稚慶 さん プロフィール

  •  
稚慶さん: 稚慶翁のシンプル弓道指導法
ハンドル名稚慶 さん
ブログタイトル稚慶翁のシンプル弓道指導法
ブログURLhttp://ameblo.jp/xenos0222/
サイト紹介文高校生が楽しいクラブ活動を送れるため、シンプル指導できる指導者になる参考ブログです。
自由文弓道教室講師や高校外部指導員歴37年・・余り細かいことにこだわらず、指導してきました。
思考錯誤の中から、いかに『楽しく本筋の弓道精神・・弓道即人生を伝承するか?!』に心掛けて指導してきた総決算です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 6日(平均14.0回/週) - 参加 2017/03/20 21:13

稚慶 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 《 メンタルトレーニング 》試合前の練習法 其ノ弐
  • 《 練習法 2 》まず、立ちに入る射手は、草履を矢道手前に置き、あとは矢拭きを用意します。2本または1本の矢を持って、5人立ちで立ちに入ります。立ちに入っている選手は跪坐から正座へ、控えにいる部員も正座してもらいます。一言「何が何でも、粘って当ててください。」と筆者は言います。当てるだけが弓道ではないことは「百も承知」ですが、高校弓道は競技でもありますし、初めから悟りきったような弓だけを引いて [続きを読む]
  • 整形外科へ・・
  • 今日は月一回の通院日です。天気予報では曇りでしたが、晴れて暖かかったです。天気予報も良いほうにハズれれば、有り難いことです。長期寒波で体の節々も痛く、筋肉もこわばっています。先生からは、ストレッチのアドバイスを頂きました。昨年末の学会で、痛めた箇所の神経は発達するので、治っている筈の箇所の神経は「過敏になる」という発表があったようです。私は、左足以外は、右膝裏十字靭帯切断、変形性肘関節症で左肘の [続きを読む]
  • 今日の試合の結果
  • 昨年11月以来の試合出場でした。 今回は、1月下旬からの寒波(全国的には、1979年以来の長期寒波)のためか、体調不良と半分屋外の弓道場練習のため、練習も10日に一度ぐらい・・数年前から肩も壊しているため・・1回の練習で多くて2手〜3手ぐらいです。因みに今日の成績???? ???? ???? 12射8中良いのか、悪いのか・・わからない。まあ12射引けただけ・・後の肩の傷みがそれほどないので良 [続きを読む]
  • 《 秘伝 其の伍 》栄養学・・運動と食事
  • 弓道の場合、それほど高度な栄養コントロールの必要性はないと感じています。三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質やミネラル・ビタミン等をバランス良く摂取することが大切でしょう。もちろん筋力を鍛えるためにはタンパク質の摂取、脳は糖質が分解したブドウ糖で働きますし、バランスの良い脂質(n-3系不飽和脂肪酸、n-6系不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸:2:4:3位)の摂取も必要です。ミネラル・ビタミンもサプリメントでは [続きを読む]
  • 《 秘伝 其ノ四 》ラッキーかな!?無名校 and 無名選手!
  • 筆者が指導していた高校は、部員男女合わせても10名になることは無いに等しい高校でした。男子か女子かで5〜6名いれば、インターハイ県予選で決勝6校に残っていましたが、1名、2名で満足に5人立ちに入れないことも多く、生徒たちにはかわいそうな想いをさせました。 よって、主に指導していた高校弓道部は50年ぐらいの歴史はあるが、『無名校』に近かったのです。ですから、新聞でインターハイの展望等に学校・ [続きを読む]
  • 《 秘伝 其の弐 》 一週間に1回の外部指導員ですから・・
  • 私(筆者)は、サラーリーマンの外部指導員でしたから、土曜が休みなら土曜だけ、平日なら週1日夕方から夜まで2時間程度の指導時間でした。試合前には、日曜も練習日にしていましたが、インターハイ予選の前は中間考査と重なり、思うように指導に行けません。男女合わせて1名〜10名の部活でしたから、それほど生徒の方も積極的に練習しませんし、おしゃべりのための「部活」という今時の学校が多かったです。彼ら、彼女らが [続きを読む]
  • 《 秘伝 其ノ壱 》秘密練習・・緊張したシュチェーションでの練習
  • 試合の前には、生徒を緊張した状態(シュチェーション)での練習を行っていました。弓道の試合の場合、『敵は自分自身』です。試合で、「この矢は外せない・・」というシチュエーションを作り、生徒の精神力を堅固なものにしました。聞けば簡単なことですが、2種類ほどの『緊張したシチュエーションでの練習』を、試合前1ヶ月前から2、3回ほど行いました。それ以上の回数をする必要はありません。『お化け屋敷』で、何度も同 [続きを読む]
  • 自分の記録・自己分析日誌をつける習慣
  • 私(筆者)は学生時代、自分で記録と自己分析日誌をつけていました。学生は、20射で1セットと考えますので、練習日を含めた当たりの推移と試合だけの当たりの推移と2種類残していた。毎週日曜日が試合で、月曜日が休みでした。ときには、土日の連戦もありました。都学連加入校ですので、100校ぐらい・・本学はⅡ部リーグの上位で、入部頃は、歯痒い程、毎年のようにⅠ部最下位校と入替戦を行っていました。(最終、4年生 [続きを読む]
  • 弓道八節《 残身(心) 》修正点を探る指導者にとって大事な一節
  • 残身(心)も射術にとって、大切な一節である。残身がキマるか、否かで射もキマる。また、次の射にも影響する場合がある。現在は、「一文字の残身が良し」とされているが、要は残身を作りに行かず、離れた結果である根底を忘れてはならない。概ね、HARAからの縦横の充実した張り、伸びが、押し手の拇根、妻手の拇までが型にはまったようにキマる。また、筆者は、生徒には「残身を作らないで下さい。」と指導していました。指導者 [続きを読む]
  • 過去の記事 …