tc1151234 さん プロフィール

  •  
tc1151234さん: 鉄道旅行と鉄道考察のブログ
ハンドル名tc1151234 さん
ブログタイトル鉄道旅行と鉄道考察のブログ
ブログURLhttp://tc1151234.seesaa.net/
サイト紹介文鉄道関係に特化した内容です。深めの考察やハイクオリティの記事と自負しています。
自由文関東の鉄道が中心です。まんべんなく紹介したいところですが、日常的に触れている会社が中心になる点はご承知おきください。
なお、私は立派な社会人です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 186日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/20 15:10

tc1151234 さんのブログ記事

  • 二子玉川での接続風景を観察する(休日下り篇)
  • 写真1. 接続の白眉、田園都市線準急と大井町線急行が接続東急田園都市線と東急大井町線が分岐する二子玉川駅。ここで接続の様子を観察しました。※時刻表からの考察は平日はこちら、休日はこちら(いずれも溝の口の時刻)。2) 下りの接続風景今度は下りの接続風景を眺めてみましょう(全て上りホームから観察)。どのようなダイヤで接続しているかをわかりやすく示すために、まずは簡単な時刻表を示すことにしましょう(表1)。表1. 休日 [続きを読む]
  • 二子玉川での接続風景を観察する(休日上り篇)
  • 写真1. 接続の白眉、田園都市線準急と大井町線急行が発車東急田園都市線と東急大井町線が分岐する二子玉川駅。ここで接続の様子を観察しました。※時刻表からの考察は平日はこちら、休日はこちら(いずれも溝の口の時刻)1) 上りの接続風景写真2. ホームから河川敷が確認できるどのようなダイヤで接続しているかをわかりやすく示すために、まずは簡単な時刻表を示すことにしましょう(表1)。表1. 休日ダイヤの両線の発車時刻(30分間の [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜案内ページ
  • 13年夏に北海道に旅行しました。鉄道で旅しました。今はなき711系や北斗星を収録しています。写真. 711系の勇姿1. 寝台券の入手と旅立ち【ページ】こちら【概要】旅立ちの準備(特に寝台券の入手)と函館までの道中を記しています。今はなき特急スーパー白鳥も収録しています。2. 北斗での移動と711系との出会い【ページ】こちら【概要】北斗号の乗車記(当時は定期列車は1日5往復しかありませんでした)と手稲から札幌までの711系乗車 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜サンダーバードの車窓から
  • 写真1. 恐竜がテーマの福井駅【ステージ2. 福井への移動】長かった京都とのお付き合い(1日ですけど)もおしまいです。京都から福井への移動は素直にサンダーバードを選択しました。湖西線は未経験のためです。写真2. 京都駅に入線する特急列車が入線してきました(写真2)。夏場なので、12両編成です。私の周りは結構席は埋まっていました(私は指定席を選択しました)。てっきり12号車が先頭と思いきや、1号車が先頭なんですね。私は大 [続きを読む]
  • 【逆ラッシュ】18時台の東上線上り急行・快速の混雑【乗車】
  • 写真. 夕方にも運転される快速夕ラッシュ時の混雑といえば、朝ラッシュ時ほどではないものの、さまざまなメディアで公表されています。それらのレポートは都心から郊外に向かう列車の混雑について書いたものばかりであり、逆方向の実態について踏み込んだレポートはほとんどありません。そこで、東上線の上り急行(快速もあります)によく乗車している私が何本かの列車に潜入して調査いたしました。※夕方の上りに快速はないと思いこ [続きを読む]
  • 【逆ラッシュ】7時ごろの東上線下り急行の混雑【実際に乗車】
  • 写真. かつては通勤客を運搬していた8000系電車朝ラッシュ時の混雑といえば、さまざまなメディアで公表されています。それらのレポートは都心に向かう列車の混雑について書いたものばかりであり、逆方向の実態について踏み込んだレポートはほとんどありません。そこで、東上線の下り急行によく乗車している私が何本かの列車に潜入して調査いたしました。[調査事例1. 池袋発7:15急行3号車]池袋ではほとんどの座席が埋まります。つま [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜宇治駅と平等院
  • 写真1. 美しい平等院鳳凰堂5) 平等院へ行く宇治駅に着いた私は平等院に向かって歩きます。写真2. 宇治川を渡る写真3. 221系が宇治川を渡る京阪宇治駅から平等院までは宇治川を渡る必要があります。そのため、宇治川を渡ります。私は奈良線を眺めしたが、普通の人は反対側の景色を見るのかな(写真2)?ちょうど221系がやってきました(写真3)。4両編成の車内は立ちもいるほどの混雑でした。みやこ路快速は6両編成にすべきです!写真4. [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜札幌からの帰宅
  • 【ステージ5. 札幌周辺の乗り鉄と北斗星】1) 学園都市線との触れ合い学園都市線電化後の姿を確認していませんでしたから、札幌からお手頃な区間まで乗車します。何系に当たるかドキドキしていましたが、結果的には733系でした。写真1. 733系の証拠 : ステップレス電車は学園都市線をゆっくり進みます。山手線よりゆっくりって一体…。札幌市内最後の駅、あいの里公園で下車です。写真2. あいの里公園全景(写真が下手で「あいの里」 [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜スーパー宗谷と733系との出会い
  • 写真1. 音威子府で出会った54系気動車【ステージ4. 札幌への帰還】ホテルが南稚内でしたので、南稚内からスーパー宗谷2号に乗り込みます。写真2. 南稚内駅構内(旭川方から稚内方を望む、写真右手が市街地方向)スーパー宗谷でも札幌に着けますが、旭川からスーパーカムイに乗り込みます。789系1000番台に乗ったことがなかった気がしましたので、乗車体験というところですね。写真3. 789系1000番台の車内(マニアなのでモーター車に乗 [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜北斗での移動と711系との出会い
  • 写真1. 札幌でたたずむ711系【ステージ2. 北斗での移動と711系との出会い】函館に到着しましたら、次は札幌に向かいます。接続列車は12:30発の特急スーパー北斗9号ですが、車内は既に立客が居る状況。軟弱者の私は札幌まで立てません。そのため、函館で昼食をとって、北斗91号で札幌に向かうことにしました。函館駅前は函館の中心から遠いらしく、路面電車で移動します。観光ガイドブックで函館のB級グルメが紹介されていました。 [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜スーパー宗谷との出会い
  • 写真1. 8/12でも寒い!【ステージ3. 札幌から稚内への移動】旅行2日目です。この日は稚内に向かい観光(定期観光バスに乗っただけですけど)しました。まずは稚内に向かう特急スーパー宗谷に乗ります。写真2. 札幌駅に停車中の特急スーパー宗谷写真3. スーパーカムイも似た表情スーパー宗谷は261系気動車が担当します(写真2)。新旭川周辺から先は非電化であるためです。一方、旭川までしか向かわない特急は電車が担当します(写真3)。 [続きを読む]
  • 13年夏北海道旅行記〜寝台券の入手と旅立ち
  • 【ステージ1. 寝台券の入手】旅行に行くには準備をせねばなりません。そこで、乗車券・特急券の入手、宿泊先の予約をいたしました。今回のキーは北斗星と考えましたから、10時打ちを狙いました。以下、北斗星乗車日の1か月前の7/14の様子を晒します。※現在、JR東日本の駅では10時打ちの事前受付を行っていないようです(私の見た限りです)。夏の北斗星は競争率が高いですから、1番に打ち出してもらわねばなりません。そのため、指 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜ダイヤ改正前の京阪電車に乗る(支線)
  • 写真1. 宇治駅ダイヤ改正前日の京阪特急に乗車して中書島までやってきました。中書島から宇治までは宇治線に乗り換えです。下りの特急と宇治線は同じホームで乗り換えられます。つまり、京都方面から宇治方面への移動、宇治方面から大阪方面への移動は階段なしで乗り換えられるのです。私は京都方面からやってきたので、同じホームで乗り換えられたのです。写真2. 宇治線の主、13000系写真3. 主の車内写真4. 主の車内2京阪宇治線の [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜ダイヤ改正前日の京阪電車に乗る
  • 写真1. 京阪電車の宇治駅4) 祇園四条から宇治までの移動:ダイヤ改正前日の京阪電車に乗る祇園四条から宇治まで移動することにしました。平等院鳳凰堂に行ったことがありませんでしたので、そこに立ち寄ろうとしたのです。行く経路は複数の候補があるでしょうが、今回は京阪電車を利用したのでした。写真2. 平日の時刻表は新ダイヤになっている写真3. 通過の表示駅表示の時刻表を眺めると、平日の時刻表はすでに貼り紙がはがされて [続きを読む]
  • 接続風景〜案内ページ
  • 写真. 青砥で接続する様子接続案内では、異なる2路線がどのように接続しているのか、という内容を扱います。基本的には、同一会社線の類似系統を扱います。例えば、京成本線と京成押上線のような関係の2路線です。1. 東急東横線と東急目黒線【概要】東急東横線とそのバイパス的な役割を担う目黒線。この両者の接続風景を探ります。目黒線が東横線の緩行線として役割を果たしたり、東横線が目黒線の緩行線の役割を果たしたり、と巧 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜鴨川周辺の風情
  • 写真1. 風情ある街並み(この通りの店は高いから入っちゃダメ!)4) 鴨川周辺の風情を堪能する図1. 夜間探索コースの概要私が宿泊したホテルは意図せず鴨川周辺でした。そのため、周辺の風情を堪能できました(図1)。鴨川に面して飲食店が立ち並んでいますが(私には手の届かない値段の店ばっかり!)、その店の出入り口が並ぶ通りを歩いてみました。夜の風情をお見せします。私の携帯(arrows)では白っぽく撮影されてしまうので、風情は [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜案内ページ
  • 17年夏に京都・福井地区を遠征しました。ここでは、その内容を記録します。1. 乗車券の準備【概要】旅行にあたって乗車券の準備は必要です。今回はその準備についてまとめました。【ページ】こちら2. エピローグ:柏からの常磐線【概要】今回は柏からの乗車券を用意しました。そのため、柏からの常磐線の乗車記も収録しています。【ページ】こちら3. 関西線への乗車【概要】関西線(名古屋−柘植)に乗車しました。前半は前面展望、 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜平安神宮とその周囲を見る
  • 写真1. 美しい境内3) 平安神宮をとその周囲を見る京都駅から移動して平安神宮に着きました。神社を見てみましょう。写真2. 手を清めるまずは手を清めます(写真2)。私の手は清いと確信していますが、それに同意しない人がいることでしょう。そのため、手を清めたのです。平安神宮は平安時代に建立されたと思っていましたが、よく調べますと明治時代に建立されたのですね。ブログを執筆する際に調べますので、この点はブログ執筆の利 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井鉄道旅行記〜ダイヤ改正2日前の京阪電車
  • 写真1. 古参(のほう)の1000系電車ここでは、平安神宮に向かう際に観察した京阪電車について見てみましょう。京阪電車に乗車した日は、ちょうどダイヤ改正2日前でした。ダイヤ改正直前の様子をつづった貴重な記録といえましょう(そんなことをいうのは私だけかな?)!私は京都駅から平安神宮(神宮丸太町が最寄り)に向かっていました。この途中で東福寺で京阪電車を待ったのです。前の人が改札に詰まったばっかりに…。写真2. 3000系 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜平安神宮への移動
  • 写真1. 美しい平安神宮2) 京都駅から平安神宮への移動京都鉄道博物館から京都駅までバスで戻り、次の目的地を考えます。清水寺、金閣寺など様々な選択肢が頭に浮かびましたが、行ったことのない平安神宮を選択しました(これをバスの路線図を見て判断する私に感心しましょう)。写真2. 京都駅正面京都駅から平安神宮までの経路をインターネットで検索すると、地下鉄利用をおすすめと記しているようです。しかし、私は別のルートを選 [続きを読む]
  • フランクフルトからベルリンの移動(ICE時刻表まとめ)
  • 写真1. ベルリン中央駅写真2. フランクフルト中央駅【ステージ1. ベルリンとフランクフルトの関係】ドイツの首都はどこでしょうか?多くの人はベルリンという正解をご存知と思います(まさかボンのまま情報が更新されていない人は少ないでしょう)。しかし、ベルリンは政治の首都であり、経済の中心はフランクフルトと言われています(人口はベルリンのほうが多いです)。そのため、日本からの直行便はフランクフルト発着が多く、ベル [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜京都鉄道博物館(後篇)
  • 写真1. 蒸気機関車が集結!多くの車両たちを眺めたので、今度は勉強ゾーンに入りましょう。エスカレーターを上がり、2Fへ移動します。a. 運行管理について知るコーナー見えてきたのは、運行指令について学ぶコーナーです。クイズを通して鉄道運行の仕組みを知るコーナーです。こんな問題がありました。皆さんも一緒に考えてみましょう(私の記憶に頼る部分があります)!Q1. 鳥取方面からやってきた特急スーパーはくと号が遅れて姫路 [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜京都鉄道博物館(前篇)
  • 写真1. 歴代機関車の並び【ステージ2. 京都の観光を楽しむ】1) 京都鉄道博物館京都の1番の目的地は鉄道博物館です。これは万人に共通していると思います(ですよね?)。そこで、私は京都駅からバスに乗車して、博物館に向かうことにしました。山陰線(嵯峨野線)が近くを通過しているのに、駅は存在しないのです…。写真2. C2バス乗り場この日は暑かったので、ミストが大量に噴射されていました。京ミストというらしいです。東京でも [続きを読む]
  • 17年夏京都・福井旅行記〜新快速の前面展望を楽しむ
  • 写真1. 新快速の前面5) 新快速の前面展望を楽しむ写真2. アーバンネットワークで標準的な電光掲示板写真3. 旧草津川の様子新快速の乗車位置を確認し、先頭に並びます(写真2)。ただ、いまやほとんどの新快速が12両編成です。8両編成の新快速は、平日に設定される夕方の大阪始発だけだったように記憶しています。これらは大阪をスルーするわけではなく、前列車間隔が7分程度と短いため混雑が緩いというJR側の判断なのでしょう(現場を [続きを読む]