アンズ さん プロフィール

  •  
アンズさん: 月に帰らないかぐや姫のブログ
ハンドル名アンズ さん
ブログタイトル月に帰らないかぐや姫のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/tsukinikaeranaikaguyahim/
サイト紹介文天界の高次存在とのコンタクトにより告げられた、宇宙開闢以来の隠された歴史と人生の真実を綴っています。
自由文スピリチュアル・カウンセリングルーム「天空の扉」代表。
http://www.%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E6%89%89.com
40代でシュタイナー思想に出会い、天界の存在から明確な啓示を受けとる。
シュタイナー思想、芸術を土台にして、コーチング、カバラ、直伝霊気、タロット、フューチャーマッピング、ジーニアスコードetc.の勉学を重ね、独自の宇宙観を持つに至る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 100日(平均6.6回/週) - 参加 2017/03/20 22:22

アンズ さんのブログ記事

  • 神とのイーブンなコミュニケーション
  •  本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。私が、Aと B、2つの選択肢を前に、どちらを選択しようかと迷って、ミコトに相談した時のやりとりを以下に。神と私たちはイーブンなのだというお話です。゜+.――゜+.――゜  2015年5月クニトコタチノミコト:AとB、どちらを選ぶかに関して、私のアドバイスが欲しいようですね。アンズ:はい、クニトコタチノミコトの希望はおありなのでし [続きを読む]
  • かごめかごめ
  •    今日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。わらべ歌である「かごめの歌」については、諸説あるようだ。私も、体験的に感じたことをミコトに質問したことがあるので、参考までにそれを今日の記事内容といたします。   ゜+.――゜+.――゜   2015年5月アンズ:数年前、私の友人が何度か、「あなたの中に神がいる」と真剣な面持ちで私に言ったことがある。その時には、私には思い [続きを読む]
  • 男と女の関係 その3
  •   本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。勢いに任せて、本日も、男と女の関係をテーマにアップいたします。今日のイラストは、昨日のイラストに先駆けてもたらされたイラスト。「青と紺色の上から降ってくるように描かれた玉は、男性の想い。女性は、エプロンを広げて、その男性の想いを、愛をもって、喜びをもって、受けとめている。」イラストと一緒に伝えられたミコトの言葉を [続きを読む]
  • 男と女の関係 その2
  •    本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。ミコトが「男は、女以上でありたいのだ」とおっしゃったのはいつだったかしら、と探してみたら、2014年11月のハイシンクタンクにあった。今日はこの日に、「私が重視していないで、一番注意を向けるべきことはなにか」という質問を天にしたときのイラストと言葉を、シェアいたします。 ゜+.――゜+.――゜2014年11月2日冒頭のイラストは、こ [続きを読む]
  • 男と女の関係
  •    本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。先回、「親子」についての記事をアップしたら、今日は、「男女」についての記事をアップしたくなった。半年ほど前のミコトとのやりとりだ。男と女のテーマは人生最大のテーマと言ってもいいだろう。参考にしていただけたら嬉しいです。  ゜+.――゜+.――゜  2016年12月5日アンズ:ミコトが「男は、女以上でありたいのだ」とおっしゃった [続きを読む]
  • セミナー「かぐや姫サロン」を、8月27日(日)に開催いたします。
  •  「天空の扉」セッションルームより  第2回セミナー「かぐや姫 サロン」を8月27日(日)に開催いたします。どのように人生を生きていったらいいか、日常の中で考えて行きたいと思われている方にご参加いただけたらと思います。平日の参加は難しいという方、今回は日曜日の開催です。心が動きましたら、ぜひご参加を。 ミコトから私に知らされることは、多岐に亘ります。「かぐや姫サロン」では、ご参加者の方々と [続きを読む]
  • 親子の関係
  • 本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。昨日、私の実家のことに触れた関連で、親子の関係についての、今から半年ほど前のミコトとのやりとりをアップさせていただこうと思う。゜+.――゜+.――゜2016年11月30日アンズ:ミコトは、私が今、夫にやってもらった性癖治療。「母親を置いてきぼりにして、自分が幸せになってはいけないと思うようではいけません」の様子を見ていましたか [続きを読む]
  • 覚醒が近い!? その2
  • ↓ ↓ ↓  本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。本日は、6月17日の記事「覚醒が近い!?」の続編的内容です。 ゜+.――゜+.――゜ 2017年6月11日アンズ:ミコト? 幾度もの御魂鎮めをしてきて思うのですが、私の過去生の分け御魂は、本当に苦難の人生を送った方が多いのですね。1000回以上の転生の一部を見て、そうと決めるのは、乱暴かもしれないですが、そうやって、体験 [続きを読む]
  • 建礼門院徳子さま
  •  次の御魂鎮めは、霧島神宮での木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)さまと、磐長姫(イワナガヒメ)さまと決まったけれど、その次の御魂さまはまだ決まっていないなぁ、とぼんやり考えていたら、ミコトが、「気になるか? ハイシンクタンクやるか?」とおっしゃってきた。で、ハイシンクタンク。「次の御魂鎮めの御魂はどなたでしょうか?」という質問をしてイメージを受け取った。ヒントになるイメージは、4っつの上の絵。 [続きを読む]
  • 覚醒が近い!?
  •   本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。ブログにアップしたいことが沢山あり、どうした順番でアップしたものか、思いあぐねることが多い。ミコトからの、「ゆっくりでいい、ゆっくりがいい。」の言葉を思い起こしつつ、今日も、私の心に昇ってきたなりを、アップいたします。今日の記事をお読みいただく前に、以前にミコトに思い出すことと覚醒することの違いについて、質問し、 [続きを読む]
  • 混沌の中で考える
  •    本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。お約束通り、昨日の続きの内容となります。私自身が混沌の中にいつつの、ミコトとのやりとりですが、なにはともあれ、アップさせていただきます。 ゜+.――゜+.――゜  2017年6月7日の続きアンズ:ミコト、もしかして、というのもどうなのかな。でももしかして、ミコトの実験は成功したの?ハイブリットを創って、その [続きを読む]
  • 信頼しきる。
  •  本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。今日の記事は、日付からおわかりいただけるように、6月7日におのみんにお会いし、帰宅してからのミコトからの語りかけから始まったやりとりです。ミコトはゆっくりとは言え、一気に話し終えた。私も一気にアップしたい気持ちではあるが、あまりにも長いので、今日と明日の2回に分けてのアップとさせていただきます。よろしければ、 [続きを読む]
  • スイッチは入るか!?
  •  本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。 6月5日にミコトから「あなたは思い出しているから、次々と紐解ける」そう言われた、翌日6月6日、私がまどろみの中、脳波で言えばシータ波、シュタイナー的に言えば境域に在るとき、ミコトが私に静かに囁いた。今日の記事は、ミコトのその囁きに気づいての、ミコトと私のやりとりです。  ゜+.――゜+.――゜  2 [続きを読む]
  • 艮の金神は!?
  • おはようございます。4回連続で、映画「君の名は」についての記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。さて、今日の記事は、日付に2017年6月5日とあることから、おわかりいただけるように、「君の名は」の記事の前にアップした、6月8日付「二元の統合」の続きになります。なんの話かちっともわからないとお思いの方、2017/5/25付「京都御所での御魂鎮め その1」辺りからお読みいただけるとわかり易いのではと思 [続きを読む]
  • 2016/10/28FB アンズのつぶやき 174「君の名は」その4(磐座)
  •   本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。 今日の記事は、昨日の【アンズのつぶやき 173「君の名は」その3】の続きになります。  ゜+.――゜+.――゜【アンズのつぶやき 174「君の名は」その4  磐座(いわくら)】 映画「君の名は」に触発されたのか、昨年出会った磐座について、書きたくなった。(磐座とは、神が宿る岩石。古神道における岩に [続きを読む]
  • 2016/10/27FB アンズのつぶやき 173「君の名は」その3
  • 本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。  今日の記事は、昨日の【アンズのつぶやき 172「君の名は」その2】の続きになります。゜+.――゜+.――゜【アンズのつぶやき 173「君の名は」その3 】  「君の名は」に出てくる、「カタワレ時」「黄昏時」とは、私が繰り返し口にする「真ん中の道」を、私たちにもたらされた日々の経験を、ありのま [続きを読む]
  • 2016/10/26FB アンズのつぶやき 172 「君の名は」その2
  •   本日も「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。  今日の記事は、昨日の【アンズのつぶやき 171 「君の名は」その1】の続きになります。  ゜+.――゜+.――゜  【アンズのつぶやき 172「君の名は」その2 】  映像とは驚くべき力を持つものだと、改めて思わずにいられなかった映画、「君の名は」。  のっけから、「糸守町」という地名に強く惹 [続きを読む]
  • 2016/10/25FB アンズのつぶやき 171 「君の名は」その1
  • 「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。今日は、昨日の予告通りに、私が昨年FBでアップした記事【2016年10月25日 アンズのつぶやき 171「君の名は」その1】を紹介いたします。とはいえ、今、ふと、「君の名を」を観た頃の、ミコトとの対話ノートを見てみたところ、「君の名は」に関するミコトとのやりとりを見つけたので、それも合わせて紹介したい。まずは、それからお読みくだ [続きを読む]
  • 二元の統合
  •  「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。 今日の記事は、前回の記事の続きとなるミコトとのやりとお考えいただき、お読みいただけたらと思います。   ゜+.――゜+.――゜  2017年6月5日 アンズ:かぐや姫プロジェクトの最重要アヌンナキ神、ミコトと私かぐや姫とおのみん。アマテラスはミコト。ツクヨミは私。これについては、すでに以前 [続きを読む]
  • 「私の......」という想い
  •    「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。 今日の記事は、前回の記事の続きとなる、ミコトとのやりとりです。お読みいただけたら、ありがたいです。  ゜+.――゜+.――゜  2017年6月2日  アンズ:こんなにもミコトを愛おしく思う、それがかぐや姫である証なのね。ミコト:そうだ。(ほほえみ、優しい)アンズ:神武天皇が地上でかぐや姫を愛おし [続きを読む]
  • 愛しみ哀しみはモチベーション
  • 「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。 2017年5月29日いきなりミコトが語りかけてきた。それも、休みなく、一気に。それは以下の通りの言葉たち。 ゜+.――゜+.――゜ ミコト:私ミコトを愛しく思うことをモチベーションとする。その解を今あなたは解いた。そう、そう思う、感じるからこそのかぐや姫。そう、そう思う、感じるからこそのかぐや姫の証。天 [続きを読む]
  • 御魂送り式
  •   「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。   ゜+.――゜+.――゜ 本日、第7回御魂送り式をとり行った。御魂送り式とは、神社仏閣から私かぐや姫がお預かりした御魂に天界へお戻りいただく儀式だ。 ミコトからの指示を受けて、ミコト立会いの下、私かぐや姫が行う。今回は2017年1月8日から6月2日までの間にお預かりした御魂さまを対象に行った。 式で [続きを読む]
  • 神武天皇の協力により、「信頼関係」「孤独感」を学ぶ
  •  「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。京都御所での御魂鎮めについて、当時の私アンズはどう神武天皇と縁があったのかミコトに質問してみた。それにより、「信頼関係」「孤独感」etc. についての、認識を深めることができた。よろしければ、お読みになってください。何か、感じて、読み取っていただけるかもしれないから。  ゜+.――゜+.――゜  アンズ:神 [続きを読む]
  • 7/7の「かぐや姫サロン」へのミコトの言葉
  •   今日も、「月に帰らないかぐや姫のブログ」においでくださり、ありがとうございます。  =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-来る7月7日(金)14:00より、セミナー「かぐや姫 サロン」を開催いたします。私アンズの話を聞いてみたいとお思いの方、昨日5月31日の内容詳細をお読みの上、メッセージ、あるいはメールにて、tsukinikaeranaikaguyahime@gmail.com   までお申し込み [続きを読む]
  • セミナー「かぐや姫 サロン」を、7/7日開催いたします
  • 「天空の扉」セッションルーム  第1回セミナー「かぐや姫 サロン」を7月7日に開催いたします。「月に帰らないかぐや姫のブログ」を綴り始めて4ヶ月経ち、記事も100記事を超えることができました。これも、お読みいただいている皆さまあってのこと、心より感謝もうしあげます。ミコトから私に知らされることは、多岐に亘ります。「かぐや姫サロン」では、参加者の方々と時と場を共有することで、ブログではお伝えしき [続きを読む]