たつや さん プロフィール

  •  
たつやさん: 29歳、会社員を辞め起業をし、そしてエチオピアへ
ハンドル名たつや さん
ブログタイトル29歳、会社員を辞め起業をし、そしてエチオピアへ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tatsuyafuri/
サイト紹介文アフリカ、ビジネス、青年海外協力隊をテーマに良いことも悪いことも包み隠さず全部伝えようと思います。
自由文28歳でサラリーマンを辞めてアフリカで製造されたものを日本に輸入販売する会社を起業をし、そして29歳で青年海外協力隊としてエチオピアでマーケティングをしています。現在はエチオピアのメケレという場所の農業局でマーケーティングをしながらビジネスの種を探しています。起業、アフリカ、ビジネス、青年海外協力隊をテーマに良いことも悪いことも包み隠さず全部伝えようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 34日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/21 18:54

たつや さんのブログ記事

  • 食料自給率の低い日本が 途上国の貧困を生み出している
  • 食料自給率の低い日本が途上国の貧困を生み出している現在、エチオピアの農業局でボランティアとして働いていて、多くの農業関連のエキスパートと話す機会がありエチオピア農業について知ることができた。エチオピアの農業のことを知っていくと、エチオピアでは輸出専用に栽培されていてエチオピア国内では食べることがほとんどできないゴマや海外に輸出為に作られた農地がある。エチオピアでは約30%が貧困と言われている中、輸出 [続きを読む]
  • もし世界が100人の村だったら2016年度版
  • もし世界が100人の村だったら2016年度版昔、なぜか家にあった“もし世界が100人の村だったら”という本。 何度も読み返して、自分はなんて恵まれているんだと感じた。 なかなか日本では感じることのできない真実だと思った。 自分が知らないだけで世界にはこんなに格差があるのだと知った。 2001年に発行され、その15年後の2016年に加筆されたものがある。 これを読んでやはり自分はなんて恵まれているの [続きを読む]
  • エチオピア人の主食のインジェラ
  • エチオピア人の主食のインジェラエチオピアの主食のインジェラはテフという穀物から作られている。テフはイネ科の穀物で2mmくらいのかなり小さなものだ。インジェラはテフを粉にして混ぜ、発酵させたものをクレープみたいに大きな円盤のプレートで焼いたものである。白いインジェラと黒っぽい色のインジェラがあり、穀物の種類が違う。現地の人の話では色によって栄養素も少し異なるようだ。黒っぽいインジェラは鉄分の含有量が多 [続きを読む]
  • レザーの種類と特徴について調べてみた
  • レザーの種類と特徴について調べてみたレザーの種類に関して、どんな動物のレザーがあってどんな特徴を持っているのか知りたかったので調べてみた。 代表的な牛や羊のレザーの特徴と豚・ヤギ・鹿・カンガルーのレザーの特徴も調べた。同じ牛でも成長度合いによってレザーの質感はかなり変わるし、用途も異なる。牛名前:ステアハイト゛(2年以上飼育した去勢したオス成牛) 特徴:最も需要か゛多い、面積か゛大きく、厚い用途 [続きを読む]
  • あなたの宗教はなんですかと尋ねられたら
  • あなたの宗教はなんですかと尋ねられたら エチオピアでは、エチオピア独自のエチオピア正教を信仰している人々が43.5%、イスラム教を信仰している人々が33.9%、プロテスタントを信仰している人々が18.5%、土着宗教を信仰している人々が2.7%、カトリックを信仰している人々が0.7%、その他を信仰している人々が0.6%いる。 エチオピア正教には断食があり、断食中は肉、卵、乳製品などの動物性の食べ物は一切食べない。  [続きを読む]
  • 物乞いされてお金をあげるかあげないか
  • 物乞いされてお金をあげるかあげないか エチオピアで街を歩いていると1日に数回、多い時は数十回以上、物乞いをされる。 大人から子供まで様々な人から物乞いをされる。 日本ではほぼない体験である。 アジアや中東に仕事で行った時にもここまでの物乞いを体験することは無かった。 私は物乞いされても決して何もあげないとエチオピアに来る前に決めていた。 それは、物乞いを覚えるとそれが [続きを読む]
  • 日本で働くことと途上国で働くことの違い
  • 日本で働くことと途上国で働くことの違い 時間感覚日本の会社で働いていると始業時間の前に出社し、決められた昼食時間内に昼食を食べ、終業時間以降にも働きその日のノルマが終われば帰宅することが普通である。 しかし、エチオピアでは違う。 始業時間は決められているが始業時間以降に徐々に人が集まってくる。 始業時間に来た人もとりあえずカフェテリアに行きお茶を飲んだり、朝ご飯を食べ始める。 [続きを読む]
  • なぜ安定した会社員を辞めて青年海外協力隊に参加したのか
  • なぜ安定した会社員を辞めて青年海外協力隊に参加したのか 安定を求めて会社員として勤めて行くか? 会社を辞めて青年海外効力隊に挑戦か? 青年海外協力隊に応募する時、青年海外に合格した時、会社を辞める瞬間までずっと考えていた。 私は、大学を卒業し、化粧品メーカーの海外営業職として4年働いた後、非鉄金属の商社の海外営業職に転職した。2社目の商社では比較的安定した給与だったし、仕事も楽 [続きを読む]
  • エチオピアの白ハチミツとバケツハチミツ
  • エチオピアの白ハチミツとバケツハチミツ 先日、ティグライ州の州都のメケレからミニバスで約1時間かけてアグラという場所に行った。エチオピアでは首都や州都から少し離れると岩山と砂の別世界で、その場所で大半のエチオピア人は水や電気なしに生活している。そのような場所の中に蜂蜜工場及び組合のオフィスがあり、そのマネージャーと話をする機会があった。エチオピアでは農家が蜂蜜を作るが、その蜂蜜を市場に販売する [続きを読む]
  • 一番の国際貢献は中国
  • 一番の国際貢献は中国 エチオピアはかなりのスピードで経済成長をしており、街中にはビルや建物がどんどん建設されている。首都のアディスアベバでは電車も走っているし、首都からジブチまでの鉄道も建設されている。また、水不足を解消する為にダム建設も行われている。これら全ては中国企業が請け負ったものだ。 この首都アディスアベバからジブチまでの鉄道が完成すれば、内陸国のエチオピアがジブチ港を使っての貿易 [続きを読む]
  • エチオピアのゴミ山
  • エチオピアのゴミ山エチオピアでは今ゴミが問題になっている。ゴミ消却施設が無い為、ゴミを山のように積み上げている。日本のニュースでも少し取り上げられていたが、2017年3月11日にアディスアベバのQosheと呼ばれる廃棄物が埋め立てられている場所でゴミ山の土砂崩れが起き、125名の方が亡くなり、多くの家が倒壊した。(Qosheとはエチオピアでゴミという意味)Qosheは街で唯一のゴミ捨て場で50年以上その場所にゴミを捨て続け [続きを読む]
  • 日本ではなかなか見られない 8つのエチオピアの日常風景 (写真と共に)
  • 日本ではなかなか見られない8つのエチオピアの日常風景(写真と共に) 1, 馬車に乗る親子エチオピアの特に田舎に行くと馬車で移動したり、荷物を運んでいる人達を目にする。農家の人達は自分達で育てた野菜を馬車に乗せマーケットに運んだり、水が蛇口から出ない地域が多いため水を馬車で運んだりしている。日本とは違い、車を所有できるのはごく一部の裕福な人達だけでほとんどの人は免許さえ持っていない。その代わりの運搬 [続きを読む]
  • エチオピアの生乳と断食
  • エチオピアの生乳と断食 私が配属されているティグライ州農業・農村開発局はエチオピアのティグライ州(北東の地域)の農業行政の中心となる機関で、州内の県・市町村の農業事務所を通した農業技術の普及、資機材の供給、農産物の市場開拓、農業共同組合の支援等をおこなっている。私はその農業局の中でマーケティングアドバイザーとしてマーケットリンケージ(農家の作るモノをどういう風に市場と結びつけるか)に取り [続きを読む]
  • エチオピアでの8つのダニ対策
  • エチオピアでの8つのダニ対策 アフリカに旅行や長期滞在する際に不安になることの一つはダニに刺されること。私もエチオピアで2年生活するにあたって、心配ごとのひとつはダニに刺されること。ダニに刺されるか刺されないかは体質によるものが大きいらしい。人によっては200カ所くらいを噛まれていて全身ダニに噛まれた痕が残っている。一方全く噛まれない人もいる。また、あくまでも噂レベルだが、1年くらい噛まれ続け [続きを読む]
  • 我々が見習うべきエチオピアの習慣
  • 我々が見習うべきエチオピアの習慣  ボランティアとしてエチオピアにきてから感じることは、私がエチオピア人に何か伝えること以上にエチオピア人達から学ぶことが多くある。エチオピア人と接して見習わないといけないと感じたことを紹介したい。 1、エチオピア人のコミュニケーションの手段 エチオピア人はとりあえず奢ってくれる。時間があればコーヒーや紅茶を飲もうと誘ってくれ、誘った人が奢る習慣の [続きを読む]
  • エチオピアと日本を数字で比較したら
  • エチオピアと日本を数字で比較したら エチオピアと日本を様々な観点から比較しました。そこで見えてきたことは日本は高齢化だがインフラがしっかりしていること。そして、エチオピアはインフラがまだまだだが若く将来性があるということ。エチオピアと日本を知る為に参考になればと思います。1, 人口:(エチオピア)1億人(世界第14位) (日本)約1.3億人(世界第11位) 2, [続きを読む]
  • エチオピアという国と語学力
  • エチオピアという国と語学力エチオピアに来る前まではエチオピアでは英語は通じず、現地語を学ばない限りコミュニケーションが難しいのではないかと思っていた。しかし、エチオピアに来てみると英語が堪能な人が多く、エチオピアのスックと呼ばれる小さいコンビニ見たいな所の店員や街中の子供も英語で話しかけてくる。現地語はコミュニケーションを深める為にもちろん必要だが、現地語なしでもコミュニケーションが十分とれるので [続きを読む]
  • エチオピアシープレザーの4つの特徴
  • エチオピアシープレザーの4つの特徴エチオピアは天然資源をあまり有していない国で、国民の8割以上が農業に従事している。天然減資源があまり無い為、今後は日本と同じように製造業に焦点を置いていかないといけない。いくつかある製造業の中で今回はレザー産業を紹介したい。 エチオピアのレザーには牛、羊、ヤギ、ワニなどがあるが、その中でも羊のレザーは下記の4つの特徴を持っており今後のエチオピアの経済発展の一つの [続きを読む]
  • アフリカビジネスで必要だと思う9つのこと
  • アフリカビジネスで必要だと思う9つのこと アフリカでビジネスをすることで現地の雇用を増やしたり、現地の収入を増やしたりすることは一つの国際協力であると思う。 アフリカでのビジネスをする上で必要だと感じたこと、必要だと聞いたことをまとめた。日本のビジネスと共通するものもあったり、全く共通しないこともある。これが全てではないが多少なりとも参考になればと思います。 1, 根回し [続きを読む]
  • 男性が使う足踏みミシンとウォッシュウォッシュの少年
  • エチオピアの街で見かける働く人達エチオピアの街を歩いていると路上で働いている人が目に付く。彼らは生活費を稼ぐ為に必死に頑張っている。今回はエチオピアの路上でよく目にするミシンを使って服を修理している人々と靴磨きの少年達を紹介したい。 ミシンを扱うのは男性の仕事エチオピアでは足踏みミシンを使っている人を道端で多く見かけ、裾直しや破れた服の修理をしている。日本ではまず見かけない足踏みミシンを [続きを読む]
  • 協力隊として任地に派遣される前に やっておいた方が良い4つのこと
  • 協力隊として任地に派遣される前にやっておいた方が良い4つのこと 1, 報告書を読む先輩隊員の報告書はできる限り読んでおいた方がよい。そして、1, どういう取組みをしたか、2, どういう問題点があったか?、3, どういう風に改善したか?などまとめているといざ自分が問題に直面した時に対処しやすい。まとめる時間がなければ現地で時間がたくさんあるのでコピーをして持っていくべきである。また、配属した当初はどう [続きを読む]