神埜 さん プロフィール

  •  
神埜さん: 介護うつと戦う中年のブログ
ハンドル名神埜 さん
ブログタイトル介護うつと戦う中年のブログ
ブログURLhttp://xn--p8ja3gqa0229a70a751ffggyt4h.net/
サイト紹介文母親の介護で自身がうつ病になり、50歳を過ぎたときに介護離職をすることに。
自由文母親の介護で自身がうつ病になり、50歳を過ぎたときに介護離職をすることに。ようやく症状が軽くなってきたので、自分自身の思いを整理するため、この経験が何かプラスになればとブログをはじめてみました。共感してくれる方がいてくれると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 70日(平均8.1回/週) - 参加 2017/03/19 14:43

神埜 さんのブログ記事

  • 一人暮らしの感覚を満喫。高級老人ホームのメリット。
  • 費用が非常に高い老人ホームへ入居するというのは、一般人にとっては夢のような話かもしれません。設備にたくさんのお金を充てれば立派な老人ホームが完成するのは当然です。しかし、そのような老人ホームは一般の老人ホームにはない点も存在し、長期間利用していく中でメリットへとつながっていく場合もあるのです。そこで今回は費用が高い老人ホームにはどのようなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。支払う金額によっ [続きを読む]
  • 介護の仕事はつらいだけ?そのやりがいと魅力とは。
  • 一般的にはきついと思われている介護の仕事。精神的にも体力的にも、かなりの苦労をともなう仕事だということは、間違いないことでしょう。しかし、介護職と一口に言っても、その内容は様々です。働く場所も、高齢者の自宅に伺う場合もありますし、施設等で働く場合もあります。介護の内容も、おむつ交換や着替えの手伝い、入力介助、食事介助などが思い浮かぶのではないでしょうか。介護度が重い方が入所する施設では、上記のよう [続きを読む]
  • 老人ホームの選び方。まずは選択基準の設定を。
  • 高齢者の方が施設に入る事を考えた場合、様々な形態の施設が有るので最初はかなり迷われると思います。入居者さんのニーズに合った施設の選び方を紹介していきますが、基本的には要介護度と医療依存度を考えると割とスムーズに決まると思います。老人ホームの選択基準まず現実問題として大きいのは費用面です。介護はお金に代えられないとは言え、誰にだって出せる範囲は決まっています。一般的には公的な施設の方が民間運営の施設 [続きを読む]
  • 徘徊なのか外出なのか。介護者にとって悩ましい問題。
  • 認知症の症状が進行していくと、夜中に外に出てしまい、自力で帰ってくることができずに彷徨っていたということもあります。夜間徘徊と呼ばれ、このような行動を見せる認知症の患者さんは少なくありません。日中は介護者が見ているので徘徊しようとしても止めることができますが、実際は夜間に起こることの多いので一日中見ていることは難しいものです。これを防ぐために仕方なく認知症患者の身体を拘束しているというケースもある [続きを読む]
  • 老人ホームを千葉市若葉区で。施設数が足りないことが課題。
  • 今回はいつものように検索サイトで、「千葉市若葉区の老人ホーム」のことについて調べてみました。千葉市の人口は全体で見れば増加の一途を辿っていますが、若葉区に限ってみればここ数年ずっと横ばいを続けており、今後は少しずつ減少するだろうという見方がされています。また、若葉区の高齢化率が千葉市全体と比べて高くなっているのもよくない傾向です。若葉区の高齢化率は2013年時点で26.8%でしたが、千葉自然体では22.3%で [続きを読む]
  • 読書で脳を活性化。今すぐできる認知症予防。
  • 現代では読書の機会が減少してきていると言われています。技術が進歩し、便利になったことで、インターネットやテレビを通して簡単に広く情報収集ができるようになりました。例えばスマートフォンさえあればいつでもどこでも情報を得ることができる世の中になっています。そのような時代の流れの中で新聞の購読率が次第に下がってきた一方、代わって電子書籍が普及し始めています。読書離れが進んでいるとされますが、読書で脳の活 [続きを読む]
  • 気晴らしが認知症予防に。介護は精神的サポートが重要。
  • 昨今、介護業界では「ダイバージョナルセラピー」というケアの手法が広く利用されるようになってきています。ダイバージョナルセラピーとは直訳で「気晴らし療法」という意味があり、その名の通り、患者それぞれの嗜好や性格に合った気晴らし方法を探り、心のケアを行うというものです。心を癒やすダイバージョナルセラピー高齢になると身体を思い通りに動かすことも難しくなり、それと同時に心の活力も失われてしまいます。そこで [続きを読む]
  • 脳の前に嗅覚を刺激。アロマの香りで認知症予防を。
  • 完璧な予防法や完治させる特効薬が未だ存在しない認知症。そんな恐ろしい病気である認知症をアロマテラピーによって予防・改善することができるという話を聞いたことはありますか?アロマテラピーが認知症改善につながる?認知症と言えば物忘れが激しくなるなど記憶能力の低下が主な症状として知られていますが、実は記憶よりも先に嗅神経に異常が発生することが最新の研究で判明しています。これまでは認知症の発症によって、まず [続きを読む]
  • 進化する介護用品。車椅子ひとつとってもさまざま。
  • 昔から日本は「素晴らしい技術を持っている国」とは言いますが、携帯電話などを見ると日本製でないものもよく目にするため、以前ほどそのように思っている人の数は多くはないと思い始めるようになってきました。ただそうは言っても、中国人が観光で日本を訪れた際には電化製品を買い占めることがあるので、外国人の日本の先端技術に対する考えは変わっていないとも言えるでしょう。そして、日本では毎日のように新たな技術が誕生し [続きを読む]
  • 老人ホームを若葉で調べると、意外と交通網が発達していると判明。
  • 今回は千葉市にある「若葉の老人ホーム」を検索してみました。若葉区は千葉市のなかでも広い区域になっています。とても広大な区域のため、東西において特徴が分かれています。東側は、心が洗礼されるような美しい田園地帯が広がり、西側は、市街化が進んでいる為、住宅地や商業施設が密集しています。特に区内の西側にあたる市の中央部においては官公署が置かれ、また、国の出先機関などが集約されたスケールの大きな都市空間と言 [続きを読む]
  • 元気なうちに入居したいサ高住。サポートも万全。
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、民間企業が運営していることが多く、そのサービス内容や入居要件などは様々です。高齢者住まい法によると、サ高住の個室床面積は25?以上でバリアフリーとなっていること、そしてトイレや洗面設備が付帯となっています。サービスは、安否確認と生活相談サービスのみを提供。その他、ほぼどのサ高住でも食事提供は行われていて、特別な申し出がない限り、3食摂ることができます。充実した設 [続きを読む]
  • 介護用品はレンタルを利用。大幅なコストダウンも可能。
  • 家で介護されている人やしている人にとって介護用品は重要です。しかし、介護とは状態が一定でないことが多く、介護用品もその時の状態に合わせて作られているため、定期的に見直しが必要となってきます。さらに、大きいものや使い方が特殊であるものになってくると、介護されている人の状態が変わる度に購入するとコスト面から考えてもかなりの負担となります。レンタルできる種類もたくさんそこで、福祉用具貸与というサービスが [続きを読む]
  • 高齢者も買い物はネットで済ます時代に。
  • 宅配サービスや配食サービスなど、最近は様々なサービスが登場してきています。どうしても重量が重くなってしまうお米や水、缶詰などを買う時も宅配してくれるサービスに頼めば、自分で持ち帰らずに済みます。また農薬を気にする人や有機野菜に拘る消費者向けの宅配サービスなどもあるようです。高齢者に人気の宅配サービス特に毎日の食事に欠かせない生鮮食品を届けてもらえるサービスは、足腰の弱い高齢者にとって便利なのではな [続きを読む]
  • 元気だった人が突然死。生活習慣病だった可能性も。
  • 「脳卒中・心臓病・糖尿病・脂質異常症・高血圧・肥満」これら6つを総称して生活習慣病といいます。この生活習慣病が現在、日本人の死亡原因の多くを占めているという事実をご存知でしょうか?すべては生活習慣が原因一見するとこの6つの病気には何の関連性もないように感じられます。しかし、これらは全て日々の生活習慣が原因で引き起こされる病気なのです。「肥満」があると「糖尿病・高血圧・脂質異常症」にかかるリスクが非常 [続きを読む]
  • 誰にも看取られない高齢者。地域で見守る体制を。
  • 高齢の方が、家族はもちろん、友達や知人など誰と知られぬまま、自分の家で一人無言の死を遂げてしまう出来事を孤独死と言います。そんな悲しい死者の数は、昨今では年々増加傾向にあることをご存知でしょうか。平成25年の東京23区内の統計であっても、身寄りのない高齢の方が孤独死を遂げた数は、平成26年の内閣府がまとめた高齢社会白書によれば、2,733人と推定されています。そればかりか、死後1週間以上経過してから見つかった [続きを読む]
  • 老人ホームを天竜区でチェック。過疎化が進む地域。
  • 今回は「天竜区の老人ホーム」を調べてみました。政令指定都市を構成する区として国内では静岡市の葵区に次いで広い面積を持つ浜松市天竜区は、市の北部に位置しています。その広さは市の総面積のおよそ6割にも達していますが、区の大部分が森林地帯であることから、区民が居住するエリアや商店街などもごく一部の地域に限られています。人口密度の方も極端に低い水準にとどまっており、特に最近は過疎化が深刻な問題となっていま [続きを読む]
  • 誰かが近くにいる安心感。シェアハウスが高齢者に人気。
  • 数年前何人かの見ず知らずの若者が一つ屋根の下で共同生活を行う「テラスハウス」というTV番組が話題になりました。この番組がきっかけとなり、この様な生活様式、いわゆる「シェアハウス」の注目度が一気に増したと聞いています。そしてこのシェアハウスは何も若者だけの話ではありません。独居よりも共同生活を選択日本には現在500万人の「独居老人」がいらっしゃいます。その中には介護が必要な方もいらっしゃいますが、それは [続きを読む]
  • 介護とリハビリ、どちらがメインか。通所サービスにも様々。
  • 介護を必要としている人が受けられるサービスは何種類も揃っています。選択肢が多いのは良いのですが、その中から本人に相応しいサービスを選ぶのは思ったより大変なことかもしれません。しかも数が多いだけでなく名称だけはどのような内容のサービスか把握しづらく、その中には類似した名前のサービスもあるので、混同してしまうケースもあるようです。サービスの利用を考える時には、その内容を確かめておくことは勿論ですが、ケ [続きを読む]
  • あの頃はよかった。昔を思い出すことが認知症予防に。
  • 認知症を発症すると記憶力が減退すると言われています。確かに認知症患者は直近のことを覚えるのを不得手としますが、一方で何十年もの前の記憶の保存状態が良好だったりするのです。回想法はこの点に着目して認知症の人を対象に開発された療法です。個人とグループの2種類この療法の目的は、認知症の症状悪化を防いだり精神面での安定を図ることにありますが、今では介護施設の中でも回想法を採用する所が出てくるようになりまし [続きを読む]
  • 福祉用具のプロフェッショナル。どうすればなれる?
  • 現在、福祉用具と一口に言っても、あらゆるタイプが存在します。そんな福祉用具を利用者が選択する際の力となってくれるのが福祉用具専門相談員です。福祉用具専門相談員は使用前には福祉用具の組み立て作業や、使い方のレクチャーなどを行います。また、使用後には不具合が出ていないかのチェックや修繕作業、使用前と使用後での要介護度の変化や、福祉用具に対する感想を聞くことなどによって、使用中における事故の発生を防いで [続きを読む]
  • 結果は同じでも中身が違う。ユマニチュードによる介護。
  • 今、医療や介護の現場でユマニチュードという手法がとても注目されているのをご存知でしょうか?ユマニチュードとはフランスのイヴ・ジネストさんの考案したケアに対する哲学や方法論で、慢性的な人手不足で疲弊しきっている医療や介護の現場の人にとって、理想の姿と言えるのかもしれません。ユマニチュードについて認知症が進み、あるいは自分で出来ることが減り頑なになっている高齢者の介護は意思疎通が難しいものです。何故癇 [続きを読む]
  • 老人ホームを姫路市で確認。高齢者介護に積極的。
  • 「姫路市の老人ホーム」をチェックしました。姫路市は神戸市に次ぐ、兵庫県の主要都市です。世界文化遺産にも指定されている国宝「姫路城」をはじめ、動物園や水族館、美術館や遊園地などさまざまなエンターテイメント施設もあります。県外だけでなく海外からの観光者も多い、非常に活気のある都市となっています。高齢者福祉に力を入れている街市内の総人口に対する65歳以上の人口の割合を示した高齢化率では、2013年に23.7%とな [続きを読む]
  • 動物に癒される高齢者。アニマルセラピーが人気です。
  • 可愛いらしい動物は人の心を癒してくれるものです。その癒し効果をいかそうというアニマルセラピーが世界中に広まりつつあります。アニマルセラピーの発祥はイギリスといわれており、200年以上前から動物たちは辛い状態にある人々を慰めてきました。そしてこの動物たちによる癒しはここから各国の精神疾患治療施設や老人ホームへと普及していきました。アニマルセラピーの効果医療の場においては、アニマルセラピーは動物を治療の [続きを読む]
  • 頭も身体も使うレクリエーション。認知症の予防に最適。
  • 認知症のなかでも特に患者数の多いのがアルツハイマー型認知症で、これに罹患すると脳は脳細胞が死滅して、脳が萎縮してしまうようになります。その予防には海馬の中で脳由来神経栄養因子を十分に分泌させて、脳内の神経を生成させる必要があります。この海馬と言うのは脳内の記憶に関与する部位です。新しい神経をつなげて脳の再生を促すためには脳を刺激することが大切で、それには頭だけでなく同時に体も動かすことが勧められま [続きを読む]