しろやぎ さん プロフィール

  •  
しろやぎさん: 33回転な日々
ハンドル名しろやぎ さん
ブログタイトル33回転な日々
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/33kaiten/
サイト紹介文日々生活雑多な事を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 181日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/22 09:08

しろやぎ さんのブログ記事

  • 続・ダムの中の橋
  • ダムの中に見えた橋の「昔」を軽く調べてみた。古い1/25,000の地形図と、国土地理院の空撮画像を見比べて場所を特定してみると、[画像]集落を離れた何にも無いところで、地形図のフレーム外。(地形図に赤ボールペンで書かれている数字は、数十年前の神社仏閣調査用なので無視してください)60年代の画像はこれ。[画像]80年代になると[画像]右側のほぼ直線の道は現在我々が走っている道。まだ造成中なのがわかりますね。で、肝心 [続きを読む]
  • ダムの中の橋
  • 先週の平日の午前中は宮ヶ瀬に行く。今年はまだ100キロ程しか乗っていない4輪で行こうと思うも、やはりオートバイの方に気が行ってしまう。という事で、いろいろ様子見中のカブ90にする。裏道、抜道、寄道を楽しみながら走る。[画像]普段行かないエリアも見てみる。[画像]水量が少ない。清川村の遺構も見える。[画像][画像]台風で大雨が降る前に、これを見たかったのです。_____________________________________________ [続きを読む]
  • 怒濤流
  • ガソリンスタンドに併設されているお店にモーニングを食べに行く。案件がひと山超えたり、午前中は予定が無いとか、気持ち的に余裕ができた際のささやかな楽しみ。7時の開店直後。都下外れのお店だからガラガラなんだけど、いつも見かけるお客さんがいたりして、何をしている人なんだろう?なんて想像してしまう。(おそらく相手側も同じ事を思っているのかもしれない)長居なんかしませんよ。パクパク食べてさっと帰る。[画像]こ [続きを読む]
  • 多摩クラ九月場所
  • 久しぶりな感じの多摩クラです。[画像]最後まで走りたかったけれど、午後から仕事だったのでお昼までに帰宅。achaoさんは二日酔いで帰宅。H師匠、白50さん(今回は黒でしたが)、K画伯も帰宅。Mzさんは休場。横綱一人だけの今場所のようです。やはり役者は揃っていないとつまらないです。今回の格好良かったで賞。[画像]実にダンディな装いではありませんか。安全確認のスタイルもニクイほど決まっています。(上手い下手は背中を [続きを読む]
  • 縁無しCT110
  • [画像]ある時期ハンターカブ(カリフォルニア仕様)の新車は安かった。ペケペケペケと気持ちのよい音は楽しいんだけれど、走りがなんだかダルいというか重いというか、そんな感じ。サブミッションのせいでフリクションロスでもあるのかな?マフラーの環境対策のせいなのかな?新車でアタリがついていないから?もしくは私の勘違い・思い違い・気のせいであったのか。ある日、信号待ちで一緒になったタイカブ(C100EX)に加速でつい [続きを読む]
  • オイル交換備忘録
  • 9月の多摩クラに備えてオイル交換。[画像]手持ちが2リットルだったので、不足分1リットルと次の交換用3リットルのケンドル#40を発注。ボトルが変わったのね。オイルそのものは旧ボトルと変わりがないと確認したので、新旧混合で使用。ホンダが一部の旧い車両のパーツを復刻生産販売するじゃないですか、であれば旧い車両用のオイルも出してもらいたい。商品名は「ウルトラQ(旧)」なんてね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • ピッツバーグとテキサスの教祖
  • なんてことだ。7月のジョージ・ロメロ監督に続きトビー・フーパー監督も亡くなってしまった。私は「オタク」には成り切れなかったけれど、熱狂的な信者であると言い切っちゃいます。トビー・フーパー監督といえば、やはり「悪魔のいけにえ」。たしか76〜7年の公開。ごく一部の人たちだけが「これは凄い」と言っていた。逆を返せば(評論家を含め)多勢は評価していなかった(と思うんだ)。それがくちコミでジワジワと来た。78年だ [続きを読む]
  • 虫歯と濾胞性結膜炎
  • 小学生の頃の夏休みといえば、歯医者や目医者に通うのが通例でした。いまみたいに予約制ではないから、診察は当然早いもの順。待合室が満杯だと診察受けずに帰っちゃったりしてね。↓タイのローカル病院の受付待ち。非常に分かりやすい。[画像]通っていた歯医者の先生は非常に無口。何か話しているという記憶が無い。当時の診療室内の設備は「鉄っ!」って感じの器具だらけで、椅子に座った左前には小さな燈台?に炎がちょろちょろ [続きを読む]
  • 長津田4号踏切
  • こどもの国は昔、陸軍の弾薬庫だったということは、地元に住んでいる人なら知っている。こどもの国線が弾薬庫への引き込み線跡を使っている。というのも知っている。そしてその引き込み線の遺構(というか残骸か?)が残っているというのも、意外やみんな知っていたりする。急速な宅地開発により、今まで手つかずだった道路整備が始まったのはもう何年も前。遺構取り壊しが気になりつつ、そこを通る度に「まだ大丈夫だな」と横目で [続きを読む]
  • 盆に凡な車両いじり
  • [画像]今日のような天気が続くと、暑っつい日が恋しくなる。[画像]ベトナム製純正互換マフラーは詳しい人によると、エキパイ内径や排気口のサイズが純正よりも大きいという。音がうるさかったら取り替える覚悟でエンジンをかけてみる。と、ノーマルと変わらない感じでしっかり消音している。面白いのは非常に乾いた音がする事。BMWのR系2本サス車のよう(と、ピンポイントをついてみる)。カランコロン・コロコロコロコロ・・・と [続きを読む]
  • 綺麗さのさじ加減
  • 買う気はなかったカブ90のリフレッシュ作業オシマイ。暑いしね。ボルト・ナットや細かな金属パーツで見窄らしく見える物は新品に交換。マフラーも錆がひどい(メッキ弱すぎ!)ので、某有名ベトナム用品店から「純正互換品」を取り寄せ付けてみた。付属のステーはペラペラの薄物。エンジンを吹かすとマフラーがプルプル振るえ、いつか破断しそう。[画像]純正ステーにすると振るえはピタッと収まった。[画像]チェーンケースはあえて [続きを読む]
  • 調子に乗ると痛い目に合う法則
  • たぶんどんな人も経験があると思う。痛い経験とか恥ずかしい思いとか、その経験がその後の感情や行動に大きく関わる。あまりにも経験が多すぎると抑制が効かなくなる。いわゆる「馴れ」ですね。問題を起こす人の多くがそのパターンだ。かなり昔のちょうど今頃。。箱根〜富士を回るいつもの朝練コース。お気に入りのトレール車で走っていたと思ってください。山中湖から道志道へ入ってすぐ、脇にダートを見かけたので入ってみる。奥 [続きを読む]
  • 暑いから小休止
  • [画像]カブのリフレッシュ作業は中盤戦。一番の難関、リムとスポークを新品にする作業は、ご近所のH田さんに全面依頼。電光石火の早技で組み上がってきた。(ありがとー!)拾い物ですが、何を意図してこうなった?[画像]毎度の過積載。[画像]喉から手が出ると、こうなるのね。[画像]JAWAの新型。カッコいいと思います。[画像][画像]………………………………………… [続きを読む]
  • どこに付けてもサマになる
  • 今年に入ってから近所の道があちこちで掘り返されている。ある時は水道管、違う日にはガス管。老朽化の為に交換。その工事で交通誘導しているオジサン(自分もオジサンなのは棚に上げる)が乗って来るスクーターをちらりと見たら、[画像]「コロナのバッグじゃないですか〜!」古くて恥ずかしいけれど、案配良く付いたから使っていると仰る。いやいや、ここまで使い込めばコロナのおじさん・おばさんもお喜びになるでしょう。2段重 [続きを読む]
  • 夏の白Tは青春だ
  • ヘインズのTシャツ。ファンのひとりです。昔々はこれ1枚着て会社に通ったことも。その度に怖い上司から「おい〇〇(私の名前)!下着1枚で会社に来るな」と、冗談半分に叱られた。余談ですがカラーTシャツを2枚重ね着してきた同僚は、本気で激しく怒られていた。理由は特に無い。まぁ下着には違いない。首回りがヘロヘロに伸びようが、ビーチクが透けてこようが、それはヘインズだから許せてしまうという不思議。着られるところま [続きを読む]
  • 新富で思う
  • 久しぶりに銀座方面へ出かけた。いつもならクルマで東名〜首都高なのだけど、渋滞情報を見てみると3号線が真っ赤っか。ではバイクか。しかし今日は蒸し暑い。それは我慢するとして、問題は駐車場が無い。いや無くは無いけれど、用事のある場所の前に停めたいのが人情というもん(か?)。なんて考えると気分が乗らない。そういう時はバイクに乗らない。と、最近思うようになりました。という事は電車だ。電車で嫌なのは事故による [続きを読む]
  • 空堀りを歩く。
  • 城マニアではないけれど、近辺の城跡と言われるところにはたまに探索にでかけたりします。どれも程よく整備され、地味な公園や広場に姿を変えているので、何の収穫もなく帰ることの繰り返し。境川を町田市から下り、大和市に入ったところにある「小山」が「一ノ関城」という城跡だというのは知っていたのですが、「見学」したところでまぁいつものパターンで終わるのだろうと長年スルーしていた。何の気紛れかちょいと見てみようか [続きを読む]
  • 中古車の儀式
  • カブ90は未だ乗り出しに至らず。というより、夏が終わるまでは乗るつもりはないので、ゆ〜っくりとやっています。上から見るハンドルのカタチは、私のツボです。[画像]前ウインカーボディが錆と腐食で見窄らしくなっている。まぁしょうがないんですけどね、ここは。でも中古車を手に入れた時の儀式として、前オーナーの「負の痕跡」はできる限り落とすようにしています。カブ90に関しては10数年前の比較的新しい年式だから、それな [続きを読む]
  • CELLSTAR SS-5
  • いつどこで買ったのかすら記憶が無い充電器が壊れた。と言っても、充電の進行状況を示すインジケーターが点きっぱなしになっただけで通電はしている。でも充電しているのかはナゾ。どうしよう。このまま使い続けようか。でもちょっと不安。なんて考えていたら、同じモデルのデッドストック品を格安で入手できた。同じ商品名だけどインジケーターがランプ式からメーター式になっていたり、ワニ口クリップがショートしにくい対策をさ [続きを読む]
  • カブ乗り出し点検1
  • カブ90乗り出しの為の点検は、時間を見つけてはチマチマと続けています。ハラダさんが来たので「エンジンはいい感じよ〜」とセルスイッチを押すと、、、無反応。後日、導通確認を氏にしてもらうとスイッチが怪しい。接点を見てみる。ほんの僅かな段付きがあるくらいでキレイなんだけどな〜。[画像]磨いてみる。[画像]直りました。結構シビアな接点なんですね。ヘッドライトのリム裏は、お約束のサビサビ。ブラシとカッターでざっと [続きを読む]
  • ながら機器
  • 学生時代の勉強または勉強と称した机の前にいる時間のBGMは?私の場合は自分専用小型テレビが常に横にあったので、映画や11PM等のオトナ番組。深夜はお決まりのラジオで、ヘビー級の「ながら族」だったと思う。今は、テレビは墜落して見る気が起きないので、ラジオ(AM&FM)をアナログ電池ラジオとラジコで。時間帯や気分によってはiTuneのインターネットラジオも。PC1台で全てがまかなえる時代ですが、仕事用PCに余計な負荷はかけ [続きを読む]
  • カブ90が来た
  • [画像]国産最終型(画像中央)。前輪ブレーキドラムがデカい。カブ好きを大雑把に分けると丸目派と角目派がいるようですが、私はどっちでもいい。丸角には拘りがない。届いてビックリ。想像以上にメッキのダメージが多い。積算計は4千キロちょい(業オク評価4)。[画像]キーは2本あり、1本は新車時のままビニールの保護カバー付き。売主は「綺麗でしょ?」と言うが、私的には程度は中。綺麗ではない(きっぱり)。届いて即オイルを [続きを読む]
  • 鎌倉共の夢の跡
  • 早朝。ゴーマルで鎌倉詣で。[画像]どこにも寄り道せず(いつもの)「覚園寺(かくおんじ)」を目指す。「また来ましたよ」と挨拶。人のいない朝だから、この空間を一人占めできる。[画像]狭い住宅街なので、3速15キロくらいで音をたてずに走る。名付けてサブマリン走法。[画像]この覚園寺の近くに発掘調査を終えた遺跡「永福寺(ようふくじ)跡」がある。(80年代に調査開始された当時のプリントまたはネガを探したけれど見つから [続きを読む]
  • 与瀬地区
  • 私は「与瀬地区」マニアです。といっても自慢できるものは無い。それ以前に与瀬ってナニ?何処?って感じですよね。国土地理院発行の地形図では何十年経っても現役の地名です。[画像]その与瀬地区にある相模湖の古〜いミニペナントが捨てるに捨てられず眠っている。おそらく1960年代のお土産で、記憶に無いけれど、どうやら当時購入した物のようです。[画像][画像]用紙は印画紙です。文字が入って三角に裁断しているのが手間ですね [続きを読む]
  • 多摩クラ五月場所観戦
  • 午後から用事があったので、今回は参戦ではなく観戦でした。[画像]何気ないシーンだけど、ゴーマルエスにヴィンセント、マッハスリーが写る。このチャンポン感が多摩クラの持ち味ですね。[画像]このバンパーも見かけなくなりました。[画像]そろばんみたいなのでソロバンパー。重量車って感じです。[画像]70年代ヤマハって、タンクグラフィックのレイアウトが絶妙です。[画像]ぜんぜんサイレントじゃないんだけれど、サイレンサーっ [続きを読む]