植田 さん プロフィール

  •  
植田さん: 認知症の母と妻との3人暮らし
ハンドル名植田 さん
ブログタイトル認知症の母と妻との3人暮らし
ブログURLhttp://xn--3-48t3ba2ac4q319ujyujt3a30lv92ak0fnm7e.net/
サイト紹介文現在45歳のサラリーマンです。認知症の母親を妻と在宅介護中。
自由文現在45歳のサラリーマンです。認知症の母親を妻と在宅介護中。忙しい毎日で最初は心に余裕が無くて滅入っていましたが、徐々に心に余裕をもって妻と介護生活を送れています。このブログでは会得したストレスをためない方法などを綴っていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 37日(平均8.9回/週) - 参加 2017/03/19 14:30

植田 さんのブログ記事

  • 老人ホームを三重県で検索。長寿介護課がサポートする県。
  • 今回は「三重県の老人ホーム」をチェックしました。三重県は日本の東海地区にあたり、津市が県庁所在地です。岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県と隣接しています。2016年10月1日時点での人口は、1,807,573人です。県内の人口ランキングは、四日市市が1位で約31万人、2位は津市で約28万人、3位は鈴鹿市で約20万人となっています。観光地としても有名な県観光は、お伊勢参り、鈴鹿サーキット・伊賀の忍者等が有名で [続きを読む]
  • 血圧を下げるには蕎麦が有効!? まずは食生活の見直しから。
  • 高齢者はどうして血圧が高くなるのでしょうか。人間は歳を重ねるにつれて、血管が細くもろくなっていきます。その為、血流が悪くなり、高血圧になります。更に現代は食の欧米化が進み、高カロリーな食事も多い為、若い世代にも高血圧が広がっています。カロリーを摂取し過ぎると、体に吸収しきれない中性脂肪やコレステロールが血中に流れ込み、血液をドロドロにします。その結果、血流が悪くなって高血圧に至ります。血管系の疾患 [続きを読む]
  • あっという間に高くなる血圧。生活習慣の改善を。
  • 若い頃は血圧が上が100ちょっとしかなかったのに、年齢を重なると高くなっているのに驚かれる方も多いと思います。老化に伴い、少しずつ血管も弱くなって新陳代謝も悪くなり、だんだんと高血圧になりやすいのだそうです。安静な時に血圧を測定し、上が130未満・下が85未満なら正常、上が130以上・下が90以上なら高血圧症かもしれません。まずは体重を落とすことからサイレントキラーと呼ばれる高血圧症は、初期では殆ど自覚症状が [続きを読む]
  • 食事内容やスタッフの質。体験入居でわかることはたくさん。
  • 老人ホームの多くは見学とは別に体験入居のシステムを設けています。体験入居とは数日から長くて一週間ほどの間、施設に入居して暮らしてみるサービスのことです。料金はかかりますが、パンフレットに書かれていることや、見学時の説明だけでは分かりにくいことをチェックできる機会です。できるだけ申し込んで体験しておくと良いでしょう。食事は合っているか体験入居をする場合に、ぜひ注意して見ておきたいのが食事です。入居後 [続きを読む]
  • 3Dプリンタで介護食!? 見た目がキレイで作り手も楽に。
  • 歯が少なくなったり嚥下力が落ちた高齢者に対して、必要な栄養を補給できるだけの食事を如何にして摂ってもらうかというのは、介護現場での大きな課題です。日本ばかりでなく、高齢化の問題に直面している国であればどこも同じような悩みを抱えています。噛めない高齢者のために例えば2025年時は高齢者人口が総人口の5分の1にまで膨れ上がると見られているヨーロッパの国々などでも、この問題について色々と暗中模索を繰り返してい [続きを読む]
  • 費用はピンからキリまで。老人ホームの費用について。
  • 高齢者の介護は誰もが一度は直面する問題として、今後も考えていかなければなりません。そして在宅介護が難しくなった場合は、施設に任せる事になります。そこで大きな問題になってくるのは費用面です。「お金だけの問題じゃない」のはその通りだと思いますが、現実問題としてそこは避けて通れません。介護者さんの貯蓄や年金でまかなえる範囲にするのか、それとも家族の援助も有りなのか、それだけでも選ぶ施設は大きく変わってき [続きを読む]
  • 老人ホームを千代田区で調べると、意外と数は多いと判明。
  • 今回は「千代田区の老人ホーム」を探してみました。千代田区の人口は東京23区の中で最も少ない約5.9万人(2016年)で、23区唯一の人口10万人以下の区です。しかしそれもそのはずで、区の全体面積の15%を皇居の緑地が占め、丸の内や大手町のオフィス街や、秋葉原の電気街など、「一般の方は一体どこに住んでいるのか」と聞いてみたくなるほどの立地条件です。65歳以上の高齢者の割合は低い地域居住人口は大変少ない千代田区ですが [続きを読む]
  • 認知症になりやすい性格がある!? 頑固者は要注意。
  • 認知症を防ぐための確実な方法というのはまだ分かっていません。しかし原因については幾つか明らかにされており、脳内に正常でない蛋白質が溜ったり、お酒を飲みすぎると認知症になりやすいとされています。それと同時に脳の使い方も認知症の発症に関係しているようです。「脳の使い方」というのは、普段から脳全体を満遍なく使っているのか、それとも限られた部分だけに偏るような使い方をしているかといったことを指します。こう [続きを読む]
  • 喉の渇きに気づかない高齢者も。意識的に水分補給を。
  • 水は人間が生きていく上で欠かせないものであり、水分が不足すると脱水症状を起こすばかりでなく、便通を悪くしたり、新陳代謝の低下を招くと言われています。又、普段から水分を十分に補給していない人は年を取ってから認知症になる危険性が高くなるのだそうです。一日に排出しているのと同量の水分逆に十分に水を摂取することで、認知症の予防に繋がったり、既に認知症となっている人でも症状の悪化を抑制することができるとも言 [続きを読む]
  • 介護のことならコンビニへ。そんな時代がやってきました。
  • 最近、介護拠点施設を併設したコンビニが全国各地ででき始め、注目を集めています。コンビニといえば、店舗の数にこそ差はあれ、全国ほとんどの地域にあり、そのほとんどが24時間365日営業しています。普段はスーパーを使うようにしている人でも、夜中に買い忘れに気付いたり、外出先で必要な物があったりする等、ほとんどの方が利用したことがあるのではないでしょうか。昔は必要最低限のものを置いてある印象だったコンビニです [続きを読む]
  • 高齢者にオススメ。草花と触れあって心身ともに健康に。
  • 園芸療法とは、花や野菜を育てることで自然とふれあい、心や体の健康の回復と社会生活を目指す療法です。植物を育てる過程では、種や苗を植える間隔・土の耕し方・水やりの頻度・収穫の方法など多くのことを考え学びます。花が咲いて畑中が満開になると、感動で胸がいっぱいになります。一生懸命手を掛けて育てた、充実感や達成感を味わえると思います。五感で楽しむ園芸療法植物が育つ様子をスケッチしたり、観察したり、調理した [続きを読む]
  • 老人ホームを東京都で調べてみると、意外と暮らしやすいと判明。
  • 今回もいつものように老人ホーム検索サイトで、「東京都の老人ホーム」を探してみました。日本の首都だけのことはあって東京は人口数が多く、それに比例するかのように老人ホームもかなりの数に上ります。施設の大きさや種類もそれだけ豊富に揃っていますが、住宅地の少ない文京区とか中央区などでは施設の数もそれ程多くはないと言われています。埼玉県や千葉県、茨城県も視野に同じく東大和市や東村山市、武蔵村山市などに行って [続きを読む]
  • 突然死もある脳血管疾患。高齢者が気をつけたいこと。
  • 脳血管疾患とは私たちが言うところの脳卒中ですが、脳卒中と一口に言っても脳の血管の状態によって、2種類に分けられます。一つが脳の血管が破れて出血を引き起こす脳内出血や、くも膜下出血などで、もう一つが脳の血管が詰まって血流が減少することで起こる脳梗塞です。まずは日々の生活の見直しを脳血管疾患を引き起こした時の症状に関しては、異常が起きた脳の箇所次第で症状は違ってきますので、脳の血管の状態との因果関係は [続きを読む]
  • ペットがいると元気になる!? 高齢者に与える健康効果とは。
  • 昨今のペットブームで、ご家庭で犬や猫などの動物を飼われている方も多いのではないでしょうか。ペットは見た目の可愛さもさることながら人間と寄り添う家族の一員として歓迎される存在で、その場にいるだけでこちらを幸せな気持ちにさせてくれます。そんなペットたちが最近では介護や医療分野でも大きな注目を集めています。高齢者がペットと触れ合うメリットペットを家庭に受け入れることで、病気になりにくくなるというのです。 [続きを読む]
  • 要介護者の足となる福祉車両。どんどん進化しています。
  • 福祉車両というものをご存知でしょうか?福祉車両というのは体になんらかの障害を要したり、年齢とともに身の周りのことが自らで行えず介護が必要な人を乗せたり、体が不自由な人が運転できるように改造を施したものです。ぱっと見は一般のものと見分けがつかないほどになっていますが、ノンステップバスなどは段差をできる限りなくして乗り降りがしやすいようになっています。車椅子といってもタイプはさまざま車椅子を普段は使う [続きを読む]
  • 質の高い医療を海外で。経済的に余裕がある高齢者に人気。
  • トルコは高い医療レベルも持つ国です。国内にはJCI認証を受けた病院が多く揃っていて、その数は世界でも有数の規模とされる50程に及んでいます。しかも医療費が欧米と比較してリーズナブルになっているので、それをウリにトルコでは周辺各国から医療目的で渡航してくる外国人を呼び込むことに積極的です。こうした熱心な取り組みもあって、2014年にトルコが外国から受け入れた患者は、数にして過去最多となる36万人、上昇率も2013 [続きを読む]
  • 介護を取るか、仕事を取るか。どちらも取る方法は?
  • 現在深刻な問題になっているのが、「介護離職」です。介護離職とは文字通り、親御さんが介護を必要とする状態になってしまったが施設が空いていない、また金銭面などの理由によりご自分で介護するしかなくなった結果、仕事を辞めざる得なくなることを言います。しかし仕事を辞めれば当然金銭面のやりくりが苦しくなり、泥沼にはまっていくケースも見受けられます。そこで今回は自宅介護をしながらでも、仕事が続けられる方策を考え [続きを読む]
  • あなたもひとりの人間。認知症患者にぜひ伝えたいこと。
  • 認知症の高齢者のケアを介護する側の多くが悩みやストレスを抱えています。「認知症なのだからもう分かってはくれないだろう」「意思の疎通がまったくできない」このような認知症の高齢者とのコミュニケーションに関する問題にアプローチする方法としてユマニチュードという考え方が今、医療現場や介護現場では注目されています。ユマニチュードとはユマニチュードの基本は「相手が認知症の患者さんだとしても、そこに存在している [続きを読む]
  • 高齢者を蝕む廃用症候群。寝たきりになる可能性大。
  • 風邪などで数日寝込んでしまうと、回復した後もどことなく体がだるく、体力が低下してしまったことを実感することがあります。若いうちはそのまま数日経てば普通の生活を送れるようになりますが、高齢になるとそうはいきません。ちょっとした病気でも回復せずいつしか寝たきりになってしまうこともあるのです。寝たきりになった高齢者の30%近くは廃用症候群と呼ばれる状態にあるといいます。病気等の場合、安静を保つのは大切なこ [続きを読む]
  • 介護も仕事も自宅で出来る時代。働き方はさまざま。
  • 介護をしなければならなくなり、会社を休むか辞めるかを悩んでいる方は多いと思います。「介護離職」をする人は、年間で10万人とも言われています。自分の人生設計の中で、予想外の時期に介護しなければならないことになると、離職をすることで収入もなくなり、すぐに生活に困りますよね。生活への不安が軽減介護をしなければならない年齢は、40代〜50代の方が多いです。スキルが高く、経験豊かな社員やパートさんが離職するのは、 [続きを読む]
  • 公的な介護保険だけでは不安がいっぱい。民間の保険もチェック。
  • 介護保険と聞くとどういうイメージを抱かれるでしょうか。公的なものというイメージが強いでしょうか。介護保険は公的なものだけではなく、民間の保険というものが増えてきています。今回は民間の介護保険についてご紹介したいと思います。民間の介護保険とは民間の保険と公的な保険で、大きく違う点は、保護が手厚い点です。高齢化社会の今、認知症にかかる方が増えています。民間の介護保険の導入を検討することを考えてみては如 [続きを読む]