タキ さん プロフィール

  •  
タキさん: butterfly-effect
ハンドル名タキ さん
ブログタイトルbutterfly-effect
ブログURLhttp://takiblog20170317.blog.fc2.com/
サイト紹介文小説を書いているタキです。時空モノガタリ文学賞第125回入賞/第126回最終選考
自由文最近の流行りからは遠い、レトロな小説書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 1日(平均28.0回/週) - 参加 2017/03/19 08:18

タキ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 虫を喰う男の話
  •  久しぶりに朝早くのバスに乗り、スマホの画面をじっと見つめる人々を眺めながら、どういう話がこの人達を楽しませるだろうと考えた。たいした話じゃなくても良い。出勤の、あるいは帰宅までのバスの中で暇つぶしになる程度の話だ。 例えば、虫を喰って生きている男の話はどうだろう。なにしろインパクトはある。でも、関心を引けば良いってものでもない。そういう尖り過ぎた人間の話を聞くのはしんどいし、感情移入も出来ない。 [続きを読む]
  • 年末ジャンボ宝くじ
  • 【時空モノガタリ文学賞 テーマ「優しさ」入賞作】 今年も残すところあと8時間。妻は「身を清める」と言ってシャワーに入った。「年末ジャンボ宝くじに当選する為の儀式」らしい。珍しく宝くじを買った妻だが、凄まじい意気込みを感じる。何しろ【数多くの当選者を輩出したという宝くじ専門の神社】にまでわざわざ出かけて買ったのだ。「当たったらどうしようかな」 ドライヤーで髪を乾かしながら、妻が無邪気に言ってきた。  [続きを読む]
  • 3、0、4
  • 小説コンテストサイト【時空モノガタリ文学賞 テーマ『304号室』 最終選考作品】 バイトの後輩の子は、妥協を知らない猛烈な働きぶりと隙の無さで、バイト仲間から【マシーン】と陰で呼ばれていた。いつも無表情だったせいもある。でも僕は納得がいかなかった。頑張って働いているだけなのに、からかわれるなんて間違ってる。 ある時、後輩の様子がおかしい日があった。ずっとうわの空で、つまらないミスを連発した。「マシ [続きを読む]
  • 小説家になりたかった男
  • 創作サイト【note】SSF(ショートショートフェスティバル)エントリー作品 男は小説家になりたかった。 小説を書けば、眠れない夜の底知れない悲しみや、叫び出したくなるような孤独が救われる気がしたからだ。それに、雨が上がった直後の山の匂いとか、夕暮れの神社の境内に腰掛けてヒグラシの声を聞いた時の感傷なんかを、誰かと共有出来る気がした。 男は文章を書くことは出来たが小説は書けなかった。そこには小説としての決 [続きを読む]
  • 過去の記事 …