グレート・なごやん さん プロフィール

  •  
グレート・なごやんさん: 武将銅像天国
ハンドル名グレート・なごやん さん
ブログタイトル武将銅像天国
ブログURLhttp://ameblo.jp/greatnagoyan/
サイト紹介文戦国武将の銅像を紹介します。 ・お宮さん&お寺さん ・城跡&公園 ・駅前 ・謎の場所 等など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 129日(平均6.0回/週) - 参加 2017/03/21 21:18

グレート・なごやん さんのブログ記事

  • 本多忠勝(岡崎城)
  • 三河国の中心地・岡崎城址(岡崎公園)二の丸にある戦国武将銅像です。「竹千代」「松平元康」「徳川家康」と家康公の銅像・石像だけで何体あるかよくわからない岡崎公園ですが、数少ない「非・家康」像になります。 本多忠勝(岡崎城) 青空じゃなくなると 写真でこうしてみると、銅像もデカく、天守もかなり遠く見えますが、銅像のサイズはちょっとだけコンパクトで、天守はかなり近いです。岡崎城二の丸にある歴史資料館「三 [続きを読む]
  • 徳川家康(三河武士のやかた家康館・岡崎城)
  • 徳川家康の生誕地・岡崎城址(岡崎公園)二の丸にある歴史資料館「三河武士のやかた家康館」にある段ボール製甲冑像です。最近、チョコチョコ見るようになってきました段ボール武将シリーズですが、こちらのサイズはかなりのデカさです。 徳川家康(三河武士のやかた家康館・岡崎城) 二つある撮影コーナーのうち、エントランス近く、徳川四天王の兜で撮影できるところ近くにあります。 エントランスにもワンサイズだけコンパクト [続きを読む]
  • 徳川四天王甲冑(三河武士のやかた家康館・岡崎城)
  • 八丁味噌人民共和国の首都・岡崎城址(岡崎公園)にある歴史資料館にある戦国武将の甲冑レプリカです。「三河武士のやかた家康館」は、徳川家康さんや本多忠勝さんの銅像近く、岡崎城二の丸にある徳川家康関連が中心の資料館です。岡崎城天守も歴史資料館になってますが、こちらは岡崎城や城下町の歴史が中心になってます。「三河武士のやかた家康館」のエントランス付近・ウェルカムコーナーに甲冑レプリカが飾られています。一応 [続きを読む]
  • 竹千代(岡崎城)
  • 知る人ぞ知る石都・岡崎の中心部、岡崎城址・岡崎公園にある石像です。石の都を謳うだけあって、この岡崎公園には石像が結構あります。 竹千代(岡崎城) 岡崎公園内にある竹千代像は二つ。そのうちのひとつは、この公園案内板の傍らの立像。何故、軍配持っているのでしょうか?何かそんな逸話あるのですかね。。。 もうひとつは、天守と二の丸の間にある出世ベンチの座像。立像も座像も同じ顔。どちらもかの国の首領に似ておりま [続きを読む]
  • 徳川家康(岡崎城)
  • 八丁味噌人民共和国の首都・岡崎城址(岡崎公園)の戦国武将銅像です。この公園まわりには、竹千代・松平元康・浜松時代等、さまざまな家康公像がありますが、この像は、家康の一番メジャーなイメージ=タヌキおやじモデルのものになります。 徳川家康(岡崎城) こういう銅像のメンテナンスはどういう周期でやっているのでしょうか。頭から左の額にかけて、シミになっていて、色合いからして、鳥のふんをかけられた感じになっ [続きを読む]
  • 徳川家康・竹千代(出世ベンチ・岡崎城)
  • 八丁味噌王国のセンター、岡崎城址(岡崎公園)にある石像つきベンチです。具体的には、「三河武士のやかた家康館」のある二の丸から、岡崎城天守の間に位置しています。天守を背景に主に親子連れが多く記念撮影している感じです。 徳川家康・竹千代(出世ベンチ・岡崎城) 家康公も竹千代さんもなかなかいい表情しています。しかし、この竹千代君、茶筅のまげを切ってカリアゲにしたら、どこかの国の元首そっくりなのが気にな [続きを読む]
  • 徳川家康(しかみ像)(岡崎城)
  • 八丁味噌帝国の首都・岡崎城址(岡崎公園)にある武将石像です。岡崎市はどうも「石像の街」らしく、近辺では良質の石がとれるとのことです。岡崎公園には、幼少時の竹千代さん、今川から独立した松平元康さん、タヌキ親父のころの徳川家康さん、そしてこの三方原で惨敗したころの家康さんとたくさんの家康像があります。 徳川家康(しかみ像)(岡崎城) 石像の向かって右手は「三河武士のやかた家康館」という資料館になります [続きを読む]
  • 松平元康(徳川家康)(岡崎城)
  • 八丁味噌国の首都・岡崎城址(岡崎公園)にある戦国武将騎馬像です。何故、噴水の中にあるのか、何故、御馬に足がないのかは不明です。お隣にあるタヌキ親父の家康像には記念撮影の人はまあまあいますが、近くの元康像には残念ながら誰もいませんでした。しかし、暑さが本格化するのはこれから、お水まわりにあるこの像に寄りつく方も今後、増えるでしょう。 松平元康(徳川家康)(岡崎城) この像は19歳のころに岡崎城に帰城 [続きを読む]
  • 蜂須賀小六・日吉丸(矢作橋)
  • 八丁味噌国の首都・岡崎城から国道一号線を西へちょっと行き、矢作川に架かる矢作橋の袂にある武将石像です。たくさんの徳川家康と、ちょっとの本多忠勝でいっぱいの岡崎の街に、珍しい秀吉(日吉丸)&蜂須賀小六の像。この矢作橋は秀吉が12歳のころに蜂須賀小六に出会った逸話が残る場所とされていることから「出合之像」として作成されたものです。実際に矢作橋が架かったのは1601年らしいので、事実ではないらしいですが、イイ [続きを読む]
  • 蒲生氏郷・銀鯰尾形兜(松阪城)
  • 牛肉大国と思いきや、実は鶏肉天国・松阪市の象徴・松阪城跡の松阪市立歴史民俗資料館にある複製兜です。この松阪市立歴史民俗資料館は、コンパクトですが、なかなか味わい深い展示物も多く、近くの本居宣長記念館とともにオススメです。ちなみに日本百名城のスタンプもここで入手となります。 蒲生氏郷・銀鯰尾形兜(松阪城) カッコイイ兜ですが、実戦的かどうかと言われれば、、、「歴史資料館あるある」の複製兜や銅像前のみ撮影O [続きを読む]
  • 奥平信昌・亀姫(長篠設楽原パーキングエリア)
  • 愛知県新城市、何もかも新しい新東名高速道路の長篠設楽原パーキングエリアの売店入口近くにある夫婦像です。このすぐ近くが「長篠・設楽原の戦い」の合戦場だということから、パーキングエリア自体に戦国時代を模したものや戦国時代関連のお土産に溢れています。食堂メニューも、織田軍・徳川軍・武田軍等に分かれ、何となくそれらしいメニューになってたりします。そんなこともあり、入口近くに(小さいですが)戦国武将夫婦像が [続きを読む]
  • 徳川家康・豊臣秀吉・井伊直政(浜松頭陀寺)
  • 静岡県西部、うなぎ&餃子国の首都・浜松市の玄関口・浜松駅より車で東に数分のお寺さん=頭陀寺さんの境内にある武将銅像sです。いずれも浜松とこのお寺さんにゆかりのある三公(徳川家康・豊臣秀吉・井伊直政)の若かりし頃のイメージ銅像になります。 徳川家康・豊臣秀吉・井伊直政(浜松頭陀寺) 家康さんは、今川家の人質時代より浜松やこの頭陀寺さんに来ていたようです。桶狭間の戦い後、三河で立て直した後に、浜松に侵攻 [続きを読む]
  • 徳川家康・豊臣秀吉(引間城・浜松元城町東照宮)
  • 餃子の国の首都・浜松城公園を152号線を挟んで正面にある小さな神社=東照宮さんにある銅像'sです。家康公没後400年を記念しての銅像と伺っていますが、何故にココに秀吉さんの銅像があるのかは疑問です。浜松駅近くに頭陀寺という古寺がありますが、秀吉さんが青春期を過ごし、いくつかの逸話がこのあたりに残っています。家康さんが浜松に長く過ごしその後出世したこと、そして、名もなき秀吉さんも過ごし、その後大出世したこと [続きを読む]
  • 徳川家康(浜松城天守)
  • 静岡県西部、うなぎ餃子国の首都・浜松城天守内に展示している武将像です。これもおそらく浜松に家康が居た頃のイメージ=「若き家康像」なのでしょう、一昨年、家康公没後400年で作成されたものと伺ってます。 徳川家康(浜松城天守) 博物館や歴史資料館で、ゲート近くの武将像やレプリカ甲冑のみ撮影OKというのは「博物館あるある」ですが、浜松城天守内の展示品についてもそれに該当、撮影OKでした。なかなかのリアルさでは [続きを読む]
  • 徳川家康(浜松城)
  • 静岡県西部、うなぎ&餃子國の首都・浜松城天守近くの銅像です。銅像には「若き徳川家康公の像」とありますがいかがでしょうか。。。 徳川家康(浜松城)  この色の剥げ具合といい、雰囲気といい、どう見てもベテランですよね。実際、家康公が浜松を居城としていた時期ってのは、いつごろなんですかね。にしても、「若き〜」は少し言い過ぎかもです。 浜松の街は、観光については、数カ月前までは「出世城」推し一本でしたが、今年 [続きを読む]
  • 武田信玄(風林火山響の里)
  • 山梨県笛吹市石和の郷土料理レストランにある巨大銅像。信玄公の銅像は甲府駅前のものも含めて、すべて巨大ですが、こちらの銅像もデカイ&デカイ。響の里は山梨県の郷土料理をいただきながら、和太鼓ショーを楽しめるエンタテインメントレストラン。私が飛び込みで伺ったときは、残念ながら食事できませんでした。正直、コチラにきて、その存在を初めてしりましたが、地元や関東地方ではかなりの人気なのでしょう。 武田信玄(風 [続きを読む]
  • 武田信玄(双葉サービスエリア)
  • 山梨県甲州市、中央高速道路双葉サービスエリア上りのお土産売り場にある銅像です。お土産売り場にあるにもかかわらず、デカイ&デカイ。かなりの迫力に圧倒されます。この銅像も長谷川等伯作の肖像画のイメージですかね。塩山駅の銅像によく似てます。少なくともヒョロヒョロ晴信さんのそれではないようです。 武田信玄(双葉サービスエリア) この奥は自動販売機コーナーで、手前はお土産売り場です。背景の信玄公と山本勘助の [続きを読む]
  • 武田信玄(武田神社)
  • 山梨県甲府市、躑躅ヶ崎館跡にあります信玄公をお祀りしている武田神社の宝物殿内にある銅像というよりレリーフです。よく博物館や歴史資料館の展示物から少し離れた記念撮影コーナーに武将像や甲冑レプリカがおいてあり、そこのみ撮影可能というのは「博物館あるある」ですが、お宮さんやお寺さんの宝物殿・宝物館にあるのは、ちょっと珍しいかもです。 武田信玄(武田神社) 写真では伝わりづらいですが、思ったよりデカイのと、 [続きを読む]
  • 武田信玄(甲府駅)
  • 山梨県甲府市の玄関口・甲府駅の武将銅像です。おそらく日本で一番有名な駅前武将銅像ではないでしょうか、そして、武将のみならず、銅像の最高傑作のひとつだと思います。 武田信玄(甲府駅) 甲府にも何度か伺いましたが、この日は、銅像の周りは工事中で、近くまで行けませんでした。やっぱり信玄公はこのイメージが強いです。ヒョロヒョロ晴信さん以外の肖像画が早期に発見されるのを望みます。 こちらもよろしくです。 [続きを読む]
  • 武田信玄(恵林寺・信玄館)
  • 山梨県甲州市、信玄公の菩提寺・恵林寺の道を挟んだところにあるドライブイン「信玄館」にある銅像です。「信玄館」さん、要はお土産購入とお食事ができるところなんですが、そこにある銅像にしては、まあ、デカイ&デカイ。道の駅やサービスエリアも含めてお土産屋さんに銅像があるのなんて、ありそうで、なかなか、ないものなんじゃないでしょうか。。。 武田信玄(恵林寺・信玄館) 銅像は、甲府駅の信玄公によく似てますかね。。。 [続きを読む]
  • 武田信玄(塩山駅)
  • 山梨県甲州市の塩山駅前のロータリーにある武将銅像です。塩山駅は、武田信玄公の菩提寺で、「心頭滅却すれば、、、」でよく知られ織田軍に焼き討ちされたお寺さん・恵林寺へのアクセス窓口の駅になってます。ただ、この駅からでも車で10数分かかりますから山梨県のお寺巡りは公共交通機関じゃ結構ハードル高いかもです。 武田信玄(塩山駅) 銅像は高野山にある長谷川等伯が描いた絵を立体化した感じ。今ではそれは別人説になって [続きを読む]
  • 仁科盛信(高遠城・五郎山)
  • 長野県の真ん中から少し南、伊那市高遠にあります高遠城より車で数分、五郎山にあります武将銅像です。仁科盛信さんは武田信玄公の五男で、武田勝頼さんの弟。天目山の戦いで次々と武田家を離れる家臣団の中、最期まで織田軍に立ち向かっていった勇将。そんな猛者・勇将像はどんな感じでしょうか、、、 仁科盛信(高遠城・五郎山) 横にはお墓(?)というか祠が、、、 高遠城の南、トンネル近くの入り口道標を入って、舗装されています [続きを読む]
  • 武田勝頼(甲斐大和駅)
  • 山梨県甲州市のお寺さん・景徳院への窓口となる甲斐大和駅前にある武将銅像です。景徳院は武田家最期の当主・勝頼さんが眠るお寺さん。ちょっと街中から外れたこの地にかなり立派なお堂や山門が並んでます。 武田勝頼(甲斐大和駅) この銅像、なかなかのカッコよさだと思います。ちょっとサタデーナイトフィーバー風ですが、、、名門・武田家を滅亡させてしまった勝頼さん、なかなか良い印象は伝わってきませんが、近年ではその悪 [続きを読む]
  • 直江兼続(与板歴史民俗資料館)
  • 広い新潟県長岡市の与板地区にある通称・兼続お船ミュージアムこと与板歴史民俗資料館にある武将銅像です。与板は兼続さんが直江信綱さんの死後、信綱の妻おせんを娶り直江家を継ぎ、与板城主となったところ。ここも若き兼続さんゆかりの地というわけですね。 直江兼続(与板歴史民俗資料館) 直江兼続さん、この与板にいつからいつまで住んでいたんでしょうか、この銅像をお見受けする限り、かなりベテランの御姿、若き兼続ゆか [続きを読む]