しろやぎ さん プロフィール

  •  
しろやぎさん: 33回転な日々
ハンドル名しろやぎ さん
ブログタイトル33回転な日々
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/33kaiten/
サイト紹介文BMW旧タイプほかオートバイ全般、 町田・相模原周辺、タイ王国探索、ほか生活雑多な独り言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 31日(平均4.1回/週) - 参加 2017/03/22 09:08

しろやぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キックキックアンドリターン
  • オートバイに興味を持ち始めた頃、自宅は国道16号線からひと区画奥にはいった所にあった。オートバイの情報収集は、雑誌と国道を走るオートバイから。オートバイウォッチには良い環境でした。少しずつ知識を蓄えて行くと周期的に壁にぶちあたる。これは現在進行形です。そんでもって最初の壁。始動方式の「キック」とは何ぞや。どこかを蹴飛ばすのか?なんて真面目に考えていた時期が「一瞬」だけあった。森の中にある公園の隅でモ [続きを読む]
  • 春の旧型BMW委員会
  • 1週流れた委員会。1年ぶりの委員会。(秋は中止だった) 集まったのは6台。ちょっと少ないけれどいいんだい。[画像][画像][画像]焼きカレーを食べて、[画像]帰路はノンストップ。圏央道で高速テスト。高尾のトンネルを抜けると気温が一気に上がる。帰宅して50を見ると花粉だらけ。ベルスタッフを軽く拭いて風通しの良いところにかける。そしてくしゃみが止まらない。。。。。。。。。。 [続きを読む]
  • インド人、タイ料理モツクルアルヨ
  • フランチャイズと思しきインド系レストラン。最近よく目にします。(よね?)名店「てんだあ亭」の居抜きで入ったのがまさにそれでした。派手な告知活動はせず気がついたらオープンしていたという、前にエントリィしたラーメン店と同じ。この界隈はそんな店が多い。[画像]平日のお昼ちょっと前。店頭のメニューを見ていたら、扉が開いて「ドウゾ〜」と招かれてしまったから入らないわけにはいかない。店内は広くて明るい。「てんだ [続きを読む]
  • この界隈の建物に地下という概念は無い
  • 町田街道のとある狭い路地の奥は小規模な工場と住宅が混在している。金属加工系が多い。表のシャッターを閉じて騒音対策をしている。ちょっと肩身が狭そう。そんなエリアの小さな建物にラーメン店ができていた。遠目からだと全く判らない。[画像]建物前に来てもイマイチ判らない。[画像]看板がかなり控えめなんです。おそらくシックなイメージで作ったのでしょうが、周囲に埋没している色使いで完全に失敗。そんでもって入口が判ら [続きを読む]
  • 爺五廃棄
  • 予備機マックのHDをSSDに換装してもらう。起動がものすごーく速くなった。同時に部屋の隅に置かれていたちょい古マックを廃棄。当時最大のスペックで武装したスゴイやつなので、どこかに仕舞っておいてもよかったのかもしれない。でもオートバイと同じで、使っていない物は必要ない物。思い切り命令を発動しました。HDは取り外し、ケースで保存。[画像]しかしこれより古いマックがまだ2台ある。古いOSが動くタイプは何かの時に必要 [続きを読む]
  • グラブ・ホムセン
  • ホームセンターブランドの冬用グローブを昨年初冬に買ってみた。近所のお使い用にはこんなもんでよかろうと。安物にありがちな意味不明なロゴマーク等が入っていないのが好印象。手が大きい私に合うサイズもある千数百円也。この安グローブ、大雑把な着用感ながら防寒性能が極めて高い。期待していなかった分、これは嬉しい千数百円(しつこい)。[画像]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • バイク貴族
  • 高校時代。名前すら覚えていないオートバイ繋がりの一人に、発売されたばかりのGS400に乗っているとのたまうやつがいた。いつも「高速道路で何処何処まで行ってきた」とすました顔で言ってのける。私は彼の事を「バイク貴族」と密かに命名していた。由来はそう「包丁人味平」の登場人物「包丁貴族・団英彦」から。そのバイク貴族のお兄さんもバイク乗りらしく、「何に乗っているの?」の問いに「DUCATIの900SS」と言う。「おぉ!ス [続きを読む]
  • 日の出輪業
  • いろいろなカブのコミュニティでたま〜に話題になる「左アクセル」。輸出用だったとか、特別に造られた車両だとか情報が入り乱れていたりして。でも私より上の年代の方ならば、普通にオプションパーツで売られていた事は周知。当時の雑誌広告にも載っていましたもんね。相模原の鵜の森というところに「日の出輪業」という自転車店があり、当時の個人店としてはそこそこの規模の大きさで、パーツの品揃えが良く、自転車好きが日々た [続きを読む]
  • 3月多摩クラ〜ヒットです
  • 注文していたコイルとコンデンサーが数日前に届いた。同梱物にアジャストスクリュウ(中古品)が1本。これこれ!これを待っていました。[画像]金曜日の夕方、仕事の隙を見計らって取り付けてみる。すると何の問題も無くネジアナに収まった。試しにもう一度、今までのスクリュウを付けてみると、これはやはりガタガタと緩い。原因究明はいずれ聖地の池○さんにお願いするとして、目の前のモヤモヤが消えた。土曜の夕方に再調整とス [続きを読む]
  • ウエットブラストの弊害?
  • キャブレター張り付きの最終章にしたいこのエントリー。フロートニードルの固着、直りました。ガソリンきています。エンジンかけて調整します。その前に。キャブレターがリペアされて送られてきた時に「おや?」と思ったのですが、左キャブレターのアイドルスクリュウが妙に軽く回っちゃう。しかもグラグラしている。そんなの勘違い、考え過ぎと思われるかもしれませんが、プロメカのハラダさんに今日確認してもらったところ「これ [続きを読む]
  • 5ミリの部品に涙目
  • フロートニードル固着はエアを吹いてもシリコンスプレー攻撃でも直らない。聖地i田さんに電話相談して取り外してみる。やりたくないというのが本音。[画像]問題の原因になるものが出てくるのを期待したけれど、何もない。見た目は至って正常。とりあえず綿棒でしつこく拭いて組み付けると、直ったみたい。何なんでしょうね。[画像]今日は試走までこぎ着けた。まぁまぁいい感じ。でも以前のようなスムースさには至っていない。で、 [続きを読む]
  • 簡単には走らせてくれない
  • ゴーマルのキャブレターがリペアされて送られてきた。今までとどう変わるか変わらないのか、楽しみです。先ずは時間がある時に取り付け。私はメカニカルな事はドアマチュア。深追いはしません。[画像]エンジンかけてみる。なーんかおかしい。プラグキャップを交互に外してみると右エンジンが爆発していない。なんでだろう。プラグを新品に換えても同じ。外したプラグは煤も付いていない新品状態。ガスで湿ってもいない。その場を離 [続きを読む]
  • 宮田自転車でもうひとつ
  • 1973年に発売したモデル・ブランド「エディ・メルクス」。私は当時全然詳しくなかったけれど、史上最強と言われるロードレーサーの名前を製品に展開した。実車は見た事がないけれど、そのカタログが素晴らしいレイアウトワークなのですよ![画像]上手い!一本!現在でも通用する技です。見事です。見ていてゾクゾクします。良いものは時を超えても変わりませんね。……………………… [続きを読む]
  • キレキレサンライズ
  • 家族の誰が何処からいくらで買ってきた、もしくはもらって来たのか、今も判らない自転車。[画像]画像はこちらからお借りしました。宮田自転車の「サンライズGTS」。鉄フレーム&前後ドラムブレーキの重量級。このブレーキがめちゃくちゃ効いた。すぐにドロップハンドル(たまにイーグルハンドルにも)、キャリアやライトを外して軽量化。試し乗りに相模湖まで行ったら変速ワイヤがディレイラーの部分で切れた。ディレイラーはトッ [続きを読む]
  • クロッキー帳から
  • 所有していたけれど写真が残っていないオートバイ第1号が、17歳の夏に購入したカワサキ125TR 。TRといってもボブキャットではなく21インチにフルモデルチェンジされた74年型。76年〜77年にSSシリーズがKHに呼称統一された際、KE125と改名されているので、こちらの方が判りやすいですね。納車されたのはお盆が過ぎた頃。この8月はやたらと雨が多い年で、しとしとしとしと何日も降り続いていた。部屋の荷物を整理していたら当時の落 [続きを読む]
  • 長津田演習場
  • 南北に走る横浜線と東西に走る田園都市線が長津田駅で交差する。・・・のですが、数百メートルだけ並走する区間があり、その一部は山を切り崩して線路を通している。この山のてっぺんに何やらモニュメントが建っている。[画像]大正10年に、当時皇太子であった昭和天皇がここにお立ちになったという記念碑。[画像]なんでかっていうと、眼下に広がる広大な平地で10万人規模の「大」軍事演習が行われたのを視察されたという。現在の「 [続きを読む]
  • 睦月張り付き
  • ちょっと前の寒い土曜日。ゴーマルで軽くひと周りしていました。新たな近道、抜け道を探しながらウロチョロしていたんです。住宅街を2〜30キロでポコポコ走っていたら、突然スロットルが動かなくなった。ここ何年も起きていなかった「張り付き」です。今回のは過去最強。全く動かないというか、左右どちらかのスライドピストンが1速時速20キロ辺りの位置で固着している。その場で停まって点検とも思ったけれど、走っていれば直るだ [続きを読む]
  • (笑)という店
  • 1年かけて準備したシゴトのお披露目で幕張へ。早朝集合なので、私は都内のビジネスホテルに泊まる事にする。なんでかというと満員電車がイヤなのでござる。早起きが苦手なのでござる。ディスカウントサイトで午後3時頃に予約して9時頃にチェックイン。[画像]集合住宅を丸ごとリノベーションしたようなホテル。こういうタイプはバンコクに多いですね。人の気配が感じられず不気味でござる。荷物(鞄一つですが)を置いて食事に出る。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …