アンズ さん プロフィール

  •  
アンズさん: 月に帰らないかぐや姫のブログ
ハンドル名アンズ さん
ブログタイトル月に帰らないかぐや姫のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/tsukinikaeranaikaguyahim/
サイト紹介文天界の高次存在とのコンタクトにより告げられた、宇宙開闢以来の隠された歴史と人生の真実を綴っています。
自由文スピリチュアル・カウンセリングルーム「天空の扉」代表。
http://www.%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E6%89%89.com
40代でシュタイナー思想に出会い、天界の存在から明確な啓示を受けとる。
シュタイナー思想、芸術を土台にして、コーチング、カバラ、直伝霊気、タロット、フューチャーマッピング、ジーニアスコードetc.の勉学を重ね、独自の宇宙観を持つに至る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 4日(平均24.5回/週) - 参加 2017/03/20 22:22

アンズ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 十思公園に桜
  •   毎日私が御魂鎮めのために出向く大安楽寺の向かいの十思公園。 桜が可憐に咲き始めていた。思わず、大安楽寺を前にパチリ。 ミコトから、「もう大安楽寺も十思公園も、十分に浄化が進んだよ」と伝えられてから、半年以上になるだろうか。どことなく、薄暗さのあった大安楽寺、十思公園も、清々しい空気に包まれるようになった。   今日も、多くの大人たちが子供たちが、それぞれに公園での [続きを読む]
  • ミコトからの短いメッセージ(1)
  •   ミコトからの短いメッセージ(1)6編  今日はミコトからの短いメッセージをご紹介する。あなたのハートに響くミコトの言葉があるだろうか。あなたの気に入った言葉を選んでいただきたい。なんとなれば、私たちは、常に変化する存在だから、気に入った言葉も、あなたの変化に応じて変わるのだから。変化することは、常によきことだから、気に入る言葉も変わるのが自然の摂理。あなたが気に入った言葉は、きっ [続きを読む]
  • 生きているだけですごい
  • 以下は当時、天から得たメッセージ。そして、それに対して、私が感じたこと。考えたこと。 皆さんは、どうお感じになるだろうか。読む方の数だけ、感じ方、解釈があるだろう。それをご自身の言葉で、ご自身に向けて語ってみることは霊的に生きる上で、極めて意味のあることだと思う。挑戦していただきたい。もちろん、コメントでも、メールでも、お寄せいただければ嬉しい。tsukinikaeranaikaguyahime@gmail.com [続きを読む]
  • どうして宇宙を感じたか
  • 2013年11月  この頃から私は、自分の人生にこれまで以上に意識を向ける、つまり意識的に生きる方向に向かった。 意志を決めた時、自分の人生が動き出すのを感じ始めた。天に、宇宙に質問をすることも多くなった。 ある時、長いこと温めていた質問を放った。  私:私はどうして宇宙を感じたのか? 天:私の意志を地上で伝えるため。  かすかな、しかし、確かな答 [続きを読む]
  • 黄金の観音様
  • 3月14日の記事「小さい良子ちゃん」の続編。インナーチャイルドに関心のある方向け。  2013年7月  この頃、瞑想中、あるいは、夢を見ている間に、何人ものインナーチャイルドを救出する私だった。  ある時、いつもの小さい良子ちゃんより、少しばかり大きいかなと思われる微動だにしない真っ黒な存在が現れた。 大きく見開いた目。まっすぐ立っている。心臓を突き刺されても倒れ [続きを読む]
  • 時間という幻想
  •  昨日まで、連続で亡き大久保氏の記事を紹介させていただいた。お読みいただいた方、ご一緒に追悼いただき、ありがとうございました。  改めて、昨日までの大久保氏の記事を読んで、私が触れたくなったのは、「時間」という概念についてだった。そして、思い出したのは、誰もが知っている昔話「浦島太郎」。  時間という一直線のものは、思い込みに過ぎなく、たたみ込まれている。地上という舞台 [続きを読む]
  • 大久保忠男氏を悼む (4)
  • 本日で、亡き大久保氏の記事の4回連続の紹介は最後になる。この続編を、私は楽しみにしていたのだが、その前に、大久保氏は帰らぬ人となられた。 ドラッカーのこと、ベルグソンのこと、精神世界での氏の知識は多岐にわたり、それを惜しげなく人々に分かち合っていらした。 大久保氏の青春時代の葛藤の話。ドラッカーとの出会いにより、大きく社会に足を踏み出された話。生身の大久保氏を近く近く感じた日々のこと [続きを読む]
  • 大久保忠男氏を悼む (3)
  • 本日も、昨日に引き続き、亡き大久保氏のFBの記事。 巷でよく言われる「今を生きなさい」という言葉に通じるように私には思われる。 哲学者を相手に、過去、現在、未来を成り立たせるプログラミングを詳細に解説しているような…。 皆様はどうお感じになるだろうか。  ゜+.――゜+.――゜  マスターBが<人間の謎>について語る(3) 2016年11月4日  まず、経験の領域における、最 [続きを読む]
  • 大久保忠男氏を悼む (2)
  • 昨日に引き続き、亡き大久保氏のFBの記事を。マスターBとは哲学者ベルグソンとのこと。  大久保氏の文中の言葉を借りて、私なりにまとめてみると。「絶対的に正しい答え」を目指さず、「対象そのものに向か」えば、「全体の大きな流れのようなものが見えて」きて、「あなたに語りかけてくるだろう」「あなたが出発できるリアリティの原点」は、「経験に根ざし」ている。 宇宙のシステムは、まさにそのよう [続きを読む]
  • 大久保忠男氏を悼む (1)
  • 昨日、私に多くの哲学的示唆を与えてくださった、大久保忠男氏の突然の訃報を受け取った。大久保氏からの力添えがあってこそ、今の私があると言っても過言ではない。大久保氏が地上に遺したものは大きい。 ちょっと、抜け殻になった気分。物事を霊的視点から見る私にとっては、必ずしも、死は忌み嫌うものではない。死は途中駅に過ぎないし、新しい衣に着替えるようなものであるというのは、わからなくない。が [続きを読む]
  • 小さい良子ちゃん
  •   10年以上前になるだろうか、コーチングを学んだことがあった。参加していた20人位で、「自分に出会う」という瞑想をしたことがあった。 瞑想の中で、私は、古民家へ行って、私と思われる女神に出会った。「私が女神であるわけない。」と思う私に、その女神は、「女性はみんな誰でも女神です。」と言ったので、大変納得した。この言葉、世界中の女性の皆さんにシェアしたい言葉です。  さて、そして、その後、 [続きを読む]
  • 聖なる夢
  • 2013年7月  聖なる印象深い夢を見た。 《三蔵法師が吊り橋を馬に乗って渡っている。一人だ。この三蔵法師は私。夢の中の三蔵法師に星を投げて光を放つと、吊り橋がなくなる。それでも三蔵法師は空中にそのまま馬と共に在る。金色の光に包まれて…。》  この夢を見た頃、ランダムにメッセージが降りた。それを羅列してみる。あなたに必要なメッセージがあるかもしれない。  ゜+.――゜ [続きを読む]
  • 自分の闇に向き合う
  • 今日の記事は親鸞上人の悪人正機説にも繋がるとても意味深い内容になります。 「善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや」とすり合わせながら、納得できるまで、何度も繰り返し読んでいただきたい。( )内は、私の補足です。 この記事をお伝えするだけでも、このブログを書く意味があると、私は感じているミコトの言葉です。  ゜+.――゜+.――゜  2013年5月  ミコト:(人により)そ [続きを読む]
  • 草の根交流
  • 友人から、岐阜新聞の記事の切り抜きが送られてきた。朝日大大学院法学研究科杉島正秋教授の「イスラムへの理解 草の根交流で深く」 大変共感したので、今日はそれをご紹介させていただきたい。  杉島教授の記事の末尾に、 「一口にムスリムというが、もちろん彼らは一人一人まったく違う。私と同じように日々の暮らしがあり、そして愛すべき家族がいる。そんな単純な事実に気づき、コミュニケーションを [続きを読む]
  • 過去の記事 …