かんこ さん プロフィール

  •  
かんこさん: 明日もまた食べて笑って…
ハンドル名かんこ さん
ブログタイトル明日もまた食べて笑って…
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pocoapoco2015
サイト紹介文夫と二人で平屋暮らしの59歳です。趣味はスイミング、ガーデニング、マンホールの蓋を撮る事です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 65日(平均7.3回/週) - 参加 2017/03/20 22:12

かんこ さんのブログ記事

  • コロ助の腎臓のこと
  • コロ助が退院してからは、どこに行くのもコロ助を連れて行くようになりました。コロ助は車に乗るのが大好きです。これまでは助手席に金だらいを置いていました。でも、これから暑い季節なので金だらいでは日差しで熱を持つと思い、夫が木で作ってくれました。これで快適そうになりました。話は変わりますが、腎臓病のワンちゃんを飼っている方のブログをいくつか読ませていただいたところ、コロ助のBUN117.8とCRE3.7の値は相当悪い [続きを読む]
  • コロ助の皮下点滴はまだまだ続きます。
  • 今朝、コロ助の病院に行ってきました。健康な時には10Kgあった体重が、前回8Kgになってしまっていましたが、今回は8.7Kgに増えました。肝心の検査結果ですが、膵臓はほぼ正常値になり、嬉しかったのですが、腎臓は少しずつ悪くなっていました。一番最悪だったクレアチニンの値10.8の時に比べるとだいぶ下がりましたが、一番下がった2.6からはまたジワジワと上がっています。今朝は3.7でした。一度破壊された腎臓は治らないとのこと [続きを読む]
  • コロ助、すっかり室内犬になりました。
  • 以前から家の中だけでも首輪なしで自由に歩かせてあげたいなとは思っていましたが、毛が抜けて大変なのではと、室内で飼うことに躊躇していました。でも、先月26日ごろから急性腎不全と急性膵炎を患ってから、コロ助は室内犬になりました。床には滑り止めカーペットを貼りました。夜は私と夫の頭の上あたりのマットの上で寝ています。手を伸ばせば撫でてあげれる場所です。散歩から帰った時足を洗うのが面倒ですが、コロ助がいつも [続きを読む]
  • コロ助が良くなって来ました。
  • 一昨日の血液検査で気落ちしてしまい、昨日はブログを書く気にもなれませんでしたが、なんときょうの夕方の検査では今までで一番良い値になりました。膵臓の良し悪しがわかるリパーゼが一昨日は1000オーバーで測定不能なほど悪かったのが、なんと329になっていて、びっくりしました。獣医さんも驚いていました。画期的に良くなった膵臓、そして腎臓も肝臓もすべての値が良くなって来ていました。昨日までの食欲の無さも心配してい [続きを読む]
  • コロ助、肝臓まで
  • 見た目は回復に向かっているとしか思えないのに、きょうの検査では再び膵臓の値が測定不能なほど悪くなっていて、腎臓も前回より悪くなっていました。その上肝臓も。きょうから肝臓の薬が追加されました。前よりきっと良くなっていると自信を持っていたので、がっくりきました。膵臓のための食事は腎臓には悪いし、いったいこれから何を食べさせたら良いのかわかりません。きょうのコロ助です。 [続きを読む]
  • 最近の嬉しいこと辛いこと
  • コロ助が急性膵炎と急性腎不全になって、だんだん回復に向かっているとは言え、昨日固形物を食べたからきょうも食べるわけでは無く、もっぱらの喜びは、コロ助が食べることと、ちゃんとしたウンコをすることです。最近暑いので、仕事場ではコロ助は事務所の中で1日を過ごします。私の見ていないうちに置いてある食事をちゃんと食べたか知るために、置いた食事の写真を毎回撮り、次に事務所に様子を見に行った時に減り具合を見比べ [続きを読む]
  • 孫ちゃんも大変でした。
  • コロ助が病気と闘っている時、孫ちゃんも見たことのないほどひどい結膜炎と闘っていました。こんなになり、開眼器で目を無理やり開いて治療をしたそうです。病院から帰る孫ちゃんの様子。その後、宇宙人みたいに怖い顔になり今はましになってきました。今朝はコロ助は流動食しか食べませんが元気です。一緒に仕事場に行ってきます。 [続きを読む]
  • コロ助の体調の浮き沈み
  • 昨日、病院に検査に行った時は元気で検査結果も良くなっていました。前回、白血球が45200だったのが、27600に。肝臓と腎臓の機能を評価する値BUNが、病気になってからずっと測定不能なほど高かったのに、やっと測定可能に。 同じようにずっと測定不能だったリパーゼも可能になりました。体の中の炎症がわかるCRPの値は正常範囲内になりました。血中のクレアチニン濃度は2.6で、もう下がり止まりのようです。やはり腎臓はこれ以上は [続きを読む]
  • 悪いことばかり起こる。
  • 昨夜、工場で仕事をしていた夫と息子が大喧嘩になり、夫が「もう、一緒には仕事をしたくないから他の仕事を探してもらう」と言いました。息子には子供が産まれたばかりなのに。それに、息子がいないと畑仕事など夫と私だけでは無理です。この先年をとってどんどん体力も無くなるのに。そんなこんなで昨夜は眠れませんでした。きょうも一日中険悪なままでした。コロ助の介護も重なって疲れてしまい、帰りの車の運転も眠たくてたまら [続きを読む]
  • 山のツリーハウスで。
  • きょうは動物病院がお休みなので、早朝、夫と二人でコロ助の皮下点滴をしました。普段は自信家の夫ですが、コロ助の皮下点滴の時は緊張して手が震えていました。きょうコロ助は、山の仕事場のツリーハウスで仕事が終わるまで過ごします。昨日の検査では、まだまだリパーゼの値が測定不能なほど高かったのですが、腎臓はだいぶ良くなっていました。夜中には大雨の中、ウンコもしました。ウンコをしてくれるとホッとします。流動食ば [続きを読む]
  • コロ助介護で部屋がすごいことになっています。
  • コロ助は病気になるまでは、日中は外の小屋で過ごし、夜だけ家の中の勝手口に置いた寝床で寝ていました。でも、病気になり介護が必要なので今はリビングにいます。床が滑って足に良くないので、滑り止めカーペットを注文しましたが、まだ届かないので、現在リビングはすごいことになっています。獣医さんは、後少し様子を見たら、自宅で点滴と投薬をして、たまに通院と言うことにしましょうと言っています。なので、リビングにちゃ [続きを読む]
  • コロ助、きょうの血液検査結果
  • 夜中に二回おしっこに連れて行きました。三時ころにウンコをしてくれてホッとしました。病気になってから10日以上経ちますが、2度目のウンコです。そして流動食も夜中に二時間おきにあげました。呼んだら尻尾も振るようになったし、今朝夫と二人でおしっこに連れて行き、少し歩かせたら時々小走りするように早歩きになって、びっくりしました。夫と「良かった、良かった」と喜び合いました。今朝のコロ助です。そして病院で検査結 [続きを読む]
  • 私の必死さがコロ助の白血球の値を高くしているのかもしれません。
  • 昨日白血球が5万7千もあったので、病院で抗生剤の注射を2本打って帰ってから、コロ助の様子がおかしく、足腰に力が入らないようでずっと横になったままだったし、外におしっこに連れだそうとしても、寝てる状態から座るのも難しい様子でした。外では立っていると足が震え、歩き出すと後ろ足がフラフラでした。1日で200mlの流動食を2本飲むように言われたのに、口に入れても飲み込まずダラーっとたらしてしまったりで、食欲も元気 [続きを読む]
  • コロ助の血液検査結果
  • 3日ぶりの血液検査。腎臓の値がだいぶ良くなってきていました。クレアチン(CRE)は一番高い時が10.8だったのが、4.2になっていました。正常値が0.4〜1.4なのであとひと頑張りです。心配な急性膵炎ですが、リパーゼ(LIP)は測定不能なほど高いので、下がってきているのかはわかりません。1000オーバーのままです。でもアミラーゼ(AMYL)が、正常範囲内になりました。白血球の値が57000と高いのが心配です。炎症に対する薬も飲んだり注 [続きを読む]
  • コロ助に薬を飲ませるのに悪戦苦闘しています。
  • 明日の朝からまた病院が開くので、それまでコロ助が悪化しないようにと、昨日も仕事の合間に流動食と水を頻繁にあげて、オシッコも我慢させないように連れて行きました。山の仕事場のツリーハウスには、もうコロ助は入ることはないのかと思った時もありましたが、こうしてまた来れました。なんだか、路上生活者みたいですね。昨日の夜家に帰ってリビングに抱いていたコロ助を下ろし、私がとなりの部屋の掃き出し窓から出て洗濯物を [続きを読む]
  • コロ助の皮下点滴を自宅ですることになりました。
  • 獣医さんが留守のきょうと明日、コロ助の皮下点滴を家でする事になり、昨夜教えてもらいに行きました。やはり、脱水がすごいので点滴なしでは危ないらしいです。「できますか?」との獣医さんの言葉に「やります!」と答えました。コロ助のためにやるしかないです。朝に皮下点滴200mlと薬を3種類飲ませ、低脂肪流動食は1日かけて1本を針なしの注射器で歯の隙間から流し込みます。右上の二本が流動食です。夜に薬を二種類飲ませ、1 [続きを読む]
  • コロ助頑張っています。
  • 獣医さんが明日と明後日不在になるとのことで、病院が休みなので、昨日、コロ助の皮下点滴をして仕事場へ連れて行くと言う予定を変更して、夜まで病院に預けました。きょうもそうするので今預けてきました。やはり、薬剤とか水分補給とかは皮下点滴では不充分なので、獣医さん不在の二日間を乗り切るには昨日ときょうでできる限りのことをしなくてはなりません。膵炎の痛みがハンパでないと聞くので、痛みのケアも心配だし、利尿剤 [続きを読む]
  • 朝を迎えたコロ助
  • 夜中に一度おしっこに連れて行ったらしました。呼吸が苦しいせいか眠りが浅いです。横になっては寝ません。写真は朝のコロ助です。昨夜はコロ助の体を触りながら寝ました。朝方、コロ助をベビーカーに乗せて、車の通る一本道を歩いている夢を見ました。砂嵐みたいに黄色い砂が吹き付けていて、あたりが砂で薄暗くなっていました。風に向かって歩いていたのではコロ助に砂がかかるからと引き返して歩く夢でした。不思議な夢だったの [続きを読む]
  • コロ助、急性膵炎のため自宅に戻って来ました。
  • 入院先の個人病院から四国動物医療センターに連れて行く事も考えていましたが、コロ助は急性腎不全の他に急性膵炎も起こしていて、血液検査の数値を見るとすでに手がつけられないほどになっていました。後、2、3日しかもたないかもしれないそうです。肺に水も溜まっていて呼吸も辛そうです。急性膵炎は痛みがすごいらしく、痛み止めを打ってもらっています。後数日しか生きられないのであれば、なんとしても家に連れて帰りたかった [続きを読む]
  • コロ助、さらに悪化していました。
  • お昼過ぎに病院に行きました。入院中のコロ助がお医者さんに連れられてトボトボと出てきました。だるそうで私を見ても嬉しそうにはしませんでした。お医者さんが「悪い結果が出てしまいました」と一言目にそう言ったので、何か聞く前にもう涙が盛り上がってしまいました。見せられた血液検査の結果です。8.7でさえどん底に思えたCREが10.8にもなっていました。10.8の値で朝晩の散歩に行けるコロ助は体力があるとお医者さんが言いま [続きを読む]
  • 昨日のコロ助との面会
  • 昨日の夕方に夫と二人でコロ助に会いに病院に行きました。新たな血液検査の結果を聞けると思っていましたが、昨日は検査をする人がお休みだったので、面会のみでした。点滴を外して外に連れて来てくれて、一時間ほど一緒にいられました。入院時は足が震えて立つのもやっとでしたが、点滴のおかげでちょっと元気そうになっていました。でも、私たちを見てもいつものように尻尾を振ったり飛びついて顔をなめたりするような事は無く、 [続きを読む]
  • コロ助が危ない状態だと言われています。
  • 昨日バリウム検査をする予定で朝の9時にコロ助を病院に預けました。夜の7時には迎えに行く予定でした。それが、昼頃病院から電話で「バリウム検査前の血液検査をしたところ、コロ助ちゃんの状態が非常に悪いのでバリウム検査をするより先にそちらを処置しないと危ないです。一昨日の血液検査の時に正常だった白血球が非常に多く、腎臓のCREの値が1.4以下でないといけないのが8.7もあり、これが命にも関わる大変な事です。肝臓の値 [続きを読む]
  • コロ助、きょうはバリウム検査です。
  • 昨日のエコーとレントゲン検査で、コロ助の胃の中の物が十二指腸に流れていないようだと言うので、バリウム検査をしてどこで詰まっているのか調べることになりました。レントゲンにはビニールやプラスチックなどが写らないので、どんな物が詰まってるのかわかりません。その他、腫瘍のために塞がっている可能性もあります。コロ助は何の検査をしても大人しいので検査をし易いと言われましたが、いつものコロ助ならば嫌がって暴れる [続きを読む]
  • コロ助を病院に預けて来ました。
  • 一昨日病院で炎症を抑える注射をして、昨日の朝は元気になった気がしたのですが、今朝はまた元気が無くなり、蒸した魚入りの小さなおにぎりに薬を包み込んだ物を一口食べただけだったし、散歩も気乗りがしない様子でした。もしかしたら、拾い食いした物が胃とかに刺さっているのではないかと心配になったので朝9時から開く病院に行きました。エコーや画像検査をするため、夕方まで預けて来ました。お医者さんに抱かれたコロ助のし [続きを読む]
  • コロ助の血液検査
  • 昨日コロ助があまりに元気が無かったので心配で仕事場に連れて行き様子を見ました。午後になっても食欲が無く、あれほど大好きな散歩もしたがらないので、仕事帰りに病院に寄りました。触診でわからないので、血液検査をすることになりお医者さんがコロ助を抱っこして奥に消えました。よその人に抱っこされても、お尻からの検温も、ジッとしているし、他のたくさんの犬を見ても関心を示さないので余程具合が悪いのだと思います。検 [続きを読む]