たかはし さん プロフィール

  •  
たかはしさん: とある不動産屋のひとりごと
ハンドル名たかはし さん
ブログタイトルとある不動産屋のひとりごと
ブログURLhttp://takahashi-real.hatenablog.com/
サイト紹介文物件探しのコツや、不動産取引に関する事など、色々な情報を公開します!
自由文「新築マンションの販売」「大手不動産仲介会社の営業」を経て、現在は新築一戸建の建売分譲・マンションリノベーション・賃貸ビル・賃貸マンションの管理販売など様々な不動産業務を行ってます。
ブログで出会った人に少しでもお役に立てる情報を提供できるように頑張ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 8日(平均20.1回/週) - 参加 2017/03/19 02:06

たかはし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • セットバックについて
  • 今日はセットバックについてご案内いたします。不動産をお探しになられたことがある人は「セットバック」について一度は聞いた事がある言葉かと思います。細かい内容は出来るだけ省略しまして、注意点に重点を置いてご案内いたします。「セットバック有」と表記のあるものは「自分の敷地の一部を道路部分として提供する必要がある」という事です。(一般的な例としては、道路幅が4mを満たない道路の場合、道路幅を4m確保す [続きを読む]
  • お散歩。
  • 今日はおやすみなので池袋までおさんぼ。猫がいたから撮影にご協力いただいて、、こちらの子にもいい感じの子だったんだけど写真を向けると撮影拒否、、、そのままぶらぶらしてたら池袋の森という公園を発見。スミレも咲いていて名前の知らない雑草みたいな花、、、こういうのが結構ツボです。池袋駅から歩いて3分位のところなんですが、自然があってびっくり。なかなかいい時間を過ごせました^ ^ [続きを読む]
  • 瑕疵担保責任について③(瑕疵担保責任免責の注意点)
  • 瑕疵担保責任については本当に良くトラブルになります。今回は瑕疵担保責任免責における注意点をご案内いたします。瑕疵担保責任免責というのは、売主は瑕疵担保責任を一切負いません。という特約です。通常、不動産取引の契約書の雛形には、必ず瑕疵担保責任の条項が入っておりますが、それを特約欄で「第〇条の瑕疵担保責任の定めにかかわらず、売主は本物件の隠れたる瑕疵につき一切の担保責任を負わない。」というような文 [続きを読む]
  • 朝の通勤で
  • ブログをはじめて数日が経過してなんとかやっていけそうだなぁと思ってきました。ただ振り返って記事をみると、全般的に固いな〜、、、、と思いました。(固いですよね^^;)真面目な事を書いているので仕方ないと思いながらも、少しでもアクセントをつけたいなと思いふとした日常も織り交ぜていきたいと思います。写真も少しずつ投入していきたいですね〜毎朝、満員電車にのって出勤するのですが、最近朝の通勤時間でも外国人 [続きを読む]
  • 瑕疵担保責任について②(購入者様向け)
  • 先日ご説明いたしました瑕疵担保責任について① - とある不動産屋のひとりごとに引き続き、今回は買主様からよく聞くトラブルをもとに。瑕疵担保責任についての注意点をご案内いたします。中古物件の取引でよくあるトラブルで「引渡し後に設備が故障したけれど、売主様に補修してもらえない」というケースです。中古物件の場合、売主様が責任を負う補修の範囲は、かなり限定されています。通常、瑕疵担保責任の範囲は、 [続きを読む]
  • 瑕疵担保責任について①
  • 今日は瑕疵担保責任についてご説明いたします。豊洲問題などでも取り上げられていて、不動産売買契約にも欠かせない条項になっておりますので、出来るだけ詳しくそしてわかりやすく説明が出来るように頑張ります。この内容は、ちゃんと理解していない不動産業者さんも結構います。取引ではかなり重要な部分なので購入前にしっかり理解しておいて頂くことをお勧めします。不動産取引上の瑕疵担保責任とは・・・「引渡し後、 [続きを読む]
  • 物件を見学するときのポイント(中古一戸建て編③)
  • 最後に物件案内終了後に見て頂くポイントです。 こちらの内容は、前回(物件を見学するときのポイント(中古マンション編③) - とある不動産屋のひとりごと)の中古マンション同様に、案内日当日じゃなくても構わないですし、むしろ、平日・休日、日中・夜間、様々な時間帯に何回か行っていただく事をおすすめします。まず、建物周辺の道路の車の交通状況を見て頂き、安全面が確保されているか確認していただく事をおすすめします [続きを読む]
  • 物件を見学するときのポイント(中古一戸建て編②)
  • 昨日に引き続いて中古一戸建てを見学するときのポイントをお伝えします。前回、建物の中のチェックの仕方をご案内いたしましたが、売主が居住中の場合の質問内容、そして外観などのチェックについてご案内いたします。売主様が居住中でいらっしゃる場合は、建物の中を見ている間に質問していただく事になると思います(あまり売りに出ている事を知られたくない売主さんも多いので外ではあまり話しません)。売主様には、隣近所の [続きを読む]
  • 物件を見学するときのポイント(中古一戸建て編①)
  • 先日の中古マンションに引き続き、本日は中古の一戸建てを見学する際のポイントをご案内いたします。通常ご案内の際は、最初に建物の中を見てから外観(庭先)の順で見学されると思いますので、順番に建物の中を見る際の注意点をご案内いたします。ご自身が生活するに当たっての広さや、間取りの使いやすさなど、イメージしながら見て頂くのもとても大事ですが、つい見落としがちなのが、床と天井です。床については、軋み(きしみ [続きを読む]
  • 申込書(買付)について
  • 今日は不動産の申込(買付)についてご案内いたします。まず、不動産取引についてご注意頂きたい事は、重要なことについては必ず書面に残すということを覚えておいてください。先日、営業マンから口頭で「物件を抑えておきましたから大丈夫です」という言葉を信じて引っ越し等の準備をしたけど、突然、「売るのをやめた」「貸すのをやめた」と連絡が入り、一から出直さないといけなくなったという話を聞きました。不動産の取引の場 [続きを読む]
  • 物件を見学するときのポイント(中古マンション編③)
  • 最後に物件案内終了後に見て頂くポイントです。こちらの内容は、案内日当日じゃなくても構わないと思います。むしろ、平日・休日、日中・夜間、様々な時間帯に何回か行っていただく事をおすすめします。まず、エントランス周辺の車の交通状況を見て頂き、安全面が確保されているか確認していただく事をおすすめします。そのあと、必ず建物周辺を一周してみましょう。外壁などの修繕状態や、思いがけない施設(工場等)があるか [続きを読む]
  • 物件を見学するときのポイント(中古マンション編②)
  • 続いて、中古マンションの物件見学するときのポイントを上げていきます。〜室内のチェックポイント〜まず最初に、売主様が居住中の場合、メリットがいっぱいあります。その前に、売主様がいらっしゃる場合は、丁寧にご挨拶していただき、お互い良い印象で内見出来るように心がけましょう。売主さんも一個人です。こういう表現は適切ではないかもしれませんが、取引価格に少なからず影響することもあります(過去そういう取引 [続きを読む]
  • 不動産屋に入る際のポイントについて2(本格的に物件を探す場合)
  • 前回に引き続き不動産屋に入る際のポイントについてご案内いたします。今回は、希望条件や資金計画もしっかり出来て「いい物件があれば買う」状態の時についてご案内致します。一番大事なのは、営業マンに『このお客さんは条件が合えば、すぐ買ってくれるお客様だ』と思わせる事です。基本的に営業マンは成績(契約)のことばかり考えております(大手であればあるほどそういう傾向があると思っていいと思います)。ですの [続きを読む]
  • マイホームは新築か中古か
  • 今日はマイホームを購入する際、新築を選ぶべきか、中古を選ぶべきか、僕なりの見方で書いていきたいと思います。新築のメリットは・・・ ・なんといっても全てが新品! ・マンションや一戸建の多棟現場であれば、同じ時期に入居できるので、管理組合や町内会もスムーズに入れるかも?新築のデメリットは・・・ ・完成前の物件を購入するとイメージと違う点が多々出てくる。 ・近隣や同じマンションの入居者にどんな人が住 [続きを読む]
  • 不動産屋では教えてくれない見落としがちな諸費用について。
  • マイホームを購入するにあたり、一番最初に考えることは予算だと思います。詳しい資金計画や具体的な予算の組み方は大きなホームページさんを参考にしていただいて、ここでは見落としがちな費用を上げていきたいと思います。綿密にローンの返済額や、税金、諸費用など、細かい単位で計画を立てても、結構予想だにしない出費というのは、家財です。カーテンを代表として、家具や電化製品など、そこそこお金がかかるので、資金 [続きを読む]
  • マンションか一戸建か(一戸建編)
  • マンションか一戸建か、今回は、一戸建について住む前に気付かなかった盲点をピックアップていきたいと思います。まず、一番違いを感じるのはメンテナンスです、修繕もそうですが、リフォームもそうです。やるも、やらないも自由なので、自分の好きなようにリフォームできるのは、大きなメリットでもあるのですが、ついつい自由な分 やらないといけない修繕を後回しにしがちです、、結果、雨漏りや予期出来ない出費が出てしまう [続きを読む]
  • マンションか一戸建か(マンション編)
  • 一般的な不動産質問サイトの比較論では出てこない自分でも住む前で気付かなかった盲点を中心に、マンションと一戸建それぞれ2回に分けて伝えていければと思います。僕自身、分譲マンションには物件に住む機会が2度あったのですが、マンションは管理組合や管理員さんによって住み心地がかなり変わる点です。管理組合が どういう雰囲気なのかは、マンションに掲示されている掲示板の雰囲気で多少は感じることができますが、管理 [続きを読む]
  • 「物件の囲い込み」について
  • インターネット上で「物件の囲い込み」について話題になっているので、考えていきたいと思います。「物件の囲い込み」とは、お客様から依頼を受けた売却物件を自分の会社に来た人にだけ紹介をして、他の不動産会社には「商談中・契約予定・準備中」等の理由をつけて売却物件の紹介をしないという手法です。仲介業者さんとしては、仲介手数料は売主・買主双方から仲介手数料が取れるので、出来れば売主・買主の両方とも自分で担 [続きを読む]
  • マイホーム探しのコツについて
  • マイホームを購入するに当たって、注意するべき点は本当に沢山あります。私自身、実際に中古マンション・中古一戸建を購入し、仕事では新築一戸建のプランニングやリノベーションマンションのプランニングなどを、設計士の先生などと一緒に毎回考えておりますが、数をこなす度に新しい発見をしております。その中でマイホーム探しの大事なポイントは、「家を買おうと思ったきっかけをしっかり認識し、購入するに当たっての優先 [続きを読む]
  • マイホームの購入を検討し始めるにあたって注意すべき点について
  • はじめに、「家は借りるべきなのか、買うべきなのか」という点について自分なりの考えを書いてみたいと思います。結論からいえば価値観や、お客様それぞれのライフスタイルで変わってしまうので、一概には言えないです。ですが、購入する際の判断基準として、押さえておいて頂きたいポイントがいくつかあります。・月々の返済以外にローンの返済以外に修繕費用・固定資産税等の計算が入っているか・住宅ローンを組む際に完済 [続きを読む]
  • ブログをはじめるにあたって
  • このたびは私のブログを読んでいただきましてありがとうございます。〜まずは、私のプロフィールをご案内いたします。〜不動産業界一筋で約20年。新築マンションの販売を約3年経験し、大手の不動産仲介会社で約15年従事。現在は、新築一戸建の建売事業や中古マンションのリノベーション事業を中心に、ビルやマンションの収益不動産の賃貸業務や売買なども行い、不動産業務を幅広く手掛けております。約20年間業界にいても、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …