moguler8 さん プロフィール

  •  
moguler8さん: 一石三鳥ウォーキング&ランニング
ハンドル名moguler8 さん
ブログタイトル一石三鳥ウォーキング&ランニング
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/moguler8
サイト紹介文姿勢改善ジム・体玄塾のトレーナーがお伝えする、美容・健康・タイムアップに役立つ歩き方・走り方の極意
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 38日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/21 23:00

moguler8 さんのブログ記事

  • しなやかな体幹&正しい姿勢をつくるストレッチ
  • 前回、しなやかな動きをつくるために、肋骨周りの柔軟性を向上させましょうというお話でした。動画もご紹介しましたが、今回はテキストにて肋骨周りのストレッチをご紹介いたします。崩れた姿勢を元に戻すという、大事な役割もあるストレッチです。体幹をしなやかにという以前に、姿勢改善の基本となるストレッチですので、ランニングやスポーツをしない方もぜひやってみてください。ポイントは、「引き伸ばす」①肘を曲げ、上へ肘 [続きを読む]
  • ランニングと、しなやかな体幹。そのつくり方。
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。前回、走る時には体幹のしなりを使ってしなやかに走ろうというお話をしました。その、「体幹のしなり」を生むために、チェックすべき体の部位についてのお話を今回はします。その部位とは、「肋骨(あばら骨)」です。「肋骨」周りの柔軟性アップが、ランニングパフォーマンスアップのカギ!みなさんの体には、臓器を護る為に「胸郭」というかごのような骨があります。12本の肋骨等で構 [続きを読む]
  • 体をしなやかに使って走ろう!
  • 前回、走る時は体幹を固めると背骨の動きが制限されるので固めてはいけないというお話をしました。https://blogs.yahoo.co.jp/moguler8/36811308.html走る時、とりわけペースを上げていけばさらに体幹のしなりは腕脚の動きに連動して必要になりますので、肩甲骨を寄せたまま走ったりすると、結局体幹の使えない、腕脚だけが疲れる走りになってしまいます。体幹を使った本当の走りとは?人型ロボット・ASIMO君の走りの動画があった [続きを読む]
  • ランナーは体幹を固めちゃダメ!その理由は?
  • いい姿勢をとる時、背すじをピシッとしたり肩甲骨を寄せたりすると、かえって本来の骨格が崩れる事になるよというお話をしました。https://blogs.yahoo.co.jp/moguler8/36791617.html今回は背すじをピシッとしながら走ることによるもう一つのデメリットのお話です。走る上でのデメリット:その2体幹が固まり、背骨の運動が制限される。最近、何かと「体幹」というワードが頻出していますね。体幹の筋肉を固めて鍛える事が姿勢の維 [続きを読む]
  • どういう姿勢が正しい姿勢?
  • 「姿勢を良く」と言うけれど・・・今回はいい姿勢とは何ぞや?というお話です。ウォーキング、ランニングに臨む前に、まず立位での姿勢を整える必要がありますが、そもそも、どんな姿勢が正しい姿勢なのかっていうのを知る必要がありますよね?いろんなところでいろんな人が姿勢についてお話していますしね。いい姿勢と言うか、「正しい姿勢」とは?と言った方がよさそうですが、いい姿勢とは、人間の機能に素直に従うと、右のよう [続きを読む]
  • どういう姿勢が正しい姿勢?
  • 「姿勢を良く」と言うけれど・・・今回はいい姿勢とは何ぞや?というお話です。ウォーキング、ランニングに臨む前に、まず立位での姿勢を整える必要がありますが、そもそも、どんな姿勢が正しい姿勢なのかっていうのを知る必要がありますよね?いろんなところでいろんな人が姿勢についてお話していますしね。いい姿勢と言うか、「正しい姿勢」とは?と言った方がよさそうですが、いい姿勢とは、人間の機能に素直に従うと、右のよう [続きを読む]
  • 真のカラダ改善に必要な“歩き方の改善“
  • 姿勢改善トレーニングには、続きがある・・・肩こりや腰痛を改善したい・・・きれいなスタイルをつくりたい、維持したい・・・自己ベストを更新したい・・こんなお悩みや目標を持ち、そのために姿勢改善や体幹トレーニングなどのボディメイキングをされている方もいらっしゃるでしょう。しかし、それでもなかなか思うような効果が出ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、“歩き方のカイゼン [続きを読む]
  • 真のカラダ改善に必要な“歩き方の改善“
  • 姿勢改善トレーニングには、続きがある・・・肩こりや腰痛を改善したい・・・きれいなスタイルをつくりたい、維持したい・・・自己ベストを更新したい・・こんなお悩みや目標を持ち、そのために姿勢改善や体幹トレーニングなどのボディメイキングをされている方もいらっしゃるでしょう。しかし、それでもなかなか思うような効果が出ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、“歩き方のカイゼン [続きを読む]
  • 歩き方・走り方の記事を中心にし、リスタートいたします!
  • ◎肩こりや腰痛・膝痛、外反母趾などの体のトラブルを改善したい・・・◎ヒップアップやウェストシェイプはどうやってすればいいの・・?◎次のマラソン大会は、自己ベストを更新したい!こんなお悩みを、同時進行で改善に導く歩き方&走り方があります。東京東中野の姿勢改善ジム・体玄塾などで活動するトレーナーが実際に多くのクライアントさんのカラダ改善指導で使っている「体本来の機能に忠実な歩き方や走り方の習得」体を理 [続きを読む]
  • 歩き方・走り方の記事を中心にし、リスタートいたします!
  • ◎肩こりや腰痛・膝痛、外反母趾などの体のトラブルを改善したい・・・◎ヒップアップやウェストシェイプはどうやってすればいいの・・?◎次のマラソン大会は、自己ベストを更新したい!こんなお悩みを、同時進行で改善に導く歩き方&走り方があります。東京東中野の姿勢改善ジム・体玄塾などで活動するトレーナーが実際に多くのクライアントさんのカラダ改善指導で使っている「体本来の機能に忠実な歩き方や走り方の習得」体を理 [続きを読む]
  • ブログ引っ越します!
  • ブログ「スキー・スポーツ上達実践法」ですが、この度引っ越しをすることにいたしました。私が所属しています体玄塾のホームページにて、専用のページをいただきましたので、そちらにてブログを今後更新していきます。新ページのURLはこちらです。http://www.taigenjuku.com/blog/moguler8_blog/こちらのYahoo!ブログのページは引き続きご覧いただけます。今後ともよろしくお願いいたします。まちの専門家を探せるWebガイドマイベスト [続きを読む]
  • スキーの重心位置を整え、滑走姿勢を整える為のストレッチ法
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。今回は、スキー・その他スポーツに必要な「重心移動」。重心移動をしっかり行うためには、まず重心を脚の上に載せる事が必要で、その上で、その脚の上に載った重心を左右の脚に交互に移し替える作業が必要です。◎重心を載せる=理想の骨格に近づけるストレッチでは今回は、理想の骨格をつくる=重心を脚の上にしっかり載せるためのストレッチです。スキーのためだけではなく、姿勢改善 [続きを読む]
  • スキーの重心位置を整え、滑走姿勢を整える為のストレッチ法
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。今回は、スキー・その他スポーツに必要な「重心移動」。重心移動をしっかり行うためには、まず重心を脚の上に載せる事が必要で、その上で、その脚の上に載った重心を左右の脚に交互に移し替える作業が必要です。◎重心を載せる=理想の骨格に近づけるストレッチでは今回は、理想の骨格をつくる=重心を脚の上にしっかり載せるためのストレッチです。スキーのためだけではなく、姿勢改善 [続きを読む]
  • 重心移動を知って、スキーが上達! 〜滑っていてお尻が落ちてくるのはナゼ?〜
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。前回の続きで、重心移動のお話です。前回は台と箱で体を例えて、重心移動のお話をしましたが、今回は上手く重心移動が出来ない人がこんな風に箱が台に載っているというお話です。◎両脚の間に、骨盤をきちんと載せないと・・重心移動とは、台の上に載った箱の中にある重りが左右に動いて重量バランスを変化させる事とお話しました。スキーの時は特に箱を移動させずに左右にこの重りを移 [続きを読む]
  • 重心移動を知って、スキーが上達! 〜滑っていてお尻が落ちてくるのはナゼ?〜
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。前回の続きで、重心移動のお話です。前回は台と箱で体を例えて、重心移動のお話をしましたが、今回は上手く重心移動が出来ない人がこんな風に箱が台に載っているというお話です。◎両脚の間に、骨盤をきちんと載せないと・・重心移動とは、台の上に載った箱の中にある重りが左右に動いて重量バランスを変化させる事とお話しました。スキーの時は特に箱を移動させずに左右にこの重りを移 [続きを読む]
  • 重心移動と体重移動の違いを知ると、スキーはさらに上達する!
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。スキーなどのスポーツで出てくる「重心移動」とは、いったいどんな運動を言うのか・・・?今回は重心移動と体重移動の違いについてお話したいと思います。重心移動を利用するには、まず体を脚に載せる事が前提!まず、「重心」については前回 の記事でお話していますが、中心は大体骨盤あたりにあると言われています。こんな風に立っている時、両足には均等に体重がかかっています。ス [続きを読む]
  • 重心移動と体重移動の違いを知ると、スキーはさらに上達する!
  • こんにちは、姿勢改善トレーナーの八巻です。スキーなどのスポーツで出てくる「重心移動」とは、いったいどんな運動を言うのか・・・?今回は重心移動と体重移動の違いについてお話したいと思います。重心移動を利用するには、まず体を脚に載せる事が前提!まず、「重心」については前回 の記事でお話していますが、中心は大体骨盤あたりにあると言われています。こんな風に立っている時、両足には均等に体重がかかっています。ス [続きを読む]
  • スキー上達に欠かせない「重心移動」について考えてみよう!
  • 重心移動を正しく理解すれば、スキー&スポーツは劇的に上達!今回はスキー・スポーツでよく言われる事の多い「重心移動」についてお話していこうかと思います。こちらの記事 でイチロー選手が40歳を超えてもトップパフォーマンスを維持し続けている要因のひとつとして重力をうまく使っているというお話をしていますが、スキーやゴルフなど多くのスポーツで「重心移動」というワードが出ています。これを使ってプレーをすると [続きを読む]
  • スキー上達に欠かせない「重心移動」について考えてみよう!
  • 重心移動を正しく理解すれば、スキー&スポーツは劇的に上達!今回はスキー・スポーツでよく言われる事の多い「重心移動」についてお話していこうかと思います。こちらの記事 でイチロー選手が40歳を超えてもトップパフォーマンスを維持し続けている要因のひとつとして重力をうまく使っているというお話をしていますが、スキーやゴルフなど多くのスポーツで「重心移動」というワードが出ています。これを使ってプレーをすると [続きを読む]
  • スキーの操作性が上がる、正しい骨盤の起こし方
  • 来シーズンに向け、スキーが上手くなるためのオフトレ講座。前回 から続いて、今回は骨盤の起こし方をお話します。骨盤は「起こしてのせる」スキーの上に体を載せるには、骨盤は「前傾する」だけではうまく載りません。ポイントは「起こしてのせる」です。姿勢が崩れる時は、下へ骨格が落ちるように崩れているので、戻すには上へ引き上げる事が必要です。参考記事: http://mbp-tokyo.com/dousaryoku/column/53360/骨盤が後傾して [続きを読む]
  • スキーの操作性が上がる、正しい骨盤の起こし方
  • 来シーズンに向け、スキーが上手くなるためのオフトレ講座。前回 から続いて、今回は骨盤の起こし方をお話します。骨盤は「起こしてのせる」スキーの上に体を載せるには、骨盤は「前傾する」だけではうまく載りません。ポイントは「起こしてのせる」です。姿勢が崩れる時は、下へ骨格が落ちるように崩れているので、戻すには上へ引き上げる事が必要です。参考記事: http://mbp-tokyo.com/dousaryoku/column/53360/骨盤が後傾して [続きを読む]
  • 体がスキーに載るようになる、正しい姿勢の考え方
  • 来シーズンに向け、スキーが上手くなるためのオフトレ講座。今回はスキーにおける「正しい骨盤の起こし方」をお話したいと思います。スキーにおいて、骨盤を起こす・立てるってどういう事?最近はすっかりスキー指導の領域でも、骨盤前傾などの解剖用語が出てくるようです。しかし、意外と骨盤を前傾する・起こすといった、動作の具体的な方法ってあまりよく伝わっていないようです。以前、オリンピックに出た選手と一緒にお仕事を [続きを読む]
  • 体がスキーに載るようになる、正しい姿勢の考え方
  • 来シーズンに向け、スキーが上手くなるためのオフトレ講座。今回はスキーにおける「正しい骨盤の起こし方」をお話したいと思います。スキーにおいて、骨盤を起こす・立てるってどういう事?最近はすっかりスキー指導の領域でも、骨盤前傾などの解剖用語が出てくるようです。しかし、意外と骨盤を前傾する・起こすといった、動作の具体的な方法ってあまりよく伝わっていないようです。以前、オリンピックに出た選手と一緒にお仕事を [続きを読む]
  • スキー上達の最重要ポイント「体を板に載せる」ためには?
  • 姿勢によって、体の重心位置が左右される今回は姿勢によって、重心の位置が変わるというお話。姿勢によって、体の重心位置は変わります。スキーではいかに足の上に重心を載せられるかにかかりますが、普段から姿勢が良くないと、重心の位置は普段から悪いということになってしまいます。○で示したところに、重心があると考えてください。イラストの右のように、きちんと骨格が積まれて立つと、足に対して真っ直ぐ体重がかかります [続きを読む]