お魚スタイリストTakaaki さん プロフィール

  •  
お魚スタイリストTakaakiさん: 活きいきお魚日記
ハンドル名お魚スタイリストTakaaki さん
ブログタイトル活きいきお魚日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/nemurodaisuki/
サイト紹介文お魚スタイリストTakaakiが北海道根室などの旬の情報をお届け!ケータリング・築地案内のご案内も!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 6日(平均15.2回/週) - 参加 2017/03/19 12:52

お魚スタイリストTakaaki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『北海道根室の旬の食材を楽しむ笑顔の会』の料理の一部をご紹介
  • 定番となりました、武藤商店さんの新鮮な食材を使った料理・食事会の様子をお届けしますね。今回は先日開催しました『北海道根室の旬の食材を楽しむ笑顔の会』の料理の一部をご紹介します。 今回の日本酒は「純米酒 浦霞」。宮城県のお酒ですね。とても飲み口のいいお酒なので和食とよく合いますよ。 まずは、ホッキ貝。新鮮なホッキ貝は口に含むと甘い身の余韻が舌の上に残るのです。美しい肝や貝柱も用意 [続きを読む]
  • 口の中にほたて本来の優しい甘みが広がる活けホタテ料理のご紹介
  • 定番になりました、武藤商店さんの新鮮な食材を使った料理・食事会の様子をお届けしますね。今回は活けホタテのご紹介ですよ。普段、貝柱は見慣れていますが、新鮮なホタテはヒモやベロなども美味しくいただけますね。 立派なホタテ貝ですね。もちろん活きていますよ。 写真をご覧いただくと、オレンジや白い部分があるのがわかりますよね。これは通称“ベロ”と呼ばれますが、正確には生殖巣です。オレンジ [続きを読む]
  • 最高に贅沢な真鱈づくし料理のご紹介
  • さらに引き続き、今回も武藤商店さんの新鮮な食材を使った料理・食事会の様子をお届けしますね。今回は真鱈尽くしのご紹介ですよ。真鱈の各部位余すことなくご紹介します。 まずは“たち”(真鱈の白子)です。新鮮なたちは表面に張りがあり艶っと輝いていますね。 まずは定番のたちポン、白子ポン酢ですね。トゥルっと口の中に含めばクリーミーな海が広がりますよ。本当に新鮮で美味しい白子は舌の上に甘み [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの新鮮な灯台つぶを使った料理のご紹介
  • 前回に引き続き、今回も武藤商店さんの新鮮な食材を使った料理・食事会の様子をお届けしますね。今回は灯台つぶのご紹介です。 炊き立ての灯台つぶ、美味しそうですよね!これを出張料理でも叶えたい! 通常の灯台つぶの商品ですと、炊き上げた後に肝(ウロ)を取ってしまいます。でも、武藤商店さんの工場でいただいた炊き立ての灯台つぶ、しかも絶品なウロ付きが食べたいのです。 そんな願いを [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの人気商品のご紹介
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は武藤商店さんの人気商品に迫ってみます。 手作り自慢の干物・漬魚・吟味した魚介類を真空冷凍した人気のしゅうちゃんシリーズです。贈り物にも、自分のご褒美用にも喜ばれていますよ。 ご覧のとおり種類も豊富!“干し柳カレイ”“干し宗八”“一夜干しほっけ”“生干しこまい”“開きサバ”“熟成味噌さんま”“銀がれいかま一夜干し”ほっけ、銀かれいは一 [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その6
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は根室の冬の魚の王様 真鱈の加工の現場その3。切り身に味付けを施し真空パックするまでの工程です。 前回、きれいに切り身となったこの干物たち、一体どうなるのでしょうか? まずは粕漬ですね。 1枚1枚手作業で丁寧に漬けていきますよ!鍋の縁で余分な粕を取り除きます。 特別に粕を味見させていただきましたが、とても [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その5
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は根室の冬の魚の王様 真鱈の加工の現場その2。干物を作りから切り身にする工程です。 今回も主役は真鱈さんです。 前回、きれいに整えられた身を乾燥用の網の上に置いていきますよ。艶やかな表情をしていますね。 一晩乾燥させた後の真鱈の身です。 1枚1枚丁寧にさばかれた身がこのように並ぶと壮観ですね。光り輝 [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その4
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は根室の冬の魚の王様 真鱈の加工の現場その1です。 真鱈といえば、「鱈腹(たらふく)食べる」と言われるほど、食いしん坊なお魚です。実際のお腹も立派ですよね。 これ、なんだかわかりますか??? (^ ^) 実は、真鱈の“ほっぺ”なのです。真鱈のほほ肉ですね。1尾から2つしか取ることができない希少な部位です。武藤商店さんならでは、お [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その3
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は浅羽カレイの干物作りその2です。前回の記事の続きです。一晩乾燥させた浅羽カレイ、こうなっていますよ。 乾燥させる前に比べて水分が適度に飛び立派な干物の出来上がりです。 光が差し込むと干されている姿は芸術的にきれいですよね。うっとりします。さぁ、この干してある浅羽カレイを1枚1枚外して丁寧にケースに入れていきますよ。&nbs [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その2
  • 北海道根室の魚卸 武藤商店さんの舞台裏に潜入!今回は浅羽カレイの干物作りその1です。武藤商店さんの干物は塩水のみで、なんと、“化学調味料無添加”なのです!!! 大量の浅羽カレイですよ!浅羽カレイは、旬が11月〜1月で、秋から冬にかけて身が厚くなるお魚で煮付けにしてもとても美味しいですよね。 この浅羽カレイを1枚1枚丁寧に専用の棒に吊り下げていきます。 &nb [続きを読む]
  • 魚卸 武藤商店さんの工場見学その1
  • 北海道根室へ出張に行ってきました!いつも新鮮で美味しい魚介類を届けてくれる魚卸 武藤商店さんの工場を見学させていただくことが出来ましたのでお伝えしますね。 ふだん入ることの出来ない工場の中では、炊き立ての灯台つぶを貝殻から外す作業を見ることが出来ました! そして、なんと!炊き立ての灯台つぶをウロ(肝)付きで試食出来ました!! 炊き立てアツアツでウロ(肝)は [続きを読む]
  • はじめましてのご挨拶
  • はじめまして、お魚スタイリストのTakaakiと申します。本日より、旬な食情報を発信させていただきます。このブログを通じて、食卓をもっと笑顔でしあわせに!のお手伝いができたらと思います。よろしくお願いします(*^o^*) プロフィール:大学院修士修了後、法人にてビジネスアナリスト・講師として勤務。・2010年〜(社)日本フードアナリスト協会 1級フードアナリストを取得、認定講師、食育講師、日本箸教育講師、講演講 [続きを読む]
  • 過去の記事 …