イーシーキュー さん プロフィール

  •  
イーシーキューさん: 第二種電気工事士技能試験に合格するためのステップ
ハンドル名イーシーキュー さん
ブログタイトル第二種電気工事士技能試験に合格するためのステップ
ブログURLhttp://www.denkou2syu.net/
サイト紹介文第二種電気工事士技能試験に合格するために技能講習会などを通して合格までの案内をしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 100日(平均2.2回/週) - 参加 2017/03/19 19:40

イーシーキュー さんのブログ記事

  • 第二種電気工事士技能|圧着ペンチの圧着間違いでピンチ?!
  • 第二種電気工事士技能|圧着ペンチの圧着間違いでピンチ?!第二種電気工事士の技能試験では最後のリングスリーブ圧着は一番集中力のいる作業です。ここで、圧着を間違えると、リングスリーブの圧着やり直しとなります。再度、被覆を剥ぎなおし、リングスリーブを圧着するまで、リカバリに2分ほど追加してしまいます。作業終盤にこんなことになると最悪です。あまりにも急いでいるとこんな圧着までやってしまいます。それがこれで [続きを読む]
  • 第二種電気工事士技能|渡線(わたり)について取り上げます
  • 第二種電気工事士技能|渡り線(わたり)について 渡り線の色は何でもよいかすっきりした渡り線の渡し方Amazonで第二種電気工事士関連の器具、工具、参考書を探す渡り線の色は何でもよいか渡り線の色は何でもよいわけではありません。非接地側の渡り線渡り線でよく使われるのが非接地側のものです。おもにスイッチ(点滅器)の部分に使われます。施工条件でその点が次のように記されています。電線の色別(絶縁被覆の色)は次によ [続きを読む]
  • 第二種電気工事士|複線図の書き方のコツ
  • 第二種電気工事士|複線図の書き方のコツ第二種電気工事士の筆記試験の配線図問題および技能試験においては複線図を確実に書けるかに大きく左右してくる。筆記試験では複線図が分からなくて答えが間違っていても他の問題で合わせて60点とれば合格ですが技能試験では複線図が間違っていれば当然のことながら誤結線ということで不合格となる。複線図が苦手な方は暗記という方法もあるが、決してお勧めしない。むしろ複線図の書き方を [続きを読む]
  • 第二種電気工事士技能 剥ぎ取り工具の二刀流
  • 第二種電気工事士技能 剥ぎ取り工具の二刀流VVFの剥ぎ取りのスピードは試験の制限時間にも影響してくるのは誰もが経験するもの。剥ぎ取りであせるあまり被覆を傷つけてしまう場合がある。 写真はどちらもVVFストリッパーのホーザンP957でやってしまったもの。左側はエコケーブルを剥ぎ取りした時のもの。エコケーブルは外装はどちらかというとはぎやすいタイプで絶縁被覆のほうがP958では力やこつがいる。右側の写真もP957 [続きを読む]
  • 第二種電気工事士|複線図を結線しやすいように書いておく
  • 第二種電気工事士|複線図を結線しやすいように書いておく第二種電気工事士の技能・実技試験では複線図を書く人がほとんどです。複線図は接続および電線の色を間違わずに書いておけば問題はないのだが・・・複線図を実際の結線をする時のためを考えて書いておくなら間違いを少なくしかも早く結線できます スイッチとコンセントの組み合わせの複線図を書いてみるスイッチとコンセントの組み合わせが出てくる問題としては公表問題 [続きを読む]
  • 第二種電気工事士筆記試験の配線図と複線図
  • 第二種電気工事士筆記試験の配線図と複線図配線図問題には結線個所の部分に使用されるリングスリーブの数や種類を問われるものや差し込みコネクタの種類と数を問うものが必ずある。そうした問いに対しての答えを出すためには配線図のジョイント部分を複線図に直す必要があります。問題によっては配線図の中にはないジョイント部分を仮に作って複線図に直さなければなりません。平成26年度下期の配線図は手ごわかった!平成26年度の [続きを読む]
  • 第二種電気工事士|技能・実技講習始まりました
  • 2017年度(平成29年度)第二種電気工事士|技能・実技講習が始まりました。ECQは平成29年度の第二種電気工事士の技能・実技講習会をすでに3月より始めております。平成29年度の技能試験の問題が今年の一月に公開された頃から問い合わせがあり、筆記試験が行われる6月より前の段階で講習を受けたいとのことでした。試験センターによる技能試験のの問題が公表された時期を同じくして、29年度から欠陥事例なども公開され合格に関する [続きを読む]
  • リングスリーブでの圧着の時短(時間短縮)
  • 意外な「ちょっとした時間短縮」 これはリングスリーブなどの圧着の際の時短の話みなさんはリングスリーブを圧着したあと圧着ペンチをいったん閉じてしまいませんか?そう言えば・・・・あるある・・・。つい几帳面な性格が出て圧着のたびに元に戻してしまうのです。圧着毎に圧着ペンチを閉じていると次のリングスリーブを圧着する際にまた圧着ペンチを開かなければなりません。それで・・・・圧着が終わってペンチが開いた状 [続きを読む]
  • 少人数制技能講習を選んで欠陥をなくそう
  • 少人数制技能講習のメリット平成29年度より公開された技能試験のポイントには欠陥例がより詳細に分かるようになったものの、今までの技能試験のように軽欠陥による採点がなくなったため、一つでも欠陥があれば不合格となる。よく観察されたのが今まで言ういわゆる「軽欠陥」です。知らず知らずのうちにこうした欠陥がある作成を行っているのが現状です。少人数制技能講習は疑問を尋ねやすく不安を解消できる少人数制のメリットその [続きを読む]
  • 技能試験|メジャーを使わずすっきり仕上げるには
  • 技能試験でメジャーを使わずすっきり仕上げるには技能試験の問題には寸法図画記載されている。指定されている寸法は器具の中心からジョイント部分までで、接続用にはぎ取る部分は含まれていません。主な寸法は150ミリと200ミリです。 試験センターの欠陥判断基準によると寸法に関しては次のような注解がある。寸法(器具にあっては中心からの寸法)が,配線図に示された寸法の 50%以下のものこの説明によると、150ミリが指定 [続きを読む]
  • 筆記対策ー配線図問題で使用されている図面で気が付いたこと
  • 配線図問題で使用されている図面で気が付いたこと平成29年度の電気工事士の上期申し込みも終わり、これから筆記試験に向けて準備をしておられることでしょう。今回は、筆記試験に出てくる配線図問題に注目配線図問題は筆記試験の50問中20問が出される。先の記事にも書いたように複線図を書けないと解けない問題がいくつかある。そこで昨年の配線図問題で気がついたことがある。それは・・・配線図は同じ傾向のものが繰り返し使用さ [続きを読む]
  • 知っておくべき施工条件|落ちた理由は施工条件にあり
  • 知っておくべき施工条件第二種電気工事士技能試験において施工条件は必要であり、条件がなければ作業ができない。試験ではこの施工条件は問題単線図と共に記載される。施工条件には基本的に共通しているものがあるのでまず知っておくべき基本条件をあげておきます。知っておくべき基本的な施工条件電線の色別(絶縁被覆の色のこと)は次による1)電源からの接地側電線には、すべて白色を使用する2)電源からの非接地側電線にはコ [続きを読む]
  • 技能試験の予想サイトに頼れなくなったのはなぜ
  • 技能試験の予想サイトに頼れなくなったのはなぜ?今まで第二種電気工事士の技能試験において、今年は何番が出るんだろう?試験を受ける者にとっては当然知りたい情報です。こんな知りたい感を補っていたのが電気工事士の予想サイト。ところが・・・試験センターの考え方に変化が・・・。 予想すること自体に意味がなくなった新しい試験制度(平成18年度)になってから、毎年、技能試験は全国共通の問題がずっと続いてきた。年 [続きを読む]
  • 女性はなぜ第二種電気工事士の資格に合格しやすいのか
  • 女性はなぜ第二種電気工事士の資格に合格しやすいのか近年、第二種電気工事士の試験を受ける皆さんが多くなってきたようです。ECQの技能講習にも女性の方が毎年参加されるようになってきました。電気工事士の資格を取る目的は様々ですが、ECQ技能講習に参加された女性の合格率は90%です。全国ではどうか分かりませんが、ECQに参加された女性の皆さんの傾向を分析してみました。女性が合格しやすいのはなぜ?女性もいろいろなタイプ [続きを読む]
  • 電気工事士筆記試験突破|超文系でも大丈夫
  • 超文系でも第二種電気工事士に試験は大丈夫なのか毎年かなりの数の人がこの電気工事士に試験に挑んでいる。その中には実際の電気工事の仕事に携わっている人は少ないです。近年は、空調関係、つまりエアコン取り付け業者関係の人が資格取得の必要性が増したためか多くなりましたが・・・実際のところ、全国でどれくらいの人が電気関係で電気工事士の資格を取ろうとしているかは分かりません。受験申し込みの段階で現在の仕事などの [続きを読む]
  • 電気工事士試験で使用されているランプレセプタクルは?
  • 技能試験ではさまざまな器具や電線が支給される。なかでもランプレセプタクルは候補問題13問中12問で使用されるため練習には必須である。本試験で近年、採用されているレセプタクルは明工社のレセプタクルのようだ!それまでは違うメーカーのものだった。それではどこが違うのだろうか?まず写真をご覧ください まず、2つ並んだレセプタクルを紹介。左がパナソニック製。右側が明工社製。比べてみてわかるのが、端子ねじの部 [続きを読む]