Tsuki さん プロフィール

  •  
Tsukiさん: 月曜から満身創痍
ハンドル名Tsuki さん
ブログタイトル月曜から満身創痍
ブログURLhttp://ringo-log.info/
サイト紹介文統合失調症とうつ病の克服や対ストレスブログ
自由文統合失調症とうつ病でボロボロになった私が気づいたこと、日常の過ごし方や病気に負けない方法を執筆します。ストレスフリーな生活を送るための心得とは!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 58日(平均3.3回/週) - 参加 2017/03/21 17:52

Tsuki さんのブログ記事

  • 両親に病気や体調のことを責められる!すごく絶望しますよね…
  • 私が精神疾患を患って初期の頃、両親はどうしていいのか分からずしょっちゅう病院や親戚にアドバイスを受けに行っていました。誰だって虚ろな目で手首をバッサバッサ切る息子を目の前にして、正気でいられるはずないでしょう。しかし、ある日突然ショッキングなことを言われました。お前、好きで病気になろうとしてないか?今思えば「はぁ?こちとら必死で生きてるのに、その言い草はないだろ!」と反論できますが、高校生の私には [続きを読む]
  • 病気のせいで迷惑をかけているという意識を矯正してみよう
  • ネガティブな気持ちは誰にだって訪れます。これは健常者も障がい者も同じです。しかし、頻度が多すぎたり、その思考によって日常生活に支障をきたしているなら、思考を改善する必要性が出てきます。はじめにネガティブシンキングを元から断つことは出来ません。しかし、落ち込みを最小限にする、もしくは気分の切り替えを早くすることは可能です。ここでは、一例を交えながら、一緒に思考の改善をしていきましょう。最近よく陥るネ [続きを読む]
  • 全てに動揺してしまうHSPのせいで仕事が辛い人の解決法
  • HSPという特徴は、「人一倍敏感な人」と言う話を以前しましたね。前回はHSPの特徴などをサラッと説明しましたが、今回はHSPの方の仕事術やライフスタイルに焦点を当てて掘り下げたいと思います。以前のHSPの記事はこちら>>はじめにもう一度HSPについて説明をしておきますね。以下のポイントに当てはまる方が「感受性が人一倍高い」HSP気質だと思います。 相手の悪意のない言葉の真意を探ってしまう 光・音・匂いなど五感が研ぎ澄ま [続きを読む]
  • ブログで病気の事を執筆して体調管理!少しお小遣いゲット!
  • このサイトも然りなのですが、うつ病や統合失調症、その他精神疾患を持つ方は国内に何千人といます。そのような人たちに役立つ情報を発信したり、励ましあったりは大変有意義な活動だと自負しています。今回はあなたがブログを書くメリットや付随するお得な情報をご紹介します。はじめにあなたは日々の体調管理は気にしていますか?なんとなく過ごしているという方も多いのではないでしょうか?そんな時にブログを書いていると「あ [続きを読む]
  • 働きたいのにうつ病などで働けない!限界を超えてしまった人へ
  • 現代病とも言えるうつ病、またパニック障害や統合失調症・不眠症・神経症など、いつ誰が精神疾患に陥ってもおかしくない現代社会です。しかしながら本国の精神疾患への理解というものは外国諸国に比べてまだまだ理解に乏しいと言えます。では、もし精神疾患を患ったら、または、現在メンタルに障害を持つ人はどう生きればいいのかを、今回は執筆致します。はじめにまずは「自分はどうしたいのか」を明確にしましょう。「うつ病であ [続きを読む]
  • 保健室登校の学生さんへ。君の将来は絶対明るい!今は休め!
  • 私自身、高校時代の大半は家と保健室の往復で、授業に出る事さえままならない状態でした。つまり、高校生が受ける教育というものが自分には欠落しています。でも、現に仕事もしていますし、何か生活に支障があるわけでもありません。だから、今授業に出られなくて悩んでいる学生の方へ「心配するな」と言いたい。今日はそんなコラムです。そもそも学生の勉強は進学のためでしかない中学や高校で身のためになる・将来役立つ教育とい [続きを読む]
  • 足がムズムズして眠れない?処方薬のせいかも!原因と対策
  • 足に不快感を感じたり、虫が這っているように感じる、ムズムズして眠ることが困難な方!それは「むずむず脚症候群(ストレスレッグス症候群)」の可能性が高いです!今回は、うつ病や統合失調症などの処方薬で起こりがちな「薬剤性むずむず脚症候群」についてのお話です。はじめにあなたはこんな経験はございませんか? 足や腕がムズムズする、動かさなければじっとしていられない 静かに座った時や、横になった時に出現する 腕や [続きを読む]
  • うつ病などで身体がガリガリ。栄養失調で異常に痩せてない?
  • うつ病や統合失調症など精神的な病に陥ると、体のリズムが崩れ、食が細くなります。また、過食は太るかと思われがちですが嘔吐につながるので、結果として栄養失調に陥ります。健康の土台となる身体の調子が不安定だと、メンタル面の健康も揺らいでしまいます。今日は栄養の摂り方について執筆致します。「食事が取れない」にもいろいろある食事が取れ無く結果的に栄養失調になる方にはいくつかタイプがあります。少し見てみましょ [続きを読む]
  • ギャンブル依存症の私が心がけている3つの心得
  • 恥ずかしながら、私はギャンブル依存症です。1日3万も負けることもしばしばあって借金も25万にまで膨らんだこともあります。現在ギャンブル依存症を克服するために頑張っています。そこで、何も買わずに何も使わずに今日からできるポイントをご紹介します。すっごく基本的でシンプルですが大切なことです。要約すると、 一か八かの賭けをしてまで欲しいものか考える 金銭的制限を設ける 並び項目ということです。詳しく解説します [続きを読む]
  • 仕事上のストレスがうつ病など精神疾患の原因と分かった時は
  • うつ病などの疾患は仕事がストレスの原因になることが多々あります。しかし、いざ原因は分かったと言えど毎日ご飯は食べなきゃいけませんし、その食費も仕事の給料でまかなわなくてはいけません。つまりすぐにストレスの元から逃げられないのが現状です。そのような時、症状がひどくなる前にできることをまとめました。ストレスの元は何かを確認し対処する主なストレスの原因は以下のとおりです。 仕事の量・忙しさ 人間関係 パワ [続きを読む]
  • 娘・息子が辛そうでも、元気に産めなかった私が悪いなんて責めないで!
  • 私の病気が激しかった頃、両親はかなり疲弊しており、母は毎晩のように泣いていました。世の中には「もっと元気な子に産んであげたかった」と悔やむ親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、どうか自分を責めないでほしい。患者さんと前を向いて歩んでいってほしい。この記事を書こうと思ったきっかけ私自身、息子がいるのですが、小さい頃に大病を患いました。一時は生死を彷徨う事態になり、妻は「私が悪い!私のせいだ!」と責 [続きを読む]
  • [休みたいけど休めない会社!]うつ病の方が持つべき「休む勇気」
  • 「逃げる」「休む」というフレーズは一見ネガティブで許されないことのように思われがちですが、ストレスからの自衛手段としては立派な一つの方法です。休職する・少し休暇を多めにとる・早退するなど、ストレスを回避する行動に後ろめたさは感じなくても大丈夫です。はじめに私自身、この記事を書いている現在休職しています。だいぶ症状も落ち着いて「早く復帰したいな」と思えるまでなりました。「休む」という行為に後ろめたさ [続きを読む]
  • うつ病や統合失調症をお持ちの方の「禁煙」は慎重に!
  • 精神疾患をお持ちの方の喫煙率はかなり高いです。私が病棟に入院している時は、常に喫煙室に誰かいてスパスパしておられました。かく言う私も喫煙者なのでタバコに頼る心理と言うのはよくわかります。しかし、昨今の禁煙ブームで「タバコをやめたい!」とお考えの方も多いとは思いますが、これがなかなか厄介なんです。今回は「精神疾患における禁煙の注意点」をまとめたいと思います。はじめにタバコは体にいいか悪いかはおいとい [続きを読む]
  • 緊急事態!土日や休診日・夜間に具合が悪くなったら!
  • 病院の開いていない日に体調が悪くなった!ということは、結構あったりします。そんな時に、どうすればいいか?をまとめてみました。どのレベルの緊急性か確認する我慢できる程度なのか、発狂してしまうほどの緊急性を要するのか、家族や本人の考えをまとめましょう。例えば、私が過去に救急で運ばれた時、「薬の副作用で身体が硬直した」という現象が起きました。この場合、通常生活は困難だと考えられますので夜間であろうが休日 [続きを読む]
  • 家族の理解がうつ病や統合失調症の治癒スピードを左右する
  • 未だに「うつ病なんて気合いで治る」とか「甘えでしかない」というステレオタイプな発言や思想を持っている方が多いのが現状です。私の祖母も精神疾患に理解があまりなく、「働いていないなんて悪いことだ!周囲に恥ずかしい!」という考え方の持ち主です。今回は家族やパートナーが早く快方に向かうには、家族の意識の改善も必要ですという記事です。ぜひ、周囲の人は読んでいただきたい。はじめに偏見まみれで病気に理解のない親 [続きを読む]
  • うつ病や統合失調症の方から仕事を引いても孤独感が増すだけ
  • 最近思ったのが、仕事というものは単にお金を稼ぐための手段ではなく、自己肯定や社会参加の確認をするツールなんだということ。起業・フリーランスという視点も踏まえて、何かに属するメリット・デメリットをまとめてみました。はじめに私のうつ症状の諸悪の根源は「仕事」だとずっと思っていた。だからこのブログでも「最悪フリーランスもあるよ!」とか「何にも属さないってサイコー!」という内容の記事をいくつか書いてきた。 [続きを読む]
  • 面倒くさいが2つ重なったら病院に行くべき!
  • 体や意識の変化において病院で診断を受けた方がいいラインというものは存在します。これから気分の波が来るぞ〜っていう予兆みたいなものもです。これを知っておくか知らずにいるかで、予防もできますし、今日は休んでゆっくりしようという対策も打てます。そのラインというのが、面倒くさい意識です。はじめに人間のエネルギーの根源は「欲」です。最も影響力が強いのが「食欲」「睡眠欲」「性欲」と言われています。「3大欲求」 [続きを読む]
  • つまらない人生を、バラ色ならぬ虹色に変える方法
  • さぁ、今日からあなたの人生をあなた自身でレインボーに変えましょう!そしてこれは、虹色人生の第一歩となるコラムです。私も常々「人生とはつまらないものだな」と思っていましたが、ちょっと視点を変えるだけで、生きやすくなりました!そのハウツーをまとめたいと思います。ポイントは「狭くなったら、普段しない行動をすること」です。ちょっと気合主義な記事なので、暑苦しいかもしれません、悪しからず。はじめにあなたは人 [続きを読む]
  • 死ねないことなんて分かってる。でも死にたいあなたへ。
  • 私自身、このところ希死念慮がひどく自宅療養しています。正直死にたい・消えたい。でも死ねないことなんて分かりきっているんです。少しの希望、首の皮一枚でなんとか生きています。「死にたいあなたへ」一緒にちょっと考えてみませんか?今生きている意味「なぜ今私が生きているか」かを問われると、「家族が悲しむから」それだけです。他に何以外でもありません。もし、私が単身で一人暮らしだったら、速攻人身事故を起こしてい [続きを読む]
  • 抑うつの状態で仕事を辞める危険性と避けるべき行動
  • 抑うつの状態がどういうものかというと以下の点が挙げられます。 何もやる気が起きない 気分が落ち込む 悲壮感を感じる 欠勤・欠席に異常なほど罪悪感を感じる 食欲・性欲がなくなるなどですが、私の場合は4つ目が酷いです。当てはまる方も多いとおもいます。私の実体験を元に、抑うつ状態の時してはいけないことをまとめました。抑うつ状態の時避けるべきことササッと挙げましょう。 退職・退学など重要な決断を避ける お酒で紛 [続きを読む]
  • 思いを吐き出す快感!カウンセリングに行こう!
  • カウンセラーにも色々あり、地域の保健センターに勤務される方、クリニックにいつもおられる方など、活動の幅は多いです。私自身、カウンセリングを受ける前は「ただの話し合いでしょ?」と否定的でしたが、今ではカウンセリングなしには日々すごせません。今回は、カウンセリングの魅力をお伝えしたいと思います。カウンセリングって何するの?自分の悩みや気になることを伝えます。それに対して一つ一つ「解消法」や「ストレスを [続きを読む]
  • 毎食後ラムネを5錠飲む事と、向精神薬を5錠飲む事に大した差はない
  • 何が言いたいかというと、「病気である自分にそこまで悲観する必要はない」という事です。今日は「病気である自分を受け入れるには」また「病気だから不幸というわけではない」というぼんやりとしたテーマをガシガシ掘り下げてみたいと思います。明日から+3%くらいハッピーに暮らせるようになるコラムに仕上げます。「毎食後ラムネを5錠飲む事と、向精神薬を5錠飲む事に大した差はない」とは?ここで言いたいのが気持ちの問題で [続きを読む]
  • 今日も学校・仕事に行けなかった…明日は行けるのかという不安
  • うつ病をはじめとする精神疾患において、欠勤・欠席は必ずついて回るものです。そして患者さん自身、落ち込み自分を責めてしまいます。そんな方へ、「明日は仕事・学校に行けるのかという不安について」をお伝えしたいと思います。ポイントは「自分を褒めてあげること・自信をもつこと・開き直ること」この3つを抑えればOKです!はじめに私も時々欠勤しますし早退もします。初めのうちは「行けなかった」という罪悪感を感じていま [続きを読む]
  • うつ病の人に「あなたはよく頑張ってるよ」って言う大切さ
  • 私の性格はとにかく「褒められたい・認められたい」というエゴが根本にあって、いい評価をもらわないとダメだという心理で生活しています。それゆえに息を抜きながら仕事や勉強をするということは苦手です。そんなこんなで生活をしていると、心に歪みが出てきてしまいます。しかし、「もっと頑張らないと!」と焦ってしまうのです。そこで、周囲からこのような声をかけてほしいのです。「あなたはよく頑張っているよ」はじめにうつ [続きを読む]