もちくん さん プロフィール

  •  
もちくんさん: 男の子3兄弟を子育てするイクメン日記
ハンドル名もちくん さん
ブログタイトル男の子3兄弟を子育てするイクメン日記
ブログURLhttp://rp1l.net/
サイト紹介文男の子3兄弟の父が発信するブログです。自称イクメンです。子供との遊びや趣味などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 96日(平均7.1回/週) - 参加 2017/03/20 02:12

もちくん さんのブログ記事

  • 発達障害は時間を守れない?仕事ができないと思われる理由とは
  • 発達障害の方は仕事ができないと思われることが多々あります。身体的には何も問題がなさそうに見えますが、普通の人と同じように仕事ができないことがあります。社会人としての常識的な行動を取ることができないため、仕事ができないと思われてしまいます。 発達障害持ちは時間を守れない?たとえば朝、自分できちんと起きて始業時刻に間に合うように出社するのは社会人としての基本になりますが、中にはそれができないという人も [続きを読む]
  • 発達障害で仕事が続かない?仕事が転々とする人の対処法
  • 発達障害の方は自身の身体的、知的に遅れのない方も多く、自身の持っている障害に気が付きにくいです。そのため学校や職場でも孤立することが多く、自分の性格に問題があるということで片付けてしまっているケースが少なくありません。就職してからも職場の人と衝突してしまうことも多く、それが原因で仕事を転々とする人も多いです。 発達障害を自覚する中には仕事を転々とするのは自分の能力が劣っているからだと考えて、資格取 [続きを読む]
  • 発達障害の上司との付き合い方を考える
  • 社会的に知名度の高い方でも実は発達障害を抱えていたりします。事実大人の発達障害は増えてきています。今までそれが社会的に認知されていなかったことから、自身が障害を持っていることに気が付いていなかった方も少なくありません。実際に社会に出てから障害を持っていることに気が付くケースも多いのです。今後はますます発達障害の方と一緒に仕事をする機会も増えていくと考えられます。職場での理解が必要上手く仕事をこなし [続きを読む]
  • 大人の発達障害者は仕事か゛続かない?社会に適応の難しさ
  • 学生生活を送っていた時は、勉強もできて優秀な成績を収めていたのに、障害があることで社会にでてうまくいかず仕事が続かないというケースも発達障害を持つ大人によく見られます。 大人の発達障害は社会に出てからが大変社会に出たら同僚をはじめ上司、場合によってはクライアントと良好な人間関係を築いていかなくてはいけないため、不器用なところが突然目に付くようになり、時間や金銭的な部分、また自分の私物の管理をはじめ [続きを読む]
  • 発達障害がバイトするのは大変?向いているアルバイトとは?
  • 一つのことに集中しすぎてしまったり、人の話を聞くことができなかったり落ち着きがなかったり人との付き合いがうまくできないなどといった特性を持つ発達障害ですが、仕事をする上で健常者よりもミスが多くなったり誰もができることができなかったりすることもあります。発達障害の特性を見極めるだからといって、社会になじめないかと言えばそうではありません。その特性を活かして企業に勤めている発達障害を持っている方もいま [続きを読む]
  • 仕事ができないのは発達障害せい?その特徴とは
  • ミスが多くて仕事ができない、と思われている方はもしかしたら実は発達障害だったということがあります。周りとうまくコミュニケーションが取れない、仕事が思うように進められない、同じよなミスを何回もしてしまう、という場合は少し注意が必要です。発達障害とは?そもそも発達障害はとどんなものでしょうか?発達障害はコミュニケーション能力、問題解決、臨機応変、人付き合い、想像力や気を利かせるといったことが苦手な障害 [続きを読む]
  • 発達障害の適職を考える。特性を活かした働き方とは
  • 発達障害の方は仕事を得ること、そして得た仕事を継続して続けることが困難になるときがあります。発達障害の方は向いている仕事とそうでない仕事がありますので、その個性を生かした仕事を見つけることが長続きできる仕事を探すことにつながります。発達障害は数字の分析に強い発達障害は色々なパターンがありますが、一般的に細かいデータの分析など一つの作業に集中するものが向いています。データアナリストもその一つになりま [続きを読む]
  • 発達障害は仕事探しが大変?仕事選びのコツ向いている職業を考える
  • 発達障害の方は仕事を探すのに苦労します。見た目にも健常者と同じであることから、健常者と同じレベルを求められます。しかしながらコミュニケーションを取ることが苦手であるため、面接で落とされてしまうことも多いのです。また今までに仕事をしたことがあるけれども、長続きしなかったというケースも少なくありません。発達障害の人が長く仕事を続けるためには発達障害の方が長く仕事を続けるためには、自分に合った仕事を見つ [続きを読む]
  • 発達障害でミスが多い、仕事辞めたいの原因と対処法とは?
  • 発達障害の方は一般の方と比べて仕事辞めたいと思うことが多々出てきます。その原因として考えられる理由の一つがミスが多いことです。発達障害にもいろいろなタイプがありますが、中には人の話を本来の意味で理解できないタイプの方もいます。耳からの情報が苦手?口で仕事のやり方や納期について説明をしっかり受けたつもりでも、それがきちんと理解されていなかったり、全く理解できていなかったり、説明されたことを忘れてしま [続きを読む]
  • 発達障害で仕事できないときに気を付けるべきこととは?
  • 発達障害の方は人とコミュニケーションを取ることが苦手です。そのため仕事に就けたとしてもそれが原因で周りの人と上手くやっていくことができず、孤立してしまうケースも少なくありません。自分が孤立してしまったり、解雇されてしまったりすると自分に実力がない、自分の性格がおかしいと思って自己嫌悪に陥ってしまいます。コミュニケーションを円滑に進める工夫を行うことで仕事上でのトラブルを防ぐことが可能になります。タ [続きを読む]
  • 折れ線型自閉症の症状とは?今まで出来ていたことが出来なくなる?
  • うちの長男は発達障害で、自閉症の兆候が表れてから折れ線型の成長を見せました。このページをご覧いただいた方々はおそらく、同様の状況であるか、もしくは自閉症であるか心配されている方かと思います。ここでは、うちの子の例になりますので、必ずしも同じ症状でないかと思いますが、参考になればと思います。折れ線型自閉症とは?そもそも折れ線型の自閉症とはどんなものでしょうか?言葉の通り折れ線型の成長を見せる自閉症な [続きを読む]
  • 発達障害者で仕事ができない時の対処法
  • 発達障害の方が大人になっても、自分自身が障害を持っていることに気が付かず生活を送っている方が少なくありません。病院を受診しなければはっきりと診断はつきません。職場で周りの人と上手くコミュニケーションが取れない、最悪仕事を辞めさせられてしまったといった事態が起こり、それが原因となって精神的に追い詰められ病院を受診して発達障害が発覚するケースが見られます。発達障害とは?発達障害の方は仕事ができない自分 [続きを読む]
  • 発達障害の人が転職を成功するために考えなければいけないこと
  • 発達障害により最も多いとされているトラブルが人間関係であると言われています。他人の感情を理解するのが難しかったり、指示や指導されたことが理解できないことからトラブルに発展してしまうことが多い傾向にあります。発達障害は個性的発達障害の症状や特徴にも個々に異なってきますので、得意とすること、不得意とすることを理解し、それに適した職場を見つけていくことが大切です。仮に能力に見合った職場ではないところに転 [続きを読む]
  • 発達障害の人の仕事で行いたい工夫とは?
  • 発達障害の方はせっかく就職先を決めても、その後仕事が遅い、周りとの協調性に欠けるなどの理由で職場でいづらくなる、解雇されてしまうケースが少なくありません。自身が発達障害を抱えていると自覚しているのであれば、職場で上手くやっていくための工夫が求められます。発達障害の人は視覚優位発達障害の方はコミュニケーションを苦手としている方が多く、耳から受ける情報を処理することを苦手としやすいのです。そのため口頭 [続きを読む]
  • 発達障害者を迷惑に感じる職場は多いのか?
  • 残念ながら身体障害者と比べて発達障害者に関連する理解度、認知度は低いのが現状です。職場でも障害者に対する理解がまだまだ浸透しているとは言えず、たとえ障害者であることを職場の上司や同僚に告知しておいても、障害者を迷惑に感じている職場の方も少なくありません。発達障害者の理解がすすまない理由としてはいくつかの原因が考えられます。 発達障害について同僚の認知の低さがある一つは身体や知能といった目に見え [続きを読む]
  • 大人の発達障害者は仕事が続かない?その対策について
  • 頭脳明晰であり難関大学を卒業しているにもかかわらず、社会に出てから仕事ができない、周りとの協調性が取れない方がいます。そのような方は発達障害である可能性が高いと考えられます。大人になってからもきちんと仕事を続けていくためには、まずは自分自身が発達障害であることを自覚することです。身体や知能に問題があまり見られないことから、発達障害を見極めることが困難でそれに気が付かないまま日常生活を送っている方も [続きを読む]
  • 大人の発達障害者の支援について
  • 発達障害を抱えている方が一般の方と同じように社会に出て働いていくことは簡単ではありません。職場の上司や同僚だけでなく、自身が発達障害であるということを認識しないまま仕事をされている方も少なくはありません。「障害」であるから支援がある 周りが障害に関して理解がないと、単純に仕事ができない人、社会生活に適応できない人とみなされてしまって仕事が長続きしなくなるのです。発達障害の方を支援するために、さ [続きを読む]
  • 大人の発達障害の特徴とは?
  • 周りとコミュニケーションがうまくとれない、協調性がないなどの理由で子供の頃に発達障害であることに気が付くケースもあります。しかしながらそれに気が付かないまま成長していまって社会に出る方も少なくありません。その結果仕事が長続きしなかったり、職場でコミュニケーションが取れず疎外感を感じてしまったりして仕事を辞める方も少なくありません。そして転職をしても同じことで悩みまた仕事を辞めるのです。そのような方 [続きを読む]
  • 発達障害の人に向いてる仕事とは?
  • 学校での成績はとても優秀だったのに、社会に出てからというもの仕事ができず孤立してしまったり、仕事もすぐに辞めてしまう大人の発達障害が増えてきています。 発達障害を抱える人に向いている仕事や職業とはどんなものでしょうか?発達障害と仕事大人の発達障害で見られるのは、やらなくてはいけないことを先延ばしにしていたり、約束をしていたことが守れない、忘れてしまうというものです。さらには、時間に遅れてしまったり [続きを読む]
  • 発達障害が仕事が遅い原因とは?
  • 子供の頃はちょっとくらいミスをしても許されますが、大人になってからではちょっとのミスでも許されない場面が出てきます。子供の頃に落ち着きが無かったりしても大人になるにつれてそれが改善されていくケースもありますが、大人になってもなおそのような状況が続く方もいます。 仕事ではちょっとしたミスが命取りになることも昔は日本では一度就職したら同じ会社にずっと勤め続けられる終身雇用の制度が安定していましたが [続きを読む]
  • 大人の発達障害の特徴とは?
  • 年齢関係なく、発達障害を持つ人は他人との関係を作ったりコミュニケーションを取るのが苦手という特徴があります。なので、その行動や言動は他者から「変わった人」「自分勝手な人」「自己中」など誤解されてしまうことも多く、敬遠されることも少なくありません。これは脳機能に障害が起こってしまっているための特徴であり、幼少期の育て方や過ごし方が悪かったわけではありません。ただ、人よりも優れた能力を持っていることも [続きを読む]
  • 発達障害の仕事の選び方はどうしたらいいか?
  • 仕事がどうしても続けられない大人の発達障害の場合、職業選びが重要になることが多いです。仕事を選ぶ時は、できれば自分で見つけるのではなく障害者職業センターや発達障害支援センターなどに相談することが大切です。仕事選びは公的機関を利用しようなぜ、自分で見つけるのがよくないかというと、どうしても賃金や休日など仕事の内容より給与などを優先してしまうからです。いくら仕事の条件が良かったとしても仕事が自分に合う [続きを読む]