如月虹 さん プロフィール

  •  
如月虹さん: kaleidoscope
ハンドル名如月虹 さん
ブログタイトルkaleidoscope
ブログURLhttp://kisaragikou0220.hatenablog.com/
サイト紹介文自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、鬱病、アールブリュット作家。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 11日(平均17.2回/週) - 参加 2017/03/20 11:00

如月虹 さんのブログ記事

  • 2〜3歳のころ
  • 2〜3歳のころのこと2歳頃から、鮮明な記憶が一気に増えていきます。このころに見た夢の内容も、覚えています。2歳半のころもうすぐ弟が生まれる、ということで、家族で出かける機会が減るだろうからと、遊園地へ連れて行ってもらいました。ステージショーの席のところで、おにぎり屋さんで買ったおにぎりを食べ、ソフトクリームを食べたことを覚えています。そして、ポールを中心にして回る、ヘリコプター型の乗り物に乗 [続きを読む]
  • 絵の新作「Mystic white」
  • 細密画の新作絵の新作が完成しました!題名は「Mystic White」です。今回は、細密画でシルエットにしてみました。なんかいい感じになったんじゃないかなー!↓りんかく↓完成Mystic white。神秘的な白。白黒の絵の白の部分と、もう一つ別の意味があります。その意味は…ナイショ(笑) [続きを読む]
  • 2歳ころ・脱走事件
  • 2歳ころ歩けるようになってからは、特に検診などで引っかかることもなく。順調に成長しました。スカートを嫌がった以外は…。ずっとズボンをはいていたので、「これは着るもんじゃない!」と抵抗したのだとおもいます(笑)結局父親に、可愛い、良く似合うとおだてられて、しぶしぶ着たそうです。脱走事件ただ、一つだけ事件がありました。私の記憶にはありませんが。一度だけ脱走しました。祖父が、病院に入院して。定期的 [続きを読む]
  • 誕生〜1歳半ころ(療育のことも)
  • 如月の乳幼児期母親から聞いた、私の乳幼児期の様子を書き記したいと思います。私は、発達障害の診断を受けたのは大人になってからですが、幼いころから手のかかる子だったようです。誕生私は、昭和も終わりのころ、真冬に生まれました。出生時の体重は、2200g。今でいう、低出生体重児でした。冬も冬、雪が積もるような寒さだったうえ、小さく生まれたので、すぐ保育器に入れられたそうです。哺乳力が弱い産院でミ [続きを読む]
  • 発達障害の診断が出た
  • 発達障害と診断された前回の続きです。結論から言うと、私は自閉症スペクトラム障害と診断されました。いざ!精神科へ!相談したいことなどをすべて書き出した私は、思い切ってメンタルクリニックに電話しました。初診のみ、予約制だったからです。そして、数日後の夕方の予約を取りました。仕事を終えてから行くため、夕方でなければ行けなかったからです。そして、当日。仕事を終えて、病院に電話すると、偶然空いていて、 [続きを読む]
  • 発達障害の診断の為に病院を受診
  • 発達障害の診断を受けるに至るまで私は、26歳の時に自閉症スペクトラム障害の診断を受けています。なぜ、大人になって診断を受けるに至ったのか。その経緯を、書いてみようと思います。大学生のころ事の始まりは、大学生の頃。当時、「光とともに」がドラマ化されました。メインテーマである、「自閉症」という障害。この時、はじめて「自閉症」という言葉を知りました。元々、知識欲が旺盛だった(今から思うと、これも [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害と疲れやすさ
  • 自閉症スペクトラム障害の人は疲れやすい自閉症スペクトラム障害の人には、疲れやすい人が多いように思います。元々持って生まれた体力や、年齢的なものもあるかもしれませんが。基本的に、出かけると疲れ果てて爆睡してしまったり。仕事などで疲れ果てて、それ以外の生活行動ができなくなってしまったり。そういったことが多いように見受けられます。そういう私も、体力がなく、非常に疲れやすいです。1日1〜2時間の簡単 [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害と病気
  • 自閉症スペクトラム障害と病気や体質自閉症スペクトラム障害を抱えている人は、合併しやすい病気があります。てんかん一番有名なのは、てんかんです。てんかんの有病率が、健常者に比べて多いと言われています。特に、知的障害を伴う自閉症の場合、顕著に有病率が高くなる、と言われています。自閉症自体が、脳の機能の何らかの異常が原因で引き起こされると言われていますから、不思議ではないでしょう。てんかんとは、 [続きを読む]
  • またもや障害者歯科へ
  • 障害者歯科にかかっています障害者歯科とは、障害や病気を抱えていることにより、一般の歯科医院での治療が難しい患者さんを専門に受け入れている歯医者さんです。知的障害や自閉症、肢体不自由、てんかん、認知症、コントロール不良の高血圧など、様々な障害や病気を抱える人を対象としています。たいてい、都道府県に1つは設置されています(設置されていない地域もあるようです)。私も、障害者歯科を利用させてもらっていま [続きを読む]
  • アレルギー検査の結果
  • 2度目のアレルギー検査花粉症や食物アレルギー、化学物質過敏、ぜんそくなど、様々なアレルギー症状を持っている如月です。今回、花粉が原因で顔が腫れたのでは?と言われたことがきっかけで。改めて、内科でアレルギー検査を受けました。今までにも1度受けたことがあるのですが。全部陰性でした。そのころよりも、検査の感度が良くなっているとのことで、もう一度調べてみることに。検査の結果きっといろいろ出るに違 [続きを読む]
  • DSM-5における自閉症スペクトラム障害の定義
  • DSMという診断基準DSMとは、アメリカ精神医学会が定めた、精神疾患の診断基準です。世界中でこれをもとに、精神疾患の診断が行われています。(診断書では、ICDという国際的な基準が用いられます)DSM−5が発表されたときに、話題になりました。なぜなら、自閉症関連の障害の項目が、大きく変わったからです。DSMーⅣ十数年使われていたDSM−Ⅳでは以下のような分類になっていました。広汎性発達障害 [続きを読む]
  • 主治医の現実逃避
  • メンタルクリニック通院日昨日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。いつものように、朝イチで診察券を出しに行き、いったん帰宅。かかりつけのメンタルクリニックは、我が家から徒歩1分のところにあります。なので、病院の待合で待つのが苦手な私は、いつも家で時間をつぶしています。9時半過ぎに病院に戻ったのですが、時間がかかる人が多かったみたいで、結局45分くらい待ちました。新患さんも多いって言ってた [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害の原因は?
  • 自閉症スペクトラム障害の原因って、わかっているの?自閉症スペクトラム障害について、いろいろと書いてきました。自閉症スペクトラム障害の原因って、分かっているの?どのくらいの人数がいるの?今回は、それに関して書きたいと思います。自閉症スペクトラム障害の人はどのくらいいる?最近では、100人に1人とも、ごく軽いグレーゾーンの人まで含めると、100人に5人とも言われています。また、自閉症スペクト [続きを読む]
  • 絵の新作「虹をたべたねこ」
  • 絵の新作です。「虹をたべたねこ。」 最近、同心円模様がお気に入り。左下には、如月のマークでもあるナメクジさんがいます。 ↓線画 ↓完成 色を塗ってから、色を塗らずにいたほうがよかった…?と思ったり。ねこのモチーフ、結構好きです。他にもねこシリーズを描きたいと思っています。どんな風に描くか…ただいま、思案中です。 [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害の人への対応は?
  • 自閉症スペクトラム障害の人への対応、具体的には?前回までに、自閉症スペクトラム障害の人の特性を、いろいろと取り上げてきました。では、実際に自閉症スペクトラム障害の人に接するとき、どうすればいのか?ネットを検索してみると、健常者側からの観察による接し方が、沢山載っています。ですので、ここでは、自閉症スペクトラム障害当事者からのお願いとして、対応方法をご紹介したいと思います。話すときに気を付ける [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害とパニック
  • 自閉症スペクトラム障害のパニック自閉症スペクトラム障害にはつきものの、パニック。(メルトダウンと呼ばれることもあります。私の感覚としては、パニックというよりもメルトダウンのほうがイメージ的には近いです)パニックにはいろんなタイプがある重度の自閉症の人のパニックは、結構有名ですよね。泣き叫んだり、頭を壁に叩きつけたり、自分で自分を殴ったり、自分で自分に噛みついてしまったりする、自傷行為。はじめ [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害のその他の特性
  • 自閉症スペクトラム障害のその他の特性前回は、自閉症スペクトラム障害の3つ組以外の特性のうち、感覚過敏・鈍麻について取り上げました。今回は、それ以外の特性について取り上げましょう。忘れられない自閉症スペクトラム障害は、「忘れられない障害」であるとも言われます。どういうことかというと、今までに経験したこと、見たもの、聞いたことを、忘れることができないのです。多数派さんは嫌なことがあっても、それ [続きを読む]
  • 絵の新作「さくら」完成!
  • 絵の新作、「さくら」が完成しました!日に日に、日差しも春らしくなり。暖かくなってきました。もうじき、桜が咲きますね!!↓描きはじめ↓完成ちょっとさみしい気もしますが。これで完成です。最初は、周囲を青系の色で埋めるつもりでした。でも、そうするとぜったい絵がうるさくなるよな…と思ったので。これで完成とします。きれいに真ん中に描けずに、上下左右どちらかに寄ってしまいますが。それも如月の [続きを読む]
  • 感覚過敏・感覚鈍麻について
  • 感覚過敏と感覚鈍麻前回までに、自閉症スペクトラム障害の3つの基本的な特性を取り上げました。今回は、最新のDSMー5において、自閉症スペクトラム障害の診断基準に含まれるようになった感覚過敏・感覚鈍麻について触れようと思います。感覚過敏は、ウイングの3つ組には含まれていません。(DSM−Ⅳまでは診断の基準に含まれていませんでしたが、DSM−5からは基準に含まれるようになりました。DSM−5について [続きを読む]
  • 社会性の障害について
  • 社会性の障害について前々回の「想像力の障害」、前回の「コミュニケーションの障害」に続いて、今回は「社会性の障害」についてお話ししましょう。社会性の障害・向かい合っていても視線が合わない。・無理に視線を合わせようとすると嫌がって視線をそらしたり、顔をそむけたりする。   ・名前を呼んでも、耳が聞こえていないかのように反応しない。・人に関心を示さず、そばに人がいてもまるで誰もいないかのように振る [続きを読む]
  • コミュニケーションの障害について
  • 自閉症におけるコミュニケーション障害とは?前回は、想像力の障害についてのお話でした。今回は、自閉症スペクトラム障害における、コミュニケーションの障害について、お話ししたいと思います。コミュニケーションの障害・言葉が出ない、あるいは言葉が出るのが遅い。・おうむ返し(即時性・遅延性)がある。・ジャーゴン(宇宙語)がある。・言葉は出ていても、イントネーションがおかしかったり、使い方がおかしい。・ [続きを読む]
  • 常同運動、興味のかたより、こだわりについて
  • 前回の記事で、「ウイングの3つ組」についてお話ししました。その3つ組の3つ目、「想像力の障害」で取り上げた、常同運動と興味の偏り、こだわりについて、今回はお話ししたいと思います。常同運動・手を目の前にかざして、光をすかして見るように眺める・手をひらひらさせたり、手を鳥がはばたくようにパタパタと振る(フラッピング)。・その場でくるくると、バレリーナのように回り続ける。・つま先立ちで歩く。・その場で [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害って、どんな障害?
  • 自閉症スペクトラム障害と診断される条件前回、自閉症スペクトラム障害とは、様々ある障害の中で、どの位置に存在するのか、ということをお話ししました。では、自閉症スペクトラム障害とは、具体的に、どのような障害なのでしょうか?自閉症スペクトラム障害と診断されるには、3つの障害がそろうことが必要とされています。その3つの障害は、自閉症スペクトラム障害の定義の発案者にちなんで、「ウイングの3つ組」と呼ばれ [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム障害ってなに?
  • 自閉症のイメージ最近、よく耳にするようになった「自閉症」。「自閉症」ってどんなものか、ご存知ですか?引きこもりのこと?心を開かない子供のこと?親の愛情が足りなかった子?テレビばかり見て育った子?犯罪者予備軍?いいえ、どれも違います。自閉症とは、脳の機能が生まれつき、多数派さんとは違う人たちのことを言います。生まれつき、脳のつくりが、多数派さんとは異なっているために、多数派さんが理解できな [続きを読む]