AROT さん プロフィール

  •  
AROTさん: Free Street Journal 元会社員による投資・移住ブログ
ハンドル名AROT さん
ブログタイトルFree Street Journal 元会社員による投資・移住ブログ
ブログURLhttp://www.freestreetj.com/
サイト紹介文株式投資家として独立、淡路島に移住した元会社員です。私が独立に至った資産運用を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 13日(平均8.6回/週) - 参加 2017/03/18 18:58

AROT さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • TOPIX及び東証REIT指数のリバランス結果2017/3
  • TOPIXリバランス今月は少ないながらもTOPIXや東証REIT指数のリバランスがありました。私が売買したのは3478森トラスト・ホテルリート投資法人。今月前半までは上昇トレンド、後半は一転して下落トレンドとなり、ほぼトントンで手仕舞いとなりました。今日の日中足を掲載しておきます。この銘柄にしては今日一日の値動きは荒かったです。お昼過ぎまでいい感じでしたが、最後は息切れ。指数リバランスは来月から銘柄数も増え、ようや [続きを読む]
  • 淡路島から島外への交通事情
  • インドそして東京と、ここ最近島外に出る機会が多くありましたが、淡路島の場合は本州との間に橋がかかっているため移動にそれ程苦労はありません。何度か書きましたが、一度島外への交通事情をまとめてみます。 バス鉄道/フライト備考鉄道利用淡路IC→高速舞子(7分、410円)JR舞子→三宮(21分、300円)淡路島北端から明石海峡大橋を渡ってすぐのバス停が高速舞子。鉄道駅の舞子(JR)や舞子公園(山陽)とつながっていて、 [続きを読む]
  • 東京へ:選抜株式レースオフ会
  • 先週はいつもお世話になっている選抜株式レースのオフ会があったので上京、都会生活をenjoyしてきました。もう顔見知りとなった方々に加え、今回初めてお目にかかった方々もいらして、楽しい時間を過ごさせて頂きました。メンバーが必ずしも固定されていないというのもこのオフ会のいいところなのかもしれません。皆さん、株式市場という厳しい環境で生き残っている方々ばかりですから、それぞれに得意分野を持たれています。お互 [続きを読む]
  • システムトレード:順張りの現状
  • 今週、久しぶりに株式市場のボラティリティが大きくなりました。逆張りシステムにとってはチャンスなのですが、押し目買いで少しトレードしただけで、今のところ本格的に仕掛けるまでには至っていません。一方、順張りシステムの手仕舞いシグナルがパラパラ出始めました。先日このブログでとりあげた8283PALTACも、株式市場が大きく動いた日の翌日23日に手仕舞い。年末に仕掛けた銘柄なので(年末のブレイクアウトのタイミン [続きを読む]
  • 南インド旅行①:バンガロール
  • 硬い話が続いたので、息抜きも兼ねて先日の南インド旅行の写真を紹介してみたいと思います。第1回目はバンガロール。インド第3位の人口を抱える大都市で、インドのIT産業の中心地でもあります。今回、私はバンガロールからインドに入国し、1日という限られた時間でしたが徒歩とオートリキシャ―を使ってひたすら街を散策しました。エリアによってはインドらしい混沌とした通りもありましたが、全体的にどこか大都市らしい落ち着き [続きを読む]
  • ファンダメンタル vs テクニカル
  • 3945スーパーバッグ、選抜株式レースでここしばらく選んでいた銘柄です。うまく波にのってくれまして、年初の日経平均入替イベントで出したマイナスをカバーし、今節の通算成績も約27%まで積み上がりました。以前お伝えした通り、この数字はあくまでレース上の成績であって、資金管理も踏まえた実際の投資成績はもっと小さなものですが、それでも利益をもたらしてくれました。レースでこの銘柄を選択する際、私は「業績に比べて株 [続きを読む]
  • 法人運用:年間スケジュール
  • 先日、法人を設立してから1年が経ちました。改めて法人設立は自分にとって大正解だったと思います。正直、税金や社会保険料といったコストにのみ焦点を当てるなら、他にもっと良い方法はあるかもしれません。又、法人運用は手間もかかります。しかし、法人設立によって自身の社会的立場が随分と明確になりましたし、経営者という新たな視点が加わって視野も広がりました。税制含め、法人という仕組みは実によくできています。一通 [続きを読む]
  • 淡路帰島で感じた春
  • 先週末インドから無事帰国致しました。旅の疲れもとれ、今日から平常運転に戻っておりますが、帰宅後、我が家の庭の変化に気付きました。 クリスマスローズです。去年植えたばかりで花の色も咲いてからのお楽しみだったんですが、これからは毎年この紫の花が我が家に春を知らせてくれるでしょう。そして、生ワカメが食卓に登場。これ、多分皆さんが想像する以上に美味いんです。乾燥ワカメとは全くの別物。淡路島で見つけた我が家 [続きを読む]
  • 南インドを旅してました
  • すっかりご無沙汰してしまいましたが、2週間かけて南インドを旅していました。今、Cochinの空港ラウンジでこの記事を書いています。IT産業が盛んなBangaloreから入国し、かつて南インドを支配したヒンドゥー王朝の都Hampi、混沌とした町に壮大なミーナークシー寺院がそびえるMadurai、インド亜大陸最南端にある聖地Kanyakumari、そしてヨーロッパ諸国に支配されてきた港町Cochin等、鉄道とバスを使って周遊してきました。私にとっ [続きを読む]
  • 今月の投資成績2017/2
  • 今月の株式投資指数リバランス等の需給トレード:マイナスシステムトレード(スイング):プラスシステムトレード(デイトレ):プラスでトータルはプラスという成績でした。今月は需給トレードは案件が少なかったですし、システムトレードもデイトレ以外は取引回数に恵まれない状態が続いています。実際、需給トレードのマイナス、システムトレード(スイング)のプラスは誤差程度のもので、デイトレの成績がほぼ全てです。こうい [続きを読む]
  • 東証REIT指数(浮動株化)のリバランス結果2017/2
  • 浮動株化に伴う東証REIT指数リバランスの結果今月は東証一部入替に伴うリバランスはありませんでしたが、本日東証REIT指数の浮動株化に伴うリバランス(第2回目)がありました。私は当初3292イオンリート投資法人を売買する計画でした。この銘柄が直前に公募増資を実施していたからです。公募増資→REIT指数は買い(2/22)浮動株化→REIT指数は売り(2/27)なので、22日にショートして27日に手仕舞いするのが手堅いと考えた訳です [続きを読む]
  • 公民館の中国語講座2年目
  • 昨年に続き、今年度も淡路島で公民館が主催する中国語講座を受講していましたが、今日はその最終日。講座終了後、皆で中華料理のランチを楽しんできました。会社員時代に中国ビジネスを担当していたことがあり、「せっかく少し覚えた中国語を忘れないように…」との思いで始めた講座ですが、移住者の私にとっては地元の方々と知り合う良い機会でもあります。今年度の中国語講座は土曜日午前。そばにあるKURUMA28というカフェでモー [続きを読む]
  • 淡路島散策:由良のお寿司屋さん
  • 先日、無性に美味い魚が食べたくなり、由良に出かけました。由良は、洲本(淡路島の中心地)から少し南に行った所にあり、成ヶ島という細長い天然の防波堤に守られた良港に恵まれた土地で、ウニ、アワビ、ハモ等が有名な漁師町でもあります。当初、移住者である我々が車でメインストリートを走っただけでは、どこにお店があるのか分からなかったんですが、島で仲良くさせて頂いている友人から「ふじ一」というお寿司屋さんを教えて [続きを読む]
  • システムトレード:8283PALTACその後
  • 選抜株式レースで選択していた8283PALTACは、今週も順調に上昇となりました。これまで書いた通り、勝率の低い順張りシステムで仕掛けた銘柄群の中から、株式レース向けに1銘柄を選び出したので、先週から今週にかけての成績は運にも恵まれたと言えます。まだ手仕舞いシグナルは出ていないので個人的には保有継続しますが、株式レースの方は来週以降新たな銘柄で勝負しようかと思っています。 [続きを読む]
  • 淡路島の産直市場はヤバすぎる!?
  • 先日、産直市場に出かけた時のことです。市場のオバちゃんに「いい時に来たねえ」と声をかけて頂きました。店内を見渡すと鮮やかな野菜の山。どうやら地元の農家から野菜を大量に仕入れたタイミングだったようです。「新鮮な野菜ばかりでしょ!」と言われたので、「スーパーでは野菜買えないです〜」と答えました。実際、淡路島の産直市場の野菜は本当に新鮮で安く、我が家はスーパーで野菜を買うことがほぼありません。東京在住時 [続きを読む]
  • システムトレード:逆張り vs 順張り
  • 一口にシステムトレードと言っても、いろんなシステムが考えられます。デイトレ/スイング、買い/売り、そして逆張り/順張り。実際、私は複数のシステムを独自に開発し、それらを組み合わせて運用していますが、スイングの逆張りと順張りの間にはある傾向が見られます。逆張り順張り合計損益(利回り)同程度同程度勝率高い低い最大ドローダウン小さい(安定度大)大きい(安定度小)平均保持日数短い長い多くの方が最も気にするで [続きを読む]
  • 過去の記事 …