁製造会社も飲みやすい青汁作りへの研究を重ねた結果、現在販売されている青汁のほとんどはクセがなくとてもまろやかで飲みやすいものばかりとな [続きを読む]
  • 青汁って何だろう?〜青汁の効果〜
  • 若い人は青汁というと、一昔前の番組でタレントさんのゲームに使われるほど、苦くて飲みにくい青い飲み物という印象しかないかもしれませんが、そもそも青汁ってなんなのでしょうか?青汁は青い葉っぱを持つ野菜から搾り取ったジュースです。「苦い」という印象の青汁でしたが、今ではいろいろなメーカーから様々な種類の青汁が発売されていて、とても飲みやすくなっているようです。なので鼻をつまんで飲むような、リアクション芸 [続きを読む]
  • 野菜の甘みを引き出している青汁なら飲みやすい
  • もともと野菜がそれほど好きでない人は、たとえ一時的に野菜をとる習慣を身につけたとしても長続きしなかったりします。誰でも健康の重要性は理解しているつもりかもしれませんが、だからといって無理に野菜をとろうとしてもなかなか上手くはいきません。無理に野菜をとろうと意識して野菜を食べることに力を入れたとしても、あまり長続きしないものです。ただ、健康を維持するうえで野菜は欠かせませんので、どうにかして野菜を好 [続きを読む]
  • 初摘み若葉青汁 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • 健康家族の初摘み若葉青汁は、鹿児島県産の大麦若葉を使用し、アイルランド、アイスランド産の海藻カルシウムを配合していますので、野菜不足やカルシウム不足の方にお勧めの青汁です。懇切丁寧に作られた大麦若葉には、ミネラル、カリウムやマグネシウム、カロテン、ビタミンCなどが豊富に含まれており、アミノ酸の1つでもあるトリプトファンが含まれています。トリプトファンは成長ホルモン的な役割を果たす事も期待されますの [続きを読む]
  • ユーグレナ・ファームの緑汁 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • ユーグレナの緑汁は、野菜が苦手なお子様、外食が多く食生活が乱れがちの方、毎朝すっきりしたい方、青汁が苦手な方におすすめの商品です。ユーグレナとはミドリムシでワカメや昆布と同じ藻類です。植物と動物両方の性質を持つ珍しい素材で、野菜や魚などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHC、EPAなどの59種類もの栄養素をもっている現在注目されている素材です。ユーグレナの一番の特徴は消化率です。野菜を食べる場合は [続きを読む]
  • ふるさと青汁 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • マイケアのふるさと青汁は、野菜不足によるトラブルに困っている方におすすめの青汁です。厚生労働省が推奨する一日に必要な野菜の量は、350グラムと言われています。20代から70代までのすべての年代において、野菜が不足しているという調査結果があります。野菜が不足すると、どんよりと不調でやる気が起きなかったり、仕事や家事が手に付かなかったり、お肌が荒れて吹き出物が出てきたリ、便秘になってしまったりします。これだ [続きを読む]
  • ステラの贅沢青汁 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • ステラの贅沢青汁は、野菜不足、寝起きがすっきりしない、ゆっくり眠れない、健康診断が不安だ、あるいは健康診断の結果が思わしくなかった、パソコン疲れ、老けて見られる、毎日の便秘気味な方にお勧めの青汁です。青汁といいますと、液体のものを連想したと思いますが、ステラの贅沢青汁は粒です。そのため、苦い青汁を無理して飲まなくても良いです。飲用者の1000人にアンケートを取ったところ、悩みを解決してくれた、満足した [続きを読む]
  • 桑の葉茶青汁「神仙桑抹茶ゴールド」 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • 桑の葉茶青汁神仙桑抹茶ゴールドは、青汁が多すぎてどれを選んだら良いかと分からないという方に良い商品です。愛飲者、リピーターが多数おり、1億杯を突破した商品です。神仙桑に含まれる成分は、カルシウム、水溶性食物繊維、マグネシウム、ベータカロテン、ビタミンB6、ビタミンEが豊富に含まれており、健康面、美容面にも大変多くの効能があります。桑の葉も含まれています。桑の葉は糖をブロックして脂肪をセーブしてくれます [続きを読む]
  • 新菜善青汁 価格・飲み方・効果・評判・口コミ
  • 新菜善青汁は、家族みんなで毎日飲める酵素の青汁です。毎日元気に過ごしていると思っていても、朝寝起きが悪い、寝つきが悪い、肌が荒れる、吹き出物が出る、髪の毛の艶が失われている、ストレスを感じやすいなどもたまに出ると思いますが、その原因は野菜不足かもしれません。日本人の1日に必要な野菜は350グラムと言われていますが、実際は20代で100グラム程度、60代でも60グラム程度不足しているのが現状です。野菜が足りない [続きを読む]