omoti さん プロフィール

  •  
omotiさん: 日韓友好に勤めた人達
ハンドル名omoti さん
ブログタイトル日韓友好に勤めた人達
ブログURLhttp://nikkanyuukou.seesaa.net/
サイト紹介文日韓友好に勤めた人達を調べています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 36日(平均5.4回/週) - 参加 2017/03/21 21:47

omoti さんのブログ記事

  • 韓国の伝統茶・伝統菓子・お餅が味わえるカフェ一覧
  • 日韓友好の方法はいろいろあると思うのですが、韓国の食べ物を食べるというのも立派な日韓友好だと思います。韓国の食べ物と言うとキムチや焼肉が浮かぶ人が多いと思うのですが、韓国の伝統茶・伝統菓子・お餅もとても美味しいです。(韓国の伝統茶カフェについてはこちらのサイトをご覧ください)実は日本でも、韓国の伝統茶・伝統菓子・お餅が味わえるカフェが全国にちらほらとあります。というわけで日本で韓国の伝統茶・伝統菓 [続きを読む]
  • 韓国食材店の雑穀は安い
  • 実は韓国は雑穀天国です。雑穀は日本でも健康ブームで広まって来ましたが、それでも普通のスーパーでヒエやキビやアワを見つけるのは難しいです。しかし韓国はウェルビン(=健康志向)の国なので、レストランや食堂のご飯には雑穀が入っている事が多く、また普通のスーパーにもヒエやキビやアワなどの雑穀が何十種類も並んでいるそうです。こちらのブログ参照。韓国の雑穀自給率は約27%、日本は約7%です。日本の雑穀は高くて [続きを読む]
  • 在日の人達を知るという日韓友好
  • 日韓友好には色んな方法があると思うのですが、在日朝鮮人・韓国人の人達について知る事も一つの日韓友好なのではないかと思います。私は他にもいくつかの韓国に関するブログをしているのですが、その中に「在日韓国・朝鮮人について知るための資料集」というものがあります。在日の人達について調べていて強く思ったのは、日本と韓国の関係の複雑さや矛盾を1番背負わされているのが在日の人達なんだなという事でした。なので在日 [続きを読む]
  • 在日のお婆ちゃん達の集まり「トラジの会」
  • 在日のお婆さん達のドキュメンタリー映画。「トラジの会」も出てきます。「トラジの会」についての動画「トラジの会」についての動画「その他」のカテゴリでは、韓国について私が面白いと思う事や、皆さんにも知ってほしいと思った事を書いています。神奈川県の川崎には「トラジの会」という在日朝鮮人のお婆ちゃん達の集まりがあります。在日の1世達は日本に渡ってきた最初の世代なので、日本でまともな仕事も無く、とても苦労を [続きを読む]
  • コリアンタウンでご飯を食べるという日韓友好
  • 日韓友好の方法は色々あると思うのですが、コリアンタウンに行ってご飯を食べたりするのも、身近に出来る日韓友好だと思います。食べる事は人間の根本的な事なので、その国の食を知るという事は、根本的にその国を知るという事につながると思います。わざわざ韓国に行かなくても、日本全国に韓国文化を感じ、韓国につながれるコリアンタウンがあります。私は他にもいくつかの韓国に関するブログをしているのですが、その一つに「在 [続きを読む]
  • 韓国のお弁当カフェ
  • 「その他」のカテゴリでは、韓国について私が面白いと思う事や、皆さんにも知ってほしいと思った事を書いています。韓国には野菜・海産・畜産・漢方・洋服・韓服・家具・おもちゃなど色んな市場があり、ソウルだけでも10カ所以上の市場があるそうです。こちらのサイトにソウルの色んな市場が紹介されていたので、興味のある方はぜひご覧ください。「ソウルの市場(シジャン)いろいろ!!」そしてソウルの通仁市場という所には「 [続きを読む]
  • 韓国は意外とオーガニックの国
  • 「その他」のカテゴリでは、韓国について私が面白いと思う事や、皆さんにも知ってほしいと思った事を書いています。実は他にもいくつか韓国に関するブログをしていて、その一つに「韓国の農業(特に有機農業)の情報を集めるブログ」というのがあるのですが、そこで韓国のオーガニックスーパーについて調べたら、予想以上に沢山ある事がありました。以下が韓国にある主なオーガニックスーパーです。オルガチョロッマウルハヌルタン [続きを読む]
  • 韓国に意外と沢山ある日本のチェーン店
  • 「その他」のカテゴリでは、韓国について私が面白いと思う事や、皆さんにも知ってほしいと思った事を書いています。実は他にもいくつか韓国関係のブログをしていて、その一つに「韓国のHP集」というのがあるのですが、それで調べたところ韓国には日本のチェーン店が沢山ありました。例えばこんな感じです。(それぞれのリンクから韓国のHPに飛べます。もちろん全て韓国語ですが、韓国語の勉強になりますよ)モスバーガー    [続きを読む]
  • 保坂祐二 〜韓国籍を取り「竹島は韓国の領土」と主張する研究者〜
  • 「その他」のカテゴリでは、韓国について私が面白いと思う事や、皆さんにも知ってほしいと思った事を書いています。この保坂祐二さんという方を「日韓友好に勤めた人達」のカテゴリに入れるかどうか悩んだのですが、やはり微妙なので「その他」のカテゴリに入れる事にしました。なぜかというと、保坂祐二さんはどちらかと言えば韓国寄りの発言をしているので、反日日本人ととらえる人もいると思ったからです。ただ動画を見てこうい [続きを読む]
  • 韓国の食品を買うという日韓友好
  • 辛ラーメン(5食入)日韓友好には色んな方法があると思うのですが、韓国の食品を買うというのも一つの日韓友好だと思います。食べる事は人間の基本なので、そういう根底的な所から日韓友好をするのも良いのではないかなと思います。私も毎月定期的に、ネットの通販で韓国の食品を買っています。私がよく買っているネットショップです。韓流館ショップAsia市場特に雑穀は、日本の自然食品店で買うよりも安くて量も多いです。雑穀 [続きを読む]
  • 田内基 〜在日のお年寄りのための老人ホームを作った人〜
  • 画像は「クリスチャン新聞 online」さんからお借りしました。田内基さんは3000人の韓国孤児を育てたと言われる田内千鶴子さんの息子さんです。田内千鶴子さんについての動画以前小額ですが寄付をした時に送られてきた冊子「私もまた孤児だった」によると、田内基さんも他の子供と同じように孤児のように育てられたそうです。(いつもお腹を空かせていたそうです。ちなみに「羊がいっぴき」も「私もまた孤児だった」も、奥様の [続きを読む]
  • 高橋昇 〜朝鮮全土を歩き朝鮮の農業を記録した日本人〜
  • 【中古】 朝鮮全土を歩いた日本人 農学者・高橋昇の生涯 /河田宏【著】 【中古】afb価格:1200円(税込、送料別) (2017/3/21時点)高橋昇さんは27歳の時に朝鮮に渡り、朝鮮総督府農業試験場水原本場に農業技官として就任しました。日韓併合時の日本は、韓国に昔からある農業方法を蔑視し、日本の農業の方法を押し付けようとし、稲作も日本人向けの品種に変更させたりしていました。「その土地の農業方法を尊重するべきである」と [続きを読む]
  • 梨本宮方子妃殿下(李方子) 〜韓国の障害児教育に尽力した妃殿下〜
  • 画像は「ぼやきくっくり」さんからお借りしました。日韓併合時代、国策として韓国人と日本人の結婚が推奨されました。梨本宮方子妃殿下は1920年に李朝世子の李垠と結婚しました。敗戦後は王公族の身分と日本国籍を喪失して、日本で一在日韓国人となり、邸宅・資産を売却しながら細々と生活を送りました。李承晩政権の時は韓国への帰国を拒否されたのですが、朴正熙政権になってから1963年に帰国しました。夫の死後、当時の韓国では [続きを読む]
  • 芙蓉会(在韓日本人女性の会)の女性達
  • 韓国には芙蓉会という在韓日本人のお年寄りのための組織があります。日韓併合時代、日本は国策で「内鮮結婚」と言って日本人と韓国人の結婚を推奨しました。そして日本から沢山の女性が、韓国人の旦那さんについて韓国に渡りました。しかし終戦後、反日の視線に耐えられなくなった旦那さんが日本人の奥さんを捨てたり、旦那さんが死亡して独り身になった日本人妻が、日本人という事で仕事も出来ずに苦労したそうです。芙蓉会はそん [続きを読む]
  • 網切一郎 〜韓国籍を取りエリンギ栽培に成功した日本人〜
  • 写真は「Busan nikki 2 (2014〜)」さんからお借りしました。綱切一郎さんは、韓国で初めてエリンギ栽培に成功し、「きのこ博士」と呼ばれた人です。綱切一郎さんは日韓併合時代の韓国で生まれましたが、終戦の時に父親が開放された朝鮮人達に自宅軟禁され、そのまま日本に強制送還されてしまいます。たまたま隣のヤンさんの家に遊びに行っていた3歳の綱切さんは、そのままヤンさんの家に引き取られ育てられます。そしてたまたま高 [続きを読む]
  • ある韓国人老夫婦の物語 映画「あなた、その川を渡らないで」
  • 「その他」のカテゴリでは、韓国に関する私が良いと思う情報や「皆に知ってほしい」と思う情報を載せて行こうと思います。この映画、「あなた、その川を渡らないで」は、韓国国民の10人に1人が見て泣いたと言われる静かな感動のドキュメンタリーです。まだ本編を見ていないのですが、予告編だけで感動してしまったので載せました。あなた、その川を渡らないで価格:432円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)あなた、その川を渡ら [続きを読む]
  • 新聞「日本と朝鮮」を作っている人達
  • 「日本と朝鮮」という新聞は日朝協会という所が出している新聞です。日朝協会 HP私も何冊かもらった事があります。在日のお年寄りの福祉施設の館長さんへのインタビューや、朝鮮学校の訪問記や、在日関係のイベントの参加報告など、丁寧なフィールドワークと取材をされていて、素晴らしいです。また韓国関係や在日関係のイベントの告知も沢山載っています。韓国関係や在日関係の事を調べている人には、良い情報源になるのではな [続きを読む]
  • 重松髜修 〜貧しい農民を養鶏を広める事で救った日本人〜
  • 重松髜修さんは日韓併合時代、朝鮮に養鶏を広める事で貧しい農民を救った人です。24歳の時に朝鮮に渡り、土地調査局に勤めた後、金融組合の理事になりました。この金融組合は、借金に苦しむ朝鮮の農民を救うために作られた金融機関でした。金融機関の仕事で各農家を回っている時にふと、「養鶏で貧しい農民を豊かに出来ないだろうか?」と思いつき、自宅で品種改良して育てた鶏の有精卵を、貧しい農家に無料で配りました。出来た [続きを読む]
  • 「東京・大阪DEEP案内」のスタッフの人達
  • 東京DEEP案内 HP 大阪DEEP案内 HP日韓友好として紹介して良いのかは判断微妙な所なのですが、私がコリアンタウンを調べる時に良く使わせてもらっているサイトが「東京・大阪DEEP案内」さんです。このサイトは東京・大阪の寂れた街などの探訪記を載せているサイトなのですが、コリアンタウンも沢山載っています。写真が沢山あるので、まるで街を歩いているみたいにリアルに現地の様子が分かります。コリアンタウ [続きを読む]
  • 曽田嘉伊智 〜孤児1000人余りを育てたクリスチャン〜
  • 画像は「韓国・・・何でも広場」さんからお借りしました。韓国の孤児を育てた日本人は田内千鶴子さんや望月カズさんが有名ですが、実はもう1人男性で韓国の孤児を育てた方がいます。それが曽田嘉伊智さんです。31歳の時に台湾で酔っ払って道端で死にそうになっていた時、誰も助けてくれなかった中で、ある韓国人が背負って旅館まで連れて行ってくれた事が韓国に渡った理由だそうです。ソウルYMCAの前身であるキリスト教会館で [続きを読む]