shinkei807 さん プロフィール

  •  
shinkei807さん: 神経内科医ちゅり男のブログ
ハンドル名shinkei807 さん
ブログタイトル神経内科医ちゅり男のブログ
ブログURLhttp://shinkei807.hatenablog.com/
サイト紹介文「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 9日(平均29.6回/週) - 参加 2017/03/20 20:45

shinkei807 さんのブログ記事

  • ふるさと納税が大ピンチ! 返礼品の金額が寄付額の3割に制限へ
  • 私の大のお気に入りであるふるさと納税がピンチです。詳細は下記の記事に譲りますが、要するに一部の自治体で返礼品が高額すぎるため、返礼品の額を寄付額の3割までに抑えなさいと総務省から通達が下るようです。皆さんもふるさと納税を検討している人は急いだ方がいいかもしれません。www3.nhk.or.jpふるさと納税の返礼品を検討している人は、急ぎましょう以下、記事の引用になります。総務省は、ふるさと納税をした人に自治 [続きを読む]
  • 逆張り投資家は下げ止まりがないモノに投資をしてはいけない
  • このブログでは以前から、時間のない医師にも可能な投資手法として、長期保有の逆張り投資を推奨してきた。もしこの手法をとるのならば、絶対に手を出してはならないものがある。それは、下げ止まりがない企業や業界の株式だ。逆張り投資家は、いずれ底を打って上昇が見込めるものだけに投資をするこれが大前提だ。相場の底に向かって必死に買い下がったあげく、その会社がつぶれてしまってはショックのあまり夜も眠られない。余剰 [続きを読む]
  • 絶好の投資機会は数年に一回程度しか訪れない
  • 私は典型的な逆張り投資家なので、市場が冷え切っていれば冷え切っているほど絶好の投資機会だと考えている。株式投資において、大多数の人と同じことをやっていて大勝ちすることはない。もしそうであれば、世の中の大多数の投資家はすでに大資産家になっているはず。実際にはそうなっていないわけだから、他人と同じことをやっていてもダメだということ。逆張り投資家にとって絶好の投資機会は数年に一回しか訪れない逆張り投資家 [続きを読む]
  • 習慣の力は偉大であり、ぜひ積極的に活用したい
  • 新たに物事を始めるには大きなエネルギーが必要ですが、一度習慣化してしまえば継続することは比較的容易になります。皆さんも実生活で実感しているのではないでしょうか?本日は習慣の力を生活に活かす方法について考えてみます。自分にとって最も重要なこと3つを習慣化する良い習慣を身に着け、悪い習慣を手放すよう意識する悪い習慣というものは良い習慣と違って、知らない間に身についてしまっていることがあるので、注意が必 [続きを読む]
  • お金は人生の全てではないが、あると得をする場面が多い3つの理由
  • お金は人生の全てではないが、無いと損をする場面が、あると得をする場面が多いのも事実である。では、実際にお金があるとどのようなメリットがあるのか考えてみよう。お金があるとどのようなメリットがあるか考えてみる1. NoもYesも言いやすくなるお金があると、上司から無理難題を振られた時にNoが言いやすくなる。無理難題に従ってまでその会社に執着する必要がなくなるからだ。逆に、貯金が100万円しかなく、今の仕事を失 [続きを読む]
  • ETFは非常に優れた金融商品だが、弱点はあるのか?
  • ETFは手数料の面や、選べる商品ラインナップの豊富さという点において、非常に優れた金融商品であることは当ブログで以前にも書いてきた。では、そんな優れた金融商品であるETFにも弱点はあるのか?あるとすれば、優良銘柄バイアスではないだろうか。ETFの商品性質上避けられない、優良銘柄バイアス優良銘柄バイアスとは、ETFの商品性質上、ETFを購入する≒時価総額の大きな優良企業を中心とした投資にならざるを得ないというこ [続きを読む]
  • 医師の投資は手間と時間をかけすぎないことが重要
  • 今日は医師がとりうる投資戦略について考える。ほとんどの医師に共通しているのは、・本業が多忙であり、投資のための勉強時間が十分に確保できない・投資に割く時間よりも、できれば本業のスキルアップや家族と過ごす時間を増やしたいこういったことだろう。では、実際どうすべきか?多忙な医者がとる投資戦略:時間対効果を最大化する1. 国際分散投資を心がける投資の基本として、「卵をひとつのカゴに盛るな」という格言があ [続きを読む]
  • 日記のつもりで始めたのになぜか1000PVを超えてしまった
  • ブログを始めて2ヶ月半になります。自分の考えをまとめる日記代わりに始めたつもりだったのですが、気づけば1400PVになっていました。好きなことを書きたい放題書いているだけですが、こんなブログを読んでくださる読者の方々に深く感謝いたします。自分の性格上三日坊主になるかと思ったのですが、意外と長く続いていることに自分でもびっくりしています。 自分のブログを冷静に眺めてみて、読みづらかったのでレイアウトを [続きを読む]
  • 情報が飽和している時代にあえてブログを書く3つの意義
  • 現代では、すでに情報は飽和しており、インターネットの普及によって誰でも無料でほとんどの情報にアクセスできるようになった。このブログで発信している情報も完全なオリジナルは無く、全ては既存の知識の使い回しということになる。そもそも、この時代において完全にオリジナルな知識を発信し続けるということは不可能といってよい。そんな時代において、なぜ個人があえてブログを続けるのか考察してみたいと思う。情報が飽和 [続きを読む]
  • BOSEのノイズキャンセリング技術は一流だと思う
  • 私が愛用しているヘッドホンがBOSEのQuietComfort 35だ。学会のスライド作成の時、このブログの執筆をする時など、パソコンで一人で作業をする時には必ず使用するほど愛用している。約4万円と、ヘッドホンにしては高額な部類であるが、それに見合う魅力がある商品だと思う。今まで、ノイズキャンセリングのついたヘッドホンを使用したことがなかったが、これほど快適とは思わなかったために紹介する。スイッチを入れた瞬間に静寂が [続きを読む]
  • ふるさと納税で生活必需品の家計を節約する
  • ふるさと納税は本当に便利だ。医者のような高額所得者の方が有利になっている数少ないシステムの一つだと思う。年収が415万円(日本人の平均)だと自己負担額2000円での寄付上限額がせいぜい4〜5万円程度なので、もらえる返礼品も限られてくる。一方で、年収が1000万だと18万前後、1500万だと38万前後になる(家族構成によって異なりますが)ため、医者にとっては非常に有利だ。返礼品の額は自治体によっても異なるが、大体寄付額 [続きを読む]
  • 中古マンションは管理状態をみて購入する
  • 中古マンションを購入する時には、物件全体の管理状態をよくみて検討することが重要だ。中古マンションの利点は、すでに前の入居者が退去した後であれば、内覧が自由にできるということ。この時、自分が購入予定の部屋の中しか真面目に見ない人がいるらしいが、自殺行為としか言いようがない。中古マンションは物件だけでなく管理状態をみて購入するマンション購入に当たっては共有部分の管理状態を見ることが必要。エレベータ [続きを読む]
  • マイホームを冷静に選ぶには自分なりの購入基準を作っておくこと
  • 住宅購入にあたって、今ほど恵まれた環境の時代は未だかつてなかっただろう。以前は、不動産に関する情報を得ようと思ったら、不動産会社に自ら訪問し、そこでいくつか候補になる物件を紹介してもらうしかなかったはずだ。ところが、今ではインターネットである程度の物件情報は自分で入手することが可能である。インターネットの不動産サイトから、不動産相場について勉強ができるHOMESやSUUMO、アットホーム、Yahoo 不動産な [続きを読む]
  • 弁護士数の増加と処遇の悪化の関連
  • 弁護士の処遇は近年急速に悪化している。昔は、医者か弁護士は強力な資格であり、一度なってしまえばよほどのことがない限り人生あがりと言ってもよい世の中であった。ところが、法科大学院制度が導入された後、急速に弁護士数が増加をしたにもかかわらず、訴訟件数は減少傾向であるため、弁護士が供給過多になってしまった。これを証明するのが以下の図。メンターエージェントから引用弁護士の処遇悪化から医師が学ぶべきこ [続きを読む]
  • レッドオーシャンを避けてブルーオーシャンで勝負する
  • レッドオーシャンとは、「競争の激しい既存市場」のことを指す言葉だ。神経内科で言えば、アルツハイマー病やパーキンソン病などの比較的メジャーな分野での研究、特に早期診断や治療法の開発などは典型的なレッドオーシャン。世界の第一線の研究者たちがこぞって我先にと研究している分野であり、そこで勝ち抜くにはかなりハードルが高い。もちろん、レッドオーシャンを勝ち抜けば達成感や社会的な意義という面においてのインパク [続きを読む]
  • 東芝の持株会に参加していたら人生終わっていた件
  • 東芝の粉飾決算後の株価下落がすごい皆さんご存知のように、東芝の粉飾決算前後での株価は大幅に下落をした。ピーク時は1100円台をつけていたが、今は200円台という大暴落っぷり。持株会に参加をしていたら人生終わっていたことは間違いない。持株会に参加することの是非を考察してみる持株会に参加するリスク持株会のメリット、それは自社株を購入する時に数%程度の補助が受けられることだろう。当然、業績が右肩上がりならば [続きを読む]
  • ドルコスト平均法の是非を考えてみる
  • 書店に行って投資本を読んでいると、初心者でもできる積立投資といった書籍を見ることが増えた。内容を見てみると、大半は手数料が安いノーロード投信を中心にポートフォリオを組んで、毎月一定額(数万円程度)を積み立てていくというもの。そして、年に1回くらいポートフォリオの構成を見直し、偏りが出ていたらリバランスをする。これをただ機械的に続けていくという手法。いわゆるドルコスト平均法というやつだ。ドルコスト平 [続きを読む]