hatena さん プロフィール

  •  
hatenaさん: 元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験
ハンドル名hatena さん
ブログタイトル元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験
ブログURLhttp://nensyuup.hatenablog.com/
サイト紹介文30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 55日(平均10.2回/週) - 参加 2017/03/20 19:15

hatena さんのブログ記事

  • 派遣社員の給料と正社員の給料比較
  • 同じ会社で働いた場合の、派遣社員時代の給料と正社員になってからの給料を比較すると以下の通りだ。<派遣社員>基本給 23万円住宅手当 1万円技術手当 3万円リーダー手当 0.5万円家族手当 1万円固定給合計 28.5万円<正社員>基本給 35万円住宅手当 1万円家族手当 1.5万円基本給合計 37.5万円基本給ベースで9万円の差だ。思ったより違わない?と思う人もいるかしれないが、年収という見方で見ると、全然違うこと [続きを読む]
  • 形だけの入社式
  • 派遣社員として働きはじめて3年、今の派遣先で働き始めて1年、ようやく、派遣元か派遣先への転籍をする4/1がやってきた。形だけであるが、私も他の方といっしょに入社式に参加することなった。会場に入ると、6人ほどの新入社員がいた。今年は新卒がいないということで、全員中途だった。技術がほとんどで、1名のみ事務系だった。自分の資格は主事級という主任よりも一つ上の階級、その他の人は一般副主任級だった。3年 [続きを読む]
  • 確定拠出年金は損?
  • 最近の大手企業では日本版401kと言われる、確定拠出年金制度に加入していることが多い。確定拠出年金とは、年金を自分で運用するという仕組みで、転職しても転職先が加入していれば、年金が引き継げるという転職者にはありがたい制度だ。私が最初に就職した会社で加入していたが、転職した会社で加入していなかったので、一度脱退している。その時に解約一時金を10万円ほどもらっている。そして、次に入社した派遣会社で再 [続きを読む]
  • 派遣会社社員からメーカーの正社員へ転籍
  • 派遣会社に入社して3年、派遣会社社員からメーカーの正社員へ転籍をすることができた。長い長い道のりだった。途中、派遣会社でも生活に困窮するというほどでもないので、よいのでは?と考えることもあったが、同じ仕事をしても給料に差があるということに納得がいかなかった。仕事は全くかわらないが、大きく変わったのが給料。基本給が22万円から35万円に上昇した。賞与の係数も2.2か月から5か月へ激増した。当然な [続きを読む]
  • 派遣社員の業務制限
  • 派遣社員は派遣先の指揮命令のもとに仕事をすることになっているが、自社の就業規則でできないことも多い。私の会社でできなかったことは、以下の2点。・車の運転・海外出張あれができない、これができないとなると、必然的に仕事の範囲も狭くなる。私が派遣社員から正社員を目指した理由の一つが、業務上の制約を解したいということだった。派遣社員に制限があるということは、正社員にとっては利点もある。仕事の範 [続きを読む]
  • 転籍制度の落とし穴
  • 自分の働いていた派遣会社は、人材紹介もやっている関係で、転籍制度というものがあり、毎年100人ほど転籍をしているとのこと。社員数は5000人だから、かなりの割合だ。だが、その実態がどうなっているのかということについては、派遣社員側には入ってこない。派遣会社が表立って、転籍させますというわけにもいかないのだろうか。私が雇用条件を受け入れたので、派遣先の人事総務から派遣元に連絡をしたらしい。自分は [続きを読む]
  • 派遣先に転籍の申し入れ
  • ある日、夜仕事を終えて帰る日に、自分を受け入れてくれた派遣先の役員に声をかけた。今、転職活動をしているが、今の職場で長く働きたいという気持ちを持っている。可能であればこちらに入社させてもらえないかという話をした。すると総務部長に話をするから・・・ということだったが、その日は不在だったので、日を改めてということだった。その翌日、総務部長と役員の方と3名で話をした。雇用条件について話をした。 [続きを読む]
  • 転職活動をする過程で思いついたこと
  • 派遣先でリーダー職として働きながら、転職活動を続けていた。今までの派遣先とは違い、今いる派遣先は非常に居心地がよかった。仕事さえできていれば、誰からも干渉されずに仕事ができる。派遣を雑に扱う上司もいなければ、部下もいない。今まで非正規で長年働いて、結構雑な扱いを受けてきた自分にとっては天国のような職場だった。その状況下で転職活動を続けることに、葛藤があった。今の職場で今の仕事を続けたい [続きを読む]
  • 父親の年収
  • 僕の父親は、地元の上場企業に勤めるサラリーマンだった。裕福とは言えないが、中流の家庭だった。上場企業勤務といっても、高卒地元採用の社員で主任相当で退職した。40代の頃、病気になり、50代で退職した。父親の給料など知ることもなかったし、興味もなかったが、偶然給料を知る機会があった。年収688万円。後にも先にも、この数字しか知る機会はなかった。その後、この数字が自分の中では、目標となった。 [続きを読む]
  • 転職活動を続ける
  • 派遣会社に所属して3年目から、本格的に転職活動を再開するようになった。昇給も少ないし、派遣会社でずっと働くことは自分にとっても得にならないと考えたからだ。幸いなことに、派遣社員というのは、自社の社員が職場にいなければ、誰かも干渉されずに転職活動ができる。帰宅時間も基本的に自由だったので、早く帰宅してそのまま転職活動をするなどということをよくやった。契約社員時代は、転職活動で下に見られること [続きを読む]
  • 派遣会社の現実
  • 新卒から2社目の会社で契約社員として、働いていたときに、同じ職場で派遣社員の人と出会った。その人は専門卒で、大手の人材派遣会社のリーダー職として派遣されていた人だ。勤続15年、派遣会社では大ベテランとのことだった。同期で入社した人は、もう誰も残っていない。その会社の昇給は、1年に3000円ほどとのこと。専門卒の新卒基本給は18万円ほどと考えて、現在の基本給は22.5万円ほどだろうか。自分はちゃらんぽ [続きを読む]
  • 収入が減って失ったもの
  • 正社員から契約社員、派遣社員となり、収入に大きな変動があった。契約社員時代は、総合的に見ると、安定した収入だったが、途中会社の不祥事などもあり、残業禁止期間もあった。その後、派遣会社勤務となり、基本給が大幅減、残業規制もあり、収入は激減した。結果的に生活をするために、節約が必要となり、持っていた車を手放した。車も失ったが、もっと大きなものを失った。それは、交友関係だ。自分はあまりお酒は [続きを読む]
  • 転職活動を続ける期間
  • 自分が転職活動を始めたのは、新卒で就職した会社に勤めて3年くらい経過した頃だった。その後、転職して2年契約の契約社員になり、再雇用前後の2年半経過するまで、密度の変化はあれ活動自体は継続していた。その後、意中の会社に入ることができず、人材派遣会社の社員となったため、引き続き転職活動を続けた。転職活動を続ける中で、そもそも「転職活動はどのくらいの期間続けるものなのか」という疑問が出てきた。それ [続きを読む]
  • サラリーマンで年収800万円を実現するには?
  • サラリーマンで年収800万円を実現するには、上場企業の正社員、もしくは公務員になるのが近道と言われている。上場企業の給料体系はどうなっているのかということをお話する。自分が新卒で入社した会社の給料体系は以下の通りだ。I級新卒から5年目くらい年収300~450万円II級(副主任相当)入社5年目〜10年目くらい年収500万円〜650万円III級(主任相当)入社10年目〜15年目くらい(実際にはここで終わる人もいる)年収70 [続きを読む]
  • 年収800万円への憧れ
  • 自分は、年収が400万円から500万円の間を行ったり来たりしていた期間が長い。日本の同じ会社で働いていれば、必然的に年収は上がっていくものであるが、自分は転職が多かったので、そうはならなかった。高卒に就職で100~300万円、勤労学生で150万円、メーカー正社員で400万円台、契約社員で500万円台、派遣会社で400万円台という状況だ。自分はある程度の都会で生活しているため、生活費は結構かかる。田舎であれば年収400 [続きを読む]
  • アルバイト先が大惨事
  • 二部学生の頃、いろいろな会社で働いた。辞めた後のことだが、最後に働いた会社が大惨事になっていることが、ネットの情報でわかった。その会社はWebデザインの会社で、経理関係の会社の社長が副業でやっていた。Webデザイナーの女性が社長として共同経営をしていた。あるときネットを見ていると、「会社が乗っ取られた」と書かれていた。共同経営者がWebデザインの会社を乗っ取ったのだ。社長や社員が出社してみると [続きを読む]
  • 自分は派遣社員?契約社員?正社員?
  • 派遣会社で働くようになるまで、派遣社員についてよく知らなかった。自分は技術者専門の派遣会社、旧特定派遣会社で働いていて、自社の正社員として雇用されていた。一方、派遣先では派遣社員として働いていた。自分を正社員か派遣社員かと問われれば、「正社員」と答えるのが正しい。一方、契約社員として3か月単位で雇用されている派遣社員もいて、そういう人は契約社員と答えるのが正しい。では、派遣社員というのは [続きを読む]
  • 派遣社員のリーダー職の仕事
  • 派遣会社に入社した3年目、雇止めから、派遣先変更になり、交渉によってリーダー職に就くことになった。リーダー職の手当ては月に5千円。残業代は支給されるので、管理職ではない。では、派遣社員のリーダー職とはいったい何をする職なのだろうか。派遣会社の社員は上司も部下もいないのが基本だ。仕事の指示をするのは派遣先の社員、ほとんどの場合、自分が指示を出すことはない。言われたことをやるのが、派遣社員の [続きを読む]
  • 人生で最も高い買い物
  • 人生で最も高い買い物は、マンション、二番目に高い買い物は車だ。今回は、2番目に高い買い物だった、車との出会いと別れをお話する。この車に出会ったのは、派遣社員が雇止めになる少し前のことだった。もともと新車で購入したファミリーカーを1台持っていた。諸費用込で200万円弱の車を頭金100万円を出して、日立キャピタルでローンを組んで購入した。マンションを購入するにあたり、車のローン返済が条件だったため、 [続きを読む]
  • 会社を辞める日
  • 若い頃はあまり意識しなかったが、新卒で入社した会社、次に働いた会社を辞める日は、本当に悲しい気持ちになった。いずれの会社も、社員証がなければ入ることすらできない会社なので、一度、社員証を返却してしまえば、二度と会社に来ることはない。会社を辞める日にやることは一つ。午前中はデータの移し替えや他の社員への引き継ぎ、午後は机やパソコンの返却などだ。パソコンを閉じてしまうと、もうやることがないので [続きを読む]
  • 同期入社の社員との別れ
  • 契約社員時代、同期入社の人が2名いた。同じ日に入社した契約社員で、いずれも40代の方だった。年齢は違えど、給料は全く同じだった。配属部署は違ったが、ときどき話をした。1人の人はメーカーや派遣会社の経験がある人で、何らかの理由で求職をしたのちに、転職をしたらしい。その人とは紹介会社が同じだったこともあり、親しみをもっていた。働き始めて2年が経過する直前のある日、エレベーターで一緒になったので [続きを読む]
  • 高齢者の雇用対策が仇
  • 契約社員、派遣社員と2度も雇止めを経験した自分は、非正規、派遣社員という働き方にリスクがあることを身をもって知った。雇止めと聞くと、「本人の能力がないから」と思う人も多いかもしれないが、実際にはそうとも言えない。会社という組織には残さなければならない高齢社員がいる。近年の高齢者の雇用対策もあり、若い社員の雇用よりも、年齢の高い社員の雇用を重視するようになってしまった。人員を減らさなければな [続きを読む]
  • 株がメルトダウン
  • 何となく、使わないお金があったので、株をやりたくなった。しかし、日本株は株価が高くて手がでない。当時、未来のソニー、ホンダの株が安く買えると話題になっていたのが、中国株だった。初心者にはリスクだったが、少額だったのでなくなってもいいという感じで取引をしてた。途中までは順調に利益を出していた。ところが、アジアの景気が急降下し、株価も急落した。損切という考え方を知らなった自分は、そのまま持 [続きを読む]
  • 年収が100万円下がったら
  • 契約社員時代は、年収が500万円を超え、新車をローンで購入したりと、非正規ながら結構豊かな生活をしていた。雇止めになり、派遣会社に再就職し、年収が100万円落ちた。どんなに働いても収入が上がるわけでもないので、貯金を切り崩したり、節約したりして生活を送っていた。当時、貯金は200万円を超えていたが、それがどんどん減っていた。住宅ローン、車のローンと毎月が赤字だったからだ。補てんする資金は不動産投 [続きを読む]