korony さん プロフィール

  •  
koronyさん: 夢の家 ブリアール
ハンドル名korony さん
ブログタイトル夢の家 ブリアール
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/g-korony
サイト紹介文一条工務店のブリアールで建築中。マイホーム建築の軌跡を残すとともにこれから建てる方の参考にどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 96日(平均3.3回/週) - 参加 2017/03/18 18:45

korony さんのブログ記事

  • クロス完了
  • 室内のクロスが貼られ、雰囲気がガラッと明るくなりました。リビングから和室↓間の多目的カウンターと、ピアノを置くスペースは、小鳥の壁紙です。それ以外は白が基調ですが、漆喰の壁のような凹凸があります。多目的カウンター↓ 日常すごく使うことになりそう…ピアノのスペースはこんな感じ↓階段下なので一部天井がナナメに。和室↓壁紙選びは、ほとんど妻にお任せでした。和室の床の間に暖色系を入れるというのは、意外とい [続きを読む]
  • クロス貼りの準備
  • 石膏ボードの継ぎ目やビスの穴をパテで埋める作業が始まりました。玄関のテラコッタタイルの貼り方も…クロスが貼られると室内の雰囲気がガラッと変わるんでしょうね。応援おねがいします(*´-`)σぽちにほんブログ村一条工務店*家づくりを始める方へ捧ぐ!一条工務店(一戸建)ランキングへ [続きを読む]
  • 足場解体→外観が現れる!
  • 足場が解体され、これまで覆い隠されていたものがなくなり、外観が姿を現しました!わーいわーい!感激です。外見で未完成なのは玄関のタイルとポーチライトくらいでしょうか。あと玄関ドアの保護材が取れるとドアも姿を現わすはずです。瓦の屋根と白い壁でつくったブリアール。イメージ通りの南欧風です。瓦はこれです↓道路側からの見た目もイメージ通り。そろそろ外構を考えていきたいと思います。応援おねがいします(*´-`)σ [続きを読む]
  • 完成前からの発電!
  • 今日は、建築現場からは進捗状況報告の電話をいただき、その直後には担当さんが自宅へ来てくださり、住宅ローンにかかわる書類のやり取りをしました。進捗状況としては、大工工事が終了し、来週からはクロス貼りが始まるとのこと。いよいよ大詰めです。また、担当さんとお話しする中で知った嬉しい事実もありました。それは、まもなく電気が開通し、その時点から太陽光発電が始まるということ。6月が発電量が多いのですが、てっき [続きを読む]
  • パイン材と白い壁とブリアールらしさ
  • ブリアールは、居室のどこか一面にパイン材を貼ることができます。我が家はリビングのテレビを置くスペースにパイン材を設置することにしていましたが、今日、貼られていました。一挙にブリアールらしい雰囲気がかもし出され、テンション上がりました(笑)これに間接照明がつくと、いっそう雰囲気出るんでしょうね。また、外壁の吹き付けも完了し、バルコニーの壁の小窓にも格子ができました。子ども部屋南側のフラワーボックスも [続きを読む]
  • 大工工事中の玄関…
  • 家が完成したらこんな写真も思い出になるんだろうなぁ…と思ったのでアップします。発電機やら大工さんのお茶やら差し入れた缶コーヒーやら…。だんだん完成が近づいていくにつれ、こういう光景ともお別れなのかなと、しみじみしてしまいました。ちなみに、今の工程は大工さんが一人で内部工事を進めています。一人で家づくりってすごいです!棟上げ工事は、組み立てチームの方々が2〜3日であっという間に組み立てていきましたが、 [続きを読む]
  • 子ども部屋と西日
  • 子ども部屋です。3枚の引き戸とクロスを除いて出来上がってきました。以前紹介した通り、3枚の引き戸を1か所に引き込むと二間つなげられるようにしてあります。その場合、窓が4つあるため、採光の面では非常に明るい空間になっています。室内に入ってみて感じるのは、西に面しているため、夏場の西日がきついのではないかということ。当初、窓にハニカムシェードを検討していましたが、子ども部屋ということもあり、あまり値の張ら [続きを読む]
  • 寝室、ウォークインクローゼット、書斎
  • 寝室も、すべて石膏ボードが貼られ、ドアも書斎の本棚もウォークインクローゼットも設置されました。あとは、クロス貼りと照明だけです。改めて間取りです↓妻の仕事場(アトリエ)と自分の書斎は別につくってあるので、寝室自体は最低限の広さです。ベッドと化粧台が置ければいいかなと。こんな感じになりました。入り口側からバルコニーを臨む↓バルコニー側から↓ウォークインクローゼット(左)と、書斎の入り口(右)が見えま [続きを読む]
  • 小屋裏収納がほぼ完成!
  • これまでずっと塞がれていて見ることのできなかった小屋裏物入が、だいたい出来上がりました。このスペースです↓奥へ…奥へ…普段あまり使わないけれども外の物置には置きたくないものを収納するスペースです。また、奥の細長いスペースには、妻が大きなキャンバスに制作した絵を収納します。ぴったりです。窓は換気のために一応つけました。北側なので夏場もあまり影響なさそうですが、必要なら荷物で窓をふさぎ、温度変化が少な [続きを読む]
  • 階段完成!
  • 2日間で階段が出来上がっていました。2階に長い廊下が出現しないように、我が家はボックスストレート階段を避け、折り返し階段(コの字)にしています。また、1段の段差がきつくならないように、わざと段数を増やしました。折り返し階段は1階の1段目と2階の最後の段の位置をずらすことで、間取りにあまり影響を与えずに段数を増やすことが可能です。ちなみに我が家は17段です。当初は15段だったと思います。さらに、↑の写真のよう [続きを読む]
  • 外壁への吹き付け・階段・浴室タイル
  • ブリアールは櫛引模様の防火サイディングの上に、ネオリシンの吹き付けをして外壁が出来上がります。その吹き付け作業が始まりました。吹き付け前↓吹き付け後↓色は白。厳密には最も明るいグレーですが、サイディングの凹凸に白っぽい吹き付けの壁になり、いい具合いです。この凹凸はブリアールならではです。浴室の保護シートも取られ、グレーピンクのタイルが露出しました。また、階段も設置され始めました。ボックス階段て、こ [続きを読む]
  • キッチン2
  • システムキッチンは、i-スタンダードです。一条工務店の内装品はとにかく収納力があります。完成したら改めてweb内覧会で載せたいと思います。これまで何度ものぞいてきた屋内ですが、システムキッチンが入ったことで、本来の間取りがよりリアルになりました。今日は和室方向から見たキッチン↓カウンターを少し高くしてあるので、キッチンの手元が隠され、煩雑な部分はリビングから見えないようにしてあります。後ろのカップボー [続きを読む]
  • 外観
  • 間取り全体を紹介したので、外観も紹介します。ブリアールは切妻屋根です。それと小屋根裏収納があることと、間取りで屋根の形が変わってきます。間取りの変更と共に外観も変遷してきましたが、最終的にこうなりました。南南西の屋根だけは太陽光パネルになっています。それ以外は、ブリアールの標準仕様である瓦屋根です。(図には瓦は描かれませんが)また、ブリアールは、玄関のようにアーチ状にすることができます。標準仕様で [続きを読む]
  • 間取り 2階全体
  • 2階の間取り全体です。これまで紹介してきたことをまとめてみます。西側の二間続きは子ども部屋です。3枚の引き戸で仕切ることもできますが、子どもが幼いうちは二間つなげて使えるようにしています。階段を上りきったところには家族共用の大きな本棚があります。また、南側には1坪分のオープンスペースがあり(書斎2)、ここは妻のアトリエとなります。廊下との境目にはロールカーテンをつけて仕切ることもできるようにしています [続きを読む]
  • 間取り 1階全体
  • 1階の間取り全体です。これまで断片的にしか掲載してませんが、全体を眺めるとこんな家です。対面キッキンのLDK、そして、ピアノスペース、本棚、多目的カウンターを挟んで和室へと続きます。1階は共用スペースの空間です。和室は普段LDKとつないでますが、2枚の引き戸を閉めると和室だけ個室に区切ることもできるようにしています。そして和室には階段下収納と押入れがつながった収納スペースがあります。キッチンから勝手口へ出 [続きを読む]
  • キッキンスペース
  • まだキッキンは設置されていません。が、壁ができてスペースはこんな感じです。脱衣所の方からみた写真ですね。左手はカップボードが設置されます。写真にはありませんが、左手の手前には窓があります。わりと打ち合わせ終盤で思いついてつけた窓ですが、採光の面でもリビングに外気を通す場合でも大切な窓だったなと思っています。これは反対側から写したキッキン。右手の窓がそれです。パントリーはすでに設置済みです。開けてみ [続きを読む]
  • 2階の階段ホールとアトリエ
  • 階段を上りきったスペースには、家で1番大きな本棚が設置されました。2階にはどうしても廊下ができてしまいますが、書架のようなスペースにすることで、通路だけではない空間にしたいなと。こういう間取り、最近わりと珍しくないのではないでしょうか。全館床暖房なので冬場も寒くありません。この本棚は、以前紹介した妻のアトリエスペースにもつながっています。赤いのは、資材運搬用のリフトかな??なかなか大きな本棚です。本 [続きを読む]
  • 間取り ランドリールーム
  • 以前にも触れたことがありますが、我が家は1階に廊下をつくらないことで生じさせたスペースを、ランドリールームに利用しています。工事が進み、柱に壁ができてきて、ランドリールームが少しずつできてきました。間取り図としてはこの部分です。我が家は共働きなので、洗濯したらすぐその場に干せるのが理想です。干すだけでなくその場に衣類の収納があるとさらに便利です。家族全員のファミリークローゼットも考えましたが、朝の [続きを読む]
  • 1階のフリーカウンターは第2の書斎
  • 1階リビングと和室の間に、カウンターを設置しています。それができてきていました。南側の中央で、位置的には一番いいところです。日常のちょっとした仕事をしたり、子どもがリビングで勉強したいときに勉強机として使ったり、家族共用のノートパソコンを置いたりと考えています。家族の誰が使っても良いちょっとした書斎スペースですね。カウンターの左側の壁の裏にはリビング設置の小さな本棚もあります。デスクライトがなくて [続きを読む]
  • バルコニーと高気密高断熱が最高!
  • 1ヶ月以上久しぶりに家を見に行ってきました。これまでむき出しだった断熱材のEPSにボードが貼られ、柱だらけだった部屋がだいぶ壁で仕切られ、部屋らしくなっていました。そして、これまで影も形もなかったバルコニーがほぼ出来上がっていました。バルコニーは、寝室からも妻のアトリエからも出入りできるようにしています。広さは最低限しか取らなかったバルコニーですが、実際に外に出てみると見晴らしが良くて気持ちいい♪位 [続きを読む]
  • 一条で建てようと思ったわけ3
  • 前回の続きです。決め手は以下の3点です。1価格が分かりやすい2コストパフォーマンスがよい3企業のコンセプトに好感がもてる今日は3について前回書いたように、耐震のための基礎づくりや地盤改良工事など、目立たないけれど大切なことにお金をかけさせるのが一条ですが、この考え方は嫌いじゃありません。数ヶ月までに、東日本大地震で被災した幼少期ゆかりの地を訪れましたが、高台移転が始まったところでは、一条工務店の家がた [続きを読む]
  • 一条で建てようと思ったわけ2
  • 前回の続きです。決め手は以下の3点です。1価格が分かりやすい2コストパフォーマンスがよい3企業のコンセプトに好感がもてる今回は2について最初、一条工務店を知る前に、とあるハウスメーカーに強く惹かれていました。そのハウスメーカーは、1階のみですが床暖房が売りのハウスメーカーでした。当初は床暖房にそんなに興味ありませんでした。ところが、そのハウスメーカーが提案する間取りが実に多様で、「こんな間取りもアリか! [続きを読む]
  • 一条で建てようと思ったわけ
  • ここのところ、玄関ドアの話題が続いていましたが…今日は、なぜ一条で建てようと思ったのかを書いてみたいと思います。我が家は、自分たちにあった場所をじっくりのんびり探そうと、5年ほどかけて地道に土地探しをしてきました。土地のことについて学んでたくさんの土地に足を運んで、実際に目で見て、時間に追われてあわてて決めずに済むようにと、本気で建てようとする数年前から土地探しをし、運良く気に入った土地に相応の予 [続きを読む]
  • 玄関ドアの件
  • 以前、玄関ドアの仕様書やカタログと、現場で保護カバーの隙間から見えた実物のドアの色がずいぶん違うということについて書きました。今住んでいる場所と建築現場はだいぶ離れているので頻繁にに足を運ぶことができません。高速道路使って2時間以上かかります。建築現場と実家が近いのでよく実家から現場の写真を送ってもらっています。で、まず現場の工事担当者がドアのサンプルと現場のドアを確認したところ、色はまったく同じ [続きを読む]