ねこっぽ さん プロフィール

  •  
ねこっぽさん: 水仙の小さな旅の思い出ブログ
ハンドル名ねこっぽ さん
ブログタイトル水仙の小さな旅の思い出ブログ
ブログURLhttp://dogenshiyorune.muragon.com/
サイト紹介文写真を「撮る」ことが好きです^o^ 今は携帯が主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮って
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 99日(平均1.7回/週) - 参加 2017/03/20 01:17

ねこっぽ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中欧ヨーロッパ旅行 5日目 チェコ レドニッツェ城からプラハへ
  • また同じような菜の花と牧草畑なのに、ずっと続く風景にやっぱりわくわくしてしまう私…自分がこういう広々とした景色に植えているのを再確認した。 むこーの方に列車が来ているようだったけれど、残念ながらバスの方が早かった ここでも、じーっと見ていたら飛び跳ねる耳の長いタイプのうさぎたちが見えた 渡る川は、道路と水面との差が小さくてゆったり流れている 耕された土の色は結構赤っぽかった トイレ休憩を挟んで走る [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行 5日目 スロバキアのプラチスラヴァ
  • H交通社のパック旅行はかなり強行軍なプラン〜楽なプラン迄色々あるけれど、ホテルはかなりいいようだ。朝早くから夜迄観光することも多いので、寝てシャワーを浴びられれば十分なのに、今回も初日からかなり(私にしたら(笑))ゴージャスだった。 今日は余り広くなく並かな^^;。でも部屋の設えや家具・カーテンなどはオシャレだった 窓からの眺め 緑の丘だ カジュアルな感じの朝ごはん。今日も歩くのでしっかり食べる。 [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行 ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
  • ホテルはメルキュール・ブダ。 部屋について一息ついたら、すぐにドナウ川ナイトクルーズへ出かける これは「絶対いいよ!」との前評判を聞いていたので、わくわくして参加(笑) 夕暮れ時の淡い水色の空がすっかり漆黒の闇になる間の1時間ちょっと、両岸のイルミネーションをお楽しみ下さいというけどどうだろう。ここがどう変わるのかな? 昼間に一方通行で数回渡ったマルギッド橋の駐車場でバスを降りる頃、やっと夕焼けが [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行・ブダペスト市街観光
  • このツアーにしてはゆっくりの9時にホテルを出て、ハンガリーのブダペストへ向かう。 トイレ休憩を挟み、バスで移動の間ずっと緑の草原と菜の花畑が続く。 川を幾つか越え 草原が続く 途中でトイレ休憩。草原の中には菫や大いぬふぐりなどが咲いていたが、沢山のタンポポの綿毛が飛んでいて積もっていた。雪みたいにふわふわしており、かなりの量でびっくりした。 今は手続き不要だが、国境の検査場 昔は結構パスポートの提 [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行・ウィーン巡り 3日目午前
  • ウィーンは9年ぶり。学友協会ホールで日本語の歌を歌うクリスマスコンサートに参加してから随分経つが、大好きな街だ。 朝起きたら、部屋からの景色はこんな感じだった(笑)。いいなぁ、煙突!! 夜と昼とではかなり印象が変わる 朝食はブッフェスタイル しっかり腹ごしらえして一番歩く1日に備える  種類の多いパンもそうだが、ヨーグルトもサーモンもとても美味しい。 ホテルからは歩いてもすぐ ビーツィング駅 オー [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行・ウィーンへ 2日目夜まで 
  • オーストリアの西、ドイツ寄りのハルシュタットから北東の端のウィーン迄移動。ウィーンシェーンブルン宮殿近くののホテルに連泊する。 今度は無骨な切り立った山と緑の牧草と菜の花、湖が広がるバスからの景色も楽しむ。ずーっと続く菜の花に感動して同じだと分かっていても何枚も写真を撮ってしまう(笑)。黄緑が生き生きして菜の花が映える。そしてまた道路のすぐ近くでのんびり草をはむ馬・羊・牛たち。本当に癒される広々と [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行 2日目 午後ハルシュタット観光
  • 昼食後バスにてザルクカンマーグトのハルシュタットへ 細長い湖ブシュル湖、ウォルフガング湖を通って進むが、午前中かなりよく歩いたので、流石にバスでは眠ってしまった。 ザルツブルクから続くの岩塩を含んだ山々はかなり雄々しい。高い山には残雪が見えるのでかなり朝夕は冷えるようだ。 うとうとしている間についてしまった^^; 湖の岸辺に張り付くように家が建っているのが見える。風も爽やかで気持ちがいい 寝ぼけた [続きを読む]
  • 中欧ヨーロッパ旅行 2017.5.17〜24 初日
  • 主人が5月いっぱいで定年退職。有給も残っているし誕生日記念も兼ね中欧ヨーロッパ旅行に行くことにした。 母は旅行前後を入れて10日間のショートステイ。長いショートステイはいずれ来る施設への予行演習みたいなもの。尤も、1週間行った4月も「私は2日位泊まってきたかねぇ」と言っていたので、余り変化はないかも(笑) 主人の仕事に支障のない月半ば以降、ツアーで行きたい初めての所が沢山入って、直行便でしかも極力 [続きを読む]
  • 高い場所からの景色
  • 何とかと煙は高い所へ…というけれど、高い所から景色を眺めるのは好きだ(笑) 遠距離介護で10年以上福岡⇔東京の大抵スカイマーク便のルートから、晴れたらラッキーで色々な写真を撮った。また、高層ビルからの写真を撮るのも好きなので、結構行ったところから写真を撮っている。面白いのでまとめてみようと思う。 富士山は日本の象徴の1つで、嫌いな人は余りいないとは思うが、私は異常に好きみたい(笑)。動いている新幹 [続きを読む]
  • 沖縄公演・観光編 美ら海水族館・今帰仁城跡・古宇利島 
  • 演奏会も終わったので、後は観光のみ、ずいぶん気が楽になった。 今回の沖縄は3月にしては肌寒く、20度に満たない温度。長そでのTシャツにカーディガンを着てスカーフとダスターコートといういでたちで丁度くらいだった。3日目にやっと沖縄らしい強い日差しになり、帽子とサングラスが役に立つ。 8時にはホテルを出て、美ら海水族館→今帰仁城跡観光→あいあいファームで昼食→ワルミ大橋から古宇利苫へという観光ルート。 [続きを読む]
  • さくら色々
  • 東京は桜の開花宣言があった やはり桜は綺麗だ。桜の咲く前は時期的にバタバタしていることが多いけれど、どこかの桜は見に行く。ここ数年の綺麗だった桜を思い返してみた。 先ずは小頭町公園の桜 百年公園の桜 上野公園と不忍池あたり 板橋辺り 皇居 播磨坂と植物園 会津あたり 隅田川支流 横川あたり 浜離宮恩寵公園 墨田公園付近 白山神社 桜は青空をバックにピンクが濃いと一層綺麗だけど、春霞・曇り空の桜もま [続きを読む]
  • イタリア旅行 ベネツィアから帰国へ
  • 朝、食事の前に最後に運河の街を散歩してきた。 建物と運河の間には屋台の朝市がたっている。日本で見るのと変わらない野菜や果物 エビ以外はよくわからない海産物(笑) こちらは魚の切り身。ぶりではないけれどかなり大きな魚もあってびっくり ホテルから北に向かう運河をたどるってみる ランニングしている人もいる。岸にはボートなど個人使用のボート類が接岸されている。 ペルソナは窓や扉ごとに違って時代を感じさせる [続きを読む]
  • イタリア6日目 最後の街ベネチア観光 後半
  • ツアーの4〜5人ずつでゴンドラに乗って運河クルーズへ ゴンドラの色は黒の塗で、輝いている。片方だけから櫓をこぐので左右対称ではないとのこと。柳川の川下り等日本の船は船底は板を渡して平らなイメージだが、ぽっくりみたいな感じでちょっとコワイ(笑) 運河側にも出入り口がある ベネチアガラスを見に行った小道の橋の下をくぐる 時間は後先だけど、運河での写真 バス停のように待合の小屋がある 路地の方からの運河 [続きを読む]
  • イタリア6日目 最後の街ベネチア観光 前半
  • バスと並行して何台も鉄道から列車が入っていくのが見えた。 バスで港に入ったら、手回り品だけ持って後はバスがホテル迄運んでくれる。ガイドさんと待ち合わせて船で街に入り食事をして市街観光。そのあとゴンドラに乗って水路を行く。楽しみ〜^o^ ベネツィアには鉄道以外は車類から一端出で、ベネチアチェック・ポイントを通りベネチア・トロンケット港からボートに乗り換えて海から入る この杭が海の上にベネチアの地盤を [続きを読む]
  • イタリア6日目 美し都ベローナへ
  • ベローナという街自体あまりよく知らなかった。サッカーとかロミオジュリエットの街程度…ベネツィアに行くついでに立ち寄る位に思っていたが、大間違い!! 川と丘のある古くからのロマンチックな街で紀元前からの遺跡も多く、小さなローマとでもいおうか、イタリアのいところが小ぶりに詰まった感じで見応えいっぱいの街だった。 天気も回復して、ベルーナまでの窓からの眺めも楽しい のんびり馬が草を食べていて長閑だ トリ [続きを読む]
  • イタリア5日目 ピサからミラノへ
  • 見どころ満載の駆け足旅行も後半。 今日も小雨の中の傘を持っての観光になり、せっかくのピサの白く輝く大理石は見られなくて残念。とはいえ斜塔だけでなく、海洋王国として栄えたピサの洗礼堂や大聖堂もピサ・ロマネスクと言われて素晴らしいものだ。思っていたよりずっと大きくて、周りの空気に重さがあった。細部の装飾や建物自体も素晴らしかった。 斜塔だけでなく全体の地盤が弱い地域で、他の大きな建物も少し傾いていると [続きを読む]
  • イタリア4日目 フィレンツェ ウフィッツィ美術館など
  • イタリア自体文化遺産の宝庫で、たった数日ではきちんと見られないのは承知の駆け抜け 旅行というのは自覚している。なので、どこも「いつかはじっくり見たいなぁ」と思う場所ばかり。フィレンツェもわくわくするものだらけ(笑)。 昔美術の先生に「君は将来日本画か彫刻に進みなさい」と言われたけれど、リアル過ぎて彫刻は今一つ苦手だ。奈良の大仏さんくらいの大きさならまだ納得できるけど…イタリアの彫刻は外に置かれて下 [続きを読む]
  • イタリア4日目 ポンペイの遺跡見学
  • ヴェスヴィオ火山の噴火で西暦79年にポンペイの街は火砕流と灰によって埋もれた。遺跡として発見され、発掘作業が橋迫ったのは18世紀半ばということだ。 丁度TVで当時の様子を復元するドラマ仕立てのものや、女優さんが街を訪ねるドキュメントなど何度か遺跡の特集があって、一層興味が湧いた。2000年も前の街が灰に埋まって忘れ垂れていたのに、そのままの姿を見せてくれるなんてびっくりする以外にない。しかも当時既 [続きを読む]
  • イタリア3日目 アマルフォイからナポリへ
  • 映画に出てきた美しい風景の反響で、一躍アマルフォイは有名な観光地になり、旅行会社もこぞって立ち寄る場所に加えたそうだ。確かに高い崖になっている道路を、青い海とオ リーブに挟まれて走るのは気持ちいい。 蒼い海と崖に立つ街並みは似たような風景ではあるが、ずっと見ていても全然見飽きない。なので、バスの中から余り写りは良くない似たような写真が続く(笑) トイレ休憩を兼ねてお土産物屋さんへ。タイルや小物やリ [続きを読む]
  • イタリア3日目 カプリ島 青の洞窟・ソレント
  • 観光局の画像から。素人にはは無理だが、水底の白い砂が洞窟の天井にも反射してこんな風景になる ナポリの夕食、意外にも余り写真を撮っていなかった。お腹がすきすきだったのか、フツーの食事だったのか…^^;。 ナポリ港からカプリ島に向かうベベレッロ港でカプリ島のガイドさんと合流。先ずは向こうに行くジェットフォイル船は出るということで第一段階クリア。全く揺れずに、ひと時マリーナグランデまでの船の旅。 カプリ [続きを読む]
  • 過去の記事 …